小松政夫

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 
小松政夫 おすすめDVD 小松政夫 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ハンブン東京

(購入者の評価)
いやぁ?、よかった。
告知が少ないからコアなファンしか知らないのかもしれないが、(自分は最近知りました)いい作品だった。
シカ丸ブログ(スタッフさん)でハンブン東京の舞台裏を読んで、近内さんがとても気になっていた。ナイスキャスティングが特典映像満載で実感できます。


ザ・カゲスター Vol.3

ザ・カゲスター Vol.1

(購入者の評価)
カゲスターは 子供の時見ていましたが、EDソングに衝撃を受けて どうしてもDVD欲しくなり買ってしまいました。話しの内容的には 5?6歳の子供達にはいいのではないかと思いますが 面白いと感じる自分も変態だったりして…………ベルスターのマスクはいいとしてカゲスターのマスク、せめて目の辺りでもカッコヨクしてもらいもんですが 童心に帰って楽しめる作品です EDテーマ デジタルプレイヤーイヤホンでいつも聞いています。

必殺仕置屋稼業 VOL.6

みごろ ! たべごろ ! 笑いごろ !! みごろ ! BOX (初回限定版)

(購入者の評価)
この番組の放映当時は小学校高学年だった私にとって、「電線音頭」や「悪ガキ一家」などはもう「懐かしい!」の一言に尽きます。
最も予想外でしたのはキャンディーズ主演の青春ドラマ「美しき伝説」の総集編(第2弾の「たべごろ!BOX」と2つに分けて収録)です。これを当時見ていた記憶は全く無く、現在となってはかなりクサイ演出なのですが、逆にそれが新鮮に感じられ、白血病に侵されながらも残された時間を一生懸命に生きる主人公(ラン)の姿に、不覚にも感動して涙が出ました(笑)。まあ、感じ方は人それぞれだと思いますが。
最近になって急にキャンディーズにハマリだしての購入でしたが、私にとってはそれだけの価値は十分にありました。しかしこの番組・・、当時はよい時代だったんですね。


LOVE ASIA 花びらの舞う海へ

(購入者の評価)
西島秀俊さんの心地よすぎる声が作品の舞台となったインドネシアのゆったりとした時間の流れにとてもマッチしています。親子のやりとりの部分では誰もが共感できるのでは・・・作品をご覧になったあと「がんばってみようかな」という気持ちになると思います。

必殺仕置屋稼業 VOL.7

(購入者の評価)
中村主水という人間は何より一番生きる事に執着した男ではないだろうか。

後の映画"必殺3裏か表か"で強烈な強かさを見せてくれたが、そのさらに昔に既にそれに匹敵するものを主水は見せていた。それが今作の最終回である。

印玄、おこうと二人の仲間を失い仇を討とうといきり立つ市松、捨三。これ以上仲間を失わず仇を討ち、かつ生き延びるため知略を巡らす主水。痺れを切らせた捨三が動こうとしたその時、主水は止め一言言った。

「ぎりぎりいっぱい生きるんだ。」

数多の消え往く命を見てきた主水のその一言の意味は大きく重い。

そして最後の場面。市松をわざと逃がし、その失態の責任をとるため奉行所で最も低い身分の牢屋同心にまで格下げされる。落ちるとこまで落ち、生きている事さえ無様とも思えるほど荒んだ姿。しかし主水は不適に笑うのである。この場面が全てを語っていた。
まるでしてやったりとも思える表情。

中村主水が輝いていた。強かさが輝いた。


ナニワ金融道 5

(購入者の評価)
この作品の最も山場、と言うか唯一の見せ所は、緒方拳と小松政夫の専門用語対決でしょう。
これぞ金融ドラマ(?)というところを見せてくれます。
難しい言葉が出るたびに高速テロップで説明してくれるのですが、簡単な言葉も親切に出してくれる割にはかなり高速で(笑)
若い中居君はもとより、普段ドラマなどでは関西弁を一切出さない堤真一がばりばり関西弁を使いこなしている、という希少さが楽しめます。
世の中は金、人を人とは思わないこと、なんていう世の中のどろどろをとことん楽しむ内容であり、正義感たっぷりの中居正広演じる主人公より帝国金融より赤信ファイナンスよりも、堤真一演じるはめられた肉欲棒太郎さんが一番いい人だったような気もします。。



必殺仕置屋稼業 VOL.5

小松政夫×イッセー尾形のびーめん生活

(購入者の評価)
とにかく、凄い!ですよ。'お笑い'や'演芸'という枠では収まらないし、誰が見ても面白いと思います。我が家では家族で繰り返し見てますが、それぞれツボが違うようです。絶対!おススメ!です。


みごろ ! たべごろ ! 笑いごろ !! たべごろ ! BOX 2(通常版)

???1976年から放映され、最近ではパチンコにもなった伝説的ヴァラエティ番組をDVD化。伊東四郎と小松政男の名コンビにキャンディーズが加わって繰り広げる「悪ガキ一家と鬼かあちゃん」はナンセンス・ギャグの至高ともいえるもので、そのおもしろさは今観ても変わらず。ここから小松の名曲(?)「しらけ鳥音頭」が生まれた。子どもたちに人気だったのはデンセンマン音頭。また若き日の西田敏行のコメディアンぶりを堪能できる「敏行の昔(ふるい)はなし」は個人的にオススメ。総体的に当時人気だったドリフターズの『8時だヨ全員集合!』的な笑いとは一線を画し、学校などで子供たちが『8時』派と『みごろ』派に分かれて議論しあっていたのも、今となってはよき思い出。DVDは画質など難もあるが、あまりのおかしさにそんなこともすぐに気にならなくなるのは必至。本当におもしろいものに時代性は関係ないことを改めて痛感させられる名作である(増當竜也)

必殺仕置屋稼業 VOL.1

(購入者の評価)
 本作はいわゆる腸ねん転後に満を持して制作されたシリーズである。「必殺」に酷似した作品を東映&毎日放送にやられ、藤田まことばかりではなく、「仕置人」に出演していた沖雅也氏を登板させた意欲作品。
視聴率確保のためか、多少明るめに出来ているけれど、ファンによって語られることが多い第1話の主水と市松との静かな決闘他、興味ある話・シーンが目白押しである。
 そのためか、本ディスクは悪役が充実している。こんな短期間に高木均、津川雅彦、中尾彬、江端高志、大滝秀治、山本学と個性派俳優が見事なまでにそろい、惨めに仕置されている。また、被害者役であの「三択の女王」竹下景子が出演しているのは意外。竹下は「必殺シリーズ」では本作にしか出演しておらず、実に初々しい演技を見ることができる。
 映像特典はDVD制作にあたって「仕事屋稼業」最終話予告と連動した次作予告が発見されたものを収録、そして過去にリリースされたVHS版との比較を試みている。出典は関係者用の試写フィルムだろうか。おそらく手直しがあってDVD版となったのだろうが、本来ならばまず見ることのできない映像である。
 したがって、本ディスクはいかに「一粒で二度以上おいしい」DVDであるかを思い知らされるであろう。


笑の大学 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
昭和15年というかつての「大日本帝國」の言論統制下を舞台にしたコメディです。

元々はラジオから始まり、舞台・落語・映画と進んだそうです。

映画はほとんどが取調室でのやりとりで終わります。

稲垣さん演じる喜劇作家の持ち込む台本に役所広司さん演じる検閲官がことごとくケチをつけて、それが結局は面白い台本を作ることにつながっていくというストーリーです。

「古畑任三郎」で知られる三谷幸喜さんの原作・脚本ということで期待して観ましたが、正直あまり笑えませんでした。

唯一、「人生で一度も笑ったことがない」と言う役所広司さん演じる検閲官が壊れていく様は面白かったですが。

そもそも「取調室」という設定が非常に限定的なので、この作品は舞台でこそ生きるんじゃないだろうかと思いました。

特典DISCではメイキング・主演二人のインタビュー・試写会等のイベント映像集など66分もの映像が観られます。

また内容の充実した52Pブックレットも付いているのでファンの方にはスペシャル・エディションをお勧めします。


みごろ ! たべごろ ! 笑いごろ !! たべごろ ! BOX 2 (初回限定版)

(購入者の評価)
キャンディーズの魅力は何かといったらやはりその普通の女の子っぽさだと思う。その普通の女の子っぽさ満載のDVDが本作でこれをごく当たり前に毎週テレビで楽しんでいた少年時代、いい時代だったと思う。今ありそうで絶対ない番組でした。本当に彼女たちも楽しんでコントやドラマをやっていたのが懐かしく思い出されます。いろいろ発見の多いDVDですが何より3人を身近に感じられる点、(ランちゃんのドラマの演技はまだぎこちないけど…愛らしい新鮮さがいい!)貴重だと思います。余談ですがあの蔵前のライブのスタッフにあの泉麻人氏が、いたそうですね!

裸の大将放浪記 山下清物語

(購入者の評価)
 劇場公開の「裸の大将放浪記」ということで、山下清の半生が2時間にまとめられています。
 始まりは、頭の弱いことで、いじめられている清が怪我をし、母親に叱咤されて逆にガキ大将になってしまうところ。清がちぎり絵と出会い、その才能を開花させていく過程、そして、自由を求めて放浪する中で体験するエピソードが面白おかしく、時にシリアスに描かれて行きます。
 2時間はちょっと長すぎる印象を持ちましたが、脳溢血で倒れて亡骸になる清に語りかける母親のラストシーンは、感動ものです。
 清が有名になってからのストーリーは、薄弱児とか障害者とかのテーマ色が強まっています。しかし、もっと大きな意味で、例えば、勉強のできない人、勉強のできない子供を持つ親、勉強のできない子供を持つ教師、と、解釈を広げるならば、誰でも見る価値のある作品です。スポーツの世界では、よく、「弱いやつほど強くなる」と、その可能性を言ったりしますが、この「裸の大将放浪記」は、山下清が、自分の意志とは関係なく、その可能性を実証した例かも知れません。洋画の「フォレスト・ガンプ」の原点がこの「裸の大将放浪記」にあるのかと思わせるような、ヒューマン・ストーリーです。
 
 様々な機関の推薦も多いだけに、一点、気になったのが、山下清のルンペン振り。旅先で握り飯や仕事を乞うわけですが、母親の遺言
という言い方をするので、ルンペンだけでなくペテンでもあるわけでしょうか。劇中、泥棒はいけないとしかられた八幡学園のフラッシュバックがあり、清が食べ物を盗むのやめるシーンがありますが、母親の遺言のうそはどう解釈したものかと迷います。

 TVシリーズの中期、後期の「裸の大将放浪記」は、面白おかしい部分が強調された、ほぼフィクション100%になっていましたので、そのイメージでこの作品を見ると、シリアスな部分に驚くことでしょう。
 これを皮切りに、TVシリーズの「裸の大将放浪記」のDVD化も期待したいところです。
 ちなみに、特典等は一切なしの、リージョン・フリーDVDです。


必殺仕置屋稼業 VOL.3

必殺仕置屋稼業 VOL.4

必殺仕置屋稼業 VOL.2

伊東四朗&小松政夫 エニシング ゴーズ

(購入者の評価)
いやいや、本当に笑いの止まらない、素晴らしい作品でした。伊東四郎、小松政夫ならではの絶妙な【間とボケ】。舞台の上で二人がまじめに演じようとすればするほどコミカルで、これまた可笑しくて。本当にこのお二人は素晴らしいコメディエンターテイナーであると今更ながら考えさせられます。出来ることなら、もう一度お二人で舞台をやってほしいと強く思いました。

楽屋の王様~小松政夫・ギャグこそマイウエイ~

(購入者の評価)
みごろたべごろ世代には恐らく懐かしい【小松政夫さん】!【なが?い目で見て下さい!】
【小松の親分さん】などのエピソードも多数収録してある逸品!です。


>> つづきをみる

のぼせもんやけん2 植木等の付き人時代のこと。

(購入者の評価)
よくわからない仕事です。
仕事の内容もそうですが、どんな気持ちで取り組んでいるのか。
まったく想像の範囲外です。

これは、小松政夫さんが、植木等の付き人だったころの4年間の物語です。

『のぼせもんやけん2』とあるとおり、『のぼせもんやけん』が存在します。
こちらは、福岡から上京して伝説のセールスマンになるまでの話をまとめているそうです。
その後、会社を辞めて、植木等の付き人になるんですね。
実は、この本は、もっと早く書かれる予定だったらしいのですが、途中、植木等さんが亡くなったため、お蔵入りしかけたそうです。
それくらい、小松政夫氏にとって植木等さんの存在は、大きかったようです。
植木さんが亡くなって半年経ってから、やはり、植木さんのことをまとめなきゃ、との動機でペンを取ったようです。

この本には、師匠と付き人の濃厚な人間関係にあふれています。
それは、肉親以上といえるでしょう。
このような濃厚な人間関係を一生続けていくって、どんな人生なんだろう。
ハナ肇さんのエピソードも綴られていますが、カリスマってこんな人の事をいうんだろう。って人物像です。

付き人って、師匠を愛し抜く仕事だったんですね。
クレイジー好きには、おもしろい本です。


のぼせもんやけん―昭和三〇年代横浜 セールスマン時代のこと。

(購入者の評価)
 テレビでおなじみ、小松政夫親分の青春時代を熱く描いた物語です。

「のぼせもん」とは、博多弁で、すぐに夢中になる、熱中しやすい人間のことをいいます。
 上京して、いろんな仕事にすぐ夢中になり、他のことが何も見えないくらい夢中で働いた小松親分の青春時代。なかでも自動車セールスマン時代の出来事を中心に語っています。

 昭和36年に俳優を目差して上京した松崎青年は、飽きっぽい性格が災いして、職を転々とします。
 ある時、コピー機を売り込みに行った先で
  「キミはあんな、30万ぐらいの機械を売る男じゃない。
   うちで車を売りなさい」
 と横浜トヨペットにスカウトされてしまいました。
 松崎青年は、後年コメディアンとして花開く持ち前の明るさで、売って売って売りまくります。

 なにしろ、最初に買っていただいたのは、なんと無免許のお客さんです。もちろん、自動車学校の手配から何からきちんとフォローさせていただきました。

 毎月のノルマに苦しめらたり、ヤクザに売った車のローンが焦げ付いたり、たいへんな目にあったりもしましたが、時代は高度成長にさしかかったばかりです。
 ノルマを突破すれば上司がキャバレーに連れて行ってくれ、販売目標を超えた分の割り増し給料も気前よく支払われました。

 公募で植木等の付き人兼運転手として芸能界入りするまでの数年間のセールスマン時代をふり返り、小松親分は次のように述懐しています。

  あの頃の僕は、若くて元気だった。
  いや、横浜トヨペットの誰もが元気一杯だった。
  そして何よりも、昭和という時代そのものが元気ハツラツでありました。
  それに比べて今はどうでしょう。(中略)
  そうだ、あの頃のことを本に書いて残しておこう。
  元気一杯だった日本の姿を、今の日本人に見せてあげたい。

 著者の意図通り、元気の出る本に仕上がってますよ!


おもしろい人に会ったよ

伊東四朗・小松政夫の笑って笑って60分 (ワニの豆本)

楽屋の王様[DVD]―ギャグこそマイウェイ!

(購入者の評価)
伊東四朗さんとの『エニシング・ゴーズ』もおすすめですが、このDVD?小松政夫さんのギャグの歴史やきっかけなども収録されていて、へぇ?!と思わせる、一本でした。『小松の親分さん=本当の親分の奥様が小松さんのファンで、ちょいとしたきっかけから親分の家に連れて行かれ』などなど。 よかったなぁ?。 安心して笑える小松さんですね。

伊東四朗・小松政夫の笑って!笑って!!60分〈part 2〉 (1980年)

エニシングゴーズ 伊東四朗&小松政夫[ビデオ]

伊東四朗・小松政夫の笑って!笑って!60分 (1977年)

伊東四朗&小松政夫inエニシングゴーズ[DVD]

目立たず隠れず そおーっとやって20年

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4