黒部進

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
黒部進 おすすめDVD 黒部進 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

(購入者の評価)
2歳半ごろから、どっぷりウルトラマン命の息子。
毎日毎日ウルトラマンの人形で遊ぶ日々。

そんな息子が、一番気に入った劇場版はやっぱりこの作品。

レンタル店で、4回借りさされた時点で、所有を決意。
以来、聞き流してるこっちが台詞を暗記するほど見まくってます。

メビウスという新しいウルトラマンと、昔の兄弟たち・怪獣たちが豪華に出てくるのがいいですよね。ストーリーも大人でも面白いです。(ナックル星人は生理的に嫌なんですが)

神戸在住のため、ポートライナーに乗るたび喜んでます。

エンドロールで過去のウルトラマンたちが、主演者に花束を渡すところも爽やかで、ウルトラマンの歴史が感じられていいです。


ウルトラマンマックス 5

(購入者の評価)
NHKのBS熱中夜話でウルトラシリーズを中学の授業に教材としてとりあげている先生が紹介されていました。「故郷は地球」ではジャミラの捕らえ方を「作者は何をねらおうとしていたか?」という設問で感想文を生徒に書かせていました。面白そうですねぇ、そんなレポートなら100枚かけますよね。
 その先生が取り上げる教材としてのウルトラマンは何も昭和だけでなく平成のメビウスなども取り上げているそうですが、おそらくその教材に取り上げられる可能性を多聞にひめたのが「第3惑星の奇跡」でしょう。

「作者は何をねらおうとしていたか?」夏休みにぜひご覧ください。

昭和平成を通じても、とても優れた作品です。こんな寓話があるからウルトラはたまらない。そうおもいません?



ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 メモリアルボックス (初回限定生産)

(購入者の評価)
初代ウルトラマンをこよなく愛する私にとって、ウルトラマンとは認めたくない出来だ。 例えば、宇宙人軍団の宇宙人達が宇宙人っぽくではなく動物っぽく表現されていたり、ウルトラマンシリーズには似合わない「ルーキー」なんて言葉が出てきたりと例を揚げればきりがないぐらい出てくる。 今回の見所はVFX満載の戦闘シーンだが、こんな無邪気なシーンも日本のVFX事情を暗示しているのがこの映画の面白いところだ。 あと、私が疑問に思ったのはその特典内容だ。 経済的に余裕があったのでメモリアルBOXを買ったのだが、この絵コンテ集と決定稿というのは何物だろうか? 明らかにいい歳こいたオタクターゲットな特典である。

ウルトラマンマックス 4

(購入者の評価)
前編ゼットンで後編キングジョー!ライトセイバーやニンジャもあり!
そしてなんてったって、強敵ゼットン戦を助太刀するもう一人のウルトラマンが赤い玉で登場だよ!
うちの子はもうめまいクラクラ状態で喜んでみてました。父ちゃんもいろいろと昔話で自慢げに説明できたので、めちゃめちゃうれしかったです。


最強のウルトラマン・ムービーシリーズ Vol.2 実相寺昭雄監督作品 ウルトラマン

(購入者の評価)
実相寺の監督作品を再編集したもの。新撮シーンもあります。
この監督の撮り方は独特だなと、改めて感じました。お馴染みの「ウルトラマン」が、いつもと違う作品に見えました。この人の演出による新作が見られないのは、本当に残念です。そんな想いに駆られる一本でした。


最強のウルトラマン・ムービーシリーズ Vol.3 ウルトラマン怪獣大決戦

(購入者の評価)
今までの作品同様、無印の再編集に新撮を加えた劇場版。
特筆すべきは、あのジョーニアスが実写で登場するということ。しかも、ちゃんと怪獣と戦っています。このシーンのためだけでも、見る価値のある作品です。
あとはタイトル通り、バトルシーン満載の娯楽作品に仕上がっています。因縁のバルタンとの戦いがクローズアップされているのも、一見さん向きで面白いかな。


最強のウルトラマン・ムービーシリーズ Vol.1 長篇怪獣映画 ウルトラマン

(購入者の評価)
無印の#1、#8、#26、#27を編集したものです。当時のテレビ特撮の劇場版って、こういうのが多かったんですよね。
最初のベムラーを科学特捜隊がやっつけた設定になっていたりと、ウルトラマンよりも科学特捜隊が主役みたいな作品に仕上がっています。今見ても、抜群の面白さを持ってるよな。


怪獣島の決戦 ゴジラの息子

(購入者の評価)
この作品、ゴジラの息子ミニラが初登場する作品で、
ゴジラ親子とカマキラス、クモンガはチビッコ対象ですが、物語ははっきり大人向けの内容になっています。
福田監督にしては結構ていねいな作風で、登場人物も東宝オールスター出演でなかなか楽しめます。
キンゴジや海底軍艦でしゃべくり名演技を見せていた高島忠夫が、終始クールな博士を演じています。
久保明は、彼らしく意気盛んな若者役、平田昭彦は相変わらず堅実な役柄でした。
特筆すべきは、土屋義男のこれまでにない役柄でしょう。
ホームシックで気の狂う強烈なキャラを演じてます。
が、最後正気を取り戻し、青春してます。彼の演技だけが浮いていて、ひとり盛り上がってるので笑えます。
そして、最大の魅力が、前田美波里の脚線美です。いいスねぇ?
最後は、なんだかクリスマスみたいになっちゃいますが、冬眠するゴジラ親子に哀愁を感じました。
で、この作品で物議をかもしたゴジラのオスメス騒動ですが、
ミニラに対するあの投げやりな振る舞いは絶対パパに違いありません!
だって、我が家もそうですから…
リイシューでトールケース化。価格ダウン。
この機会に買っておきましょう!!


ウルトラマン怪獣伝説-40年目の真実-

(購入者の評価)
ははは
衝動買いしました
故人となった村松キャップの家に科学特捜隊の隊員が集まります
ハヤタがウルトラマンだったか否かが論議されます
かんじんのハヤタにウルトラマンだったころの記憶がないので
結論がでません
最後の最後にウルトラマンが現れてハヤタに真相を告げるという内容になっています
このDVDを持ってウルトラマンの終章とすべきでしょう
40年以上たってウルトラマンは完結しました


DVD ウルトラマン全10巻セット

(購入者の評価)
 ウルトラ・シリーズの第2弾作品。奇怪なトワライト・ゾーンの世界から、いきなりヒーロー映画に変わりました。
 とにかく出てくる怪獣を、一人(?)で退治をしてくれるのですから、今でも英雄です。さらに、怪獣を退治して空に消えていくウルトラマンに、誰もが憧れた時代でした。3分間という限られた時間の中で、格好よさを表現しなければならないというのも、悲劇的なヒーローという感じがします。
 怪獣と戦い、飛び立っていく時のウルトラマンの「シュワッチ」は、小学校では合言葉的現象を生んでいました。


DVDウルトラシリーズ バトル・エディション ウルトラマン/ウルトラセブン

(購入者の評価)
(当たり前だけれど)かつてテレビ放映されたのと同一の内容で、ウルトラマン(初代)とウルトラセブンが2話ずつ入っている。

ウルトラマンがゴモラの回、ウルトラセブンがキングジョーの回で、どちらも前後編に分かれている。
だから、トータルで4話。
安価に怪獣の姿を見たい人にはいいDVDだと思う。

ところで、このDVDのウルトラセブンのほうに出てくるリンダ・ハーディスティーって、きれいな人だと思う。

秋葉男 AKIBA OTOKO

(購入者の評価)
話はくだらない!
芝居は大根!
展開にツッコミどころがありすぎる!

しかし、見所はわりとある・・・というか、ちょい役で出演するゲストやら、往年の特撮のオマージュ・・・というよりも、構図からセリフからそのまんまのシーンなど、ニヤリとさせられたりする部分は多かった。


ウルトラマン コレクターズBOX

(購入者の評価)
PPDのHPで告知されてますが、ソフトの収録にバグが生じています。購入したらすぐに交換の手続きを。

品質はかなりいいだけにこのミスはもったいないですね。


ウルトラマン Vol.1

(購入者の評価)
ウルトラマンを安価で再発売するまえに80のが先だろ?

ウルトラマン Vol.3

太陽にほえろ! 4800シリーズ VOL.155「テキサス窮地編」

ウルトラマン Vol.2

実相寺昭雄の不思議館 議の巻

ウルトラマン前夜祭

となりの凡人組(3)

>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.12 (2008 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

平和憲法の歪曲 (近代文芸社新書)

(購入者の評価)
授業でこの本を教材として使用したのだが、最適な資料だったように思います。
この本を読み、今まで自分がどれだけ無知だったかを知りました。そして無知であったことを悔やみました。
日本国民として理解していなければならなかったことを知りませんでした。
現在、日本の政治に対する自分の意見をしっかり持たずに政治の動きに流されてしまう人が多く存在している気がします。私もその一人でした。
でも、きちんとした知識と意見をもちもっと自分の国が豊かな国に発展するように努めるべきだと思います。


顔のない国―戦後の虚妄と国の品位喪失を問う

ハヤタとして、父として

(購入者の評価)
初代ウルトラマンのハヤタ隊員を若さでうまく演じきった黒部 進
さん。
この人とウルトラマンは僕がここで何か言うこともないでしょう。
「てにしたカプセル、光りと光り?、百万ワットの輝きだ?♪」
ベータカプセルでウルトラマンに変身するパターンはシリーズ中
さまざまで、国立競技場での走りながらのバージョンは何回見ても
カッコイイ!!。 ファンお薦めの一冊。


憲法第九条と自衛権

愛と正義の大人の食卓―ウルトラ旨い! (Wanimagazine mook (188))

憲法第九条と自衛権

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4