倉田てつを

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 
倉田てつを おすすめDVD 倉田てつを おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
実録 広島やくざ戦争外伝 義兄弟

仮面ライダーBLACK VOL.1

(購入者の評価)
歴代ライダーの中で個人的には最高に面白いのではないでしょうか。シャドームーンはめちゃめちゃかっこいいですし、是非親子で楽しんでください。

仮面ライダーBLACK VOL.5

(購入者の評価)
この巻収録の47話「ライダー死す!」は平成では当たり前(?)になった「ライダーが死ぬ」
というシチュエーションを書き出しましたが、平成よりもショッキング。

作中何度も取り上げられた「改造人間の苦悩」はライダー=改造人間ではなくなった平成でも
登場しますけど、本作と「RX」で改造人間としてのライダーと言う設定が最後になって
しまったのは残念です。クウガの放送が決まった際、倉田さんは「今のライダーは楽で
いいね」と言っていたが。
それと本作がだいぶ前に作られた作品とは思えないほどアクションシーンがたくさんあって
楽しめました。倉田さんはイケメンライダー役者の元祖と言われているそうですけど
ルックスだけじゃなく平成勢とは違って派手なアクションをしてくれるのが好印象でした。
ドラマ重視でアクションをしない平成勢は昭和の役者さんを見習って欲しいです。


逃亡者おりん DVD-BOX 上巻

(購入者の評価)
昭和風時代劇ファンの方にお勧めの逸品です。あの名作、斬り抜けるを彷彿させて最高です。青山倫子さんは言う事なし。堂々たる主演ぷりです。時代が昭和なら銀幕で大活躍されてることでしょう。個人的には左とん平氏の好演がうれしかったです。大河には絶対まねできない平成時代劇の到達点です。

仮面ライダーBLACK RX VOL.2

(購入者の評価)
「RX」はリアルタイムでみていたことがあるとはいえ、殆ど内容を覚えて
いなかったのですが、アクションの派手さにヒーローらしい主人公に個性的な
クライシスの4大軍団長と改めて見ると平成以上に面白いかも?

この巻からフォームチェンジ登場。ファンの方が仰られたように蒼の変身・
バイオライダーの液体化能力とビームなどをすり抜ける能力は反則。
それ程当時はフォームチェンジの概念は斬新だったのでしょう。
RXのフォームチェンジがあったから平成仮面ライダーのフォームチェンジ、
究極変身が登場したと言っても過言ではない?
手柄を取り合うことはあれど結束力の強いクライシスの4隊長とか、厳しい
ところと部下を庇う所を使い分けるジャーク将軍といった敵側のドラマは
平成版で「世界征服を狙う悪の秘密結社」の存在が皆無に近いので却って
新鮮。

22話は前作のライバル・シャドームーンが再登場。前振りとも言える話
だった21話やこの22話を見ると変わり果てたとは言え、友を手にかけた
ことが光太郎に暗い影を落としていることがわかります(前作は未見ですが)。

白倉伸一郎氏は東映入社時にこの作品を批判したそうですが、ある種の
ご都合主義が話を作っていたり、光太郎のヒーローらしいところは見ていて
スカッとします。子供番組に必要なのは小難しいネタではなく爽快感です。


勝手にしやがれヘイ!ブラザー DVD-BOX

(購入者の評価)
ヘイブラはあぶ刑事と同じスタッフで作られた、ドラマで
恭兵ファンの私としては、当時凄く好きなドラマでした。

アルファスパイダーにも憧れたけど、当時はまだ学生で
免許も持ってなかった。

社会人になってから、ドラマ内で出てきたユーノスロードスターを
購入したのを思い出す。

基本は軽快なコメディドラマなんだけど、シリアスな回もあったし
兄弟愛、親子愛を感じさせるドラマでした。


くノ一忍法帖 劇場版 忍者月影抄

仮面ライダーBLACK VOL.3

(購入者の評価)
 シャドームーン復活直前までの中盤のエピソードを収めた本巻で特に注目したいのは、私が勝手に「4月の傑作群」と名付けている第26話〜28話のエピソードです(本放送が4月だったため)。
 第26話「超能力少女を救え」では、ゴルゴムに魅入られた一人の少女の「勇気」のために、第27話「火を噴く危険道路」では、ライダーに憧れる少年の「生命」と「夢」のために、第28話「地獄へ誘う黄金虫」では、ゴルゴムの作戦で欲望の亡者となった人々の間でも失われない子どもの「純粋さ」のために、命を賭けて戦う光太郎の姿が描かれます。そこには、ただ戦う宿命に巻き込まれた男が、子どもたちのための戦いを通じて、戦士としての使命感と誇りを深めてゆく姿が描かれ、光太郎の成長を垣間見ることが出来ます。第28話では、人間のどんな醜い姿を見せつけられても、その人間を守るための戦いに光太郎はいささかも絶望する事はありませんでした。
 迫り来るシャドームーンとの宿命の対決を準備する上でも、この一連のエピソードはどれも意義深いものです。


仮面ライダーBLACK VOL.2

(購入者の評価)
私の子供時代は仮面ライダーBLACKに尽きると言っても過言ではないだろう。それほど、印象深い作品だったのである。
10何年も昔の話なので1つ1つの話の内容は思い出せないが、よく覚えているのは、サイ怪人に刺され傷付いたバトルホッパー。ロードセクター登場、そしてアタックシールド。カニ怪人の甲羅を破るため特訓をし、危険にさらされた猫を助けた瞬間に新しい技を編み出したシーン。新撰組の脱走みたいなクジラ怪人、彼がシャドームーンに殺されたBLACKを命の泉(だっけ?)で復活させるシーン。
など、たいてい中〜後半の話なのである。私の言ったシーンは結構いいと思うので、是非見ていただきたい。


仮面ライダーBLACK RX VOL.1

(購入者の評価)
賛否両論は確かにある。
「リボルケイン」で突き刺す必殺技。3タイプへの変身。車「ライドロン」の登場など。

しかし、ヒーローというのは生まれ変わっていくもの。
しかも今回は「仮面ライダーBLACK」が太陽の力でパワーアップした新たな仮面ライダーなのです。
これほど斬新な設定もこの1つの作品に詰め込み、RXというライダーが誕生したことは評価すべきだと思います。
今の平成ライダーに引き継がれた設定も多いですしね。

光太郎のキャラが明るすぎとの声もありますが、これが本来の光太郎の性格なはず。
BLACKのときに様々な悲惨な目にあい、当時はあぁなっていたと思いますが、
今回は本当の光太郎が見れる!という点でも見る価値はあるはずです。

ともかく、今までになかったたくさんの設定が盛りだくさんの豪華RX!
最高にかっこいいです。
ただマイナス1の理由は終盤の10人ライダー集合であります。
ずっと変身後の姿で後をウロウロするだけですので、これだけが個人的にひっかかってます^^;

でもぜひ見てください。
ただしこの作品の前に「仮面ライダーBLACK」を全話見ることをオススメします


仮面ライダーBLACK VOL.4

(購入者の評価)
剣聖ビルケニアをも凌駕する実力で鮮烈な登場を果たすシャドームーン。
制圧される日本と崩壊する人間関係。
Blackのハードな基本ストーリーが一番よく出ているのが、前巻収録の#34と今回収録される#35#36の三部作。
この三部作があることが作品の評価を一層高くしていると思います。


仮面ライダーBLACK RX VOL.3

(購入者の評価)
3巻はバラエティ豊かな話に加え、2話完結エピソードが続いていますが
自分が担当する作戦を成功させていずれは将軍になってやろうと企むボスガン
に、ダスマダーと手を組むガテゾーン、抜け駆けをしようとするマリバロンと
幹部同士の確執が描かれますが最初は平成ライダーを本格的に見ていた自分
には新鮮に映ります。

25話での新郎に変装する光太郎に「さそり座の女はイキがいい」と言う
ボスガンの発言には笑わせて頂きましたが、宿命の対決にケリが付くところ
とか四国を舞台にした話などエンターテイメントに徹した作りも良かったです。

「RX」を見ていて思うのがヒーローのかっこいい要素はルックスじゃなく、
悪に敢然と立ち向かうカッコよさを持っている人がヒーローじゃないで
しょうか?


仮面ライダーBLACK RX VOL.4

(購入者の評価)
ゲドリアンはキャラからいって味方に裏切られて惨めな死に方をすると思っていたが、案の定。それにしても酷すぎる!メタルダーのモンスター軍団長より悲惨。しかし壮絶でカッコヨイ!ガテゾーン、ボスガンと散っていく。10人ライダー全員集合!スーパー1はチャンと赤心少林拳の動きしてます。ジャーク将軍はとんでもないクソ野郎ですが、憐れな末路。そしてクライシス皇帝の正体は?!特にディスク8は壮絶!壮絶!壮絶!手に汗握る圧巻の一枚。

MAX-BOX

(購入者の評価)
MAXの出演映画2本を、一度に楽しめるお得なBOX!
劇中の、レイナちゃんの男前ぶりは必見!
ナナ総長がカッコイイ!


ジ・ゴ・ロ(2)

ジ・ゴ・ロ(1)

>> つづきをみる

BEGIN やっと会えたね―倉田てつを写真集

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4