小西博之

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
小西博之 おすすめDVD 小西博之 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
恋愛小説

(購入者の評価)
多分、子供のころの孤独な閉じこもっちゃった主人公の気持ちが私にも少し、どこかわかる気がして、最初から涙が溢れて溢れて止まりませんでした。悲しいとか寂しいとかってより、どうか幸せになってって,あなたは大丈夫なんだよって心から言ってあげたくなる、心の底が動くそんなお話でした。玉木宏ってすごいって思いました。

ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル 1

(購入者の評価)
ウルトラマンシリーズのように変にやさしさとか愛とか重点を置かないで大怪獣のバトルシーンを全面に押し出した異色作。ウルトラマン時代にはそれほど強さが目立たなかったゴモラやリトラが主人公の持ち駒。後にエレキングも仲間になるが…
星人間の戦いもあり毎回が怪獣無法地帯。もっと話数があっても良かった。年寄り集団のくだらないウルトラ兄弟映画を撮るぐらいならウルトラ大怪獣バトルを映画化すべきだ。


ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル 7

ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル 6

ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル 5

ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル 4

海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ

(購入者の評価)
とにかく泣ける。しかし、もちろんただ泣けるだけではなく大事な教訓を与えてくれる作品。低予算の映画であるのは間違いないし、スケールの大きい作品ではないけど、「生きている」ということの喜びを再確認出来たし、無駄に生きてはいけないというメッセージもダイレクトに届いた。ワンシーンワンシーンに意味がある(これは普通なのかもしれないけど…)この作品は、ホントに監督の五年間に及ぶ努力の結晶です。そして、俳優陣も素晴らしい。メインキャストの4人には一回ずつ泣かされる感じです(笑)とにかくこの作品はオススメ。特に、若い世代の人に、是非一度見てほしい。

ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル 3

(購入者の評価)
円谷プロにとって大きな変化のあった2007年。これからも夢と良質なSFもあわせてシリーズを見ていきたいと思います。そんなわけですが円谷特撮の進撃はついに宇宙へ飛び出します。

 BS11開局の目玉の一つとして全国放送された『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル 』ですが、すいません。なめてました。結論はかなり面白いシリーズです。どうやら第2シーズンの放送も決定したようですが、渋谷プロデューサー率いる大怪獣軍団が大あばれします。これがですね、また、そこかしこにメビウスばりの小ネタが散りばめられているんですよ。さすがメビウススタッフ。


「クぇー、オキャら」
惑星ボリスは、怪獣の巣と化しています。それは何故なのか?移民星ボリスを襲った異変の謎を調査すべくペンドラゴンは補給基地に進路をとります。それはボスの副長へのはからいでもあるのです。私事を胸に畳んでいた彼女には、はやる気持ちで心臓が早鐘のようだったのではないでしょうか?
そんなペンドラゴンを待っていたのは宇宙のギャルソネ、べムスター参上です。

 レイはゴモラをオンスロット。近づいていく隊員たちの心を描きながら、レイという謎の青年にもほのかに何かが胸の中に灯り始めたようです。
 


ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル 2

(購入者の評価)
怪獣のバトルが面白い様で一日三回は見ているほどです。よく飽きないものだと感心しますが、子供が楽しめるような作りになっているのかなと思いました。20分ぐらいだとすぐに終わってしまうので60分ぐらいのものが欲しいです。


修羅之魂~激動渡世編~

女ZEGEN衒

(購入者の評価)
世間的な評価は今村作品の中でも最も地味に扱われているように思われるが、個人的には大好きな一本。
明治から昭和初期にかけフィリピン等南洋の国々で大規模な女郎屋を営んだ、村岡伊平治という奇っ怪なる人物の伝記をもとにつくられた作品である。

とにかくこの伊平治という男がおもしろい。
明治の後期、一攫千金を夢見て生まれ故郷の島原から香港に渡るが、ひょんなことから陸軍中尉・上原と出会い、彼と行動をともにするうちに「忠君愛国」「富国強兵」といった当時のナショナリズムの思想的影響を受ける。
そして、その彼がまたまたひょんなことから
彼の地で遊女として働いていた幼馴染のしおと再会し、地元民に虐げられている彼女の同僚の遊女たちを救出、その彼女たちとともに自ら女郎屋を営み始める…。こんな風に話は進んでいくのだが、いかんせん彼の中で、ナショナリズムという思想と女衒という商売がトンチンカンな発想でむすびついたものだから事態は滑稽千万、その生き方はところどこで爆笑を誘いつつ、時代の波に翻弄され悲劇へとむかっていくことになる。

その結果としての行動や発想はとんでもないものだが、伊平治というこの男、こうと思ったら真っしぐら、直情型で行動派、大儀を重んじ細かいことには拘らず、それでもって人情にも厚い。そして、そんな彼とともにそれぞれの悲しみを背負いつつ女たちは逞しく生きていく。彼らの破天荒で猥雑でバイタリティ溢れる姿は可笑しくもあり、哀しくもあり、愛しくもあり、切なくもあり、とにかくエネルギッシュで魅力的だ。

こんな題材を今村が撮って面白くないわけがないではないか。
伊平治を演じる緒方拳も相変わらず素晴らしい。


実録 東声会 初代 町井久之

(購入者の評価)
企画・俊藤浩滋物が最高と思う古い人間ですが、俊藤氏が最後に仕事をした辻裕之 監督が無難にまとめています。出演している松方や梅宮の先輩でも在る曽根晴美が重厚に児玉誉士夫を演じているのが本作を締まった作品にしていると思います。音楽がもっと良ければ・・・祖国と日本の板ばさみに悩む力道山など登場人物も魅力です。

実録・東声会 完結編

(購入者の評価)
最近のこの手の作品では非常に手堅くまとめられています。朝鮮人ということを隠し、戦後の日本のヒーローとして活躍する力道山が祖国発展のため町井の反対と配下の追跡を振り切り訪朝するところから始まります。一大スキャンダルと発展するのですがそこには同じ血が流れる町井と力道山。政界の黒幕で政治家とヤクザ・右翼を操る児玉氏を梅宮や松方の東映での先輩で、深作監督や鶴田浩二に可愛がられた曽根晴美が重厚な演技で魅了します。小沢も最近いいね。

実録・九州やくざ抗争 誠への道

修羅の魂~侠客立志編~

実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子 前篇

恋愛小説

(購入者の評価)
あらすじを読んで昔の耽美な少女マンガのようだと思いました。
あまり期待もせず観始めたのですが、都電の中で聡史が宏行にかける「久しぶり」の一言で一気に映画の中に引き込まれました。明るく親しみがこめられた「久しぶり」ではあったけれどどこか空虚で未来への希望が少しも感じられないものだったから。
そこからは玉木宏の死神らしい(もちろん端正で陰影の濃い顔立ちなのですが)ビジュアルも手伝って無駄のないセリフ、美しい映像全てに必然性が感じられました。
エンディングは聡史が生きつづけたのか死を選んだのか判断を見る側に委ねる形にして終わります。瑞樹との恋の思い出がたった一つの救いですが、それを失ってしまった聡史を思うと両親を失った時以上の苦しみを味わってしまったのでは?と私もまた胸が締め付けられるようでした。玉木宏さんのブレイクで埋もれていた佳作に日が当たるのは嬉しい限りです。また、細部まで作りこまれたこの映画がwowwowのドラマだったことも大きな驚きです。何度も観たくなるそんな作品です。


七曲署捜査一係~「太陽にほえろ!」放送開始25周年特別企画

金曜日の妻たちへ 男たちよ元気かい? DVD-BOX

(購入者の評価)
舞台が中央林間でバブル時代を思い出します。小田急線やロマンスカーでの都心への通勤。夢だった一戸建てを持った3組の家族達。シリーズ3に比べるとほのぼのとした感じがしました。

デコトラの鷲 其の参 恋の花咲く清水港

>> つづきをみる

レプリークBis (HANKYU MOOK)

柴又帝釈天

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4