イ・ビョンホン

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
イ・ビョンホン おすすめDVD イ・ビョンホン おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
RAIN’S COMING 06/07 RAIN WORLD TOUR IN TOKYO

歌で学ぶ韓国語 -イ・ビョンホン「Tears」-

HERO 特別限定版(3枚組)

(購入者の評価)
ドラマのHEROは好きな番組だったので、映画版も気になっていたのですが、映画のロードショウも終わってしまったのでレンタルでもと思っていましたが、Amazonさんで特別限定版が標準仕様の物より安くなっていたときに驚いて思わずクリックしてしまいました。内容はドラマのテイストを生かしつつ、映画になりスケールアップした作りで楽しめました。また、松たか子と松本幸四郎との共演も見物です。特典映像も豊富でメイキングや田中要次のあるよ特集、また背景で流れる通販番組など盛りだくさんです。

美しき日々 DVD-BOX 1

(購入者の評価)
孤児院で育った姉妹(チェ・ジウが演じる優しい努力家の姉とイ・ジョンヒョンが演じる歌手になりたい夢をもつ妹)。
お互い信頼しつつ先に孤児院を出た姉と残った妹は再会の約束を交わすが、事故をきっかけに姉妹は生き別れてしまう。
歌手になりたい妹を探すため、姉は大学を休学しレコード会社で働きはじめる。そしてイ・ビョンホン扮するそこの御曹司と恋に落ちるのだが、御曹司には父の後妻が連れてきた弟がおり、この兄弟と姉妹4人の恋愛模様が過去の知られざる陰謀の中で展開する。

交通事故、兄弟・家族間の確執、出生の秘密、病気など、当時の韓国ドラマの王道のストーリー展開なのですが、構成は飽きないつくりになっており、ラストにかけては泣けます。
チェ・ジウ演じるヨンスはひたすらに一途な女性できれいです。
この4人だけでなく、ヨンスの女友達ナレもいい味だしています。
素晴らしい友達でいいやつだなあと思わせる場面が多々あります。


『美しき日々』が2001年3月?5月、『冬のソナタ』が2002年1月?3月、『天国の階段』が2003年12月?2004年2月とチェ・ジウ作品が放送され、その後日本にも紹介され人気を博したわけですが、どれもチェ・ジウが泣くシーンがとても多いですね。
うまいなあと思います。涙のシーンにすっかり引き込まれました。
http://www.kankokuryugaku.info/modules/weblog/


美しき日々 DVD-BOX 2

(購入者の評価)

あまりの面白さに口は半開き状態。
登場人物がたくさん出てきてそれぞれ良かったんだけど

感想が長くなるので
こちらでは主人公2人のことだけ触れます。

ミンチョル(イビョンホン)とヨンス(チェジウ)の二人の恋愛模様は
前半は
ミンチョルの思わせぶりな態度や、
クールな雰囲気にヨンスが振り回されてヒヤヒヤものでしたが
後半は恋愛以外の環境がゴタゴタして好き好きどころじゃなくて
むしろ二人は互いを思いやる気持ちが強くなっていきます

前半は恋の駆け引き、後半は愛だとか思いやりって感じでした。

ベタな展開っていえばそれまでなんだけど
そのぶん共感を覚えて、目がはなせなかったです。

苦しい試練が互いにふりかかり、愛情が試されてから(後半から)
二人は本気で愛し合っていくんだけど
そこからやっとミンチョルに温かい愛情が湧いてきたぽくて、
ヨンスの病を思いやる、彼の誠実な優しさに熱く涙しちゃってました。

やっぱりくっついたり離れたりの繰り返しっていう恋愛ドラマってのは王道だけど
ホントおもしろい。

私的には「冬ソナ」より面白かったです。

イビョンホンは目の演技がうまいですね。
顔はそんなに好きじゃないんだけど演じる姿はイイ男です。
チェジウは最初からハラハラとよく泣きますが、イヤじゃないです。
チェジウがふたりの男性に言い寄られて困っててもまったくイヤミがないですね。
可愛い。




甘い人生 完全版 DVD-BOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
1.ビョンホンのファンなら・・・えっ、まだ見てないんですか? 他の作品はさておいてでも『甘い人生』でしょ。
2.ビョンホンは好きじゃないけど、韓流にハマッている方なら・・・多分ラッキーと思うでしょうね。こんなカッコいい作品と役者と監督に出会えて。そして貴方は、この作品からビョンホンのファンになって、多分ドラマ『ハッピー・トゥゲザー』のDVD Boxを購入したりするんじゃないですかね。そうすると、特典映像の中のインタビューで、ビョンホン氏が次回の出演などについて希望を語っていて「テコンドーをやる役だったらやってみたいです」なんて軽ーく言ってるのを発見して、この『甘い人生』が自ら引き寄せた役だったことがわかりますよ。
3.韓国映画に興味はないが、フィルム・ノワールなら、という方へ・・・まぁ、騙されたと思ってご覧になってください。韓国でもっとも「黒」が似合う俳優が命張ってやってますから。


オールイン DVD-BOX 1

(購入者の評価)
【中央日報・韓国人意識調査】
最も嫌いな国
1位日本(55%)
2位北朝鮮(15%)
(中央日報2006年9月22日)

【読売新聞・韓国日報「日韓共同世論調査」】
日本に良い印象を持っている
17%
悪い印象を持っている
82%
(読売新聞2006年8月7日)

【台湾紙「遠見」の台湾人世論調査】
全4質問のうち「移民したい国」「立派だと思う国」「旅行したい国」で日本が1位
「留学したい国」で2位
(毎日新聞2006年6月30日)

日本の旧植民地という、立場はまったく同じなのに、この違いは何なんだろう?


オールイン DVD-BOX 2

(購入者の評価)
久々にハマッたドラマでした。韓国ドラマ=恋愛という偏見を打ち破ってくれる作品ですね。運命の重さとそれに抗う主人公の姿に、息を呑んで見入ってしまう。随所に味わい深いセリフがある。ただ惜しむらくは、ときどきスヨンとの恋愛エピソードが邪魔に感じるときがあった。ソン・ヘギョもは悪くはないのだが、、、脇役陣に比べてちょっと力不足かなぁ。でも★5つです!パート2を制作してほしいくらい。


Happy Together ハッピー・トゥギャザー プレミアムDVD-BOX

(購入者の評価)
たとえば貴方がビョンホンのファンなら、特典映像のインタビューを見ましょう。バラエティの司会者から「今後どのような役をやってみたいか」と質問されて、「テコンドーならやってみたい」と軽いノリで言ってしまったビョンホン氏。それが後の傑作『甘い人生』に結実するわけですね。あるいは貴方が『猟奇的な彼女』をおもしろいと感じていたなら、ほーら、ここにその原型、チョン・ジヒョンとチャ・テヒョンのカップルがあり、しかもテヒョン氏の板についた殴られっぷりがすでに準備されていたことにも気づくでしょう。あるいは『ピアノ』『雪だるま』のチョ・ジェヒョンと本作の彼を比べて、二枚目と三枚目のどちらがサマになっているかを判定するという、ややマイナーな鑑賞法もおすすめ。筋書きよし、音楽よし(ただし一部放映時と異なるのが残念!)、そして伏線てんこ盛りの本作を、まずはご賞味あれ。

素顔のイ・ビョンホンinオールイン プレミアムDVDーBOX

彼らだけの世界

(購入者の評価)
〜今や韓国を代表する俳優であるイ・ビョンホンには映画出演のオファーが後を絶たず、韓国内で準備中の多くの作品が持ち込まれるそうです。”彼らだけの世界”はまだ現在ほど売れていなくて、自由に出演作を選べる時期ではなかったと思います。組織の一員として闇の世界に生きる役柄ですが、恵まれた家庭の出身でありながらそこまで落ちて行った心の変遷がシナ〜〜リオには描かれていないのが残念です。しかし役になりきろうと努力し、茶髪、派手なシャツやジャケット、女性を殴るなど意外なものをこなしていますが、最も衝撃を受けたのは、部屋で、そして雨の中でのあまりに激しいベッドシーン、自分と同じ入れ墨を女性に入れる艶かしい場面です。英語のタイトルはKill the Loveです。〜

イ・ビョンホン コレクターズ DVD-BOX

(購入者の評価)
「BRAVE」では生い立ちや俳優になるきっかけなど人生をちょこっとだけ知ることができました。「HUMAN」では普段のビョンホンssiが見れます。ずっと見ていたいDVDです

『美しき日々』ビジュアル オリジナル サウンドトラックDVD

(購入者の評価)
【中央日報・韓国人意識調査】
最も嫌いな国
1位日本(55%)
2位北朝鮮(15%)
(中央日報2006年9月22日)

【読売新聞・韓国日報「日韓共同世論調査」】
日本に良い印象を持っている
17%
悪い印象を持っている
82%
(読売新聞2006年8月7日)

【台湾紙「遠見」の台湾人世論調査】
全4質問のうち「移民したい国」「立派だと思う国」「旅行したい国」で日本が1位
「留学したい国」で2位
(毎日新聞2006年6月30日)

日本の旧植民地という、立場はまったく同じなのに、この違いは何なんだろう?


JSA

(購入者の評価)
最初に一番衝撃を受けた韓国映画です。
何よりイ・ビョンホンの悲哀に満ちた眼が、素晴らしい。四天王の一人とは知らず、彼の名前さえ知らずに観ましたが「この人、すごい!」と思いました。北の兵士役のソン・ガンホも、感情を抑制した姿が素晴らしいです。
ややステレオタイプに描かれがちだった「北」の人々を、個性ある存在として描いた作品です。韓国に都合がいいだけでない、「北」に誇りを持っている生々しい存在としての北の兵士が描かれています。
ストーリーも重層的で、何が起こったのかを考えさせてくれる展開が興味を引きます。

後日この映画と同じようなことが実際に起こり関わった兵士が処分されたというニュースを聞き、あらためて様々なことを考えさせられました。


チェ・ジウの恋人 Part- 1 DVD (映画・ドラマ名場面集 美しき日々 天国の階段 連理の枝)

美しい彼女 DVD-BOX

(購入者の評価)
10年ほど前のビョンホンシの美しいお姿を見られるだけでも大満足。一目で恋に落ちる時の潤んだ瞳。初恋が叶うまでのいじらしいほど純粋な眼差し。心を通わせた喜びも束の間、次々と悲劇が待ち受ける。毎回知らぬ間に涙が頬を伝うけれど、心底悲しくないのは、愛しあう二人の純粋な思いが心を暖めてくれるのと、健気な可愛い双子の演技の素晴らしさ。ビョンホンシ!早くこんな素敵な家庭を築いて欲しいなと、思ってしまう。シム・ウナシとの新婚家庭はこちらが赤面してしまう程、初々しく画面の前で、にやけてしまいます。まだ未見の方、是非ご覧になってください。OSTも心に沁みます。

夏物語 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
独裁政権下にあった1969年当時の韓国が舞台。ソウルの大学に通うお坊ちゃんのソギョン(イ・ビョンホンさん)は夏休みにボランティアとして農作業を手伝うために田舎に滞在するが、そこで出会った地元娘のジョンイン(スエさん)と恋仲になる。2人でソウルへ行くことにするが、彼女の背負った暗い過去が2人の仲を引き裂こうとする。

全編を通して重苦しい内容という訳ではなく、前半はソギョンがジョンインの気を引こうとするお茶目な行為などに頬が緩む所がいくつもあり、楽しく観ることが出来ます。特に、ぴちぴちのパンツとTシャツを着て、髪を七三分けにしたイ・ビョンホンさんは、あまりに当時の大学生の雰囲気がよく出ているため、その姿を見ているだけで笑いが込上げます。やんちゃ坊主のように歯を見せて笑う表情なども若々しいです。スエさんは、「ファミリー」に出ていた時よりもグンと大人っぽい魅力が出てきたように感じました(農村の娘役にしてはちょっと垢抜けしすぎた印象はありましたが)。

後半に入って、ジョンインの過去が明らかになってくる当りから、急に重苦しい雰囲気が漂ってきます。この時代を扱う韓国映画に必ずと言っていい程に登場する警察での取調べシーンは、恋愛映画には似つかわしくないような乱暴さがあり、一気に気分が滅入りました。結末が近づくにつれて「2人を一緒にしてあげて下さい」と半ば祈るような気持ちで観ていました…。ソギョンの一途な想いに涙する純愛映画の部類に入る作品だとは思いますが、あの時代の政治情勢を反映して、重苦しい余韻が残る作品に仕上がっています。


誰にでも秘密がある デラックス・バージョン

(購入者の評価)
プレイボーイ?と三人姉妹…年の差はよく判らないが、何故三女(ミヨン)以外にまで手を出すのか、なんて軽い奴?いや、愛する気持ちを持たせることが目的だからいいのか…(笑)
文学に精通し喜怒哀楽の正直な次女(ソニョン)が一番素敵だったし、配役もチェ・ジウならでは。抜擢だったと思う。
コメディタッチと表現されているけれど。
イ・ビョンホンとチェ・ジウが見れるだけで幸せになれた映画かな。
ラストのソニョンの隣で眼鏡をかけた男性(舞台監督?)
とどうして仲良くなったのか。
できれば「秘密」は心のなかでしまっておきましょうか…それが幸せであるならば。


「オールイン 運命の愛」 ビジュアル・オリジナル・サウンドトラックDVD

(購入者の評価)
音楽を聴いてハイライトシーンを観ているとビョンホンシの素敵な
姿が思い出されてまたこのドラマが観たくなりました。
ビョンホンファンなら不可欠な商品でしょう。

ただスヨンのテーマの時に極端に画像が汚く、白い細い線が何度も
入り見辛いです。何故この部分だけ?という感じです。
まるで付け足したみたいで・・・・


イ・ビョンホン スペシャルドラマDVD-BOX (初回生産限定)

(購入者の評価)
特に韓国ドラマを観た事が無い!なんてご年配の方に。
日本のドラマでも、似たようなドラマがあった様にも思いますが、やはりイ・ビョンホンと主演女優の演技がうまい!こまかい!愛あるこまかさだ!
おじいちゃん、おばあちゃんでも納得の1作だと思います。
冬景色の中、孤独なもの同士が労わり合うと、春景色の中よりも人の温さを感じられる…。


>> つづきをみる

HOT CHILI PAPER Vol.48(DVD付)

韓国ドラマ通信 2008 Summer (SOFTBANK MOOK)

HOT CHILI PAPER PLUS8[韓国王子伝説?The Legend of Korean Princes]

(購入者の評価)
表紙のヒョンビン君、白のスーツに赤いバラ、もうこってこての王子ポーズで
頑張ってくれていました。
この撮影の為にひげを潔く剃ったという話です。
きれいなものはやっぱりきれい。
美しい王子様達に拍手です?


HOT CHILI PAPER PLUS6 イ・ビョンホンの時代 (HOT CHILI PAPER PLUS)

(購入者の評価)
42000人を集めたビョンホンシ「あなたに あえて よかった」この言葉に大感激!細かいところまで詳しく書いてあり十分満足した本です。さすが「HOT CHILIPAPER」

パリイ月と日 special edition イ・ビョンホン最新写真集―a monochromeman in a monochromecity

(購入者の評価)
 巻末の日記風撮影エピソードを読んで、たった3日間で撮影しちゃっていたんだ、とちょっとがっかりしました。彼が体調不良なのに頑張った、というのも、ここに書かなくてもよいのにと思いました。たとえば、撮影場所の記録だけの方が写真集としてよかったのにと、残念です。

イビョンホンの秘密―美しきほほえみ

(購入者の評価)
ファンならば、読むべし!と言う感じの興味深い内容でした。まさに、
知られざるイ・ビョンホンの姿が見えた気がして、良かった。韓流ブームと注目されてるけど、なるほど日本の俳優とは違う魅力があると納得です。ドラマや映画のエピソード、元彼女の話・・・など、面白かったです。


イ・ビョンホン〜韓国ドラマ『オール・イン』公式写真集

(購入者の評価)
 あのキム・イナが帰ってきました。大好きだったあの悩める表情はどれも素敵、個人的には笑顔の写真が少なかった所が良かったです。オールインでイ・ビョンホンにハマッた人にはたまらない一冊になると思います。
 ただ欲を言えば、番組後半で披露してくれた数々のスーツ姿の写真があるともっと良かったのになぁ〜と思います。


HOT CHILI PAPER vol.28

(購入者の評価)
イ・ビョンホンさんの特集が組まれていて、ポスターもついています。
「甘い人生」や「美しい夜、残酷な朝」「オールイン」を取り上げています。ぜひ、保存版にしたいです!


韓国プラチナMagazine (Vol.4)

「韓流スターの時代3」美しき日々~イ・ビョンホン/リュ・シウォン (HOT CHILI PAPER PLUS)

(購入者の評価)
今まで、何冊ものビョンホン関連の雑誌をみましたが、これほど詳しく、生い立ちから今までの経歴がでてるのはなかったです。本当のビョンホン完全版ですね。
JSAの共演者のソン ガンホさんとの対談も良かったです。私は(美しき日々)のビョンホンが好きなので、2001年の写真が多く、室長ヘアーがたまらないです。
ビョンホンファンなら絶対損はしないと思います。


イ・ビョンホン写真集「Limited」

(購入者の評価)
私は「美しき日々」のミンチョルが大好きなので、
それ以外のビョンホンには期待していなかったのですが・・・。
やられました!!
かっこい〜、ためいき〜、美しい〜。
うそ〜、この世の中にこんなにかっこいい人がいるなんて?!
ってかんじです。


「韓流スターの時代3」美しき日々~イ・ビョンホン/リュ・シウォン (HOT CHILI PAPER PLUS)

(購入者の評価)
今まで、何冊ものビョンホン関連の雑誌をみましたが、これほど詳しく、生い立ちから今までの経歴がでてるのはなかったです。本当のビョンホン完全版ですね。
JSAの共演者のソン ガンホさんとの対談も良かったです。私は(美しき日々)のビョンホンが好きなので、2001年の写真が多く、室長ヘアーがたまらないです。
ビョンホンファンなら絶対損はしないと思います。


韓国プラチナMagazine (Vol.4)

決定版 ! 韓流純愛TVドラマガイド 2008年 08月号 [雑誌]

韓国プラチナMagazine Vol.6 (AC MOOK)

イ・ビョンホン写真集「LBH MEETS LBH」ALL ABOUT LEE BYUNG HUN

(購入者の評価)
こんなに思い写真集だったとは・・・
見れば見るほどいい写真集です。
さすが、ビョンホンって感じです。
前回の写真集よりページ数が多いので見ごたえあり。


GQ JAPAN 2007年 05月号 [雑誌]

KOREA act. (コリアアクト)Vol.01 (ワニムックシリーズ 77)

(購入者の評価)
◆送料の都合で何気なく選んだ一冊ですが、値段に妥当な出来具合だと思います
◆イ・ビョンホンの巨大アップ写真が多いし、キレイな写真だなという感じでそれなりに満足しています
◆オマケについては、あんまり期待しなくてもいいと思います
◆雑誌だと思えば、高価な感じですが写真集だと思えば、案外安いお買い物かもしれませんね


イ・ビョンホン?あなたに逢えてよかった?

(購入者の評価)
如何にイ・ビョンホンに励まされ、慰められている方々が多いと言う事が、この本を読んで感動しました。年齢に関係なくイ・ビョンホン ワールドの世界がある事を私だけではなく、日本国中の方々がイ・ビョンホンさんを心から純粋に支援して方々のご努力はすばらしいとおもいます。また、この本の収益は全てユニセフに寄付されると言う事を聞くにいたってイ・ビョンホンさんを心から支援する方々に感動致しました。
私もファンの一人として出来る限り支援していきたいと思います。
 世界に羽ばたくイ・ビョンホンさんにエールを送りましょう。


韓流ファン vol.2 (COSMIC MOOK)(大型本) (COSMIC MOOK)

(購入者の評価)
2話まで見て若干わかりにくかったのですが、前半部分の解説を読んで、人物関係具合がよくわかった。ドラマの展開がますます楽しみになった。後半?結末までも詳しく書いてあるみたいですが、もったいないので見終わったものからじりじり読んでいく予定です。おすすめ。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4