窪塚洋介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 
窪塚洋介 おすすめDVD 窪塚洋介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX

(購入者の評価)
まずキャストが豪華。ストーリーもかなりおもしろい。絶対に見てほしいドラマ。長瀬の演技も文句なし!!主役よりもカリスマ性のあった窪塚の演技なんてマヂ最高!!!!あんなぶっ飛んでる役をできる彼は天才!!!

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション

(購入者の評価)
この映画は、私にとって本当に大切なものになりました。 ここまで感情移入できた映画は初めてです!映画が、終わった後には切なさ、悔しさが残りました。しかし、それと一緒に温かい気持ちにもさせてくれました。本当にこの映画は、純愛映画の大傑作だと思います。
みなさん!!この映画を見ないと、大損ですよ!超おススメ映画です!


俺は、君のためにこそ死ににいく

(購入者の評価)
本作は7億円以上の赤字(興行収入10億円から配給収入を抜けば、10億円くらいが実質赤字?)と、その年の最低映画に贈られる文春きいちご賞の8位入賞という成績を残しました。これが全てを物語ってますね! 血の匂いがしない戦争映画に説得力なんてない。さすがは石原慎太郎だ。歪んでる。 心地良い春風と爛漫なる桜の花吹雪。 彼は頭の中に思い浮かべたに違いない。 くわー!美しー!日本人! いいかげん、国家とか民族とか、やめにしね?実体なんてないのだから。日韓共催W杯で、俺は、21世紀はアジアの世紀になる!って思ったけどね。間違いでした。互いの「国」を開きつつある超リベラルなEU・ヨーロッパが次のリーダー決定だ。まあブッシュ後のアメリカもどうするのか楽しみだけど。そして俺は日本に絶望する。 こういう映画が(一部の人間内とはいえ)許容される時点で、日本の、世界に目を向けない閉鎖性・後進性というものが実感できますね。 作られた日本人の視点からの日本人による作られた日本人像のための戦争映画が普遍的価値を持つ訳がない。だから興行的にも失敗したのさ。世界史の時流に逆らっているのだから。 日本史は世界史が分からないと分からない。 これが分からない人は典型的な島国国民日本人だと思われ。 「日本人」にとらわれている限り、この映画や日本右翼のダメさ加減は見えてこないでしょう。

池袋ウエストゲートパーク スープの回 完全版 (通常版)

(購入者の評価)
岡田准一演じる「ぶっさん」が『こえーよ!池袋!」と言ってました。ここだけでも観る価値ありです。窪塚洋介が坊主なのがちょっと残念です。

ロング・ラブレター 〜漂流教室〜 DVD-BOX

(購入者の評価)
きゃほほーい!良ドラマみつけたーっ!
・・・とは原作を読んだ人はあまり言えないんじゃないかね、漂流教室ファンしゃん?
小学生を高校生に変更したり、謎のモノが迫ってきたりすることがあまり無いので緊迫感などがありません・・・よ!
でも、ドラマ版にはドラマ版の良いところもあるのです!
このドラマは漂流教室とは違うものと考えたら良い作品に感じることはできるんじゃないのかぃ?
あと、タイトルの漂流教室から原作の方を軽い気持ちで読んだ子供には軽いトラウマになるからタイトルはロングラヴレターだけでもよかったぜーっ!
漂流教室の熱烈なファンにはオススメできないこの作品!!
漂流教室を読んでない人だけ激視してくれ!!!!


ピンポン ― 2枚組DTS特別版 (初回生産限定版)

(購入者の評価)
マンガ原作ものはハリウッドも含めてあまり好きじゃなかったのですが、
これは最高でした。
マンガ原作ものを実写化する場合、マンガに忠実にするか、
実写としてリアルにするか、この部分に大きな矛盾があり、作る側はこのジレンマに悩むのではないかと思います。
この映画は原作をモチーフにひとつの世界を作りながら、それでいてマンガっぽさも
残しています。実写の映画を観てるのですが、まるでおもしろいマンガの読後感がありました。
傑作だと思います。


凶気の桜

(購入者の評価)
この映画を見てまず思い出したのは、三島由紀夫の書いていた「日本の未来の若者にのぞむことはハンバーガーをパクつきながら、日本のユニークな精神的価値を、おのれの誇りとしてくれることである」という言葉だ。

まさにその言葉を(極端に)地で行くような青年山口を中心とした、「ネオ・トージョー」を自称するチンピラ集団がこの作品には登場する。彼らは、ある種国粋主義的なイデオロギーを主張することによって自らの暴力行為を正当化するわけだが、彼らが町を車で流すバックにヒップホップ系の音楽が流れたり、山口が不良達に追われて逃げ込むのが渋谷の大型レコード店だったり、果てはヒロインのヴィジュアルに至るまで、見る側には、モロにファッショナブルなアメリカン・カルチャーの洗礼を受けた若者たちに映ってしまう。さらに、映画は彼らが特注の戦闘服をあつらえてもらうシーンからはじまっており、彼らのナショナリズムもまた、極めて表層的かつ耽美的なものであることが冒頭から示されている。

確かに、ナチズムやファシズムを筆頭に、歴史的にもナショナリズムは美学的な表象と常に結び付いてきた。さらにそもそも現代日本においては、オペラや西部劇に心酔しプレスリーを愛好していながら、平気で靖国神社に参拝し特攻隊に涙する某元首相を見てもわかるように、欧米的な文化は(独特にジャパナイズ化されたものも多いにせよ)何世代もかけて骨の髄まで浸透している。従って、「ネオ・トージョー」のメンバーの一人がトイレで思わずファンクを口ずさんでしまうのも全く自然なことであり、ヒロインを演じる高橋マリ子がアメリカ人とのハーフなのも、以上のような認識を示すための監督の意図的なキャスティングであろう。現代日本におけるナショナリズムは、そうした文化の現状を当然のこととして受け入れなければ考える意味が無い。

映画自体は、「ネオ・トージョー」三人組が暴れまわる序盤から山口が仲間達の仇を討ちに単身敵陣に乗り込むラストまで、いわゆる「ヤクザ映画」のパターンを忠実になぞったような展開を見せる。同じ脚本家による「野獣死すべし」などと似たような要素も散見されるが、不思議と既視感はそれほど感じなかった。その理由としては、スタイリッシュな映像感覚もさることながら、山口を演じる窪塚洋介が発散する独特な現代的個性、さらには原田芳雄や江口洋介を始めとした脇を固める俳優陣による好演があるだろう。
いずれにせよ、近年の日本映画にしては骨のある一本であり、一見の価値はあると言える。


GO

(購入者の評価)
この監督、あまり巧いとは言えないのだが、見る価値のあるものを立て続けに撮っており、近年の日本映画を代表する監督の一人になったと言えるのではないだろうか。この作品は、彼の出世作だけあってなかなか見応えがあり、主演の窪塚洋介のキャラクターとともに記憶に残る作品となった。
テーマとなっている在日朝鮮人差別の問題に関しては、高校時代に韓国人の友人がいたこともあってあまり実感がわかなかったが、青春期のアイデンティティーの問題とシンクロさせることによって普遍性を持つ映画になったと思う。


溺れる魚

(購入者の評価)
仲間由紀恵の昔の作品を見たくて買いました。
典型的なB級映画です。
堤幸彦監督が人脈にものを言わせて、俳優さんを集めるだけ集めて
自己満足的シーンをつなぎ合わせたという感じ。
「面白さの押し売り」で、かえって笑えませんでした。

ただ、椎名桔平、窪塚洋介、IZAMの3人はもちろん
脇に出てくる個性的な俳優さん達のキラッと光る演技が随所に・・・。
とくに渡辺謙の怪演はすごい。
俳優達の演技合戦の寄せ集めという観点からは、見ごたえ十分です。
仲間由紀恵の出番は意外に少なかったですが、クールな表情が素敵でした。
気楽に時間をつぶすのにはいい映画でしょう。


同じ月を見ている

(購入者の評価)
原作は読んでいないんですが,夏目漱石の「こころ」のヴァリエーションですね.この三角関係物語の金字塔が作ったパターンを踏襲するしかないのは,劇作家が,どんな物語を作っても,「シェークスピアのXXXに似ている」と言われてしまう状況とよく似ています.(本人が意識しようとしまいと・・・)

で,この作品ですが「こころ」と違って,ラストは転生を暗示させることでの,明るさを入れたものになります.もちろん,誰も「こころ」そのものを再現してほしいわけでないので,この「転生」のラストは,気に入りました.

物語の展開も,分かりやすくて,ああ次はこうかなと思うと,本当にその通りになるので,安心して見てられました.(ラストシーンにつなげたいだけなのでしょうか)作り手は確信犯だと思います.

窪塚洋介とエディソン・チャンが,よい演技をしています.また,三角関係の軸となるエミーは,物語にとってある意味どうでもよい存在であるところは「こころ」の場合と同じなので,黒木メイサ程度の演技でも気になりませんでした.


Laundry [ランドリー]

(購入者の評価)
昔、高倉健の「不器用ですから」という広告があった。本作は人生に不器用な3人が織り成す素敵なファンタジー&ラブストーリーである。3人の性格付けはかなりデフォルメされているが、観る人それぞれに感情移入できる主人公がいるはずだ。静かな日々をコインランドリーの留守番で過ごすテル。男と東京に裏切られ、万引きでストレスを発散する水絵。かなりの引きこもりでイベントのハト飛ばしに人生の基軸を置くサリー。水絵はたまたま利用したコインランドリーでテルの純粋な優しさに、徐々に心を開いていく。この2人の淡い恋模様をハトを飛ばしながら応援するサリー。3人とも最高の演技である。みんな明らかに金はない。でも、裏切りのない人に出会えたら、金なんて二の次じゃないか。優しさがあれば生きていけるんだ。ちょっと絵空事ぽいと言う人もいるかも知れないが、現代人が一番求めている「安心」とはこういうことなんだよなあ。そして最後、水絵を迎えるハトの飛翔の場面は「幸せの黄色いハンカチ」のハンカチを彷彿とさせる見事なシーンだった。窪塚は本来、こういう役が似合う。また小雪の儚さいっぱいの芝居も絶品だ。小品ではあるが、誰にでも勧めたい傑作である。

池袋ウエストゲートパーク(6)

(購入者の評価)
いよいよ最後のエピソード!忘れられぬあの最後のシーンは見逃さないで!第11話ではG−ボーイズとBlack Angelsがどうなるの?私は何回見てもまだまだ面白くて、ついDVD買ってしまいました(もう録画したのに)。長瀬智也、加藤あい、窪塚洋介、etcのオールスターのキャスト+素晴らしいスクリプト、変わったストーリやキャラクター、非常にいい作品だと思います。おまけにテレビに出てないシーンもあって最高!
I.W.G.P最高!!


ピンポン★メモリアルBOX

(購入者の評価)
映画本編の素晴らしさはみなさん書かれていますので、メモリアルボックスのことについて書いてみようと思います。

まず外箱がでかくてびっくりしました。
で、中身も見てびっくり!
中のフォトカードに大・大感激です。
写真集じゃないかってくらいにきれいだし、映画のパンフとも、ビジュアル・シネ・ブックともだぶってませんし、私的にはこの二つよりもイイと思います。
なんていったって、私の大好きなARATAくんの写真がいっぱいだったので。
学生だった頃に、大好きだった人を部活や学校で見かけるような、そんな感覚がよみがえります。
ぺコも、スマイルも自分も、同じ学校に通ってるような気持ちになってしまう。
そんなふうに何気なくて、イイ写真がたくさんです。
あと実際に使用した映画フィルム。
私のは、ぺコとスマイルが電車に乗っているシーンでした。
映画本編同様、透かしてみるたびに海の匂いや、風が吹いてるのを感じられるようでした。
他にも、ぺコとスマイルのゼッケンや、ロゴのステンシルプレート。
作者のポスター、お面など。(これが入ってる袋が、原作のイラストがいっぱいでかわいいです)
ほんとに宝箱を開けたように楽しくて、にぎやかな中身。
すごくお気に入りです!

刑務所の中 特別版

(購入者の評価)
勧められて観たんだけど…
真面目に生きようと思った…

生活の楽しみが食しかないなんて嫌すぎるよ(-_-#)

てか男しか出ない映画なんて初めて観たよ

面白いことは面白かったけど
見終わった後なんか落ち込んでしまった('Д`)


池袋ウエストゲートパーク(1)

(購入者の評価)
原作がオモシロいので、ドラマのほうも見てみたが、ハズレ。
うるさいカメラワークと、無駄の多いダラ・ダラした脚本についていけない私は、もう視線が年寄りなのだろうか。
長瀬智也は好きな俳優なのだけど、残念ながら彼の演じるマコトは頭が悪そうにみえた。
クボヅカのタカシは…。あんなにヘラ・ヘラ、チャラ・チャラしたお坊ちゃまみたいなのがイケブクロの王様なんて…。
マコトのお母さんの森下愛子は、出てきた瞬間にガッカリした。違う。このヒトはキモノ着て池袋演芸場に出入りするオフクロではない。
唯一、ナンセンスな笑いのセンスは評価しても良いと思うので★ひとつ。


ピンポン

(購入者の評価)
90年代におけるビックコミックスピリッツの代表作を、これまた素晴らしいクオリティで映画化できた希有な作品です。ただのスポ根ものとは一線を画す独特の空気感が今でも色あせないのは流石ですね。ただ、全体的に台詞が聞き取りにくいのは邦画の一般的な仕様ですか?これが結構興醒めなのが凄く残念です。

池袋ウエストゲートパーク スープの回 完全版

私立探偵 濱マイク 5 須永秀明監督「花」

(購入者の評価)
このテレビシリーズが始まり、回を追う毎に、映画版公開当時、黄金町まで足を運んだ程のマイクファンにとっては、正直「…なんか違うぞ」と思ったハズ。ヘンにオシャレになったマイク。無駄に多いレギュラー陣。どうにも馴染めない。
ホントならかまさなきゃならない第一話もあのていたらく。
しかしマイクファンの俺は複雑な想いを抱えながらも毎週観ていた。この回までは。
そう、DVDやビデオ版ではカットされているらしいが、オンエア版では、あの星野君ことナンチャンが登場してきたのだ!
設定的にはどうやら、星野君が起こした不始末をマイクが背負い、星野君は黄金町を去った(マイクが高飛びさせた?)って事らしい。
短いながら、映画版に思い入れのある人間にとっては胸を熱くするシーンだった。
そして、窪塚洋介扮する偽マイクが永瀬マイクに向かって「あんたが偽物のマイクだろ。だってあんた、何にもしてないじゃん」と言い放つ。
これは映画版ファンの気持ちでもあったのではないか。テレビのマイクは偽物だと。これはマイクじゃないと。
あそらく、この回の監督はこう思ったのではないか?
「他人(林海象)が作りだした完成されたキャラクターや世界観を、実作者不在のまま俺ら第三者がいくらいじくってみても、所詮それは偽物ではないのか?」と。まあこれは深読みだったみたいだが。
大団円。マイクが仲間達と花火をしている。とても楽しそうだ。そうか、昔の(映画版の)仲間達はいなくなったけど、今、マイクには新しい仲間がいる。そういう事だったんだ。

そう思えたこの回以降、素直にこのテレビシリーズが楽しめるようになった。


ピンポン

私立探偵濱マイク2

>> つづきをみる

日本映画マガジン 6 (OAK MOOK 238)

クイック・ジャパン (Vol.52)

(購入者の評価)
「水曜どうでしょう」のファン必見の本です♪内容は過去の放送を放送順に解説がされており、水どうの語録もあいうえお順に詳細に書かれており、水どう初心者の方には辞書として非常に役に立ちます♪また、水どうの脇を固めるヤスケンや天才スタイリスト小松さんなどのインビューも載っており、充実した内容となっております。水どうファンの方はぜひ辞書としてご購入をお勧めします♪

流(ながれ) (講談社プラスアルファ文庫)

(購入者の評価)
 窪塚洋介というのはタレントよりはアーティスト性を持った人間寄りのようで、何かを表現したり詩を書いたり絵をかいたりしないと駄目な人種なんではないか。自分からチョクの表現を、発散していないと駄目なんではないか。
 

彼の出してきた本は今まで5冊。それぞれのトーンを持った詩やイメージの羅列であり、音楽のアーティストがその時の自分の嵌ってるものをテーマに作成する、アルバム的である。彼は音楽も作れない、そういう売り出し方もしていない。ただ外見と演技の経験によって一般に認知された一介の芸能人扱いをされているわけだが、表現欲が尽きなくて尽きなくて、何揶揄されようとずっと正直に自分の言葉を発表してきた。実は、その衝動こそが結構自分なんかの胸を打つんである。

 ヤツは、「大人しくしていること」ができなかったんである。…なんでもできる人なんて、実は大したアーティストにも偉人にもなれないんである。なんでもできる恵まれたイケメンではないのである。窪塚だって、キミやアナタも求めている、もしくはコウコウセイやチュウガクセイのころ求めていた、自由な魂の表現できる風通しのいい空気が必要なんである。そういう衝動にとりつかれた人間なんですわ。…ちょっとは共感してもらえたかな?  願わくは、今後も彼の表現欲にふさわしいスキルを身に付けて、機会を得て、仕事をやっつけて、人生を輝かして欲しいもんである。
 

掲載写真の窪塚の後頭はマジで輝いている。弾む書下ろし文も、パワーに満ちている。子供の未来もキラキラして見える。美しいものを見せられた気にさせる、やはり類まれなる人物である。

地球維新―エンライトメント・ストーリー〈vol.1〉

PIECES OF PEACE

(購入者の評価)
e|?e?'a??a? ̄a?±a??a?≪a?≪a?a?§eo≫a? ̄e?ac?¶c?ca??a?e|?e?'a??a?Ra??a??a??a?1e|?c'?a? ̄a?§a??a??a?a?§eo≫a? ̄c...?e??a?¬a??a?≪a??a?a?"a?"a?'e-"e??a??a?|a? ̄a??a?'a?aa??a?a-\a?¬a?§a? ̄a,!a-1a?¨a??e|?a?¶c?ce3aa??a??a?a??a?Ra??a?...a??a??a?Ra?aa?1a?§a??a??a?a?§eo≫a? ̄a?e¨±a??a??a?|a? ̄a??a?aa??a??a??c?£a??a??a?aa??a?
caaa!?a?Ra?3a?!a?3a??a? ̄a?§eo≫a?≪a??a??a?|a??a?a?-a??a??a£Ra?-a??a?!a?≪a??a??a?°c??c??e|?a¨!a?Ra...?a??a??a?Ra,?e¶3a?'e£?a??a??c?ca?¨a?-a?|a?Ra?§eo≫a?≪a??a??a?|ea?a?£a?|a??a??a?

caaa!?a? ̄e?ac?¶a'?a?aa?Ra??a?a¨ae??e3c"?a??a??a?Ra1?a?-a??a??a??a?aa?Ra??a?a1?a?-a?Ra??a?"a?!a??a?aa?Ra??a?
a?a?¨a??a?ca?aa??ccoa?≪e≫?a??a?≪a?"a??a??a??a?'a?a??c"¨a??a??a??a-?ec?a? ̄a?c??a?§a-≫a?"a?§a??a??a??a?°a??a?!a??a?"a?≪a??a?|a??a??a?Ra?a??a?-a?|e?aa??a?Ra-?a??a??c"£a??a??a??a?a??a?Ra??a?...a??a?1a??a?¬a??a??a?≪a?"a?Ra?¬a?≪a?§a?|a??a??a?

a??a?Rcaaa!?a?Ra-?c≪?a? ̄a\?a??a??a?-a?caaa!?a?Ra?"a?a??a\?a??a??a?'a?ca?a?"a?Ra?¬a? ̄a??a£2a??a?a°'a?aa??a?¨a??e¬?e≪?c??a?Ra??a?!?a?"a?¨a??a??a?aa??a?a?§eo≫a"?e-・a?§a?a??e!?a??eμ・a??a??a??e¬?e≪?c??a? ̄eo≪a?"a?'a?μa?£a?|caaa!?a?'aR?a??a??a?Ra??a?aa?

20

(購入者の評価)
窪塚洋介という人の繊細さがよくわかる本です。言葉の選び方にセンスや、生き様が現れています。私はこの本を読んで、まっすぐ生きることの素晴らしさに気づかされました。

GO―窪塚洋介

(購入者の評価)
私自身が窪塚さんのファンなので、私のような人にはたまらない、窪塚さんの魅力がギッシリつまっちゃったといったかんじのフォトブックです。窪塚さん自身が写真を選び、構成にも関わったとのことなので、彼の魅力プラスセンスを感じられることと思います。映画「GO」を観た方は、このフォトブックを後々眺めることで、映画のワンシーンを思い出すことができて、二度楽しめます!窪塚さんが近々深く考えるという世の中、自分自身について、コレを読んで深く考えてみましょう!実際、考えさせられるところも多々あります。そして読み終えたあと、自分探しへGO!(ちょっと強引だなこりゃ)

WOOFIN' (ウーフィン) 2008年 06月号 [雑誌]

(購入者の評価)
普段は見向きもしないファッション誌ですが、ゆっきーの水着目当てだけで購入しました。
ゆっきーの水着掲載ページは、6ページ(8カット)です。
ただ、ファッション誌ということもあり、ストールやデニムパンツなどの何かしらの衣装やアイテムをまとっているカットばかりなので、純然たる水着オンリーというカットはありません。
特にネックレスがブラの上にかぶっているカットが数点あり、非常に目ざわりです。(^^)
しかし、ミニスカからのパンチラ(水着)カットもありますし、低価格ということもありますので、ゆきえマニアには是非購入すべき商品だと思います。


Switch (Vol.19No.10)

ACTORS STYLE (SPRING 2003) (Bamboo Mook)

窪塚洋介横須賀物語

狂い咲き「凶気の桜」の流れ

『ピンポン』ビジュアル・シネブック

(購入者の評価)
映画を観た後、急いで注文しました☆
書店にはなかなか並んでないんですよ^^;
ビジュアルブックの盛りだくさんな内容はもちろん、ピンポン玉やルービックキューブのキーホルダーといった付録もあって、絶対とくした気分になれますよ!!!スーパーカー好きも必見!対談載ってます。


聖邪の行進―幻想戯曲「解放軍」より 四季のある楽園

(購入者の評価)
淡々と綴られてる文字
彼が地球のどこにいるのかは分からないが
楽園を想像させられる感じがした。

最後の部分、相手に問いかけているのか
自分に問いかけているのか
そして、ラストの一行に…。

心が息詰まった時に読むのも また良いかもしれません。

窪塚洋介が映すものin「同じ月を見ている」

QRANK vol.12 (クランク12号)

ランドリーフォトストーリーブック

(購入者の評価)
スチール写真と文章とで構成されており、映画全体の雰囲気がよく伝わってくる。まさに読むだけで観た気になれる本。
映画を観てから読むと、ますますこの映画がいとおしく思える本。
でもそれだけじゃなく、映画と関係なしに、この本単体で「大人のための絵本」として読んでも、心あたたまり癒されると思う。

映画を知らない方も、ぜひ手にとってみてほしい。

『同じ月を見ている』ビジュアルシネブック

ドラマジェニック VOLUME.4 (2005.AUTUMN―ENTERTAINMENT,CULTURE&ACTOR’S INTERVIEW (4) (ぴあMOOK)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4