小日向文世

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
小日向文世 おすすめDVD 小日向文世 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
僕の彼女はサイボーグ スペシャル・エディション

(購入者の評価)
まず、綾瀬はるかの表情がとても素晴しかったです。
彼女のキラキラした表情や
無機質な表情がとても魅力的でした。

飛行機の中で観たのですが、彼女に引かれて、
3回も機内上映を見入ってしまいました。

冴えない主人公を守るために、未来からやって来たサイボーグのおはなしです。
最初はちょっと強引な展開が気になりますが、
観ているうちに気にならなくなります。
ノスタルジックできれいな映像、素敵な音楽と、
綾瀬はるかの表情がとても素晴しかったです。
またタイムパラドックスの中での、切ないラブストーリーに思わず涙します。

私の大好きな映画です。



僕の彼女はサイボーグ 通常版

(購入者の評価)
予想外に泣けました。

やっぱりサイボーグには感情移入してしまいますね。
そう、まるでターミネーター2のサイボーグが溶鉱炉に落ちるときのような
切なさがあります。

泣きたい方は是非。


アテンションプリーズ スペシャル~オーストラリア・シドニー編~

(購入者の評価)
爽やかな印象が残るドラマです。
元気一杯の上戸彩さんの美咲洋子楽しく微笑ましいです。
真矢みき、相武紗季、小泉孝太郎、大塚ちひろ等々の
キャスト陣が演じるキャラも良い。
BGMも良いです。
前作のリメイクから既に独り立ちした感があるので、
パート2も観てみたいものです。


ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]

(購入者の評価)
「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編。三丁目に住む様々な人の生活を描いた作品だ。

登場人物が多いので、話の展開が飛び飛びな印象を受ける。特に本作は前作以上に様々な話を描いたために、印象が薄いシーンもある。その点は残念だ。また、給食費が払えない茶川さんの物語はいらなかったと思う。今までは、貧乏だけど頑張って生きる姿を描いていたのに、この給食費のシーンがあまりにリアルな話のため、少々引いてしまった。子供から大人まで楽しめるシリーズなのだから、その当たりを真剣に考えて欲しかった。

とまあ文句だらけだが名作には違いない。好きな作品たがらこそ、厳しく見た。それだけだ。


あの空をおぼえてる スペシャル・エディション (初回限定生産2枚組)

スウィングガールズ (Blu-ray Disc)

(購入者の評価)
下に1層ディスクで許せないと書き込みをしている方がいますが、2層ディスクに決定しました。

ALWAYS 続・三丁目の夕日[二作品収納版]

(購入者の評価)
『ALWAYS』大ファンの私は前作・続編のDVD、そしてこの二作品収納版と3つ全てを購入。買いすぎ?(笑) 二作品収納版は開封せずに記念として保存しておこうと思います。使い方は人それぞれでしょう。二作品収納版が出たときにふと思った。収納版が出たってことはこれでホントに終わり? 続々・三丁目の夕日はないのかな…と。あるわけないか…(笑)

ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻

(購入者の評価)
映像化不可能といわしめたコミックの実写化ですが、本当に見事な作品でした。
現在、未来と70年当時の世界を表現した原作があまりにもリアルであり、素晴しいので製作サイドは随分頭を痛めたことと思いますが、セットの細部にわたるディテールへのこだわりやコミックのキャラに似た演技人のキャスティングに成功したことで虚構の世界をリアルなまでに、観客を大事件の目撃者として惹きこんでくれます。
また、長編コミックなので1部でどこまで描けるのか不安でしたが、中途半端に終わらず、見事に締めくくられていて納得のいくものでした。これで安心して2部を観る事ができます。
もちろんとにかく次が観たくてがまんできすにこのナビゲートDVDで欲求不満を緩和するわけですが、主演の唐沢さんの持ち前のキャラで癒しながらなんとか来年まで待とうと思います。


虹の女神 Rainbow Song

(購入者の評価)
 上野樹里の演技が、あくまでも個人的体験の女性に重なり、不覚にもラストシーンで目から汗が流れました、女々しい人間ですね。
 偶然にも日本映画専門チャンネルで、途中から、観たものですから、ラストまで緊張感が続きました。皆様のレビューを覧ますと、相田翔子のエピソードは不要である、との意見が散在していますが、このコミカルで、ナオカツ、究極のホラー映画のエピソードがあるからこそ、ラストに重みを持たせているんじゃないかと思います。
 ラストの『地球最後の日』は関節技の反則技で、映画のモラルに反していると思いつつ、目から汗が出た。
 熊澤尚人監督の演出が私にはハード・パンチとして効果あり、ノックダウンしましたな、恥ずかしながら。


ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版]

(購入者の評価)
昭和30年代の人々にはまるで無条件に人情も愛情も希望も存在していたかのように
勘違いをするゆとりをたくさん生んでしまった問題作の続編です。
恵まれた現実に満たされないゆとりと生活に疲れた団塊オヤジは
すっかりありもしない戻りたくもないはずのファンタジー世界を夢見てしまっていますが、
実は必ずしもそんなものばかりじゃなかったはずです。
あの頃の人々に人情が存在していたのは、エディターレビューにあるように
普通に生活をするだけでもまだまだ人への負担が大きかった為に
子供も嫌がおうにも労働者の一員として関わって家庭を全員で作っていたからです。
言わば家庭を「生産」する為の損得勘定とも言える都合で人間関係を築かざるをえなかった背景が存在するからであり、
その中で生まれるのがみんなの憧れる人情であり愛情なのです。

消費することが一人前としか考えていない現代人では想像がつきにくいですが、
生産が人間関係を濃密にするのであり、消費するだけで人間同士愛情を抱くことは不可能です。
現代人はますますその生産がネットの力で希薄になりつつありますが…


スウィングガールズ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
ウォーターボーイズで面白かった方は是非こっちも見てくださいな!吹奏楽部の学生や楽器好きな方は絶対見て損はなし!保証し・・・ます!
最後に一言!!ファースト・ラストコンサートってのは終わってましたw借りて損した><


あの空をおぼえてる スタンダード・エディション

ハチワンダイバー DVD BOX

(購入者の評価)
前半は迫力のCGと俳優の熱演により原作のエキセントリックな魅力を見事に伝えきっており素直に面白かったです。
しかし、後半でオリジナル展開に入り菅田の妹が改心したあたりから辟易し始め、最後まで見終わって抱いた感想は「超ガッカリ」の一言です。
ツンデレ妹、母を捨てた父への復讐、娘を守るために泣く泣く悪役を演じた父、どこかで見たことがあるような設定ばかりが登場しどれもが予定調和の域を出ることなくベッタベタなストーリーを展開していきます。延命器具を付けたまま将棋を指す清十郎などキャラ設定は悪くないのですが、ストーリーの凡庸さが全てを台無しにしています。見ているうちにギャグなのか確信犯なのか見分けが付かなくなっていき、終盤は見ている方が恥ずかしくなってくるぐらいでした。つるの剛士のわかり易いまでの噛ませ犬っぷりは爆笑ものでしたけどね。
真剣師という触法ものの設定が物語にはめた枷は予想以上に重く、結果として「ハチワンダイバー」は粗悪品乱造のメロドラマの一つと成り果ててしまいました。


木更津キャッツアイ 日本シリーズ

(購入者の評価)
ドラマを観てはまったのが高じ映画も観てDVDも買ってしまいました。
おまけ的な映像を観るだけでもファンなら満足なはずです


スウィングガールズ スペシャル・エディション

(購入者の評価)
青春時代ってその時は何をしてよいんだか分からなかったりもしますがこの映画を観て「何でもよいから打ち込むものをもつ」ことがベストだったなと今さらながら思いました。

一度しかない人生、一番多感な思春期だからひとつことに熱中できるしちょっとくらいハメ外しても許されてしまう。

自然の豊かな田舎町で松茸狩りやアルバイトしながら貯めたお金で楽器を買い思いきり演奏する。
スウィングガールズはもやもやしてる時こそ原点に戻ってやりたいことをすればいいんだという教訓を残してくれました。
一番好きなシーンはみんなでの雪合戦。こんな無邪気なシーンって高校生の特権ですよね。
恋愛シーンがほとんどなかった分、友達同士の友情や離れそうで離れないメンバーの絆みたいなものを感じられたナイスな作品でした。


いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

(購入者の評価)
 原作を読まずにDVDで観ました。ストーリーも単純で分かりやすくて、はまりやすい。しかし、見所みたいな箇所は特にないし、驚くような展開もないかなあと思いました。人物描写がうまいと思いました。リラックスできる映画です。

瑠璃の島 DVD-BOX

(購入者の評価)
 本作品は、成海璃子が12歳という若さで主演を勤めた作品です。まだ12歳という若さなのに難しい役柄を見事に演じ切って、正に成海璃子の「出世作」といえるドラマです。
 
本作品には成海璃子のほかに、緒方拳、倍賞美津子、平泉成、岸部一徳などのベテラン俳優のほかに、竹之内豊、小西真奈美、小日向文也などそうそうたるキャスト陣です。しかし、そんな豪華キャスト陣の中でも成海璃子は一番光っていました。きっと、というか必ず今後日本を代表する女優のひとりになると思います。

 ドラマは満点に近い内容だったと思います。特に第1話の竹之内豊の「君がいなかったら、僕はここにいないよ」というセリフ、石垣から来た子供たちを見送るときの「またメンソ―レやー」はよかったです。それ以外の話もどれもいい話でした。このドラマの放送の後の全部のドラマを見てもこのドラマを超えるものはそんなにないような気がします。だから、星は5つでもよかったですが、沖縄を舞台にしたドラマなのだからもう少し方言色を出して欲しい気がしたので星は4つにしました。

 成海璃子のほかの作品、「きみにしか聞こえない」や「神童」等が好きでまだ見たことがないという人は、絶対に見るべきドラマです。教育関係の人や、家族全員で見てみてもいいドラマだと思います。


あの空をおぼえてる (Blu-ray Disc)

スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート

(購入者の評価)
スウィンガールズでジャズが好きになった人にはオススメですが、もともとジャズが好きでスウィングガールズがいいなと思った人には勧めません。一人一人楽器を演奏できるようになったのはすごいと思うけど、人を集めて聴かせるには下手すぎ。学園祭ののりですね。映画の後半の演奏シーンで十分。この場にいた人にはいい記念になると思うけど、それ以外は、レンタルで十分。

いま、会いにゆきます DVD-BOX 〈初回限定生産〉

(購入者の評価)
ハリウッドでもリメイクが決定した本作は、間違いなく邦画史に残る傑作である。奇跡が本当に起きそうな風景(長野県がメインロケ地)とREMEDIOSばりの優しい音楽はヒーリング感も抜群である。また竹内結子の演技は、ここまでの彼女のキャリアでもベストではないだろうか。愁いを浮かべた表情や、息子・夫に捧げる愛情表現は極上で、2回目以降に観るとラストシーンの澪の日記内容がフラッシュバックされて、登場のシーンからすでに涙してしまう。「黄泉がえり」でも同じような境遇であったが、本作は自分の人生をあるときから知ってしまったことで(核心部分なので、未見の人は映画参照)、その切なさも倍増である。「黄泉がえり」は観客も驚く返し技が終盤にあったからね。本作は最初から澪の運命をみんな知っているわけで(笑)。作品はもう5つ星なのだが、BOXの特典はダメである。日記からして重いぞ。メイキングももっと深く突っ込んでほしかったなあ。まあ、諸般の事情でいま新たに出演者インタビューを取るのは難しいかもしれないが(笑)、ブルーレイでも発売されるときには監督・スタッフの声やキャストのインタビューをもっと盛り込んでほしい。お願いしますよ、東宝+TBSの皆様。

>> つづきをみる

オトナファミ 2008 AUGUST [雑誌]

(購入者の評価)
オトナ向けゲーム誌、というわけではないようです。
映画の情報だったらほかの雑誌読むってば、、、
それぞれの記事は悪くないんだけど、まとまりが悪い。
なんか中途半端かも。


日経エンタテインメント ! 2008年 03月号 [雑誌]

深紅

(購入者の評価)
 内山理名、水川あさみ、緒形直人と役者がなかなか良くて、ストーリーにも緊張感があり、秀作だと思いました。
 冒頭はダリオ・アルジェントの「サスペリア」ですね。堀北真希が高速のインターのトイレで鏡を見ているところなんかは、モロにホラー映画の演出です。このとき、堀北真希は自身の家族が大変なことになったという状況なのに、曖昧な笑顔を見せます。このあたりはとっても良かったです。ここはストーリー上、後につながる重要な場面なのですが、変に泣き崩れるような設定になっていないのが素晴らしいです。曖昧な笑顔は意味があるような、ないような感じで、ホラー映画的な演出とともにサスペンスを盛り上げます。
 その後、堀北真希が成長して内山理名になって、自分の家族を殺して死刑が決まった緒形直人の娘、水川あさみに近づいていくのですが、内山理名が声高に恨みや憎しみを叫ばずに、内に秘めているところも良かったです。実際に水川あさみと会ってみると憎しみながらもどこか惹かれていったりして。実際にはこのような展開にならないとは思いますが、フィクションとしてはとても面白い関係です。
 2人の心理のバランスの微妙さが、ストーリーの中でうまく語られていると思います。だまされてキレる緒形直人も良かったです。血だまりに緒形直人の顔が映る場面は「サスペリア2」、つまり原題の「ディープ・レッド(深紅)」にも同じ場面がありましたね。
 ただ、アルジェントばりにときどき妙な場面があるのが気になりました。屋上かと思ったら水が下から押し寄せてきて、海辺みたいになったり。こういう場面があってもよいのですが、ホラー映画ではないので、全体のバランスからややはみ出ております。
 ラストのキスシーンはいいんですけど、周りをカメラがグルグル回って撮るという演出はどうでしょうか。ちょっと疑問もありますが、最後まで緊迫感があって見応えのある作品だと思いました。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4