小山力也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
小山力也 おすすめDVD 小山力也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ソウルイーター SOUL.2

(購入者の評価)
『soul eater(ソウルイーター)』の第2巻。

#04
補習・・それは学生にとっては恐ろしいモノ。
マカ、ソウル、ブラック☆スター、椿の4人は魂ゼロという成績から補習を受けるハメに。内容はゾンビ化した死武専教師・シドを倒すこと。墓地に着いた4人だったが、この補習が失敗すると退学というプレッシャーで壊れるソウルとブラック☆スター、そしてひたすら独り言をつぶやくマカ。・・・だれか?この3人を止めてぇ?(笑)。

#05
シドをゾンビ化した人物・フランケン=シュタイン。
死武専最強の職人と言われた彼とマカたちは戦闘になる。だが、格の違いを見せつけられたマカは戦意喪失してしまう。そんな彼女にソウルはこんなところでへこたれてんじゃねぇと不器用ながらも喝を入れる。自分を取り戻したマカ。そして鎌職人伝統の大技「魔女狩り」が発動する・・。ソウル、マジカッコいいぜ!

#06
キ、キッドくん、左右対称にこだわりすぎて3時間の遅刻って・・。
死神様の息子のデス・ザ・キッドは今日から死武専の生徒。そんな新入生が気にいらないのがソウルとブラック☆スター。ついにキッドとバトルになるが銃による遠距離攻撃と格闘による近接戦闘で歯が立たない。途中、「オレ、お前のこと嫌いになっちまいそうだ」と男の友情(笑)も再確認したところで、キッドとトンプソン姉妹による魂の共鳴の「デスキャノン」で万事休す。とにかくギャグとバトルのほどよくミキサーされたグッドエピソードでした!

#07
課外授業でイタリア(←うらやましい!)に来たソウルとマカ。
目的の鬼神の魂を回収して観光しようとしたとき、魂反応を確認したマカは教会に一人の人物を見る。ひとりで数十人の人間の魂を喰らったそいつの名はクロナ。黒血のクロナ、魔剣ラグナロクの共振攻撃、初めての恐怖、そして油断、最後に残ったのは赤い鮮血、・・・それはソウルが斬られた瞬間だった。

マカの声についてだけど、私は好き。
ハツラツとして張りのある今までにないタイプのイイ声だと思います。個人差はあると思うので聞いたことがない人は実際に本編で確認して「好き」か「棒読み」かを判断してみてください。とにかく次巻ではマカのピンチにあのふたりが助けにきてくれるのでお楽しみに!


仮面のメイドガイ4

ソウルイーター SOUL.3

(購入者の評価)
2巻に続いてまたも太っ腹にも4話収録です。
第8話は、2巻に収録されている7話の続編で、マカ&ソウル最大のピンチに駆けつけたコンビは、なんと!・・・
6話までのおバカ話から一転、ハラハラドキドキの展開に手に汗を握りました。
大変な伏線を残したまま続くわけですが、最後に意外なキャラがレギュラー入りしてビックリしました。
そして10話と11話は、またまた前後編で、こちらもハードなシリアス展開!
椿のピンチをじっと見守るブラック☆スターに漢を見ましたね。
なるほどいいコンビなんですね、この二人。

そして9話は、なんと!あの伝説の聖剣エクスカリバーの登場です!
勇者のみが扱えると言う伝説の聖剣エクスカリバーの伝記を見つけたブラック☆スターとキッド君の面白道中記。
エクスカリバーには、子安武人さんを抜擢、みごとに怪演されています。
後日、聖剣伝説2も製作されていることからも、このエクスカリバーの人気のほどがうかがえますよね・・・多分。
実際にこういう人がいるのか?と、思われるかもしれませんが、実際いるんですよね、ああいう人。
はたから見てる分には面白いんですが、直接からむとなると・・・やっぱり妖精さんみたいな顔になっちゃいますね。
けど、この3巻の中では、この9話が一番好きなんですよ、実は。
「聖剣伝説2」・・・乞うご期待。ですよ!


仮面のメイドガイ3

(購入者の評価)
 出オチ的なキャラクタである完全無欠の豪傑風男性メイド、メイドガイを主人公に起用した話題のハイテンポギャグアニメ、仮面のメイドガイの第三巻です。
 原作で人気の敵方ドジッ娘メイド・ツララの初登場回である第5話と、味方ドジッ娘メイド・フブキをメインに据えた第6話が収録されています。(話数の表記はご奉仕五、ご奉仕六)
 軽快なテンポ、濃厚なサービスシーン、さらには原作既読者にも楽しいアドリブなど、相変わらずぶっ飛んでいて楽しい限りですが、DVDとしては☆3つ。
 
 アニメーションとしての出来とともに、DVDを買う意義となりうる映像特典のコメンタリーが正直いただけないのがその理由です。
 出演の役者2人が盛り上がっているのは結構なことなのですが、コメンタリーの大半が雑談で、20数分の本編のうち実に約15分間アニメとまったく関係ない話を続けていて、正直ラジオか何かでやるべきかと。
 いくらそれなりのベテラン声優とはいえ、スタッフはなぜ止めなかったのでしょうか?

 突っ込みどころが多い作品だけに、語るべき&語ってほしい場面も多くあります。
 スタッフはコメンタリーの意義を少々はき違えているのではないでしょうか?


仮面のメイドガイ5

ソウルイーター SOUL.4

(購入者の評価)
大久保篤原作/スクエア・エニックス月刊「少年ガンガン」掲載
TVアニメ「ソウルイーター」第12?15話を収録したDVD4巻です
最強のデスサイズ(死神様の武器)を目指す少年少女たちの成長を
「ハガレン」「エウレカセブン」「すてプリ」など手がけたボンズがアニメ化。
視聴者の予想を上回る作品完成度はここでも全く衰えず、健在です
(総合5/10点)

第12話「恐怖に負けない勇気?マカ=アルバーンの一大決心??」★★★☆☆5/10点
 今回はマカの再起よりも、蛇と蛙もといメデューサとエルカの睨み合いが見所。
 実力の差以上に狡猾な方法で相手を圧倒する蛇のしたたかさと
 地を這う蛙のゲコゲコぶり(?)が喜劇のようで楽しませてくれました

第13話「魔眼の男?ソウルとマカ、ズレゆく魂の波長??」★★★☆☆5/10点
 強く強く、前を見すぎて足元が見えない二人の苛立ちと焦りを描いています。
 互いに容赦無く、罵詈雑言で叫ぶ本音と本気、意地と怒りの「魔女狩り」の
 一撃にのめり込みます。気持ちはいつもクールで。彼女のお怒りもごもっともです

第14話「超筆記試験?ドキドキ、ワクワク、ソワソワ、ウソーン?」★★★☆☆6/10点
 勉強とは耐え忍び、勝利を目指す己との戦い。マカ、ブラック☆スター、キッド組の
 3者3様の奮闘、策謀、マイペースぶりで終始苦笑の連続でした。努力を怠らず、
 自分に厳しい彼女の真剣さが眩しく映ります。今回は視聴者に対する皮肉かも?

第15話「魂を食う黒き龍?臆病リズと愉快な仲間たち??」★★☆☆☆4/10点
 悪魔も妖怪には形無し?腰抜けリズのチキンぶり全開で笑わせてくれます。
 もっとリアルタッチに徹底した怖がりを描写すれば、さらに爆笑だったかも。
 各々マイペースぶりも健在で、亡霊船とはいえテーマパークのような喜劇ぶりです


ソウルイーター SOUL.13

(購入者の評価)
DVDが全巻揃うまではブルーレイは、販売しないという事デスかね?

素晴らしい商魂ですなぁ。


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG DVD-BOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
単体で評価するなら良い出来なのですが、出来的には一期の方が良かったと思いました。
最後の詰め込みすぎ感が肩すかし喰らった気がします。
生身の人間の難民と群衆・義体の警察と軍・AIのタチコマはそれぞれ描かれていましたが、
せっかく出てきたのにバイオノイド、出番がほぼ無かったし。
AIとバイオノイドの違いをもっと出して欲しかった。一期でオペレーター機体との違いは出てたのに。


仮面のメイドガイ6

ソウルイーター SOUL.5

(購入者の評価)
大久保篤原作/スクエア・エニックス月刊「少年ガンガン」掲載
TVアニメ「ソウルイーター」第16?19話を収録したDVD5巻です
最強のデスサイズ(死神様の武器)を目指す少年少女たちの成長を
「ハガレン」「エウレカセブン」「すてプリ」など手がけたボンズがアニメ化。
視聴者の予想を上回る作品完成度はここでも全く衰えず、健在です
(総合4.75/10点)

第16話「激闘!幽霊船?ボクの頭の中の地獄??」★★☆☆☆4/10点
 肝心のクロナvsキッド戦のオチがすっ飛ばされてしまい残念でした
 戦闘能力の高さとシメントリーマニアの姿は爽快でしたが、
 サブタイの意味する所が見えず、構成の均衡が取れてないような印象を覚えました

第17話「聖剣伝説2?飲む、打つ、買う、いっとく??」★★★☆☆6/10点
 私のレビューは21世紀初頭、2006年10月から始まバカめ!
 WebHPに留まらず、TV放送時はガンガンのCMまで乱入する意味不明、
 前後不覚、自画自賛、荒唐無稽のうっとしさは天下一品。
 前作を超える唯我独尊ぶりにストレスが溜まりまくる妙な面白さです。バカめ!

第18話「前夜祭の悪夢?そして幕は上がった??」★★☆☆☆4/10点
 悪夢の始まりにしては盛り上がりに欠けるので次回に期待。
 テラスで憂鬱になるソウルを気遣うマカのさりげない心遣いが光ります
個人的にダンスに誘われ、戸惑う彼女の表情が新鮮に映り印象的でした

第19話「開始、地下攻防戦?突破せよ、メデューサのベクトルアロー??」★★★☆☆5/10点
 キッドのベクトルアロー回避作画、メデューサvsシュタインのガチンコ勝負と
 ここ数回の鬱憤を吹き飛ばす気合の入った戦いの序曲にわくわくさせられます。
 が、もっと破綻させたくらい暴走作画が欲しい所。次回のリベンジマッチに期待


アクアプラスフェスタ2007 IN 横浜(Blu-ray Disc)

(購入者の評価)
◆出演者
「ToHeart2」
 落合祐里香、伊藤静、生天目仁美、力丸乃りこ、小暮英麻、小野涼子

「うたわれるもの」
 小山力也、柚木涼香、大原さやか、三宅華也

「ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地」
 大川透、後藤邑子

「歌手」
 Suara、上原れな

「出題ビデオレター等」(イベント上のVTRでちょっと)
 福山潤、中原麻衣、小山剛志

◆Live収録曲
Heart To Heart(ToHeart2出演者)
虹の架け橋/コスモスのように(上原れな)
夢想歌/君だけの旅路/キミガタメ/POWDER SNOW/haunting melody(Suara)
Brand-new Heart(出演者全員によるフィナーレ)

以後、感想。
1920×1080iの映像は綺麗。舞台寄りの映像も多いのでそれなりに意味は有ったかと。
2chステレオとはいえリニアPCM(96KHz/24bit)は会場音源でも鮮明で、
臨場感はそれなりに。とはいえライブシーンで若干音割れを感じるのは切ない。
つーか、DVDでも良かったんじゃね?(汗
まぁDVDと比較して言ってるワケでは無いので無意味ですが、
わざわざメディアのハードル上げなくても、と。。。

また特典映像の類は一切無し。本編映像のみ。繰り返し見るものでもないけれど、
ゲームファンと言うよりは声優ファン向けの物として確保するなら有り。
とにかく声優さんの顔が見たいのよ!なら良い感じだと思われます。


ソウルイーター SOUL.6

ソウルイーター SOUL.7

ソウルイーター SOUL.8

ソウルイーター SOUL.12

ソウルイーター SOUL.10

ソウルイーター SOUL.9

「うたわれ&TH2ラジオ合同イベント0422 リスナーのみなさ~ん!!公開録音でメロメロでありま~す!!」

(購入者の評価)
 ファンの方ならば買って後悔することはないでしょう。オーディオコメンタリーも収録されています。
BDの視聴は初めてでしたが、画像の鮮明さに驚きました。DVDとの画質の差は歴然としています。
BDだけの販売については賛否両論あるようですが、DVDと両方出されるより余程清々します。

 ちなみに私はこのBDのためにPS3を買いました。


魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~ 2

ソウルイーター SOUL.11

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4