草刈正雄

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
草刈正雄 おすすめDVD 草刈正雄 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
汚れた英雄

(購入者の評価)
原作本を読んだのは20年前のことかと思うが今さらながら映画DVDを鑑賞した。ずっと興味はあったのだが映画を観るのは消極的だった。原作本に抱くイメージと映画とのギャップを受け入れられないかもしれないという自分の器の小ささを認識するのを恐れていたのかもしれない。
何を今さらと思われるかと思われるかも知れないが驚いたのはオンボード映像の新鮮さだ。今でさえバイクのオンボード映像を撮影するのは試練の技を思われるのに,よくまぁ撮りやがったと感慨を受けた。もちろんブレやボケはある。でも当時としては画期的な撮影技術を使ったのではないかと思われる。評価としては20年の年月が俺の器を大きくしてくれた。許容範囲というか十二分に楽しめた。
すなわち骨太の原作だからだと思うがよく脚本されたのだと思った。無駄に金の掛かった演出や不思議な編集についてはどうかと思う点を感じずにはいられなかったが当時の角川監督に楯突くモノなどいなかったと思うので致し方ないのだろう。


真田太平記 第弐集

(購入者の評価)
真田=幸村の方は、是非この作品を最期までしっかり観て下さい。
真田一族(昌幸から始まる世代)の生き様が、描かれています。
また配役が素晴しい!
真田家がいかにして、戦国時代を生き抜いたのか。幸村だけが、
特筆されるものが多い中、昌幸・信幸の存在感をも描かれた、
稀有な作品です。
是非最期まで観てご堪能頂きたい、日本で5本指に入るであろう
映像がされた時代絵巻をご堪能下さい。


真田太平記 第壱集

(購入者の評価)
配役と言いい、全てにおいて文句のない歴史ドラマです。池波先生の作品は、映像化されるにあたり、一切手抜きなしで行われます。その中でも、私はこの作品によって、池波先生ワールドにのまれて行きました。
確かに事実(歴史とは見て来たように嘘を言う学問)とは異なるのかもしれませんが、私の中では、真田一族の真髄ここに見たり!!ってイメージです。読書が嫌いな私にあれだけの小説を読む機会を下さった稀有な作品です。
この作品に素晴しく華を添えているのは、本編の中に出てくるお江。そしてそのお江を白木蓮に例えた幸村こと信繁。これにより、私の一番好きな花は白木蓮になりました。そして今も尚白木蓮(丁度今頃咲きますね。)が、一番好きな華であり、人のイメージ像となりました。
是非観て下さい!!


動物のお医者さん DVD-BOX

(購入者の評価)
やっぱりマンガから実写って難しいんですかねぇ?正直…要潤はビミョ?でしょ?(゜_゜)吉沢悠は頑張ってましたけどね(^o^)

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 1

(購入者の評価)
TVではじめてこの作品を観たとき、OPのめちゃくちゃ怖い睨み顔に驚いたが、本編では実にカワイイ笑顔を見せてくれた、銭形海=大政絢ちゃん。
すっかり虜になった私は、このケータイ刑事ワールドにのめり込んでしまいました。
見続けると、過去のシリーズを見なければ分からない仕掛けも多々あり、すっかりかのプロデューサーの術中に嵌ってしまったようです。
外見は正にクールビューティーで、齢重ねてもダンディな草刈正雄氏とのコンビもぴったり。個人的には松崎しげる氏とのコンビより好きです。
ほぼ全編コメディですが、最終話は大変にドラマティックであり、深みを感じさせます(零・雷では出来なかったかも)。ゲストでは岡本信人氏の怪演が印象的です。しかし、正直舞台編はきついものがありました。でもそれを払拭できるフグ顔(と、魅力)がこのDVDにはあります。

私にとっては、初めて体験した「ケータイ刑事」であり、特に愛着の深いシリーズです。


ウルトラQ~dark fantasy~case9

(購入者の評価)
小町のヒロインは長澤奈央ちゃん。スタイル良しルックス良し運動神経良しの三拍子揃った正統派特撮ヒロインである。この物語で彼女は人間ではない。そんな彼女と人間の男との恋愛ファンタジー。

エスパイ

(購入者の評価)
伊豆の踊り子と2本立てが嫌でしたが日本沈没より面白かったです。やはりヒーロー藤岡弘はエスパイ役映えてました。由美かおるの舌は中学1年には刺激強かったです。

復活の日 DTSプレミアムBOX

(購入者の評価)
こんなにスケールの大きな映画を
日本でもつくれるんですね!


ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

(購入者の評価)
この銭形零への肩書きはそのまま夏帆ちゃんに当てはまるでしょう。13歳で大人たちへのあの鋭いツッコミ、すごいです。あと最後に「レレレ?」は反則でしょう(笑)

ケータイ刑事 銭形海 夏舞台完全版 BS初!ついに舞台だ!~超豪華!演劇者殺人事件

(購入者の評価)
まあ舞台によくありがちなオーバーアクションの連続ですが飽きることなくみれるでしょう


白痴

(購入者の評価)
映像は凄くいいですかなり綺麗 江戸時代なのか現代なのか明治なのか解らない時代設定も
面白かったです これいくらで撮ったのと思うぐらいすごい映像表現の素晴らしさ
キャストも浅野忠信や草刈正雄と超豪華です 間違いなく最高傑作


NHK大河ドラマ 風と雲と虹と 完全版 第壱集

(購入者の評価)
源平の‘平’というと、平清盛のイメージが強いせいか、
どちらかといえば、関西かともおもい勝ちですが、清盛も元は
‘桓武平氏’正確にいえば、常平太こと平貞盛の子孫なのです。

加藤剛と山口崇のコンビはそう、大岡越前のコンビですよね。(他局ですが)
何しろ大河の中では最も古い時代なので、考証的にはかなりムリも
あったような気もしますが、そこはキャストが今とは比較にならない
実力派ぞろい、全編飽きることなく観ていました。

 肖像でみる平将門はお世辞にも好男子とは言い難く、加藤剛
のイメージでトクをしてるなぁという感じ。
これは純友にもいえる事なんだけど、両者ともかなり進んだ
発想と行動力の持ち主です。藤原秀郷役の露口茂もいい味出してます。

確かに撮影技術は今と比較になりませんが、演技陣の熱演が
それを補って余りあると思います。


ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
ファンには嬉しい作品、そして夢の共演!夏帆ちゃんと真希ちゃんとあと二郎さんの出番が少なすぎなのはちと残念ですが、2で夏帆ちゃんがまた出演みたいなのでよしとします!やっぱ二郎さんや金剛寺さんのキャラももっと使ってほしかったけど★は5で!

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
なんと銭形姉妹が初共演!しかも、この頃は、売れていた堀北真希が出演している!すごい!例えるなら、オダギリジョーが仮面ライダーをもう一度やるようなものだ。ただ、宮崎あおいが出てないのが…

NHK大河ドラマ 風と雲と虹と 完全版 第弐集

(購入者の評価)
 後先の事など考えず、たた前へ進む事しか考えない将門と純友。一旦は、身内との抗争に敗れたり、優れた司人を差し向けられ、挫折するかに思えましたが、時代は彼らに味方します。
 将門は、裸一貫になりながらも民人の強い支持を受けて再起し、純友も海賊団を率いて決起し公を震撼させます。結果としては、将門が田原藤太との戦いに敗れ物語は終わりますが、将門はこめかみに矢を受け、死してなお前へ進もうとしました。
 個人的にオススメの回は、全てを失った将門が再起を誓う第37回「民人の砦」、因縁の相手、源扶と決着をつけ、小春丸がみじめ(自業自得)な最後を遂げる第41回「貞盛追跡」、本格的に決起して、壮烈な最期を遂げる第47回「国府占領」第48回「坂東独立」(この回で池波志乃演ずる巫女に帝になれと宣託を受ける)第49回「大進発」第50回「藤太と将門」第51回「激闘」第52回「久遠の虹」(将門は死に、純友は撤退しますが、源護と娘・詮子が落雷(天罰)が当たり死にます)は名作です。将門と純友の物語でしたが、私としては、悪に徹しながらも一人の女を愛していたであろう、源扶が好きでした。
 最後に、この『風と雲と虹と』を保存し、我々が視聴出来るようにしてくれた全ての人に最大限の感謝をさせていただきます。本当にありがとう!


ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

(購入者の評価)
「銭形泪」2ndシーズン、1クール13話までを収録‥。今回から泪の相棒は草刈「高村一平」にバトンタッチになった。通称「バーボン刑事」‥。う?ん懐かしい、若い視聴者はワカランだろうが、1977年放映の「華麗なる刑事」で田中邦衛の相棒をやっていたのが「高村刑事」で、その当時の「草刈正雄」はマジカッコ良すぎの超イケメン俳優だった!番組放映中は「バーボン刑事」ではなくて愛称は「ロス」と呼ばれてたハズ‥。「バーボン刑事」は多分後付け。泪の新相棒の「草刈・高村刑事」はなかなかいいコンビ振りで、熱血ぶりは「山下・五代刑事」に譲るが、イケメンなのに「どっかヌケた」バランスが泪ちゃんのキャラと良くかみ合って絶妙だ!内容も1stシーズンでのスタイルの迷いが吹っ切れた感じでテンポがイイ!「芽以ちゃん・泪」もキャラを掴み切って「演技ものびのび」してスゴくイイ‥!草刈も「華麗なる?」放映後、「イケメン俳優」からの脱却が出来ずに随分「悩んだ」みたいだが、「ケータイ刑事シリーズ」に出演し、ようやく「カッコイイけど、ヌケたオッサン振り」が板に付き、「安心して観ていられる愉快なキャラ」を演じられ、演技にも「余裕」が感じられる‥!これからの「泪・高村刑事」の「絶妙コンビ」に期待したいですな!(笑)

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 (HD-DVD)

(購入者の評価)
HDDVD特有のPinP機能で収録されている
黒川さんと堀北さんのダンスシーン。
作品の中で使われなかった映像も
ばっちり収録されていて
ファンには楽しめます。
本編と一緒に見られるのもポイント!

ストーリーは一回だけではちと・・・と思うかもしれませんが
3回みると、味わい深く感じられるようになります(笑)


ウルトラQ~dark fantasy~case10

(購入者の評価)
■第19話『レンズ越しの恋』

これがなかなかいい作品。
祖父が残したカメラを通じた、現在の生きる主人公と過去に生きる少女の恋物語。
まぁ展開はとてもベタなのだが、正直、泣ける作品です。
そこに主人公の成長を描いてもいます。
映像的に面白いものでもなく、ラストの展開は読めたんですが、
それでも、これが30分のテレビシリーズ作品だということを勘案すると、
なかなかの力作です。
ラストの主人公の青年と「彼女」の遠い時間を挟んだ再会とは。
続きは観てください。


■第20話『密やかなる終幕』

第20話は正直つらい。
中途半端なジャパニーズホラーというか、出来の悪かった映画
『パラサイトイヴ』の焼き直しのようなカンジです。それで説明ついちゃう。



本巻は、19話だけを評価の対象にしていいと思う。
甘酸っぱい『ファンタジー』作品です。

20話はオススメしません。

まぁ☆3かな


ウルトラQ~dark fantasy~case13

(購入者の評価)
新ウルトラQ最終作なんだけど、最終話は出来がイマイチ。
特に最終話は、過去作品へのオマージュなんだろうけど…
11巻、12巻の出来の方がいい。


■第25話『闇』
こっちはなかなかでした。
狂気の事件が起こった廃屋の撮影中に、一体何がおこるのか…
嶋田久作が出てる。この人、ホンマホラー向きな顔の造詣です。
昨今の下らない凡百のジャパニーズホラーより出来がいいのですが、
基本的には表題の「闇」や「顔」に対する人間の原始的恐怖を描いている作品で、
少しネタバレにはなりますが、「サイコホラー」として完結できていればよかったのですが
ラストがいわゆるホラーの展開になってしまい、それは個人的に望むべくはなく。。



■第26話『虚無の扉』
有名なケムール人の話。
人間の想像力を喰ってしまう宇宙人の話。
割と童心に還るタイプの作風。
しかしそうなると、最終話直前までの路線からまた大きくずれるので、
違和感が結構あったり。
また、最終話にこれを持ってきたことで、結局のところどういう作風で
新シリーズを作りたかったか微妙になってしまった感がする。
最終話はちゃんと締めて欲しかったなぁ。
しかしケムール人の造詣は今観てもすごい出来です。


☆は3つです。

これは概ね、第25話『闇』の評価です。
最終回は少し肩すかしを食らったカンジなので、

総括すると、本シリーズは後半に名作が集中していました。
大人が見るそれこそ『(ダーク)ファンタジー』といったカンジの佳作が。
話数毎の出来が、ストーリー&映像とも著しく出来に差があるのは事実で
、安定しては楽しめないかもしれませんが、こういった怪談の類を楽しみたい人が
観るには良いでしょう。

世にも奇妙な物語によりファンタジー色を強めた作品、というカンジで理解するのが
早いと思われ。
実際の評価は、各自でごらんになって頂きたいです。


ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

(購入者の評価)
銭形泪の最終巻です。このDVDのお勧めはやっぱりミュージカルですね
歌も上手いしダンスも上手い!「舞より上手いんじゃあ・・・」と思う程です
しかし!実質の最終話が2枚目なんです
3枚目はアナザーストーリーでパートナーがいないんです
これがちょっと寂しいですね・・・
でも芽以ちゃんの演技力にもさらに磨きがかかっていてお勧めです!


>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4