黒沢年男

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
黒沢年男 おすすめDVD 黒沢年男 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
水滸伝 DVD-BOX

(購入者の評価)
長年DVD化されるのを待ってました。当時小学校5年・・毎週火曜日が来るのを楽しみでした。今見てみると一流のスターばかりでそのスター達のからみ合いはなかなかのもの。黒沢年男や長門勇、内田良平、田村高広、ハナ肇、丹波哲朗、若林豪、特に揚志役の佐藤允は相変わらずいぶしぎんでカッコイイ・・今では考えられないスターの共演をDVDで見れるのが楽しみ 正月にでもゆっくりしながら見たいね。

日本のいちばん長い日

(購入者の評価)
 戦争を知らない子供達だった僕も52歳になるのだなぁ、三船敏郎はこのとき未だ47歳とは敵わないね貫禄が(^^;;。
 購入したのが昨秋だったので、雰囲気が味わえず夏が近づくのを待ってようやく鑑賞した。当時は映画館で予告編を観ただけで見逃していた大作の一つでした。ようやく思いが叶った。白黒画面の陰陽対比がもの凄い迫力が迫ってくるし、字幕付きなのでセリフもしっかり理解できたことから大満足の3時間弱でした。しかし昔の俳優達というのは芸達者が多いねぇ。
 民間人が全く描かれていないのが特徴なのか欠点なのかは評価を避けるが、軍部や政府、宮内庁で繰り広げられる終戦を巡る長い1日を重量感を以って見せようとした意図は功を奏していると思う。
 また女性も新珠美千代が端役で出ている以外皆無であるのも、言い方が悪いがモノセックス調で良かったかな?暑い夏の1日を汗臭く泥臭く煙草臭く描いている傑作。


BEST GUY<ベストガイ>

(購入者の評価)
航空自衛隊のパイロットを題材にした本作は、これより4?5年前に制作されたアメリカ海軍のパイロットを題材にした「トップガン」と比較されることが多いように思います。いずれの作品も、この時代の映画特有のノリのいい青春映画に分類できると思いますが、細かい映像表現の点では、本作の荒さが目立つように感じます。とくに、敵機として出てくるスホーイのCG(特撮?)映像にはがっかりさせられるものがありました。

ただし、F15Jの映像はとても豊富で満足できるし、毎度ながらの織田裕二さんの熱い演技にも助けられて、ある程度満足のゆく仕上がりに成っていると思います。なにより、昨今の世界情勢では、このような空自の全面協力を得た作品はもう二度と出来ない可能性があることを考慮すれば、貴重な映像を収録した作品だと言えるかもしれません。

個人的には,映画の冒頭で歌のプロモ撮影をしている頭上をF15が編隊飛行してゆくシーンがお気に入りです(シェリーの歌も良い)。


激動の昭和史 軍閥

(購入者の評価)
「なぜ、誰が戦争を起こしたのか!?」
このキヤッチコピーのように、何故日本は無謀な戦争へと突入せざるを得なかったのでしょうか?。
いくらでも戦争を回避する事は可能だったのでは?。と、豪華俳優が演じる一人一人の熱意のこもった作品にすこぶる堪能しました。ただ、特撮(以前の作品)の場面があるのが意外でした。
エンドテロップに、「特撮ライブラリー 円谷英二」ぐらい欲しかったですね。この公開時期に逝去されていますし。


三つ首塔【リマスター版】

(購入者の評価)
原作のレシピに比較的忠実に作ってみたつもりが、食材にとんでもない逸物が揃い過ぎたため、鍋の中で想定外の発酵が起こり、予想を超えた悪意の世界が生まれてしまった、という感じ。
佐分利信に小池朝夫、米倉斉加年、ピーター、殿山泰司、加藤和夫、そして小松方正。こんな人達が皆嬉々として怪演しているんだから、ゲップが出るというよりも一食だけで糖尿病になりそうである。
原作を読んで膨らます自らの想像力が如何にちっぽけなものかを、小松方正の志賀雷蔵は教えてくれる。(原作だと好紳士なはずの加藤和夫は反則だが。これでは弁護士というよりも「吸血鬼ゴケミドロ」の医者ではないか。)
「地獄のガラムマサラ」ともいうべきこのドロドロの中で、どす黒いオーラに潰されることなく、絶世の美女というヒロインのイメージを具現化してみせた真野響子の魅力は只者ではない。

“都会のデカダンス”系統の横溝ワールドの映像化作品としては白眉ではないか。


いつもふたりで DVD-BOX

(購入者の評価)
「夢は信じて強く願えばいつか叶う」主人公の年頃には自分もそう信じていた事を思い出した。
忘れていたものを思い出させてくれる脚本に惚れた。
台詞棒読み気味の坂口君だが、この役ははまってると思う。
微妙な表情の演技はこの作品で結構上手になったと感じる。
もうひとつ素晴らしいのは色彩。主役二人のマンション、仕事場、登場人物の衣装の色合い
全ての画面にアクセントがある。美術さんと衣装さんの素晴らしさにも改めて感動。


狼の紋章

(購入者の評価)
暴力追放学生集会なるものや、それを潰す側の、ヘルメットにゲバ棒と言う出で立ち(右翼が実際にこんな格好をしたのか疑問)が、公開当時の1973年を偲ばせる。しかし、安っぽい着ぐるみをかぶっただけと言う感じの狼男はいただけない。当時の特撮やメイクの技術はこの程度だったのか、と落胆した次第である。

犬神明役の志垣太郎にはもう少しストイックさが欲しいし、羽黒獰役の松田優作もこの当時はまだ精悍さに欠けている。青鹿晶子役の安芸晶子の顔立ちも原作のイメージにそぐわない感じがするが、彼女の体を張った演技は買いたい。松田優作に柔道の投げ技を何回も決められ、最後の方はずっとトップレス状態である。

リメイクして欲しいと思う作品のひとつ。


トラック野郎 一番星北へ帰る

(購入者の評価)
前に一番星北へ帰るをレンタルしました、他も素晴らしいです。

笑いあり下ネタありで涙もあり人情深いトラック野郎シリーズでも自分はこれが特に好きなんです。

桃さんは男としての優しさや温かさや寂しさを持ってると思います。

昭和はこの作品で今も生きてます、そして桃さんは帰る故郷が無いですが一番星が桃さんの故郷だと自分は思います。

ホント泣けますし、買って良かったです♪


ザ・ハングマン DVD-BOX 3

日本沈没 M-5.0

(購入者の評価)
なつかしいね。
もうかれこれ28年ですか。
日本TV史上、最高制作費をかけての大特撮。
京都の金閣寺が流されるだけで、貿易センターテロと同様に
日本の象徴のひとつが消えていく。
このシリーズ全て、古きよき日本があり郷愁をかられます。


日本沈没 M-6.0

(購入者の評価)
ストーリーや当時の特撮技術を楽しみながらも、往年のアイドル、女優さんが見られるのは、キャスティングに投資していただいたおかげか。もちろん、ケルマディックを救出するわだつみ、南九州の沈没シーンなど、迫力のあるシーンも見どころ。

日本沈没 M-7.0

???73年に公開された小松左京原作の同名パニック映画が大ヒットしたのを受けて、東宝映像とTBSが製作したテレビシリーズである。毎回日本のどこかが崩壊していくという、あたかも日本名所旧跡沈没行脚といった構成が、お茶の間の話題となった人気ドラマだ。本作は、その第7弾となる。
???函館の海に氷山が出現したことから始まる惨劇を描く、第19話『さらば 函館の町よ』。北海道の大異変で、政府が日本沈没の事実を国民に伝える第20話『沈みゆく北海道』。そして火山帯の連鎖爆発により伊豆大島が消えていく、第21話『火柱に散る、伊豆大島』。本作では、この3話を収録している。日本の崩壊劇と、村野武範(現・武憲)や由美かおるらがくり広げる、大人たちの濃厚な愛憎劇は、いよいよクライマックスへと導かれていくのだ。(的田也寸志)


血を吸う箱 DVD-BOX

(購入者の評価)
子供の頃、近くの映画館で「血を吸う人形」をやっていたのですごく興味をそそられて忘れられなかった記憶がある。それから何度となくTVで「血を吸う人形」と「血を吸う薔薇」の2作は観た。今回のDVD-BOXで「血を吸う眼」も含めた3部作をあらためて観たが、やっぱり文句なしに面白い。
そしてこの「血を吸う箱」というDVD-BOXはジャケットのイラストが映画を忠実に再現したセンスの良いものであること(これだけでも価値あり)、特典映像の予告編も含めて画質が良いこと、メニューの背景の映像(洋館の窓に映る人影が徐々に鮮明になっていったり、白い薔薇が徐々に赤く染まっていったり)が凝っていることと文句なしだった。

「血を吸う人形」
いつ観ても何故「人形」なのか戸惑ってしまうが、ヒッチコックの「サイコ」にも似た設定と展開にイギリスのクラシックホラーの要素を交えた作りは秀逸で、何度でもあきずに楽しめる逸品。また、貴重な松尾嘉代のミニスカート姿も観ることができる。これが若い松尾嘉代に似合っていて、かわいくセクシーで良い。
「血を吸う眼」
少女時代の恐ろしい体験を悪夢の形で封印した女性に忍び寄る吸血鬼の魔の手を描いた作品でこの作品から岸田森が吸血鬼として現れる。個人的にはこの作品がストーリーも凝っていてシリーズ最高傑作だと思う。
「血を吸う薔薇」
シリーズのなかでは最もお色気シーンが多い作品。「血を吸う眼」よりも岸田森の吸血鬼が暴れまくる。吸血鬼が人の体に乗り移り生き続ける設定はドラマ「ケイゾク」の元ネタかとも思わせる。特に顔を手に入れるシーンは背筋が凍る。

ともあれ、文句なしに楽しめるまるで怪奇骨董玉手箱のようなDVD-BOXだ。


ザ・ハングマン DVD-BOX 1

(購入者の評価)
 林隆三演ずるブラックが壮絶な死を遂げる「さらばブラック怒りの爆死」をもう一度観たくて、DVD-BOXを買った。とにかく凄い。ラストシーンに唖然。ブラックの犬死にぶりが、ほんとに強烈。あんなに激しく厳しい人間ドラマであったのだ。その事を再確認出来た。
 ハングマンもシリーズを重ねるごとに、単に悪人を見せしめにして面白がるだけの軽薄喜劇になってしまったが、初期の頃は実に良かった。顔を変え、指紋を消し、戸籍を抹消して“死人”となり、自らの人生を捨ててまで悪に立ち向かう熱情と気迫があった第一シリーズ。貴重なDVD化であると思う。

注:上記「さらばブラック怒りの爆死」はBOX2に収録。


日本沈没 TELEVISION SERIES プレミアム・ハザードBOX

(購入者の評価)
やはり見応えがありました!奮発して買ったかいがありました!
懐かしさもあり、最高です♪
あぁ?暫くは主題歌が脳裏を離れないでしょう(^^;


野獣死すべし 復讐のメカニック

(購入者の評価)
野獣と聞けば、一般的には「大藪春彦」や「松田優作」をあげる人が多いですが、人間の哀しみや宿命を内包して、また在り来たりな正義感やかっこよさを最大限に隠して、非情の男を演じている藤岡弘の伊達邦彦は最高です。原作の主人公の描写に最も近いのが、藤岡弘ではないでしょうか?最後は権力に負けたのではなく、復讐が終わってもどの道彼の生きる術は無かったのだと思います。解説書にも記載されてる通り、実銃を扱える唯一の俳優で、稀有な配役だと思います。見終わって暫くは哀愁と伊達邦彦に対する愛おしさがこみ上げてくる作品です。


YUICHIRO SAKURABA in ムコ殿2003 DVD-BOX

(購入者の評価)
 この作品は前作と比べると、裕一郎自身はとってもかっこよくなってるんだけど、周りのキャストに女性が多すぎて、家でも仕事でも裕ちゃんが女性キャストに押され気味な感じがします。もちろん前作も女性がほとんどなんですが、なんか今作のほうがお父さんが弱いので女性的な感じが強くなっている気がします。
 やっぱり私自身の好みとしては、前作の方が断然好きです。
 どうしても前作と比較してしまうのですが、竹内結子の後で酒井法子の奥様役を見ると、竹内結子が上手すぎて酒井法子が力不足に感じてしまいます。
 話の内容はとてもいいんだけど、いまいち酒井法子の配役が個人的に残念です。
 まあこれは人それぞれの感じ方なので、あくまでも私個人の意見です。
 あとは生放送スペシャルの回が2度ほどありますが、あれも要らないと思います。面白さ半減。
 ですが、私は裕一郎の色気に負けてこのDVDを買ってしまいました。
 auとのタイアップのCMが大好き。ドラマの中でも流れているのでいつもじっくり見ています。
 話自体はとても良いんですよ。前作を見てない人はこっちを見てから前作を見たほうが印象的にはいいかも、と私は思いました。
 


BEST GUY<ベストガイ>

(購入者の評価)
日本版TOPGUNの呼び名の高い作品ですが、予算の都合上遠く及ばない作品になっています。おそらく見た人の95%は「パクりやんけ!」と叫んでしまうでしょうが、空戦シーンは本家を上回る部分が多く、本家が戦闘機同士のダンスに過ぎなかったのに対し、こちらは通常の訓練の映像を多様しているのでF15ファンの人は必見なはず。音楽もボーカルに生沢祐一を起用して高いクオリティを発揮しています。

修羅雪姫

(購入者の評価)
生まれ落ちたときから。母の怨念を受け継ぎ背負い、血にまみれながら、復讐繰り返し人を斬っていく、修羅雪役は、クールビューティーな梶芽衣子さんに嵌りすぎ。「許してくれ、助けてくれ」と、土下座し命乞いする復讐相手に対して「許しもしないし助けもしない」と、強い目線で、言い放つ、デモーニッシュな美しさある、梶さんの姿には、ただ痺れるしかない。
復讐を邪魔する男達を、容赦なく逆手で斬っていき、斬った相手の血と、斬られた自らの血とで、赤く染まる着物姿での、庭園での大立ち回りが、圧巻。怨みの連鎖を描き、キル・ビルでも使われた名曲「修羅の花」流れる、ラストも完璧。
本作『修羅雪姫』と続編の『修羅雪姫 怨み恋歌』DVDはどちらにも、梶芽衣子さんへのインタビューと、原作の小池一夫氏のインタビューが特典映像収録されている。両DVDの、梶芽衣子さんのインタビューは、現場の雰囲気、着物での立ち回りについてや、当時の自分に対する評価など、いろいろ面白い話しが聞けて興味深い。ただ、インタビューアは他に誰か適任がいなかったのだろうか。映画にも、この作品自体にも詳しいとは全く思えない、女性インタビューアは、せっかくの貴重な機会なのに、梶芽衣子さんから話しを聞き出しきれていないのが残念。


三つ首塔

(購入者の評価)
『悪魔の手毬唄』や、『獄門島』、『犬神家の一族』、『八つ墓村』等の有名どころの金田一作品も良いですが、この異色作も捨てがたい!オススメ!
ストーリーの分かりやすさもさることながら、ヒロインの真野響子さんの美人度、魅力も見所の一つであります(柴俊夫さん、うらやましい!)。響子さん、よく劇中でビンタされるので、SM趣味のある方や、ビンタフェチの男性の方も必見(笑)。
出番は少ないながらも、決めるところはビシッと決める、古谷一行氏演じる金田一耕助の描写も最高ですね!


>> つづきをみる

大莫迦になりたい!―ユニークな発想と行動で切り開いた曲折の人生

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4