小西大樹

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
小西大樹 おすすめDVD 小西大樹 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
牙狼スペシャル ?白夜の魔獣? 【愛蔵版】

(購入者の評価)
皆さんおっしゃってますが・・・

購入前は未公開映像にものすごく期待してたんですけど、「えっ!?」って
言うくらいのものだし。 
(他のはともかく、翼が鋼牙に頭を下げるシーンはカットしちゃいかんだろ==3)

おまけのGARO TVも、絵コンテ本も個人的にはどうでもいいし???
(小西君ファンには、鋼牙と違う一面(素顔?)が見られて
うれしいかもしれないけど。)
このために発売が一ヶ月も延びたのか、と思うとなんだかなあ・・・

「牙狼」は大好きだし、これからも応援していくつもりだけど、
同じものを目先を変えただけであれこれ売ろうというスタンスはあまり・・・

愛蔵版しか購入してない私には、ボックスの空間がものすごく切ないっす・・・


スクールランブル Vol.1

(購入者の評価)
現在、マガジンで連載中の漫画をアニメ化したものです。
ぱっと見、今風のマニア受けする作品か、と思いきや、ぶっちゃけ
おバカあり、勘違い王あり、お嬢様あり、硬派あり、帰国子女あり、
と何でもありの展開で、面白いです。
その割には、肝心の恋愛の部分だけは、すごーくピュアなのが
またいい!
あと、当然主人公はいますが、それにこだわらずあらゆる登場人物に
スポットライトを当てて、いろんなエピソードを描いているところ
なんかはうまい!と思います。

ただ、漫画の独特の味にはやはり及ばないので、☆4にしました。
スクールランブル、ってどんな作品?って知りたい人には、ぜひ
お勧め、みて笑ってください。


スクールランブル Vol.2

(購入者の評価)
3話は近年のコメディでは珠玉のデキ。
この回、原作ではたいして面白くない話なんですが、アニメスタッフの演出の冴えによって、素晴らしく爆笑のエピソードに生まれ変わりました。

ラブリー(おバカな)天満お姉ちゃんと、男前(おバカ)な播磨、絶対に幸せになって欲しいなぁ。

牙狼 7

(購入者の評価)
 絶体絶命の窮地に陥った黄金騎士を助けたのは、
なんとカオルだった。

 カオルの思いが黄金騎士の形態を変える。
人の思いが力になるということ。

 。。。詳細は、本編を見てください。

 究極の敵を倒した後、仲間たちとの別れがやって来る。
しかし、大団円にはならない。
鋼牙は「守る者=魔界騎士」として、ふたたび戦い始める。

 鋼牙は、永遠に戦い続けねばならないのだろうか?
終わり無き戦いを続ける鋼牙に、いつか救いや安らぎが訪れる
事があるのだろうか。

 ラスト・シーンで鋼牙が見た絵本の最終ページには、
そんな彼にとっての「希望」が描かれていたに違いない。


スクールランブル Vol.9

(購入者の評価)
25話では声優として参加しています。船員Fとして。丁寧にキャラの帽子にFと書いてありました。わかりやすい・・・。26話では原画も書いてます。あと作詞もしてたような。見逃した人は買いましょう。

スクールランブル Vol.8

(購入者の評価)
本巻は〈体育祭〉編です。

アメリカからの留学生・ハリー・マッケンジーが初登場、
姉ヶ崎妙が養護教諭として再登場しますが、
注目は、主役であるはずの天満を脇にやって展開される、
播磨と沢近の“カン違いラブコメ”でしょう。


「沢近が播磨の頭を剃る」といった行為は、
普通の作品だと、1つのオチとしてその場限りで終わるものですが、
それが、後々シリアスな展開で大きな役割を果たす―
というのも『スクラン』ならではの醍醐味でしょうね。


誤解と勘違いに満ちた2人の関係が今後どうなっていくのか、楽しみです。


牙狼 6

(購入者の評価)
 ひたすらホラーを狩り続ける魔界騎士として生きてきた鋼牙。

 しかし、カオルとの出会いが、鋼牙を少しづつ変えていく。
ホラーの返り血を浴びてしまったカオルを殺せなかった時から、
鋼牙はカオルを守る為に戦うようになる。

 そして、修羅のような魔界騎士としてではなく、「守る者」として
生きていく事を決意する鋼牙。それは、「人」として生きていくと
いう事でもあった。

 しかし、ホラーの返り血から浄化したのもつかの間、カオルには
「メシアの門」というさらに困難な厄災が襲う。

 クライマックスに向け、物語はさらに加速し始める。
迷いを断ち切った鋼牙がどう立ち向かうのか、次巻がとても楽しみだ。


牙狼スペシャル ~白夜の魔獣 ・前編?

(購入者の評価)
●テレビシリーズもそうだったのですが殺陣も効果も相当いいです。役者も完全に憑依している感じでゴールデンタイムの学芸会とは違います。70年代のドラマのような息吹を感じます。
●しかしなんというか説明があまりにも少ない気がします。行間をかなり補わないと。全体的にアクション主体でストーリー自体は単純なように思えるのですがこれは解説がないからだと思います。それをちょっと明かして欲しいのですけれど。それで補うとかなり深い話になりそうです。例えばそもそも邪美はなんで木に取り込まれていたのでしょう、死なずに。誰によって?それとなぜ矢に力を込めるのは彼女でなければいけないのでしょう。白夜騎士はなぜ法師への道を捨てたのか。単純に適正の問題なのでしょうか?弟子もいましたが彼らも騎士になれるのでしょうか。彼らも騎士になろうとして修行しているのでしょうか?法師ではなく。そもそも適正はかなり血縁が影響しそうな気がしますが。だいたい弟子を取って量産できるならとっくにほかの二人もやってそうな気がしますが。●あとできれば矢は白夜騎士が放って欲しかったですね。ここまで主人公が出しゃばり万能な様を見せ付けられるとすごく白けます。自分は展開上牙狼が白夜騎士を叱咤激励しつつ敵をなぎ払い最後の一撃を彼に委ねるのかと思っていたのでかなりがっかりです。●あとアクションシーンがかなり見づらいです。私はパソコンで視聴するのでソフトで色彩・光度の調整が可能ですがコレはどういじりまわしても落としどころが見つかりませんでした。


リアルステージ HUNTER×HUNTER A Longing for Phalcnothdk 蜘蛛の記憶

スクールランブル Vol.7

(購入者の評価)
♯18?20までを収録。

♯18は、かれんと今鳥のデート話。
今回から、ララ・ゴンザレス(CV小林ゆう)が初登場します。

♯20では、ひょんなことから播磨が八雲に
自分の漫画をみてもらうことになります。

そして二人っきりでいる所に…という話。

♯20では他にも、♯18の舞台裏で、
かれんとララが運命(!?〉の出会いを
していたことが描かれ、必見です!!


スクールランブル二学期 Vol.2

(購入者の評価)
天満、愛理、昌、美琴、八雲、播磨、烏丸など可愛い&カッコイイ&面白いキャラがたくさんいるとても楽しいアニメです♪そんなアニメキャラをバカバカ言ってる人は自分がバカ!だからそういう発言しかできないのでしょうね(ToT)かわいそうに……。とにかくスクランはとても面白いので全部見てくださいйё☆⌒(*^▽゜)

スクールランブル二学期 Vol.1

(購入者の評価)
一学期のプール清掃中に起きた文化祭出し物決定戦で喫茶店か演劇、結局ケリがついてなく、二学期になり文化祭間近今回は夜中の学校でサバイバルゲーム!正直コミックよりおもしろいです、やはりアニメでしか見せれない見せ場アリアリ。バンドの歌と戦場がマッチしてコミックよりもサバゲーがリアルになってて熱いです。コミックじゃ味わえないスクランがここにあります、まだ観たことない方、是非観て下さい(^O^)

スクールランブル二学期 Vol.3

(購入者の評価)
ついに3巻が出ましたか!テレビ放送がおもしろかったので、買う気まんまんでした!しかし、パッケージに知らない不良女子高生が載ってます・・・。これはいったい・・・。あまりにも世に与える影響が悪い。モラルがないのか!スクランには!!これじゃ、女子高生のイメージの劣化につながる!!よって評価3にしました!!!

スクールランブル二学期 Vol.8

(購入者の評価)
この21話は、「魔法少女 マジカル・マイ」として、スクールランブル中に登場するキャラクターの大塚舞が変身した(夢の中の願望?)キャラクターが登場する作品となっているが、クレヨンしんちゃんの「カンタムロボ」や「アクション仮面」、機動戦艦ナデシコの「ゲキガンガー」のようなスピンオフ作品としてある程度成立する可能性は高い。
しかし、あまりこうした本筋を離れた伏線に依存するのは如何なものか?とも思ってしまう。…と言うのも、失敗すると単なる冗長な作品で終わってしまう危険性が高いからだ。
…と思ったら次の22話では「頭文字D」っぽいものまで…。しかもクルマをCG処理していてなかなかの本格派である。また、デューク東郷っぽいキャラまで出ているのは笑える。流石はスクラン、「そこまでやるか?」という徹底さには脱帽ものだ。やはりスクランにはこういうバカバカしさが無くてはいけない。


牙狼 4

(購入者の評価)
深夜放送で初めて見た時はあまりのクオリティーの高さに驚きました!ぜひ全巻集めたいと思います。これから終盤に向けて盛り上がること間違いなしです?!

スクールランブル二学期 Vol.4

(購入者の評価)
なんとパッケージには知らない人が載ってます!パッケージ限定の新キャラクターだと思われます。スクランもやってくれますね!贅沢です!名前は花山洋子だったと思いますが、あまり確信はありません・・・。全てはDVDをみればわかること!!

牙狼 3

(購入者の評価)
 ゆっくりとだが、物語がようやく動き出した。
しかし、殺陣はつまらなくなった。ホラーが巨大化し、
CG合成を多用しているせいだと思うが。この作品の殺陣は
剣なども存外ちゃんとした型になっていて好きだったの
だが、とても残念だ。
CG合成の安易な多用は、この作品の独特の世界を壊して
しまう気がする。


牙狼 5

(購入者の評価)
話が進むごとに特にアクションシーンが凄くなっていきます!!
中でも今作は特にアクションシーンは見応えありまくりです!!

CGの作り込みも更に緻密かつ激的な進化を続けます!!

ありえないです!!面白過ぎです!!

またファミリー劇場もかなりの作り込みらしいのでそちらも楽しみです!!
新たな『魔戒騎士ダン』の活躍も見逃せないです!!


スクールランブル二学期 Vol.7

(購入者の評価)
表紙の通り、高野がペンギンのコスチュームをきています。これには笑いました。
19話がちょっとシリアスな内容なのですが、この話も好きです。20話目がオリ
ジナルなので個人差はあるとおもいますが、結構楽しめました。ぜひとも3期も
期待したいですね。


シュガシュガルーン 14

>> つづきをみる

牙狼<GARO>魔戒騎士列伝 鋼の咆哮

(購入者の評価)
タイトルだけだと本の内容がわからないかもしれません
一般書店ではあまり店頭に並んでいないようですし
手にとって確かめることもままなりません

が、実物の本は、写真で見るよりカッコいいです(←表紙のこと)

牙狼”白夜”の後、ずっと後に続くお話のことや
そもそも魔界騎士って…?

そんな(番外編)を楽しめます

フィギュアに興味のない人でも
牙狼の世界観が好きな方ならOKだと思います


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4