窪塚俊介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
窪塚俊介 おすすめDVD 窪塚俊介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV

(購入者の評価)
どちらの舞台も観ました!(「お気に召すまま」は2007年バージョンですが)「恋の骨折り損」では時にラップを混ぜながら、「お気に召すまま」では本物の羊が登場したりと意外性たっぷりでとても楽しい舞台でした。オールメール(全員男性)の舞台だからこそ、女性が演じると意地悪く見える部分がかわいく見えたり時に男の部分を出してみたりと面白さがいたるところにあります。特に女性役の役者の美しいこと!!仕草・表情はまさに女性です。特に「お気に召すまま」の成宮君は女性役でありながらその中で男の扮装をするという複雑な役ですが、困った顔や恋する顔などはとても美しい女性そのものでした!
シェイクスピアはセリフが詩的で膨大でありすべてを理解するのは難しいですが、それでもセリフの中には真理があるなと納得する部分もあります。喜劇ということもありシェイクスピアってと思う方でも充分楽しめると思います。
両方の舞台を観ていますし、やはり舞台は直に観る方がいいとは思いますがこの舞台は何度でも観たいと思っています。手元に届くのが待ち遠しいです!!


恋する日曜日 私。恋した

(購入者の評価)
堀北真希主演という事実を差し引いても星一つです。本当につまんない!

君の望む死に方

千の風になってドラマスペシャル 「ゾウのはな子」

(購入者の評価)
昨年放送されいつDVD化されるか待ってましたこの話しは2頭の像花子・はな子の話しです。反町隆史が初め花子の世話をしその後北村一輝がバトンをうけて育てていく内容です。最初は何故反町隆史がそんなにまで花子の世話に真剣なのか北村一輝は理解できずにいました、ある理由でバトンを引き継ぎ自分が花子(像・生き物)と接するうち家族よりはな子の世話に真剣に取り組みだしていきます。人間と像(生き物)対等に接する大事さを物語っています。北村一輝さんの演技も心にのこりました。生き物はみな平等改めて考えらせられました。

22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 プレミアム版 (初回限定生産2枚組)

(購入者の評価)
「映画とは想いの嵐だ。」と大林監督は語る。
「ではこれよりちょっと不思議な物語をいたしましょう。もちろん戯れにですが・・・」
という主人公のモノローグで始まるこの映画は、世界は滅びると信じて育った四十四才の男の、悲しい想い出と不思議な廻り合わせを描いている。
エンドロールまでは。
しかしその後の「僕がこの物語で最も望んだ場面をお見せしよう。」という可愛いシーンで(監督曰く「映画はハッピーエンドでなくっちゃね!」)幕を閉じ、観客は幸せな気分で劇場を後にする。
幸せな映画だ。
今回、DVDのプレミアムセットに付いて来たメイキングDVDには、その幸せのお裾分けに溢れていた。
普通映画の本編に、あくまでオマケとしてインタビューや裏話などが収録されている程度のものが「映像特典」という概念でいた。
この「22才の別れLycoris-葉見ず花見ず物語」のメイキングDVDはたっぷり2時間、普通は制作に携わった人たちだけの「宝物」が、惜しげもなく収録されていた。
紛れもなく「幸せな映画」であったのだ。
主人公のいちファンとして、至上の喜びである。
リコリス色の紙パッケージは、まるで古い文学全集の一冊のようで、これもまた嬉しい宝物になった。


スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ 通常版

(購入者の評価)
まず何と言っても主人公のキャスティングミスが大きいです。
初代の斉藤由貴さんはデビュー曲の「卒業」がヒットした直後の抜擢で、
若手女優としての才能を開花させると共に「スケバン刑事」ブームのきっかけを作りました。
2代目の南野陽子さんと3代目の浅香唯さんはまだブレイク前でしたが、
このドラマの主演を期に超人気者アイドルへと成長しました。
そして「スケバン刑事」も社会現象になる程のブームとなり、劇場盤も大ヒットしました。
当時は、3人とも10代で高校生役でしたので全く問題はありませんでした。
つまりキャスティングの成功が勝利の要因だったのです。

しかし、今回は20歳を超えて、正直人気も下降気味の松浦亜弥さんを主役にしましたが、
まず前の3人の様なフレッシュさが無いから、新しいファンは出難いのは当然です。
それと過去の2作の劇場盤は、
テレビドラマの人気をそのまま引き継いだので大ヒットしましたが、
今回は過去の「スケバン刑事」の知名度頼りにしただけのものでした。
その結果、興収2億円と惨敗に終わりましたが、言ってみれば当然の結果です。
ハロプロの愚かさが、そのまま暴露された典型的な例です。
従って、評価するに値しない作品で、☆は一つも与えたくありません!


46億年の恋 豪華版

(購入者の評価)
割と好きなのでシビアに星四ツで。 第一印象は映像よりもまず音を感じました。 難解というよりは不明瞭。正直それが不快にも感じられる。けれども世界観の表現に必要なのだと捉えるのであればまったく逆転して、くせになる。 何か重要なメッセージ性があって、それを考えるような作品ではないことは確かです。 粗削りと言ってしまえば、全体がそうな感じはしますが、惜しく思うのは香月の過去の部分です。わざとらしくても良いから、もっと泥臭くして貰いたかった!な、、、背景の町並みがちょっと平和な感じ。香月というキャラクターがこの作品で官能を表すのに重要なのだろうと思ったので…。 80分ちょいで仕上げるなら丁寧に画きすぎると失敗しかねないので、ある意味とても良い仕上がり。なのでしょうが、3時間になっても良いからもう少し慎重に作り上げてほしかったかも。もっとコアでディープな感じに。なんせこういう世界(作品)は到底嫌いとは言えないので。 雰囲気ですが、舞踏の匂いがします。 金森穣の踊りが素晴らしかったです…。

最終兵器彼女 アルティメットエディション

(購入者の評価)
原作ファンである私は正直がっかりしました。まず配役がイメージと違いすぎます!テツさんとか…違うでしょ…アケミも、フユミ先輩も。あとサイカノの魅力の一つであり、世界観を構成していると言っても過言ではない?方言が全くないのも残念でした。まるで違う作品を見ているようで全く感情移入できません。もっと原作の設定を大切にしていただきたかったです。

22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 特別版

(購入者の評価)
この作品を観て「予定調和」と感じた人には、さして面白くもない作品だろう。しかし「これで良かったのか?」と感じる人には、とても切なくやるせない作品だ。また、筧氏の抑えた演技と新人のピュアな演技は見事なものであった。

「幻を追いかけすぎたのか。追わなかったから幻になってしまったのか。」という台詞がある。「追わなかったから幻になってしまった」のだということはわかっていたはずだ。なのになぜ、また同じことを繰り返すのか?

この作品は1時間34分の時点でほぼ終わっている。あとの残り20分以上は、大分県の観光案内と伊勢正三のPVのようなものだ。それがあまりにも長いので、最後にもう一ひねりあるのかと思っていたが・・・。

最後の別れは、表面上はあっさりしているが、本当に切ない。どうしてこういうことになってしまうのだろう。

愛した人との別れ、そしてその人の突然の死。それはもう二度とやり直すことのできない人生の痛み。それほどの痛みを味わっていながら、歳月を経てもなお、人は同じ過ちを繰り返すのだろうか・・・。


46億年の恋

(購入者の評価)
とても静謐で美しい映画だった。男同士の異色ラブストーリーと銘打ってはいるが直接的なラブシーンはなく、抑えに抑えた表現が不思議と官能的だったりする。主演二人の美しさと存在感と演技は出色。凶暴だが脆さも持つ青年・香月役の安藤政信は意外なハマり役で、松田龍平演ずる有吉がつい目で追ってしまう気持がよくわかる。特に寝ている時うなされていた(?)シーンなんかの色気はヤバイ。松田龍平も「御法度」から何倍も進化していてとらえどころのない妖しい美少年役を好演。作り笑顔が哀しくも不気味な石橋凌とドラマのイメージとは一味違う自堕落な感じの窪塚俊介も印象的。女性の扱いに不満はあるけれど、男だけの空間でしかこの濃密な恋愛は成立しえないのでそれは仕方ないか。観た後私は頭の芯が毒されたかのようにボーッとなった。お腹いっぱいで当分は見返さないだろう。

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ コレクターズ・エディション (数量限定生産)

(購入者の評価)
映画は2回見たのでいつかは買おうと思っていた。
しかし、特典映像を見たら、これを通常版にすればいいのいと思った。
今度は、この特典や別売りのメイキングも合わせた映像特典にして発売してほしい。
それ以外は100点なので、星をひとつ減らしました。


エロチック乱歩 屋根裏の散歩者 完全版

(購入者の評価)
この話のどこに「屋根裏の散歩者」がいるんですか?冒頭部分の錯乱による幻覚は意味あるの?セミヌードだから「エロチック」なの?なんか幾つかの映画やゲイシーが混じってるのは何?「人間椅子」の方が遥かに出来がいいし「エロチック」だ。レンタルで充分。

私立探偵濱マイク2

サンシャインデイズ~劇場版

まだまだあぶない刑事 デラックス

(購入者の評価)
「こんな生き方を選んだんだ」「リセットのないゲームもあるんだ」「お前ならきっといい刑事になれる」「言ったろ?俺達のほうが場数踏んでるって」くい?(`▽')タカとユージも50代。うまく50代のタカとユージを描いてます。面白かったです。

BE-BOP-HIGHSCHOOL

(購入者の評価)
これは中々面白いです。ギャグがあったり迫力ある喧嘩シーンなど純粋に楽しめると思います。
まず昔版では番格の山田とテルの容姿がザコ達と区別がつかなかったですが、こちらでは山田が昔の映画のデブキャラでなくいかにも大将らしくてかっこいい感じになってたのでよかったです。テルも背が高く印象的で、お馴染みの残虐魔をはっきしてて、自転車の車輪を手で止めろなどいい感じです。その他もろもろ昔版とちがい、みんな個性的で非常に分かりやすい内容です。喧嘩が主用ですがコメディーチックなシーンもたくさんあるので誰でも楽しめると思います。
現代系の人は昔版より断然とこちらをオススメします。


メイキング・オブ・最終兵器彼女

(購入者の評価)

メイキングならアルティメットエディションで充分じゃん、なんて思わないで下さい!
これはもちろん映画のメイキングDVDなんですが、前田亜季さんのイメージDVDとも言えます。
撮影合間の和やかな映像や、写真集に併せて撮られた映像など、単なるおまけ映像の寄せ集めではなく、構成がしっかりとなされているので本編とアルティメットエディションの特典映像を観た後でもなおこのDVDは新鮮な感覚で観る事ができます。
なんといっても映画本編にはない、前田亜季さんのナレーションが最高にいいです!
また、彼女のオフ時があまりにほんわかしてるので、役者としてスイッチが入ったときの眼のチカラ、そのモードの切り替えの速さにすごく感心させられます。
前田亜季さんの魅力を知っていただくのに絶対おススメのDVDですね!!!


私立探偵濱マイク3

私立探偵濱マイク1

BE-BOP-HIGHSCHOOL(2)

(購入者の評価)
こういう如何にもツッパっていますというような高校生は、そういえば近頃見ないよなあと思いつつタイムスリップした様な気分で観ました。最期の大乱闘シーンは、笑えました。敵のボス2人が、爽快にぶちのめされていて必見です。

>> つづきをみる

彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV

(購入者の評価)
どちらの舞台も観ました!(「お気に召すまま」は2007年バージョンですが)「恋の骨折り損」では時にラップを混ぜながら、「お気に召すまま」では本物の羊が登場したりと意外性たっぷりでとても楽しい舞台でした。オールメール(全員男性)の舞台だからこそ、女性が演じると意地悪く見える部分がかわいく見えたり時に男の部分を出してみたりと面白さがいたるところにあります。特に女性役の役者の美しいこと!!仕草・表情はまさに女性です。特に「お気に召すまま」の成宮君は女性役でありながらその中で男の扮装をするという複雑な役ですが、困った顔や恋する顔などはとても美しい女性そのものでした!
シェイクスピアはセリフが詩的で膨大でありすべてを理解するのは難しいですが、それでもセリフの中には真理があるなと納得する部分もあります。喜劇ということもありシェイクスピアってと思う方でも充分楽しめると思います。
両方の舞台を観ていますし、やはり舞台は直に観る方がいいとは思いますがこの舞台は何度でも観たいと思っています。手元に届くのが待ち遠しいです!!


acteur(アクチュール) No.6 (2007 MAY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4