小出恵介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
小出恵介 おすすめDVD 小出恵介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ドキュメント of ROOKIES ~11人が戦った141日間のキセキ~完全版

ROOKIES (ルーキーズ) 裏(うら)BOX

(購入者の評価)
マンガをジェンプで毎週読んでいたので、ストーリー自体面白いのはわかっていた。でもいつもドラマになると、とくにスポーツモノは納得いかない出来になるので、どうかなぁと思っていたのですが、第1回目のスペシャルの2時間を見て、もう激ハマリしました!とにかくキャラクターがオリジナル以上にたっていて、面白く感情移入も出来易いつくりになっている。
是非、同じスタッフで「ろくでなしBLUES」もやって欲しい!映画でも、ドラマシリーズでも。


僕の彼女はサイボーグ スペシャル・エディション

(購入者の評価)
まず、綾瀬はるかの表情がとても素晴しかったです。
彼女のキラキラした表情や
無機質な表情がとても魅力的でした。

飛行機の中で観たのですが、彼女に引かれて、
3回も機内上映を見入ってしまいました。

冴えない主人公を守るために、未来からやって来たサイボーグのおはなしです。
最初はちょっと強引な展開が気になりますが、
観ているうちに気にならなくなります。
ノスタルジックできれいな映像、素敵な音楽と、
綾瀬はるかの表情がとても素晴しかったです。
またタイムパラドックスの中での、切ないラブストーリーに思わず涙します。

私の大好きな映画です。



ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX通常版

(購入者の評価)
4枚組の内容が1枚目2枚目は本編が、3枚目4枚目になんと本編が一話も入っていなかった。事前に解っていれば購入しなかった。
返品したが、どうなるか分からないが、裏番を待って再度購入すべきだった。


ザ・マジックアワー スタンダード・エディション

(購入者の評価)
まず、タイトルの「ザ・マジックアワー」の意味を佐藤浩市が独白し、ちょっとしたサプライズを演出する。ビリーワイルダーの「サンセット大通り」を連想させるオープニング。こう来るだろうなと思った通りにハマル面白さ。期待させます。

前作「THE 有頂天ホテル」は、変に長回しに固執するなど演出や笑いの仕掛けが空回りし、テンポが悪かった。今回も、三谷幸喜流のトタバタですが、それがなんとも面白い。
俳優が、「ホンモノ」のギャングの事務所を撮影の現場だと思い込むなどということは、あり得ないことですが、それをドラマとして納得して見せてしまう力技があります。

そこかしこで、映画への愛情を感じさせるのもいい。俳優から撮影現場のスタッフまでの熱気を実感できる。随所で製作現場の「舞台裏」を見せるかのような演出。うらぶれた映画館で上映される映画やポスターも、中井貴一、天海祐希、山本耕史、鈴木京香、唐沢寿明といった俳優たちを使ってわざわざ作っているのも凄い。

劇中映画として「カサブランカ」をパクッた「暗黒街の用心棒」とか、故市川崑監督の「黒い十人の女」ならぬ「黒い101人の女」では、市川監督本人も登場。深津絵里が三日月に乗って歌うのはウッディ・アレン監督の「ギター弾きの恋」の劇中歌。ラストで小日向文世が「ハリマオ」の格好し、道路が燃え上がるのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」か。「ゴッド・ファーザー」等、まだまだ、色んな映画のパロディがあるのでそれをチェックするのも楽しい。
そして、エンドロールにいたっては、セットを立てる様子が超早回しで紹介されます。美術スタッフへの全幅の信頼を感じる演出でした。

コメディ映画ですから、根本的には『笑わせてナンボ』です。当たり前と言えば当たり前ですが、ちゃんと笑わせてくれる、ここが肝心。DVDは是非、家族・友だちと一緒に大勢で観て、皆で同時にドッと笑う醍醐味を味わうのがベストかと。


のだめカンタービレ in ヨーロッパ

(購入者の評価)
 ドラマが大好きだったので、迷わず購入しました。後悔ゼロです。期待通り、十分楽しめました。
 でも、皆さん絶賛されてるので、ちょっとだけ文句をつけてしまおうかな。

 週1回のドラマに比べると、ちょっと冗漫な感じがしたんです。
 ドラマは、1話ごとにクライマックスを持って来る必要があるせいか、1つ1つのエピソードやセリフに無駄がありませんでした。
 しかし、スペシャル版の方は、「この場面、要る?」「ん?、ちょっと引っぱりすぎでは?」という所がいくつかありました。
 まあ、魅力的な役者さんたちを見られる時間が、長いのはいいんですけどネ。

 それと、不自然なフランス語やドイツ語(仏語ネイティヴや、ドイツ語話者が聴いても、何言ってるかわかんないんですもの)は、思い切って削ってもいいんじゃないかな。最初っから日本語でいいのでは。漫画なんだし。

 あと、千秋ちょっと泣き過ぎです。あまり泣くと、感動が薄れます。ドラマでのベト7の涙には共感できたけど、今回のはちょっと。

 と、いろいろ文句をつけたのにも関わらず、減らす星は1つだけです。
 出演者のテンションや、スタッフの方が練りに練ったであろう小技、何度見ても楽しいです!

 おまけ / 個人的には、原作のイメージとは違うという(私はまだ7巻までしか読んでいないので知らないんですが)、オクレール先生の笑顔が大好き。とっても癒されます。


僕の彼女はサイボーグ 通常版

(購入者の評価)
予想外に泣けました。

やっぱりサイボーグには感情移入してしまいますね。
そう、まるでターミネーター2のサイボーグが溶鉱炉に落ちるときのような
切なさがあります。

泣きたい方は是非。


のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

(購入者の評価)
今マンガや小説を元にしたドラマが乱発されている中でこのような良いドラマ(しかもフジで)が出来たことが素晴らしいです。
のだめのスタッフさんを始め出演者の丁寧さが伝わってきます。

私はラストフレンズで上野樹里の演技に圧倒され、他の作品も見たくなりのだめのマンガを全巻読破してから見ました。

原作に忠実といえば忠実ですが、マンガとドラマの違いは多少なりともあります。このドラマがヒットした理由はその違いがとても良かったことだと思います。変にいじらず、視聴者のことを考えてどのように作ったらいいか。そんな試行錯誤が繰り返されて作られたんだと感じます。
この完成度なら高いお金を出してDVD-BOX買う気になります。
購入して損はないです。

ドラマに劣らずマンガのほうもとてもおもしろいです。
ぜひマンガも読んでみてください♪


恋 空 プレミアム・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
と言ったら、本当に現実の話だったとしても!
空想物語な感じに思えます。

話題になってた時は気にも留めてなくても、ちょい気になりつつ。

どっちかってゆーと…上から目線で内容も知らないのにバカにしてたかも。

ドラマ化され見て先が気になり、ケータイ小説をpcで読み、号泣!

それから、映画版を見てまた号泣!!

フィクション、ノンフィクションどっちでもかまわない!!!
泣けたのはたしか。

でも、小説を読んでしまうと(その内容がどっちにしても)あぁ?はしぉられてんなぁ?ってのは否めません。

が、ケータイ小説は改行や…が多くて読みにくかったけど(^^;

なんか懐かしい感じと、高校生に戻りたいって思ったり。
内容はマンガちっくなんですが、いいんちゃうか!
素直に泣ける映画だったなって思います。





パリだ!プラハだ!!ぎゃぼー!!!のだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地マップ

(購入者の評価)
テレビで放送したものを録画していたので、買おうかどーか迷ったんですけど買って正解でした!

デレビ録画と見比べたらデレビでは放送されてなかった映像がしっかり入っててまた楽しむことが出来ました。

デレビで観てない方はもちろん、デレビで一度観た方もまた楽しめると思います!


砂時計 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
恋愛話の裏に重いテーマが潜んでいます。

ストーリーは、島根の農村に引っ越してきた中学生・杏は、母親が
人生に疲れて自殺してしまい孤独になるが、近所に住む大悟に
「ずっと一緒におっちゃる」と力強く宣言されて初恋を実らせるも、
その思いに疲れて別れたことを後悔している、というもの。

出会った幼馴染3人との初恋について、出会いから結婚までの道のり
を丁寧に描いた作品でしたね。特に、中学生から高校生にかけて、
笑ったり泣いたりするところが、本人たちも楽しそうに演じていて
良かったです。

杏も母親も思いつめて…というところがありましたが、その苦悩や
後悔にもっと共感できるような流れだとさらによかった。悩んでる、
でも母親は居ない、彼氏にも相談できない、どうしよう、とネガティブ
ループをもう少し。タイトルの「砂時計」のように、過去はいつか未来
になる(ひっくり返せばまた新たに時を刻む)というメッセージは分かり
やすいだけに、残念でした。

出演した夏帆は、「うた魂♪」でも拝見しました。喜怒哀楽の「喜」
「楽」の演技がとても良いですね。相変わらず「哀」の部分がサッパリ
しすぎてましたが、ひょっとしたら、現代っ子はそういうもんだという
ステレオタイプに填められて演技しているのかも。うーん。
また、成長した杏を演じた松下奈緒もきれいですね。こんなOLさん
が職場に居たら勇んで仕事に励むことでしょう(笑

映画に登場する世界最大の砂時計も実物を見たいな?


ただ、君を愛してる プレミアム・エディション

(購入者の評価)
ストーリーは 「?」と思ったけど、全体的にすごく綺麗にまとまってるのに感動です!

宮崎あおいさんの透明感が全開!不思議キャラと、ご本人も言ってた衣装がかわいい!!

玉木さんも、宮崎さんも個人的にカメラはやっていて、カメラ歴は実は宮崎さんのほうが長いとか。さすが、写真を撮るところは決まってますね。

欲をいえば、DVDの特典は手紙ではなくて、あの写真が良かったな。


キサラギ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
いろんなとこでベタ褒めされているのでけっこう期待しながら見始めたのですが…。
回想とか想像のシーンを除けば、最初から最後までずっとひとつの部屋の中だけという徹底したワンシチュエーションの物語。
ともすればじきに飽きちゃいそうな設定なのに、アイドルの死の謎が徐々に解き明かされていくストーリー展開は退屈せずけっこう楽しめました。
が、やたら舞台っぽい大袈裟でケレンたっぷりの演技が私はどうも好きになれず、
途中からはつい「あ?、早く終わってくんないかなあ…」なんて願いながら見てしまいました。


白夜行 完全版 DVD-BOX

(購入者の評価)
ドラマを見ていて、苦しかったです。
純粋な子供が、大人の汚れた姿を目の当たりにしたとき・・・
罪を背負って生きていかなければいけない人生とは・・・
母役の麻生さんが、刑事役の武田鉄也さんに、飲んだくれて感情をぶつける場面があります。その、我が子を思う気持ちにとてもグッとくるものがあり、込み上げてくるものが抑えきれず涙が吹き出しました。
冷たいと思っていた刑事役の武田鉄也さんの最後のシーンも、とても言葉では言い表せないくらい、「こんな父親みたいな人がずっと初めからそばにいてくれていたなら、純粋な子供らももっと違った人生になったのでは・・・」と悔やめるほどでした。
綾瀬はるかさんは個人的に好きな方に入る女優さんでしたが、このドラマで少し下がっちゃいました・・・単純でスミマセン><
山田孝之さんは、やっぱりいいです。


ただ、君を愛してる スタンダード・エディション

(購入者の評価)
この映画は、私にとって本当に大切なものになりました。 ここまで感情移入できた映画は初めてです!映画が、終わった後には切なさ、悔しさが残りました。しかし、それと一緒に温かい気持ちにもさせてくれました。本当にこの映画は、純愛映画の大傑作だと思います。
みなさん!!この映画を見ないと、大損ですよ!超おススメ映画です!


佐々木夫妻の仁義なき戦い DVD-BOX

(購入者の評価)
 小雪の出演ドラマは数あれど意外と主演となると少ない。フジTV系の「エンジン」もアンサンブルドラマであったし、遡るとTBSの「君はペット」以来になるような気がします。09年から始まる裁判員制度のことも考えて痴漢冤罪やストーカ、離婚問題など素人にも分かりやすい身近な話題を取り上げて、また在宅率の高い冬の日曜夜の放送でした。毎回変わる小雪の衣装も楽しみでした。
 しかし視聴率は思ったほど伸びず中盤ではヒトケタのときもあり、軌道修正されました。今まで二人の歩くエンディングから、歌は流れてもドラマは続いていたりパンチを喰らうと頭に星のアニメーションが加えられてコミカルさを出しました。これで何とか平均視聴率はふたケタに戻りました。
 題材も俳優も放送時間帯も良かったと思うのですが、視聴率で苦戦するとは意外でした(この後放送される「猟奇的な彼女」は惨敗でした)。個人的にはもっと小雪主演のドラマが見たいだけに、この結果で今後の主演の座が遠のいたとしたら残念です。


きみにしか聞こえない

(購入者の評価)
成海璃子ちゃんの主演作を,「神童」,「あしたの私の造り方」と見てきて,この子はタダモノではないと思い,この作品を見たら,すでに持った予想以上の出来だったので,またびっくり.将来の大女優,確定ですね.

大人びた,どちらかというと暗い表情の美少女が,ときどきすごく素敵な笑顔を見せます.そのギャップがとても印象的です.

内容は,現代のおとぎ話なんですが,虚構を見ている人に「納得」させてしまう,脚本と演出はよいです.

皆に奨めたい作品です.


キサラギ プレミアム・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
題材はオタの集まりで、わりと笑える映画かなというつもりで観たのですが、ものすごくうま?いどんでん返しでストーリーが徐々にサスペンスになってゆきます。次は何が発覚するのか、エンディングロールの終わりまで目が離せませんでした。

ウォーターボーイズ 2005夏

(購入者の評価)
パート1の続編みたいな感じで、瑛太が主役になります!!そこで南の島のメインメンバー3人と出会います!!

シンクロも失敗シーンも是非必見です!!
小出達も演技も上手です!!


WaT Music Video Collection

(購入者の評価)
実際このDVDを購入してWaTの成長をすごく感じました。
インディーズのデビュー曲のまだういういしい高校時代の若い2人から始まり念願のメジャーデビュー曲の僕のキモチからボクラノLovestoryまでは、四部作のストーリー仕立ての作品に仕上がっています。
ReadyGo!では、オフシヤルサポーターだったWaTの選手や監督さんのコミュニケーションや必死に何か役に立ちたいとWaTが選手達の手伝いなどを見れる貴重な作品になっています。
夢の途中では、しっとり歌い上げ、時を越えてでは、2人仲良く楽しそうに歌い上げています。
ソロも最初は,なぜ徹ちゃんが1曲だけ?と疑問を感じた時もあったけどもしかしたらPVを作ってなかったのかな?と思える様になりました。
「やはり残念だけど…」
でも徹ちゃんのアロエの緑色のギター可愛いですよ!基本的にメガネで歌いますがたまに外すシーンもいい感じだなぁ何て…
後、瑛ちゃんは、ポイント高いですよ!映画の曲では、格好いいロック調なのにポンキッキでは、本当に優しいお兄さんで楽しそうに子供達と踊っています。瑛ちゃん可愛い…☆
この2曲思わず同一人物?と思える程ギャップが楽しめます。
最後のe2では、一昔前のバリバリアイドル路線であのWaTが可愛い振り付けで踊っています。
今までシングルをCDでしか聞いた事のない方などは、画像を見ながら10代のWaTから22歳になつたWaTの成長を感じ取れると思います。2人共成長していますが、私は、特に徹ちゃんの顔がずいぶん大人びたなぁという印象を受けました。
曲もみんないい曲なのでWaTの成長をファンの方はもちろんそうでない方もWaTを知って貰いたいなぁと思います。
HavaRavaのPVは、とても面白いですよ!砂浜で瑛ちゃんがスイカに変身してるシーンがあるのでお楽しみに!☆


>> つづきをみる

レプリークbis (HANKYU MOOK)

ROOKIES ルーキーズ PERFECT BOOK

(購入者の評価)
表紙の画像のかっこよさに惹かれつい買ってしまいました。

どのニコガク野球部員もまんべんなく写真があり、誰のファンでも楽しめると思います。

動いているのではなく写真もキマってて普通に満足出来ました。

なので★5つ。



市原隼人Personal Photo Book ぴーす【初回限定版】 (Angel Works)

(購入者の評価)
市原隼人くんのいろんな顔が見れると思います。
もっともっと好きになると思います^^
特に笑顔はやばいですね(>_<)(笑)
特典DVDも内容充実です★
ファンの方にお勧めします。
今後の活躍もすごい期待ですね。


TVLIFE 恋メンSPRING (Gakken Mook)

(購入者の評価)
こんなにイケメンばかりとは!最強のメンバー。
写真がとにかく素敵だし、インタビューも面白いし
買ってよかったです。おすすめ!


「僕の彼女はサイボーグ」メイキングPHOTOBOOK (TOKYO NEWS MOOK 103号)

(購入者の評価)
高額な公式ガイドや、映画パンフレットより資料性が高く、
値段の割りに非常に充実した内容で驚きました。

カラー写真も多く、主演の二人の他・スタッフのコメント、
絵コンテも一部掲載されていました。

すでに映画を観た方には、ニヤリ とする記述が多いと思います。
目からウロコです。

公式ガイドより、こちらの方が、断然 オススメです。


smart FACE smart特別編集 [e-MOOK] (e-MOOK)

Haruka Ayase in Cyborg She 『僕の彼女はサイボーグ』公式ガイドブック

(購入者の評価)
映画を観て以来、関連グッズを集めています。

書籍関連では、パンフレットを除けば、小説、メイキング・フォトブック、
マンガ(連載中)、そして こちらの公式ガイド。

金額的には 発売中の書籍の中で最も高額で、カラーページも多いのですが、
こちらが欲しい資料が思ったより少ないのが残念。

ただ、映画未公開シーンの写真や絵コンテ(フォトブックより掲載数は多い)も
掲載されているし、映画Q&A が あったりと なかなか侮れない内容ではあります。

コストパフォーマンスの高い メイキング・フォトブックを選ぶか
思案のしどころです。

ファンなら、メイキング・フォトブックを おススメしますが、コレクターなら
公式ガイドを手元において置いても良いと思います。


+act. mini Vol.1(プラスアクトミニ) (ワニムックシリーズ 109) (ワニムックシリーズ 109)

(購入者の評価)
ROOKIESが好きな方は絶対に買うべき!
表紙にROOKIESの皆が映っているのに惹かれて買ったのだけれど、ここまで内容もROOKIES一色だとはびっくり。
写真も一人一人が4ページに渡って載っているので、どの俳優さんが目当ての方でも満足出来ると思います。
私は佐藤健さんが目当てだったのですが、まるで写真集のようなカットでとても楽しめました。


小出恵介1st写真集

日本映画 magazine vol.04 (OAK MOOK 200) (OAK MOOK 200)

ネオアクター Vol.2 (廣済堂ベストムック 119号)

acteur(アクチュール) No.1 (2006 JULY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

日本映画navi 2007夏―TVnaviプラス (2007) (扶桑社ムック)

初恋

(購入者の評価)
映画を見て、すぐに読みました。
非常に薄いことからすぐに読めるはず、と思っていました。
ところが1ページめくるごとに、反芻してかみしめたいようなきらきらした言葉が溢れていて、思春期のころの不安定な心の揺らぎのようなものが強烈に蘇ってきて、読みきるのに5日もかかってしまいました。
お話だけなら映画を見たので大筋はわかっています。けれども、この作者の文章がいやおうなしに「みすず」と同じころの自分を呼び起こし、前に進めなくなるのです。
この美しく繊細な文章に出会えたことが、去年一年間で一番の喜びでした。
本を読み終えると、きっとあなたにも、日本のどこかで一人60年代を生きている実行犯みすずの姿が見えると思います。


キサラギ オフィシャル・ムック (ランダムハウス講談社MOOK)

(購入者の評価)
脚本の面白さと、各役者の作品に対する愛情やキャラクターに対する役作りの真剣さがよく解る。そして全員が自らの演技力だけでなく、相手とのバランスを配慮しつつ、研ぎ澄まされた感覚で演じ切り、監督が見事に導き完成させた作品と解ります。映画を見た後に「また観たい」と思った。今まで見た邦画の中で、最高に楽しめたお洒落な作品でしたからこの本は大変嬉しいものです。

Audition (オーディション) 2008年 06月号 [雑誌]

おいしいプロポーズ (ヴィレッジブックスedge)

(購入者の評価)
ノベライズは、ドラマでは分からない 心の中まで細かく書かれるので おすすめです。
ラストの結果は一緒なんですが、微妙にドラマと違うので、楽しめました♪

運命の相手とは、一度 別れても また会える…。
現実にも そうなんでしょうか?


小出恵介 2008年カレンダー

CL110 小出恵介 カレンダー 08

小出恵介 2007年 カレンダー

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4