甲本雅裕

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 
甲本雅裕 おすすめDVD 甲本雅裕 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
主題が「ネゴシエーター」なのか「サブウェイパニック」なのか。ごっちゃになって脚本も緩慢になってしまった。少なくとも「サブウエィパニック」と副題で謳っている以上は、あのスーパー大傑作であるウォルター・マッソーの同題名映画に追い付き追い越せ、くらいの勢いで迫らなければいけないのに、これでは本家に失礼である。何より緊迫感が希薄なのが致命傷で、ヤマ場のコンサートホールシーンなどあまりにユルい。本広監督の真骨頂は本来テンポの良さにあると思うが、これだけユルいと修正も効かなかったようだ。犯人の要求もよくわからないし、なぜに東西線なのか。大騒動を起こしたいと思えば、やはり東京の中心でコトを起こさないと。全体的にTVドラマを観ているようで、寺島進以外の役者も映えなかった。キャストはいいのに、もったいない。スピンオフ企画としては失敗作だと思う。

グミ・チョコレート・パイン限定版

(購入者の評価)
恥ずかしさを感じてしまうくらい、まっとうな青春映画です。
完璧に、男のこのための青春映画。

この映画の舞台となるのは現代、高校生だった頃の過去。
正直、時代設定は二十代のボクにはあまりよくわかりませんでした。
でもALWAYSのように、その頃の空気感が非常によく出ていて、
ボクよりも一回り・二回り上の世代の人が見たら、ノスタルジーを感じるんだろうな、と思いました。

ボクは、大槻ケンヂの大ファンで、映像化された作品や関わった作品はすべて見ていますが
その中では一番好きな映像作品・映画かな、って気がします


交渉人 真下正義 プレミアム・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
確か『あの車両』をコントロールするのに、携帯電話を使用していたと思うんだけど、
地下鉄って、駅の周辺以外は、圏外じゃなかったっけ?
コントロール出来ないじゃん。
観てない人は、その点にもツッコミ入れながら楽しんでください。

『プレミアム・エディション』には、
特典ディスク『逃亡者木島丈一郎』が付いています。
こちらは、CXで放送されたサイドストーリーで、一見ヤ○ザの現場主義の刑事と今どきの少年の
ロードムービーといった感じで、ホロリとさせます。
個人的には、こちらの方が好きかも。


メノット 遺言 覗かれた別荘 (特別完全版)

(購入者の評価)
もともとの「メノット遺言覗かれた別荘」はメノット(劇場版)の映像と未公開映像を国分佐智子(老けたメイク)の語りで繋げたスピンオフ作品だった。
正直藤本綾の未公開シーン欲しさだけだったが、本当の意味での未公開映像はとても少なく期待はずれだった。
今回、さらに未公開映像20分の盗撮部分追加とあるので、彼女のファンとしてはもう動いてる彼女の映像は全部欲しいので購入した。
しかし、またも裏切られてしまった。未公開部分はスピンオフ部分とは関係なく別アングルで撮ったものを本編にも使った部分と合わせて特別映像として収納されているだけ(実際に未公開が20分ではないと思う)。なんか、AVの別アングル収録を思い出してしまった。
星1つ分は、藤本綾のオナニーシーンが、本編では胸を手で隠しているのだが、最後に手をはずした1秒程度が見られること。でも、「絶対このあとの映像もあるはず」っていう状態でブッツリ切られている。そのあとは撮影後の部分だからと言うなら、メイキングにしても良かったのではないか?これでは「特別完全版」とは言えない。


千の風になってドラマスペシャル 「ゾウのはな子」

(購入者の評価)
昨年放送されいつDVD化されるか待ってましたこの話しは2頭の像花子・はな子の話しです。反町隆史が初め花子の世話をしその後北村一輝がバトンをうけて育てていく内容です。最初は何故反町隆史がそんなにまで花子の世話に真剣なのか北村一輝は理解できずにいました、ある理由でバトンを引き継ぎ自分が花子(像・生き物)と接するうち家族よりはな子の世話に真剣に取り組みだしていきます。人間と像(生き物)対等に接する大事さを物語っています。北村一輝さんの演技も心にのこりました。生き物はみな平等改めて考えらせられました。

メノット

(購入者の評価)
さすがはフェ●チオ写真が流出した藤本綾だけに、だいたんなエッチシーンが多い作品でした。

グミ・チョコレート・パイン通常版

(購入者の評価)
腹がよじれます。まさに青春映画の金字塔です!
何度オ○シーンが出てきたことでしょう(笑)
是非女性の方にも敬遠せず?観ていただきたい。
性春時代の男子の脳内モヤモヤ構造が見事に描写された作品です。
原作も読んでみたくなりました。

石田卓也さんの演技が絶品!!どこにでもいそうな高校生を見事に演じてます。
30代の方はリアルにノスタルジーに浸れると思います。
ケータイもDVDもない時代...でも夢とブルマ(笑)があったあの時代...
「嗚呼、あの頃はヨカッタなぁ?」

    


バックダンサーズ!

Yoshi原作『翼の折れた天使たちII』第二夜 サクラ

(購入者の評価)
恵梨香ちゃん演技上手すぎ!切ないストーリーですが、ラストが良い感じだし、恵梨香ちゃんも非常に可愛いです。オススメ!ファンなら観るべし!

虹のかなた COMPLETE BOX

(購入者の評価)
昼ドラにするのはもったいない気がするほど傑作。キャストも実力派女優、岡元夕紀子や仮面ライダー龍騎のイケメン、松田悟志と涼平などが出演していてとても良かった。

村の写真集

(購入者の評価)
徳島の美しい自然をバックに、父と息子がひとつの仕事を通して、地元の人たちと触れ合いながら心を通わせてゆく。フォ・ジェンチイ監督の「山の郵便配達」みたいですね。事実、父子がめぐる村の風景の美しさ、そこに暮らす人たちの笑顔のなんと優しいこと。ただ、この映画は息子だけでなく、娘との和解まで描いていて最後は「家族の物語」となっていましたけどね。

今年、1月にお亡くなりになってしまいましたが、戦争から帰らぬ息子を待ち続けるおばあちゃんを演じた桜むつ子さんには圧倒されました。「スゥイング・ガールズ」のとぼけたおばあちゃんも印象的だったけど、この映画では歯を抜いてまで役になりきって臨んだそうです。演技とは思えない笑顔がホントに素晴らしかった。もちろん、写真を撮ったあとに、必ず脱帽して「ありがとうございました」と頭を下げる藤竜也も写真家の誇りをにじませる名演でしたし、海東健も、父親に反発し、どこか侮蔑しながらも父親の素晴らしさを肌で理解する息子役がすごく似合っていました。

父親がリュックに入れた写真機を背に、山道を画面左から右へかくしゃくと歩く。後を、三脚などを入れた道具袋を肩に息子がやや遅れてついて行く。そして、父親ひとりだけ、息子だけになり、また寄り添って親子がというように、この固定画面を繰り返し印象的に使った演出が巧かった。
エンドクレジットと共に父親の撮った村人の笑顔や、美しい風景を繋ぐ演出も心憎いばかり。多少不要かなと思われるエピソードがあるものの、全編を通して丁寧に優しい思いを込めて撮ったという印象が伝わってきます。

虹のかなた DVD-BOX 1

(購入者の評価)
幼い少女が全てを失い、ある男に復讐する話。
大人になった姿を榎本加奈子が演じるが、その少女時代の子役が
ホントにかわいかった!!
「お前だけは絶対に許さない!!!」と、
怒った顔も愛らしかった(^o^)ノ

今後登場する、松田悟志さんにも注目!!!

虹のかなた DVD-BOX 3

虹のかなた DVD-BOX 2

スタジアムで会いましょう

(購入者の評価)
最初アダルトビデオみたいな画像と、気の抜けたようなBGMに
一瞬あなどりそうになりましたが・・。
観ているうちにグッと引き込まれていきます。
えんくみちゃんの演技はダントツで上手いし。
甲本さんもすごく良い!!
えんくみちゃんの周囲をかためる編集部員もたぶん無名の役者さん
だし、下手なんだけど、良い味だしてる役者さん揃い。
未来を担っていく役者さんをどんどん育てよう的コンセプトも感じられ
なかなか好ましい。

最後に注文をつけるなら、えんくみちゃんが、ネット上のdaisukeと
初めてスタジアムで顔を合わせるシーン。
男は驚いているのに、えんくみちゃんは、平然とし過ぎ、かな?。
出来レースでちょっと展開が読めちゃうけど、それでも十分許せる
映画なだけに、これは惜しい。
ラストまで、ときめきとドキドキ感を出して欲しかったな??。


>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4