倉田保昭

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
倉田保昭 おすすめDVD 倉田保昭 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
フィスト・オブ・レジェンド

(購入者の評価)
打撃の破壊力はともかく、スピードにおいては、ブルースリーを遥かに凌いでますね!ジェット対倉田のバトルも熱い。
ブルースリーの『怒りの鉄拳』のリメイクですが、ストーリーが若干異なるのと、ワイヤーアクションを取り入れている分、動きは人間離れしてます。
簡単にいえば、怒りの鉄拳ワイヤーアクション版。


クローサー

(購入者の評価)
まず冒頭の、青酸ガスで標的の命を奪いながらガラスの破片漂う空間を
「かすり傷一つなく」華麗に舞うスー・チーに笑い転げた。
「父親の復讐を果たそうとする姉妹」「心配性の姉と未熟な妹の葛藤」
「正義に燃える刑事とちょっと抜けた相棒」といったモチーフも
掘り下げの深いものではなく、あくまでストーリー作りの道具立てといった感じ。
悪のボスのへんちくりんな日本趣味(畳に土足!)は、外国映画としては許容範囲だろう。

ヴィッキーとカレンが敵の本拠地に乗り込んだときのアクションは見もの。
人工衛星から合成映像を送って敵を混乱させるアイデアは秀逸だし、
エレヴェーターの天井裏(?)を飛び移るシーンのスリリングさは息を飲んだ。
日本刀でフェンシングを繰り広げられた日にはどうしようかと思ったが。

ロマンスは、まあありがちな扱い方で新鮮味はない。
カーペンターズ"Close to you"の使用は意味不明。
スーの入浴シーンとヴィッキーのショート・パンツはナイスお色気。


そんなこんなで、何としてでも見るような映画ではないが暇つぶしにはもってこいの娯楽作。
但し、それ以上のものは期待しない方が無難。


マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝

(購入者の評価)
ツギクル予報官もいいですが、この映画のあゆ美さんもいいです。もう少しブレイクしてもいいのにと思いますが。やはり眼力が魅力でしょう。

Gメン’75 FOREVER VOL.1

(購入者の評価)
すでにDVD?BOXをお持ちの方には蛇足ですが、買えなかったファンにとっては満足のいく内容ですね。
第1話の初顔合わせはもちろん関屋警部補(原田大二郎)の殉職、津坂刑事(岡本富士太)の殉職、響刑事(藤田美保子)のラスト…と初期《Gメン'75》ファンには垂涎の4話が収録されています。
『BOXは高くて…』という貴方にはうってつけの1枚です。

余談ですが響刑事ラストの回のゲストは鶴間エリさん。そう津坂刑事こと岡本富士太さんの奥様です。そんな事を考えながら観てもお得な1枚です。


クローサー

(購入者の評価)
凝りに凝った映像で魅せるスタイリッシュなアクションいいね!
なかでもやはり、クライマックスでの倉田さんとのチャンバラ対決!!
激しすぎるよ!!


極道追踪

(購入者の評価)
 もともとは監督のアン・ホイが、「中国人女子学生が留学先の日本で自殺」という記事を見たことが発端で作られた映画。明るい話になる筈もないが、それにしてもこの映画は悲惨で救いがない。

 大家に言い寄られて下宿先を出て、ヤクザの石田純一と暮らし始める女子学生チェリー・チェン。そのチェリーがバイトでホステスを勤める店を訪れた半分学生・半分チンピラのアンディ・ラウ。アンディの友人1は組に入りボスの娘を籠絡してのし上がるが結局は殺される。友人2は消えた恋人を探し続けているが、その恋人はポルノビデオ(決して「AV」ではない)に。どこかで聞いたような見たようなお決まりの悲惨話が綴られて、挙句チェリーは走る列車に・・・・。

 アン・ホイにとっては母親の故郷である日本で全編ロケ、ひと昔前の新宿、渋谷、上野、横浜(MM)の風景が見られるのは年配の人間にとっては懐かしい(アンディ・ラウの車はシティ・ターボ!!!)が、日本ってこんなに暗くて寒くて寂しくて侘しい国だったっけ??と思わせる。結局アン・ホイは何が言いたかったのだろう??

少林寺 VS 忍者

(購入者の評価)
面白いです!
日本の武術家たちとチャーフィーとのバトルが全て1対1の試合形式なので、それぞれの武器を用いてのチャーフィーのアクションがたっぷり堪能できます。どれも素晴らしい動きなのですが、個人的にはやっぱり待ってましたの三節棍が圧巻。彼ほどの鮮やかな三節棍さばきを見た事がありません。何回リピートしても見飽きない。美しいの一言です!
ラストバトルの倉田さん(このバトルのみVS忍者。あとは忍術関係無いっす!)、蟹の動き上手すぎです・・・・。倉田さんもチャーフィーも、約束の場所に変装して現れるのですが双方バレバレ、変装の下にあらかじめもう1枚着込んできた(当然そっちのお衣装で闘うためと思われる)ところを見ると、変装の意味はほとんど無かったものと思われ、大変に愛らしく思えるシーンとなっております。そんなの突っ込み出したらきりがない、そこ含めて超お薦め!


Gメン’75 FOREVER VOL.2

(購入者の評価)
一応速水涼子刑事(森マリア)の初登場から転任するラストまでを収録しているが最後の203話『また逢う日まで速水涼子刑事』の感動のラストが、香港・マカオのカラテ軍団の話ばかりのため浮いた存在になっている気がする。
できれば201話・202話以外で速水刑事がメインの回を収録してほしかった。
しかし速水刑事転任の回は感動的で一見の価値ありです。

余談ですが、第105話からレギュラーに加わった森マリアさんは自分のオープニングシーンを見た時感激のあまり号泣されたという逸話が残っています。


風雲!格闘王

(購入者の評価)
父親が日本語で娘が広東語、これで普通に家族の会話ができてます。
このオソマツな設定をみても解るように、映画全体のレベルもすごく低いです。

一緒に見た家族は「マンガみたい」と言いましたが、マンガ好きの僕としては「マンガはもっとレベルが高い」と言いたいです。

帰ってきた女必殺拳

(購入者の評価)
基本ストーリーは一作目から変わらず
日本の組織に誘拐された人を探しに行きます

そして今回もまた例のごとく香港から始まります
しかし
今まで香港とは名ばかりで日本のスタジオだったのが
今回はちゃんと香港の街でロケしてるっぽいです
冒頭からちょっと気合を感じますね

それから今回いい感じなのが
敵がインド人やムエタイやわけわからん濃いキャラがいっぱい出てきたり
悪の組織の首領の間がショッカーぽかったり
1作目の無茶なB級設定が復活したところと
格闘ばかりに陥らずちゃんとドラマもあるところ
倉田さんの設定や何やらほぼ2作目と一緒なんですけど
確実にこっちの方がバランスや見せ方がよく、面白いですね

相変わらず
目玉串差しつまみ出しやら残酷描写もバッチリ
エロシーンもばっちり

なので、子供と一緒には見ないようにしましょう!


Gメン’75~BEST SELECT BOX~

(購入者の評価)
買った人、4巻それぞれに収録されているタイトルを教えてください。セット購入を考えているので。

Gメン’75 BEST SELECT VOL.4

Gメン’75 FOREVER BOX

(購入者の評価)
説明の必要がないほど有名な伝説の刑事ドラマ。「太陽にほえろ!」と異なり役職付きで呼び合う、プロ集団のハードな物語。
東映アクション映画の流れを組んだ、一流のスタッフ・キャストによる重く濃い充実したドラマは、まるで一話一話が映画のようです。
このレベルの話を毎週一話、7年間放映していた当時は、今考えるとすごい時代だったと思います。
(しかも、そういった番組が他に何本もありました。)
監督は、鷹森立一、佐藤純彌、深作欣二ほか(本BOXでは深作・佐藤両氏の監督作は未収録)。
脚本は、高久進ほか、音楽は、菊池俊輔(キイ・ハンター、仮面ライダーほか)。

本FOREVER BOXには、第一話から、原田大二郎の殉職の演出がカッコイイ!必見!倉田保昭のカラテ・香港-マカオロケ話など16話を収録。
Gメンといえば、カラテ!ヤン・スエ!の印象も強いです(当時はカンフーではなくカラテブームといってましたよね)。

特典映像の座談会も見物で、丹波哲郎、原田大二郎、岡本富士太、藤田美保子、夏木陽介、藤木悠と豪華メンバー。
リリース当時の収録ですが、今では残念ながら丹波、藤木両氏は既に故人で、貴重な映像となってしまいました。
現場の熱気が感じられる製作当時の話が満載で、興味深いエピソードの連続です。もちろん、御大の丹波節も炸裂。


直撃!地獄拳

(購入者の評価)
 続編の「直撃地獄拳 大逆転」のあまりのカルト的人気の影に隠れがちな本作ですが、純粋に空手アクション映画として見ればこちらの方がハードな仕上がりです。恐らく最高に体にキレがあった頃の千葉真一の空手が思う存分見れます。演技派に転身する直前の津川雅彦のスケベ分けマフィアや、やせていた頃の安岡力也の姿もみれます。「?大逆転」ほどのシュールなギャグの連発や軽快なテンポはありませんが、千葉ちゃん全盛期を知る上で欠かせない一本です。

ゴッド・ギャンブラー 東京極道賭博

(購入者の評価)
今回賭神が披露するのは、競馬で大穴を当てる技。それは負ける馬を排除していくという方法。賭神は3日寝ないで馬の戦績を分析し4000万ドル稼ぎました。今や香港大人気スター、ルイス・クーをチェックしたいなら買いです!傷心のクールは東京で一人中華料理店を開いています。義兄弟に裏切られ、人妻となった元恋人を木の上から毎日覗き見しています。銃弾より早くカードを飛ばし、4セットのトランプを瞬時に記憶し、倉田保昭にアジアで唯一闘いたいと思わせる男、それがルイス・クー演じるクールなのです。

Gメン’75 BEST SELECT 女Gメン編 VOL.1

Gメン’75 BEST SELECT 女Gメン編 VOL.2

黄龍 イエロードラゴン

(購入者の評価)
なんかヤバげな感じがするなぁ・・・と思いながら購入しましたが
低予算ながらも思ったより面白かったです

倉田さんは相変わらず渋くてアクションもかっこいいし
宮本真希さんも初めてながらアクションかなりがんばってましたし
照英さんはやられ役がんばってましたし・・・ヒロインに股間何回蹴られたろう(^_^;)

ストーリーは
イエロードラゴンを投与されるとありえねー動きができるようになる
という設定で
ワイヤーを使ったありえねー動きとか、頭がぶっとぶとか体真っ二つとかのCGもうまくストーリーに埋め込んであるのがなかなかよかった
ただ、ストーリーの語り口がちょっと不親切かも
過去の因縁みたいなものが色々と絡んでくるだけど
小道具や画面を見るだけで理解せよ!ってところがわりと多くて
妙に説明不足でわかりにくくなってるところがある
僕の場合、終ってから考えてやっと理解できた部分が何箇所かあった
ちなみに
近所の子供がわざわざ殺された理由は未だにわからない・・・?

日本産とはいえアクションもめっちゃ気合入っててテイストはまさしく香港映画の昔のB級映画
そのあたりが好きな人
倉田さんが好きな人におすすめ


必殺女拳士

(購入者の評価)
 日本の女ドラゴン・志穂美悦子の空手映画としてはアベレージの出来。このころの空手映画って設定もアクションもキャラも、どれもほとんど同じなんですけど、妙な迫力というか、ノリがあって楽しいです。この作品は復讐ものでストレートな内容なので感情移入もしやすく、悦っちゃんが勝ってスパッと終わるので爽快です。
 冒頭から荒れた映像に「ニューヨーク」とテロップが出ますが、すぐ次の場面はどう見ても日本。ここで笑えないとこの映画はキツイでしょう。次々とテロップで話が進んでいき、どう見てもセットくさいニューヨーク市警で外人が日本語で話しています。このあたりはお約束で、もはや一種のギャグです。
 千葉ちゃんは自宅でも空手着を着て暮らしているし、天津敏と闘う場面なんで、廃屋みたいなところで風がビュービュー吹いて、一体どこなのかまるで分からない状況。珍妙な場面の連続に笑えます。
 悦っちゃんの使っているのは空手ではなく、基本は少林寺拳法でしょう。アクションはまあまあです。今から見るとぬるいのですが、当時はこれで良かったと思います。倉田は最初、天津敏側の「ナゾの男」として出てくるんですが、相変わらず演技は下手。セリフも噛み気味。きれいな回し蹴りはさすがです。
 で、いつも通りにトンファー使いやら、盲目の居合抜きの男やらバケモノじみた連中が出てきます。これもお約束。ラストはススキの野原みたいなところで闘うんですけど、テレビの特撮もののまんまでした。
 監督の小平裕は「パンツの穴」とか撮ってる人ですけど、エロっぽい場面はなく非常にテンポ良く演出しています。アクション場面は山口和彦(というか、このころの東映のアクションはみんなそうですし、香港・台湾のクンフー映画もそうなんですけど)ばりに画面を斜めにしたり、バーンと引いたり、グワーッと寄ったりして、なかなか迫力を出しております。十分及第点の空手映画でした。


SAMURAI

(購入者の評価)
期待しすぎて見たせいか、少しへこんだ。
でも、まぁけっこう笑えた。(いや、実際、笑わせようとしてるかわからんが、馬鹿っぽくて笑ってしまう)
個人的にはキル・ビルのVOL1を見たときと同じ気分。
飛行機に刀もってのれるか! バイクに刀つむな、銃刀法違反で捕まるっちゅうの!などと思って映画館で見ていたのを思い出す・・・。ァいかわらず、外人の変な「日本」映画はこっちとしては笑える。
ただ、最後の戦いはちょっとなぁ・・・。どうも気に入らない。


>> つづきをみる

香港アクションスター交友録

(購入者の評価)
標題には挑発的に書いてしまったが、倉田さんはガチンコな武道家ということもあり、基本的には
非常に生真面目かつストイックな方であると思う。香港スターとの交遊録を綴った本書における語り口も、
有名人との付き合いぶりを自慢げに吹聴する類のものではない。ただ、各挿話には「ホンマかいな」と思うような話も多く、

いかにこの偉大な国際俳優が撮影現場の修羅場をくぐり抜けて来たかが伺える。1時間程で読み終えることが出来るが
満足度は高い。レアな写真がもう少し多ければ、なお良かった。

和製ドラゴン放浪記

(購入者の評価)
カンフー映画の日本人俳優としては随一の著者が、その活躍の経緯が当時の香港、台湾などの情景も交えながら記されています。特に、日本でほとんど無名だった著者が香港に着くなり、スター扱いとなり映画に出演していく下りはとてもワクワクします。著者の出演する香港映画を探して見てみたくなりました。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4