河本準一

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 
河本準一 おすすめDVD 河本準一 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン 通常盤

人志松本のすべらない話 其之四 通常盤

(購入者の評価)
かなりお安いお値段です!
すべらない話好きのみなさま、こちらでどうぞ(笑)


人志松本のすべらない話 其之参 通常盤

(購入者の評価)
総集編はあまり評価がよくないみたいですが、通常では見られないメンバーのやりとりを見る事ができて良かったです
ジュニアがカバーをむちゃぶりされるところは最高でしたし、それぞれ本当に面白かった!

むしろこのメンバーで総集編の第二弾をしてほしいくらいです。
そして視聴者からの投票などで人気の高い話をもう一度してほしいな。
以前に話した内容でも2回目は雰囲気とか全然違ってくるのでぜひ見たいです!
前半も楽しめましたが、未公開での宮川大輔の最後の話にはいよいよあきれました。
面白いんだけれども思春期の若者じゃないんだから!と怒りたくなりました、、
全体的にほっしゃん。の話は安定していて普通っぽくて好きです。


人志松本のすべらない話

(購入者の評価)
笑えた。笑えなかった。それは勿論あるでしょう。作品の評価は観た人のモノですから。
しかし、否定的な意見の代表各が「こんなもの友達同士のちわ話、誰でもできる、こんな話で金貰えるの?」 こういう人たち、自分の友達同士の会話を録音するなりして聴いてみましょう。少し客観視できる人ならすぐに気付く事でしょう。そばにいないなら、第三者に聴いてもらいましょう。
あっ芸人さんってすごいんだな、となります。
【追記】赤の他人をアレだけ笑わす事だけとっても絶賛されて良いことなんですよ。


人志松本のすべらない話 其之弐 通常版

(購入者の評価)
人気深夜番組「人志松本のすべらない話」の第2弾DVDです。とにかくメンバー皆さんの巧みな話術に母と大爆笑させて頂きました♪♪特に好きなのは宮川大輔とほっしゃん。そして河本のおかん話もたまりません!!松ちゃんの司会もざっくばらんな感じで好きですし、出演者全員が揃うスタジオの雰囲気もいいです♪DVDには未公開映像やすべらない話の裏話も収録されていて大満足の内容となっております♪何度観ても笑ってしまいます(*^ ^*)すべらない話好きの方には必須アイテムです!!お勧めです♪

人志松本のすべらない話 其之四 初回限定盤

(購入者の評価)
毎回楽しい話なので笑いっぱなしです。
1度見て覚えている話なのに繰り返し見て毎回笑える話も幾つかあります。

「ダウンタウンDX」や「ガキの使いや」で話していた話もありますが、
さすが「すべらない話」。何度見ても面白いです。

個人的には「すべらない其之参」収録の「もう一度」が1番傑作ですが、
今回のゴールデンSPも千原の残念な兄ネタや、麒麟・田村の貧乏ネタをはじめ、
かなり笑えた回の1つです。


人志松本のすべらない話 其之参 初回限定盤

(購入者の評価)
最初のすべらない話から見てる人間からしたらこれは一番つまらんかな

笑えるとこが少ないよりないに近い

前作品群とは比較にならんくらいに無難な仕様

あえて楽しむなら未公開の話くらいかなぁ

いうても過去の話にはおよばんよ


14才の母 愛するために 生まれてきた DVD-BOX

(購入者の評価)
 このドラマに関しては意見がはっきり分かれていますね。
 まあ、僕も少し抵抗があるなぁと感じている一人ですが。

 テーマに関してですが、おそらく日テレをはじめとする制作側はある程度の批判は覚悟の上だったのでしょう。まあ、安易な数字目当てと批判する側の意見もわかりますが、基本的にテーマは自由ですから。明らかに反社会的な場合は別ですが。

 この手のドラマはどうしても最終的には主人公に共感するように他の登場人物を描かないといけないんですね。このことに関してはあらかた予想できることだと思います。

 では何故批判が集まるのか。
 原因の1つに、「育てる」という点にスポットが当てられていないことでしょう。本編で、自分の年で子供を産むということの意味(親、学校、相手に与える影響)は主人公は理解したと思います。
 
 ただ、まだ「育てる」ということの大変さは描かれていません。
 彼女は口では「死ぬまで別れない」と言っていますが、まだよく理解できていないかと思います。
 「子供を産むこと」についても、実際に経験してみてやっと理解できたと思います。

 続編を作るべきです。
 「育てることの厳しさ」を知った彼女を描いてもらいたいと思います。

 このドラマの最終評価はそこまで見た上で、でしょうね。


人志松本のすべらない話 其之弐 初回限定版

(購入者の評価)
お笑い好きでない方も是非見て下さい。何度見ても笑えます。
全然お笑いに興味が無い人に貸してあげたら、「自分の周りですべらない話ブームが
広がっている」とまで言って貰えました。
もちろん第一弾も持っていますが、これからも全て揃えるつもりです。


おばちゃんチップス

(購入者の評価)
タイトルから連想させるほど、おばちゃん主体ではなく、おばちゃんは大阪を演出する為の背景として存在し、メインの話は船越とmisonoの恋愛。
しかし、これがいい。この2人、年齢のギャップも去ることながら、方言研究で大学の講師になるお堅い感じの船越と、ホステスでちょっと派手なねーちゃんのmisono。そして船越の真面目な口調に対し、misonoの元気なコテコテの関西弁。とにかく、このシンメトリーが何より素晴らしい。この不思議な組み合わせが、Hな展開にまでなるのだからもう・・・。

作品としては笑えるところもたくさんあるし、その他の共演者も豪華キャストで、みないい味だしている。ただシナリオとしては後半、意味の無い話(京唄子のボケ)や、消化不良な話(土地買収の話)、唐突な展開(おばちゃんチップス商品化)など、ヘンテコな運びになってゆく。なのでこの映画は、映画としての価値を考えながら見る映画ではないとわりきって見る必要がある。
ただ話の主体であるmisonoと船越の恋愛については、期待通りの展開をしてくれるので、その辺は問題が無い。

misonoの演技はなかなかのもので、ちょいハスキーな声とむっちりした体型が、若くてかわいらしいけど大阪おばちゃんに非常にうまく溶け込んでいるし、本を値切ったりする時も違和感がない。これが、もっとスレンダーでもっと声が綺麗な子がやっていたら、映画は見る価値がなかっただろう。この役はmisonoのハマリ役といえる。
そしてmisonoという、演技ができるのかわからないような人を選びそして見事に成功しているあたり、賞賛に値する。misonoは色々な表情を持った子なので、今後俳優としても十分にやっていけそう。
また、船越という人選も素晴らしい。冴えないオッサンを演じるにはやはり船越のような普通のお父さんレベルのルックスの俳優を使うことは大正解。これが、後もう少しかっこよいオジサマだったらとしたら、映画は台無しになっていた。

総合的に見て、シナリオには問題はあるものの、それを補って余りある魅力のある映画である。


太郎と次郎 ~反省ザルとボクの夢~ 完全版

14才の母 愛するために 生まれてきた Vol.3

14才の母 愛するために 生まれてきた Vol.4

14才の母 愛するために 生まれてきた Vol.1

(購入者の評価)
男女の愛の営みの結果『望まれない子供を妊娠ですか?

それで愛は大切だ。
愛してたからセックスやっても後悔しない?

負けない?大人や社会は冷たい?
ふざけないで欲しい…

私はセックスして妊娠したから白けてるのではない。この少女の人格に疑問を感じる!

だから許せない…

こんな母親イライラする。
こんなドラマをつくり愛の大切さを伝えてるけど結局は自分の事を分かって欲しいだけじゃないか?

そりゃ私だって協力出来るものなら助けたいという感情はある。

だけどそれは100%保証は出来ない。私たちにだって家族はいる。守るべきものがある。貧乏なら尚更…他人にお金をつかうくらいなら子供達や自分の家族に美味しいものとか最低限は…人並みの幸せを与えたい!

何故避妊しなかった?
そもそもこういう行いをする事自体間違ってるが
母親なら笑って堂々として欲しい。

本当に母性溢れるのなら子供第一を考えるよ。
自分の事ばかり考えないよ。

自分をわかってちゃんなお母さんなんてちっとも魅力的じゃない。

キレイじゃない。



14才の母 愛するために 生まれてきた Vol.2

>> つづきをみる

一人二役

(購入者の評価)
エピソードそのものは、けっこうテレビでも話されている内容なので新鮮味には欠ける。しかし、笑い抜きで勝負している分、また違った角度から味わうことができた。

私と友人の間では、「(何かひどいことをされたりするんだけど)最終的にはなんだか憎めない男」を総称して「河本みたいな人」と呼んでいるけれど、なぜ彼が「憎まれない」のかがこの本を読むと分かる。人に愛されたかった。誰かとつながってなきゃ生きていけなかった。おかんともども、ばかにされたくなかった。などなど…おかんとのつながりで、徹底的に「愛」を学んだからこそ、非常に情が深い人で、それがテレビを通じても伝わってくるんだと思う。

良い本。「芸人本」ブームのなかでは売れ行きはいまいちだったのかな?もっと読まれても良いと思う。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4