小林昭二

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
小林昭二 おすすめDVD 小林昭二 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ザ・カゲスター Vol.3

仮面ライダー VOL.1

(購入者の評価)
戦闘シーンもショボいし、改造人間てバカじゃねえの。昭和とかダサい。

ザ・カゲスター Vol.1

(購入者の評価)
カゲスターは 子供の時見ていましたが、EDソングに衝撃を受けて どうしてもDVD欲しくなり買ってしまいました。話しの内容的には 5?6歳の子供達にはいいのではないかと思いますが 面白いと感じる自分も変態だったりして…………ベルスターのマスクはいいとしてカゲスターのマスク、せめて目の辺りでもカッコヨクしてもらいもんですが 童心に帰って楽しめる作品です EDテーマ デジタルプレイヤーイヤホンでいつも聞いています。

仮面ライダー VOL.2

(購入者の評価)
 主役である藤岡弘、さんが出られなくなってしまい、途中まで撮り終えていた9・10話以降を極力彼を出さないような展開でストーリーを作らざるをえなかったという製作側の苦労が、大人になった今観ると伝わってきますね。
子供の頃には声が違うのだけ不思議に感じてました。ライダーに変身した後のライダーの声は、病院で声だけ録音すればよかったんじゃないの?って思いますが当時はそれも無理だったんでしょうかね。
 この巻には千葉治郎さん演じる滝和也が初登場しますね。藤岡さんや佐々木さんよりアクションが素晴らしくて名脇役ですよね。


DVD恐怖劇場アンバランス Vol.4

(購入者の評価)
第7話「夜が明けたら」は、山田風太郎の連作短編集『夜よりほかに聴くものもなし』の第6話「黒幕」を映像化したものですが、この題名では結末がばれてしまうためか、劇中で浅川マキが歌う曲のタイトルを借用しています。本話の圧巻は何と言っても冒頭の、西村晃と夏珠美が演じる父娘が、白昼の雑踏の中で3人の若者にいたぶられるシーンでしょう。別方向から撮影したアングルの異なる映像で同一場面を2回繰り返して見せたり。台詞や背景音を全て割愛して、代わりに当時のベストセラー『冠婚葬祭入門』の淡々とした朗読をかぶせたりと、非常に実験的な画づくり・音づくりをしています。怒りも恨みも全て水に流したかのように振る舞いながら何事かを企んでいそうな洋服職人の西村晃と、足と勘の捜査で彼の真意を暴こうとするベテラン刑事の花沢得衛――年季の入った2人の名優の演技の対決も忘れてはなりません。一方、無抵抗の市民を狙って3人の若者が犯罪を繰り返す光景は、まるで実際の犯行現場を隠し撮りしたかのような、演出臭を感じさせないリアルな映像で表現されていて、いかにも1970年前後の若者が口にしそうな虚無的なモノローグとも相まって、記録映画出身の黒木和夫監督ならではのテクニックが発揮されています。第8話の「猫は知っていた」は、1958年に大映で映画化されたこともある仁木悦子の長編ミステリが原作ですが、謎と仕掛けをふんだんに詰め込んだこの作品を45分の枠に収めるのは満田かずほ監督の演出力をもってしても至難の業で、小説の主要シーンを切り貼りしてつないでいったような出来上がりになってしまいました。場面の切り替えに暗転が多用されているのもブツ切りの印象を強めており、主人公の仁木兄妹が院長の息子を問い詰めるシーンでは台詞をカットしすぎたためか、明らかに会話の脈絡がつながらなくなっています。本シリーズの他の原作つき作品が全て短編小説をうまく膨らませて「人の心」を描き出すことによって成功しているのと比べると、本話の印象は弱いです。但し熱心なファンにとっては、本話の主要な舞台である箱崎病院が当時の円谷プロ社屋の外観と内部を使って撮影されていることから、やはり見過ごしにはできない作品だと言えるでしょう。特典として入っているオーディオドラマ「幽霊船の女」に関しては、代わりに満田監督の撮影思い出話を収録してくれた方がはるかに良かったと言う以外、何も触れないことにしておきましょう。

仮面ライダー VOL.9

(購入者の評価)
やっぱり藤岡弘さんかっこいいですね。1足先に映画を観にいった友人になんども新変身ポーズやってもらった記憶が鮮明です。

仮面ライダー VOL.7

(購入者の評価)
ショッカーライダーや龍騎以前にライダーバトルってあったんですね。 自分は仮面ライダーにはやはり争わずに共闘して巨悪と戦う方が好きなんで、まあ、このDVDに収録されているライダーバトルは旧一号がゴースターに敗れて、脳波を死神博士にいじられて旧二号と戦うハメになるわけですけど・・・ しかし、裏切り者には死をというのがショッカーにおいて鉄則のはずなのに、なぜゴースターの言うように殺さずに洗脳という手段をとったのか不思議です。 ウルトラマンでも人質にして他の兄弟をおびき寄せようとして結局失敗したケースがありますし。 まあ、死神博士は単純に相討ちあるいは同士討ちさせようと考えたと思うのですが・・・ ライダーバトルが好きな人も実際いるいみたいだし、龍騎や555が好きな人は是非見てみては?

仮面ライダー VOL.5

(購入者の評価)
ゾル大佐はナチスの残党という設定で彼の持つ鞭はあのヒットラーから貰ったことになっています。中には毒針がしこまれていてこれにぶたれるとどんな怪人でも絶命することになっていましたが、鞭で叩かれて死亡したものは皆無でした。ライダー卍キックは強敵アリガバリを倒すのに使われましたが、以後使われることはありませんでした。

仮面ライダー VOL.3

(購入者の評価)
 藤岡さんの事故のため、主役を変更せざるを得なかったという非常事態から誕生した2号ライダー。藤岡さんのシーンを極力減らし、滝和也を登場させたりしてなんとか凌いでいたけどやむを得ず佐々木さんに交代です。
私がリアルタイムで観てたのはここからですので、最初に見たライダーになります。
 主役交代と併せて番組強化プランというか、いくつかの変更を行い、それにより大人気になる。藤岡弘、さんからすれば皮肉な結果になったけど、その後彼は颯爽と復帰してくれました。
 本郷剛が外国へ行ったという設定にしたあたりはすばらしいアイデアでしたね。再放送で14話15話を観た時には「?」って思いましたけど・・・。2号ライダーは投げ技とか「ドォゥー」といった掛け声など力強くて、カッコいいですね。


仮面ライダー VOL.8

(購入者の評価)
第44話「墓場の怪人カビビンガ」にて珍しいシーンが見られます。

番組後半でショッカーの仕掛けた爆弾わなに巻き込まれる隼人。
その瞬間。
「爆発した途端、空中に飛ばされた隼人は猛烈な爆風を受け、変身したのだ」
完全にチェックしたわけではないですが、これは2号が旧1号の「ベルトのタイフーンに風圧を受けると変身する」という設定で変身した唯一のシーンではないでしょうか。

このあと、変身後のライダーが爆風で吹き飛ばされたマフラーを空中でキャッチし、閉めなおすシーケンスが入るのですが、これでまた「にやり」。

昭和ライダー派としては、やはりマフラーははずせないですね。
平成の輩はどうしてこんなに素敵な衣装を捨てたんでしょうか。


仮面ライダーV3 VOL.1

(購入者の評価)
このV3を見れば「仮面ライダースピリッツ」で
「ZX」相手に「風見四郎」が決して「膝を屈しなかった」
理由、「ZX」に伝えたかったことが必ず分かります。


仮面ライダーV3 VOL.3

仮面ライダーV3 VOL.2

仮面ライダー VOL.8

(購入者の評価)
第44話「墓場の怪人カビビンガ」にて珍しいシーンが見られます。

番組後半でショッカーの仕掛けた爆弾わなに巻き込まれる隼人。
その瞬間。
「爆発した途端、空中に飛ばされた隼人は猛烈な爆風を受け、変身したのだ」
完全にチェックしたわけではないですが、これは2号が旧1号の「ベルトのタイフーンに風圧を受けると変身する」という設定で変身した唯一のシーンではないでしょうか。

このあと、変身後のライダーが爆風で吹き飛ばされたマフラーを空中でキャッチし、閉めなおすシーケンスが入るのですが、これでまた「にやり」。

昭和ライダー派としては、やはりマフラーははずせないですね。
平成の輩はどうしてこんなに素敵な衣装を捨てたんでしょうか。


仮面ライダーV3 VOL.4

仮面ライダー THE MOVIE VOL.2

(購入者の評価)
V3対デストロン怪人がなんといっても圧巻。マシンに乗り、爆煙を背に高々とジャンプする三人ライダーの勇姿は最高。島の形まで変わったという程の、度肝を抜く大爆発! NEXTもいいけどこっちも必見!

仮面ライダー VOL.6

(購入者の評価)
番組放送時ライダースナックなるもののコマーシャルがあった。確か値段は二十円で、ライダーカードが一枚おまけについてきた。
甘ったるい飽きやすい味で子供のマニアはカードだけ手に入れると菓子は捨てるものが多く、社会問題にもなった。ライダーブームが起こした悲劇であった。


仮面ライダーV3 VOL.5

(購入者の評価)
V3もたくましさを一段と備えてきた、Vol5。
ショッカー時代の幹部、怪人が出てきて「おっ」と思わせる展開もあれば、純粋にドクトルGとV3との戦いを楽しむのには、非常にいい。
ただ単純におもしろい。

「仮面ラーイダV3」というフレーズが未だに記憶に残っているほど、ドクトルGとの死闘は印象深い。
幼少期に見て、これだけのインパクトを残したものは、他にはない。
首領の「ドクトルG、我がデストロンの勇者よ、その命の灯が尽きるまで戦うのだ!」という台詞は、子供向け番組とはいえ、こんな歴史的名台詞を残している。

一分一秒たりとも見逃すなかれ。


仮面ライダーV3 VOL.7

仮面ライダーV3 VOL.6

(購入者の評価)
大幹部が二人も矢継ぎ早に登場しますが、やはりこの巻の目玉はついにV3のピンチを救う為に帰って来るライダー1号2号でしょう!今の平成ライダーでは決して味わう事の出来ない先輩ライダーとの共演!当時のガキどもじゃない、子供達が羨ましいぜ!

>> つづきをみる

こだわり店主がズバリ選んだ本格焼酎55 (日経ビジネス人文庫)

(購入者の評価)
まだまだありますおいしい焼酎。ごひいきのお店でさらにおいしい焼酎を探してみては? 日本酒を比べて決して安酒ではありません。まだまだ開拓の余地ありですよ。

疫病の時代

廃墟をゆく (Dethtopia series)

(購入者の評価)
廃墟の写真集はこの本が初めて、というのなら感激するでしょう!私もそうでした。でも別な本も手に取って比べてしまうと、いまいちという気がします。というのは、本の中頃にカラーではないページが続いているのですが、読んでも特にどうということのない紀行文(写真家の文ではありません)があったり、この写真家の別の写真集に載ったのと同じ写真が何枚も使われているからです。
純粋な「写真集」にしたかったのか、「廃墟めぐり紀行」のようなものにしたかったのか、どうもコンセプトがつかめません。素晴らしい写真も多く収められているだけに、よけい残念です。


月蝕の迷路―徳島ラジオ商殺し事件 (1979年)

半導体工学演習〈第1〉 (1967年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4