姜暢雄

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
姜暢雄 おすすめDVD 姜暢雄 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ダブリンの鐘つきカビ人間 2005年版

(購入者の評価)
by後藤ひろひと(特典映像より)

市内に蔓延する謎の病によってカビだらけなった鐘つきの青年と、思っていることと逆の言葉しか話せなくなった娘の悲しい愛の物語。現実の世界から物語の世界に迷い込んだ若い男女をきっかけに、「奇跡を起こす剣」を巡って物語は動き出す。

後藤ひろひとらしい、可笑しく、楽しく、温かく、泣けるお話です。
片桐仁が美しい心をもった青年を好演しています。

特典映像として、記者会見、稽古風景、場当たり、初日レポート、東京千秋楽、スタッフインタビューが収録されています。一つの舞台を作り上げていく様子やキャスト・スタッフの舞台にかける思いがとてもよくわかる40分以上の映像です。


彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV

(購入者の評価)
どちらの舞台も観ました!(「お気に召すまま」は2007年バージョンですが)「恋の骨折り損」では時にラップを混ぜながら、「お気に召すまま」では本物の羊が登場したりと意外性たっぷりでとても楽しい舞台でした。オールメール(全員男性)の舞台だからこそ、女性が演じると意地悪く見える部分がかわいく見えたり時に男の部分を出してみたりと面白さがいたるところにあります。特に女性役の役者の美しいこと!!仕草・表情はまさに女性です。特に「お気に召すまま」の成宮君は女性役でありながらその中で男の扮装をするという複雑な役ですが、困った顔や恋する顔などはとても美しい女性そのものでした!
シェイクスピアはセリフが詩的で膨大でありすべてを理解するのは難しいですが、それでもセリフの中には真理があるなと納得する部分もあります。喜劇ということもありシェイクスピアってと思う方でも充分楽しめると思います。
両方の舞台を観ていますし、やはり舞台は直に観る方がいいとは思いますがこの舞台は何度でも観たいと思っています。手元に届くのが待ち遠しいです!!


NANA 2 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
1も特に大した事のないマンガそのまま描けたらいいな、という印象の作品でしたが、
今回もそうでした。
そこからキャストのところどころ変化し、個人的にはどうも違和感を感じてしまいました。
ナナとのアパートの思い出を振り返るシーンも、お前じゃないと思ってしまいますし、
トータル的に実際の人間があの世界を作っている事事態に違和感を覚えました。

10点中3点!!


NANA 2 Special Edition

(購入者の評価)
原作は全く読んだことがないが、第1作は躍動感と爽快感に満ちた楽しい作品だった。でも本作にはそれが見られない。映画的カタルシスに欠けているのだと思う。やはり何といっても宮崎あおいがいる・いないの差が大きい。宮崎の「ナナ」は可愛いが、少しヒネクレていて、オンナのトゲがあった。市川由衣も頑張っているとは思うが、単に「可愛い」だけなのである。こうなると役柄に感情移入できないのだ。宮崎あおいの役を継ぐ時点で、どの女優がやってもそりゃムリだろうな、とは思う。表現力や存在感において、今の日本映画界ではトップ女優のひとりなのだから。また、松田龍平・松山ケンイチ・平岡祐太がいないのもかなりツラかった。モトカレ役の平岡は仕方ないにしても、あとのふたりは全く役者が変わっている。レンとナナは風呂での会話が好きだったはずだが、本作の住まいでは一瞬たりともバスルームなど出てこない。とにかく物語がつながらないのだ。成宮寛貴や玉山鉄二は鉄壁であり、中島美嘉の演技も向上したかな、と思うが、やはりオリジナルキャストを揃えないとパート2は作るべきではない。ライブシーンも第1作のほうがはるかに迫力があった。新宿・原宿・横浜など第一級のロケ地を使っているのに、最初の空撮しか印象に残らなかった撮影もちょっとつらかった。これ単独の作品なら星3つだが、やはり前作があると厳しいのでひとつマイナス。

犯さん哉

(購入者の評価)
古田新太×ケラリーノ・サンドロヴィッチで,自由にくだらなさを綴った舞台。
犬山イヌコさん,うまい。「ポケモン」のニャースの声をもう10年もやってる人です。
こういう芝居はお手のものの芸達者な役者陣の中で,中越典子,姜暢雄は初挑戦ですが,この二人のように"いかにも"ではない役者が入ったほうが全体として活気が出ますね。
姜暢雄の女役は,普通に色気があってはまりすぎ。
そうでなくてもありがちな「世界の最期」を描いたうえに,特に後半,より「ありがちな」ネタ?が気になりましたが。
(客をいじったり,同じ動作・言葉を全員にまねさせたり,神の声があったり…)


忍風戦隊ハリケンジャー Vol.10

(購入者の評価)
「忍風戦隊ハリケンジャー」のDVD第十巻が登場です!!この巻には巻之三十七「三の槍と大脱出」?巻之四十一「メダルと漫才」までの五話が収録されています。巻之三十七ではマンマルバが突然変異を起こし巨大化暴走を始めます。その戦いの中で鷹介が負傷をおってしまいます。これは鷹介役の塩谷さんがバイクと接触事故で腕を骨折してしまった為の出来事になってます。巻之三十八「魔剣とふうせん」ではクワガライジャー・一鍬が父・霞一鬼の使っていた刀『鬼雷丸』にとりつかれた様に修行を始めます。いったいどうなってしまうのか・・・?巻之三十九「七の槍と謎の石」では暗黒七本槍の最後の一人・七の槍サンダールが登場します!サンダールの声を演じるのは『機動戦士ガンダム』の赤い彗星ことシャア・アズナブル役が有名な池田秀一さん!セリフにも注目です。また、『未来戦隊タイムレンジャー』でタイムイエロー・ドモンを演じた小泉朋英さん(現:和泉宗兵さん)も出演しています。巻之四十「オトリと忍の掟」ではシュリケンジャーの葛藤を、巻之四十一では巻之四以来の吼太と妹・鳴子の話を描いています。

24HOUR TELEVISION スペシャルドラマ2003 ふたり~私たちが選んだ道

(購入者の評価)
始発駅からホームに並んでいたのに、電車のドアの横は車椅子スペースで座れない!「ちぇ」と思わず舌打ち。
近頃増えてきたノンステップバス。通路を確保するため座席は少なめ。雛壇のような後部座席からやっと出口にたどり着く。「だれだ、こんなの入れたのは」と心の中でつぶやく。
都会の動く歩道をふさぐお年寄りたち。「すいません。通りますから」と言葉は丁寧だが、無理やり押しのけていく自分がいる。つい数ヶ月前、膝を痛めて「この動く歩道」に散々お世話になったのに。

「歩けなくなる」「一生、車椅子の世話になる」今まで考えたこともなかった。
車椅子を意のままに扱えるようになるのは容易ではない。ひとりでは、ちょっとした坂も登れない。介護する人(この場合は奥さん)の肉体的、精神的苦労は想像を絶する。むろん、社会復帰にはまわりの人の理解と協力も欠かせない。

ドラマのモデルとなった鎌形夫妻の表情はとても穏やかなものだった。この平穏な生活に至るまで、どれほどの困難とその克服があったのか。

ひとりでも多くの人に見てほしい作品。
「バリアフリー」の重要性を認識してもらうために。
自分が交通事故の加害者にも、被害者にもならないために。


忍風戦隊ハリケンジャー Vol.9

(購入者の評価)
「忍風戦隊ハリケンジャー」のDVD第九巻が登場です!!この巻には巻之三十三「マンモスと6人」?巻之三十六「リングと復讐」までの四話が収録されています。巻之三十三では新しいカラクリメカ「リボルバーマンモス」が登場します!とにかくデカいです。巻之三十四「キノコと100点」はウェンディーヌの活躍編になってます。ウェンディーの七変化もあります!この回には『激走戦隊カーレンジャー』でブルーレーサー・土門直樹役を演じた増島愛浩さんが橋本くん役で出演しています。さらに巻之三十五「キラリと三味線」には増島愛浩さんに続いて『激走戦隊カーレンジャー』からレッドレーサー・陣内恭介役を演じた岸祐二さんがカリスマ三味線プレイヤー・滑川数馬を演じています。この回から冒頭にアバンが挿入されるようになりました。巻之三十六ではバイクのアクションシーンが見所になってます!!

忍風戦隊ハリケンジャー Vol.8

(購入者の評価)
「忍風戦隊ハリケンジャー」のDVD第八巻が登場です!!この巻には巻之二十九「残暑とスタンプ」?巻之三十二「死神と最終奥義」までの四話が収録されています。巻之二十九ではリーダーに指名された吼太とそれに反発する鷹介がケンカをしてしまいチームワークがバラバラになってしまいます。一体どうなるのでしょうか?巻之三十「アイドルと友情」ではセンティピードを追い出されたフラビージョが突如七海とアイドルユニット・ビジョっ娘7を組みます!!普段のフラビーとは違うフラビーは見物です。ビジョっ娘7の歌う「しあわせSHAKING HANDS」はいくつかのCDに収録されていますのでそちらも合わせて楽しんでいただきたいです。巻之三十一「流星と三匹の狼」では一甲がマンマルバに死の宣告を受けて・・・。果たして一甲の運命は?なおこの話は巻之三十二、そして次巻(第九巻)収録の巻之三十三まで続きます。

おとなの夏休み DVD-BOX

おとなの夏休み DVD-BOX

連続テレビ小説 わかば 総集編

忍風戦隊ハリケンジャー Vol.11

(購入者の評価)
「忍風戦隊ハリケンジャー」のDVD第十一巻が登場です!!この巻には巻之四十二「鎧と怒りの矢」?巻之四十六「おせちと三巨人」までの五話が収録されています。巻之四十二には『五星戦隊ダイレンジャー』でシシレンジャー・天幻星大五を演じた能見達也さんが釣り人・浜田三平役で出演しています。巻之四十三「超合体と大激突」では天雷旋風神とリボルバーマンモスが合わさった最強形態が登場します!巻之四十四「御前様と凶扇獣」には『超力戦隊オーレンジャー』でオーレッド・星野吾郎を演じた宍戸勝さんが菊池丈役で出演してます。さらに御前様役の三輪ひとみさんも出演です!!さらにさらに巻之四十五「隠れ家と大掃除」には謎の坊主・烈堂役に『バトルフィーバーJ』でバトルケニア・曙四郎や『電子戦隊デンジマン』でデンジブルー・青梅大五郎を演じた大葉健二さんが出演しています。ただし作中ではなぜか『宇宙刑事ギャバン』でのギャバン・一条寺烈のポーズを・・・!?巻之四十六はお正月の話になってますのでハリケンたちの晴れ着姿を見ることができます!!

忍風戦隊ハリケンジャー Vol.12

(購入者の評価)
「忍風戦隊ハリケンジャー」のDVD最終第十二巻が登場です!!この巻には巻之四十七「封印と宇宙統一」?最終巻(五十一)「風と水と大地」までの五話が収録されています。さて、この巻収録の巻之四十七(正確にはもう少し前の回?)から怒涛のクライマックスへと話が進んでおります。巻之四十八「罠と永遠の命」ではハリケン・ゴウライ・シュリケンのニセモノが現れます!さて、巻之四十九「使命と天空忍者」ではとうとうシュリケンジャーが・・・!!続く巻之五十「暗黒と新世界」ではゴウライジャーの二人が・・・!?そしてついに始まってしまう「アレ」とは・・・?最終回の最終巻ではなんと暗黒七本槍の七人が勢ぞろいしたり首領のタウ・ザントが究極体になったりと大騒ぎ!果たしてハリケンジャーは宇宙の平和を守ることができるのだろうか?ハリケンジャーの最終決戦をご覧ください!!

おとなの夏休み Vol.3

24HOUR TELEVISION スペシャルドラマ2003 ふたり~私たちが選んだ道

おとなの夏休み Vol.4

おとなの夏休み Vol.2

>> つづきをみる

カドカワムック ザテレビジョンHOMME vol.3 (カドカワムック 272 月刊ザテレビジョン別冊)

(購入者の評価)
相変わらずDVDが豪華です。
収録されているのは

・加藤和樹
・中村優一
・五十嵐隼士
・斎藤工
・南圭介
・馬場徹
・鈴木裕樹
・相葉弘樹
・中河内雅貴
・柳浩太郎
・FTIsland
・姜暢雄×加藤慶祐
・桜田通
・上地雄輔
80分のボリュームです。



記事も三浦春馬、松山ケンイチ、佐藤健などなど…、いろいろな方が載ってます。
これで980円は安い!と思います。


彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV

(購入者の評価)
どちらの舞台も観ました!(「お気に召すまま」は2007年バージョンですが)「恋の骨折り損」では時にラップを混ぜながら、「お気に召すまま」では本物の羊が登場したりと意外性たっぷりでとても楽しい舞台でした。オールメール(全員男性)の舞台だからこそ、女性が演じると意地悪く見える部分がかわいく見えたり時に男の部分を出してみたりと面白さがいたるところにあります。特に女性役の役者の美しいこと!!仕草・表情はまさに女性です。特に「お気に召すまま」の成宮君は女性役でありながらその中で男の扮装をするという複雑な役ですが、困った顔や恋する顔などはとても美しい女性そのものでした!
シェイクスピアはセリフが詩的で膨大でありすべてを理解するのは難しいですが、それでもセリフの中には真理があるなと納得する部分もあります。喜劇ということもありシェイクスピアってと思う方でも充分楽しめると思います。
両方の舞台を観ていますし、やはり舞台は直に観る方がいいとは思いますがこの舞台は何度でも観たいと思っています。手元に届くのが待ち遠しいです!!


acteur(アクチュール) No.4 (2007 JANUARY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

ソルジャーズ―Heroic visual magazine (2003Winter) (バンブームック)

(購入者の評価)
表紙に嘘偽りなしのゴウライ対談は…さすが!と思わせてくれます。
やっぱり面白いです、この二人。
名場面集にインタビューなど、とにかくハリケンだらけの一冊。
ハリケンファンなら何が何でも絶対買い!の一冊です。
また、ハリVSガオの写真もたくさん掲載されていますので、
ガオファンの方も楽しめる内容となっております。(ガオ黄のインタビューもありますし)
それにちなんだ、Vシネマの特集もGOODです☆


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4