近藤正臣

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 
近藤正臣 おすすめDVD 近藤正臣 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間

(購入者の評価)
期待以上の完成度!!
この映画の良さを知らない人は、人生で大きな損をしています。石井+乱歩ワールドにどっぷり浸かって見たい人は即購入をお勧めします!!


陽炎の辻 ~居眠り磐音 江戸双紙~ DVD-BOX

(購入者の評価)
かつて山本周五郎さんが黒澤監督によって映画化された『赤ひげ』を観て「原作を超えた」とうなったというが、まさしくテレビドラマ『陽炎の辻』は「原作を超えた」といっても過言ではない。
「上意」とはいえ、「友殺し」から始まるこのシリーズは、主人公・坂崎磐音がある「負」を背負いながらも、爽快にそして情に厚く行きぬく姿が胸を打つ。
許婚の奈緒こと「白鶴」との別れのシーンは、テレビ時代劇の名場面といえるだろう。

磐音が敵を倒す際に集中力を高めた瞬間、なぜか黄色い光線が磐音を包む様や吉原に降る雪、奈緒の行列シーンなど、とにかく映像表現が素晴らしい。
そして活字の磐音に見事に血を通わせ体温を宿した山本耕史は、俳優として不動の地位を確立したのではないかと思う。

原作24巻まで読破した上で原作ファンには恐縮だが、原作を超えたテレビドラマがここに生まれたのではないだろうか。


瞳 完全版 DVD-BOX I

新宿少年探偵団

(購入者の評価)
ジャニーズに興味のない方には「なんじゃこりゃ?」という作品かも知れませんね。
ストーリー展開も特撮もなんだか中途半端で残念・・・という印象だったのは確かです。
しかし、今をときめく若手俳優(あえてそう呼ばせて!)たちのその当時の一生懸命さは
伝わってきました。
私は、彼らの若さ、荒削りな演技を観れて結構面白かったです。
特典映像はファンにとっては、かつての幼いJr.達が満載で「これを観れただけでも満足?!」と思わせるものがありましたが、
興味のない方にとってはこの映像も減点対象になるのでしょうね・・・(笑)。
個人的には5つ星を付けたいところですが、冷静に作品自体を評価するならば、
甘めに評価しても星3つですね。ストーリー展開が雑だったので・・・。





妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
 B級映画と言われても仕方ない出来ではあります。
説明が足りなすぎて、初めて見る自分には正直理解しにくい出来でした。

 つっこみをいちいち入れて矛盾を指摘しながら見ていたら映画なんて面白くもなんともありません。
が、ある程度の設定がなければ、視聴者は感情移入がやりにくいしついていけないのも事実だと思います。
今作でいえば、何故主人公はあんなにスネコスリを慕っていたのかとか、加藤という男の詳細とか、
ラストの展開とか、これら足りないものは全部脳内補強というのは少々残酷な気がします。

 妖怪大戦争というタイトルに見合うだけの出来かと言われると「うんそうだよ」とは言いにくいです。
というのも妖怪はたしかにわんさか登場するんですが、
それぞれの妖怪が独自の力を発揮するいわば見せ場が少なすぎるからです
(大戦争だけにぬりかべは鉄壁の防御とか、砂掛けババアは敵の目くらましに一役買ってでるとかね)
ですので『ゲゲゲのきたろう』のような展開を期待してる人にはお勧めできません。
百鬼夜行のような妖怪パレードを期待している人も同様で、ド派手でシュールなシーンでいえば
今敏監督の『パプリカ』やスタジオジブリの『平成狸合戦ぽんぽこ』には遠く及ばないと思います。
また、子供向けだとしても、活躍してるのは主人公ただ一人で、妖怪達がドンパチやり合う爽快感は大きく欠けるので、
見た後素直に「すっげー面白かった」と言わせるには難しいと思います。

 ベタだけど、凄く面白そうなシチュエーションではあるんです(妖怪と人間の捨てたゴミを融合させて怪物を作り出すとか、麒麟送子とか)
もう少し時間を掛けてじっくり製作していたらかなりどきどきワクワクするような物語になっただろうなあと思うだけに残念でした。


秘太刀 馬の骨

(購入者の評価)
”秘太刀馬の骨”の使い手を探すため、決闘、また決闘。決闘シーンは
かなりの練習をしたこともあって見応えがあります。
そして、何といっても特典映像の充実さに内野ファンなら満足するでしょう。
メイキング映像のほか、収録最終日に内野さんに1日密着取材をしています。
内野さんの素顔に触れられます。
内野ファン、また内野さんに興味のお有りの方は特典映像だけでも一見の価値
があると思います。
個人的には、素に近い(?)段田さんのお堅い役にも好感が持てました。


NHK大河ドラマ総集編DVDシリーズ 国盗り物語

(購入者の評価)
 天下という国盗りを目指した、斎藤道三・織田信長・明智光秀の3人の物語がダイジェストかつコンパクト(総集編だけに)に語られますが、前編99分・後編90分とは思えないボリュームです。体感時間はもう少し長く感じます。
 3人の天下という国盗りの夢は、果たされる事なく終りますが、中世から近世への扉を開く重大な役割を果たしたのです。
 それにしても、本当に原版は存在しないのでしょうか?昭和天皇も御覧になっていたのですから、なんとか原版発見→完全版DVD発売の運びとならないでしょうか?

 一つだけ難を言わせてもらうと、チャプター分けくらいしておいて欲しいものです。


新宿少年探偵団

(購入者の評価)
花より男子の松潤,志村動物園で頑張る相葉ちゃんなどJr.時代の嵐メンバーはじめ,
加藤あいちゃん,深きょん,そして「拝啓,父上様」でおじさん達にも評判の
横山裕君@関ジャニと,今をときめく人々の,本当にかわいかったこと!
松潤なぞ「未満都市」でも観られますが,今の“クール松本”とは大違い(笑)な
かわいらしさ.その後“へたれ松潤”を経て「ごくせん」で今の路線になるわけですが,
嵐ファン,特に松本さんファンにお勧めです.因みに相葉ちゃんはこのころから
あまり変わってないような(笑)
まあ,ストーリーはよくあるジュ部ナイル者ですが.


NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第壱集

(購入者の評価)
私は権力者が嫌いなので、これまで特に家康など何となく鼻持ちならん存在でしたが、
今回このDVDを見て、竹千代も苦労ぬ苦労を重ねて耐え忍んできたんですね。
そんな幼少時代を経てきたからこそ、耐えがたきを耐えじっくり熟慮を練り采配を奮う天下人になれたのだと改めて感心させられました。
お家のため天下のためツライ選択も迫られたり物欲より心で家臣たちと接するという
理想的な上司像も伺える。


ですが少しキレイ事に過ぎる感じも否めません。
家康は頭はよく稀有な幸運の持ち主であっても
ケチで腹黒い部分は必ずあるハズで・・・そういうブラックな面ももっと出してよかったのでは、と思った。
数正の出奔や正室と信康に対する処遇や大阪の陣の際の秀頼や淀君を助けるという
思いは少し正当化?美化に走りすぎのキライもある。

それでも主人公として痛快な人生をマットウした家康を見ると
十分にカタルシスは得られ、耐え忍ぶことや物欲にばかり目を向けないことの
尊さをこの作品によって、たくさん教えられました。


NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第弐集

(購入者の評価)
 これまで多くの俳優が秀吉を演じてきたが,この「徳川家康」における武田鉄矢演じる秀吉は最高だと思う。早口でしゃべるところなども智謀溢れる秀吉の性格をよく反映していると思う。特に晩年の秀吉の悲哀をよく演じきっている。三宝院で「人生は,死ぬまで重荷じゃ・・・」と家康につぶやくシーンは特に心に残る。
 その秀吉が死に,後の天下を託された家康が欣求浄土の旗をはためかせて関ヶ原,大阪の陣に向かうところは鬼気迫る迫力がある。
 家康の太平への悲願は,今日,果たして実を結んでいるのであろうか・・・?
 


妖怪大戦争 DTSコレクターズ・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
この妖怪はね・・・
どうしてかっていうとね・・・  などと説明する材料がふんだんにあり、
子どもとの会話がいろいろ楽しめます。

やや単純なストーリーへの批判もありますが、子どもも楽しめる作りになっています。
つまり、昔話のよいところをしっかり封入した作りになっています。
しかも、細部にたくさんのこだわりが。

神木くんの可愛さが堪能でき、見所満載で、映像も演技もチープではなく、
さらにはメッセージ性もあって、高水準の娯楽大作といって過言ではないでしょう。

子ども(3?7才)と何度でも観たくなる映画に仕上がっています。
だって、大人が観ても見飽きないのです。
そんな映画は、意外に少ないと思います。

いろんな魅力が詰まっていると思いますよ!


「エロ事師たち」より 人類学入門

探偵神津恭介の殺人推理11~密室から消えた美女~

(購入者の評価)
 近藤正臣主演の神津恭介シリーズ最後の作品。電車内での不可解な殺人、マンションでの密室殺人等どちらかというと地味な感じの作品である。
 しかし、ストーリー自体は丁寧に伏線を拾って収束する形を取る本格ミステリーの王道。設楽りさ子(当時)の初々しい演技も見もの。
 近藤正臣がいつになく気障な神津恭介を演じていて、最高だ。昨今のライトな2時間サスペンスと比べて丁寧な作りがなされている。地味だが、有終の美を飾るにふさわしい作品。


探偵神津恭介の殺人推理10~白魔の歌 南太平洋のパラオに消えた妹~

探偵神津恭介の殺人推理8~伊豆下田海岸に赤い殺意が走る~

斬り抜ける VOL.4

斬り抜ける VOL.5

斬り抜ける VOL.6

(購入者の評価)
 全巻購入しておいてこういう事を言うのもなんだが、いや全話視聴すればこそ、本放送時途中路線変更の挙句2クールを待たずに打ち切りの理由がある意味よく判った気がする。
 すべての問題は、主役・楢井俊平であろう。
 いわゆるアウトローキャラであるという点を差し引いても、このキャラ設定はどうか?。 良く言えば強い信念を持つ一本気。 悪く言えば自己中心的で直情型。 それゆえに気に喰わない事があれば一瞬にして激昂し、多くの場合は喧嘩を売る。 思慮が浅く、相手(敵)の事情を慮る事はない。
 たいていの場合は非があるのは喧嘩を売られた側であるのに素直に俊平に感情移入できない原因は、恐らくこうしたキャラ設定にある。 さらに言えば俊平役・近藤正臣の下手な演技がこの印象に拍車をかけ、特に後半の “ひとり旅” 編の俊平は殆ど単なるDQN野郎だ。
 では番組が駄作なのかというと決してそうではない。 脇を固める “佐藤慶” “岸田森” “菅貫太郎” ら、超演技派の繰り広げるストーリーは見事である。 路線変更による彼らの実質降番後も、“中村敦夫” “中村玉緒” “佐々木孝丸” ら、高い演技力を誇るゲスト達によりドラマ部分は盛り上がる。
 その結果本作は、「主役の登場しない部分の方がドラマ的な完成度が高い」 という妙な作品とあいなった。


柔道一直線 DVD-BOX 1【初回生産限定】

(購入者の評価)
中止とされていた続編の発売が決定したようです。
BOX2は6月、BOX3は10月発売という情報が入りました。
良かった、待ってて良かった。


NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第一巻

>> つづきをみる

日本の戦後賠償―アジア経済協力の出発

憲法の現在(いま) (信山社双書―憲法)

開発と自立の経済学―比較経済史的アプローチ (ポリティカル・エコノミー)

サムエルソン経済学―スタディガイド

Hard on―近藤正臣写真集

近藤正臣写真集 (1985年)

(購入者の評価)
1985-1947=39
当時…この年齢で木村拓哉ばりの写真集。
とても素敵で魅力的でした。
私にとって永遠のHEROです!(^^)!


ハルナックとトレルチ―聖学院大学大学院講義

日本軍政とインドネシア独立 (1977年) (早稲田大学社会科学研究所翻訳選書)

緑と水とわたしたちのくらしは今…―筑紫哲也・近藤正臣・本多勝一講演録

近藤正臣写真集

異文化経営学 (1983年)

Hard on―近藤正臣写真集 (1985年)

エネルギーと産業革命―連続性・偶然・変化

言語・文化・発展途上国―社会科学複眼思考 (フマニタス選書)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4