緒形拳

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
緒形拳 おすすめDVD 緒形拳 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ライラの冒険 黄金の羅針盤 コレクターズ・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
 見終わってまず感じたのは、意外とよかった!
皆さんの評価が厳しく低いことに驚くぐらい。
 評価が厳しい方のほとんどが原作を読まれているのかしら…
ある事情から本を持つということが困難な私は
常に映像を楽しんでいるせいか、原作の持つ幅の広さ奥深さ
その魅力を知らないままに見ているのこともあって、
映像で十分楽しめる!でした。
 生意気で勝ち気、扱いづらいという印象の主人公の少女が
見終わるころには勇気があり、心優しく賢い少女!と
私の中で見事に変ぼうを遂げた、そんな感じ。
続編が楽しみ。



ライラの冒険 黄金の羅針盤 (Blu-ray Disc)

(購入者の評価)
故河合隼雄先生はファンタジーについて次のように書いている。「ファンタジーというと、すぐに空想への逃避という言葉を連想し、それに低い評価を与えようとする人がいるが、ファンタジーというのは、そんなに生やさしいものではない。それは逃避どころか、現実への挑戦を意味することさえある。」

 この「ライラの冒険」というファンタジーはまさに、我々の現実に挑戦する。大袈裟に言ってしまえば、この物語は、現代の深層で起こりつつあることを如実に映し出している。それは、使い古され凝り固まった教義・ルールにしがみつく人たちと真実を追い求める人々の戦いである。個人レベルで考えれば、現状にしがみつき変わろうとしない自分と自分の本質的な部分がそれに対して目覚めを促す戦いである。

 もちろん、キリスト教文明圏内ではない日本にいる人にとって、この物語はわかりにくいかもしれないけれど、象徴的に観るならば了解できる部分も増えてくると思う。教権を人々をしばりつけるという意味での教会や魂・自分の本質的な部分(ダイモン)の成長を阻害する社会としてみたり、ジプシャンを自然とつながる知恵の体現者であるネイティブアメリカンやアイヌの人たちとしてみたりすることで、物語の深い意味が伝わってくると思う。

 教権に鎧を奪われて、酔っ払って自暴自棄の白クマを戦後以来、抑圧されて歪められた日本人の暴力性と見ることだって出来るだろう。昨今の凶悪な犯罪を考えるまでもなく、日本人は戦後以来、見ないようにしてきた暴力というか「力」をこれ以上、抑圧し続けることは出来ない。日本人は「力」というとすぐに暴力に結び付けてしまうが、この映画が象徴的に映し出しているように、戦争を起こすためだけではなく、平和に辿り着くためにも「力」が必要なのだ。日本人はそろそろ、ライラのように酔っ払った白クマ(歪められた力=暴力)に勇気を持って向かい合い、本来の白クマ(真の平和のための力)を解き放ち、力強き大人への成長へと歩みを進めなければならない。

 ここには書ききれないけれども、他にもこの映画から学ぶことは多い。僕は原作を読んでないので何とも言えないけれど、続編にも今作品ほどの深みを期待している。


砂の器 デジタルリマスター 2005

天翔る 龍の如く~謙信、そしてGacktへ~

(購入者の評価)
Gacktさん=stoickな方という理解は間違ってはいないものの、本質的ではないのかなと、このDVDをみて改めて思いました。何も知らない人からみたら、Gacktさんはただ単に禁欲的であり、また完璧主義者であるように思われるかも知れませんが、全ては信念があってのこと。「多くの人の背中を押す」為に行われること。
このDVDでは、大河ドラマ出演をきっかけに、Gacktさんの信念がさらに強く確かなものとなったということをGacktさん自身の言葉で聴くことができます。


武士の一分

(購入者の評価)
キムタクファンと言うわけでも無いのになぜか思い立って劇場に
足を運び、DVDまで購入してしまいました。
内容としては壮大でもなく巻き起こる感動の嵐があるわけでもありません。
ただ素直で、夢を持って生きている男と、それを支える実直な妻に
起こる不運な災いと顛末を描いています。
めったやたらにオーケストラ音楽で場を盛り上げるような過剰な演出も
無く(音楽が挿入されているシーン自体かなり少ないような)、全てが
ささやか、慎ましやかに描かれていきます。

今の日本には涙を流す、泣ける=感動という図式が成り立っている気が
しますが、自分はこの映画、泣けませんでした。何より作り手が露骨な
お涙頂戴映画に仕立てていないのだと思います。しかし、確かに
じんわりと、心の隅に寄り添うような感動がありました。
キムタク起用に関しては賛否両論あるようですが最近良く見る演技も
おぼつかない素人然の若手俳優の起用も無く安心して観られます。
不満としては家周りのセット?の造りが今ひとつ良く無かった事、DVD化に
あたっては邦画としては確かに値段は安めながら特典映像等付加要素に
乏しく、また、パッケージがなんとも安っぽいです。


プラネットアース DVD-BOX 1 episode 1?episode 4

(購入者の評価)
素晴らしいドキュメンターリーです
特撮も色あせる迫力映像
畳み掛けめまぐるしく移りゆく場所時視点
アッテンボローの静かで迫力あるナレーション
$67は全く安い買い物です

日本版はこれを翻訳すればいいだけなのに余計な事をしまくってる
NHK社員は学歴高いのに、なんでやる事が頭悪いんだろう?


魔界転生

(購入者の評価)
妖艶な魅力を持つ佳那晃子演じるガラシャ夫人。彼女の往事のフェロモン分泌量はすごい。あの魅力は、はっきり言ってどのような男も虜になるはず。下手なアダルトよりも興奮すること間違いなし。JJサニー千葉(監督名 和千倉倫道)も柳生十兵衛役がはまり、すでに役者が実物を超えた好例と言えよう。

プラネットアース dvd box 2 episode 5~episode 7

(購入者の評価)
地球に生まれてよかったと思わせてくれる作品です。
特にユキヒョウの狩りの様子の映像は見ものです。
映画『雪豹』も併せてみるとよいと思うので、そのDVD化も望みます。
ただ価格が少々高いのが難点ですが、映像が奇麗で買って損はないです。


瑠璃の島 DVD-BOX

(購入者の評価)
 本作品は、成海璃子が12歳という若さで主演を勤めた作品です。まだ12歳という若さなのに難しい役柄を見事に演じ切って、正に成海璃子の「出世作」といえるドラマです。
 
本作品には成海璃子のほかに、緒方拳、倍賞美津子、平泉成、岸部一徳などのベテラン俳優のほかに、竹之内豊、小西真奈美、小日向文也などそうそうたるキャスト陣です。しかし、そんな豪華キャスト陣の中でも成海璃子は一番光っていました。きっと、というか必ず今後日本を代表する女優のひとりになると思います。

 ドラマは満点に近い内容だったと思います。特に第1話の竹之内豊の「君がいなかったら、僕はここにいないよ」というセリフ、石垣から来た子供たちを見送るときの「またメンソ―レやー」はよかったです。それ以外の話もどれもいい話でした。このドラマの放送の後の全部のドラマを見てもこのドラマを超えるものはそんなにないような気がします。だから、星は5つでもよかったですが、沖縄を舞台にしたドラマなのだからもう少し方言色を出して欲しい気がしたので星は4つにしました。

 成海璃子のほかの作品、「きみにしか聞こえない」や「神童」等が好きでまだ見たことがないという人は、絶対に見るべきドラマです。教育関係の人や、家族全員で見てみてもいいドラマだと思います。


瑠璃の島 スペシャル2007 ~初恋~

(購入者の評価)
 タイトルを見て勘違いをされても困るので、最初に書いておきますが、「続編は無理だろう」と言うのはいい意味で「続編は無理だろう」ということです。

 連続ドラマのほうも良かったし、スペシャルもとても良かったので、無理に続編を作る必要はない、というのがまず理由のひとつです。続編を無理に作ると前作のイメージが崩れる可能性もあるし、大体、設定上(島の中学生の役で、続編を作るなら高校生にしないといけないから)成海璃子が同じ役をやるというのは無理でしょう。できなくはないんでしょうが、やはりやって欲しくないです。

 連続ドラマを見て気に入った人は是非見て欲しいです。今回のスペシャルも気に入っていただけること間違い無しです。また、まだどちらも見たことがない人は、どちらからでもいいので1回見てみてください。そうすると絶対に気に入っていただけると思います。


瑠璃の島 スペシャル2007 ~初恋~

(購入者の評価)
 タイトルを見て勘違いをされても困るので、最初に書いておきますが、「続編は無理だろう」と言うのはいい意味で「続編は無理だろう」ということです。

 連続ドラマのほうも良かったし、スペシャルもとても良かったので、無理に続編を作る必要はない、というのがまず理由のひとつです。続編を無理に作ると前作のイメージが崩れる可能性もあるし、大体、設定上(島の中学生の役で、続編を作るなら高校生にしないといけないから)成海璃子が同じ役をやるというのは無理でしょう。できなくはないんでしょうが、やはりやって欲しくないです。

 連続ドラマを見て気に入った人は是非見て欲しいです。今回のスペシャルも気に入っていただけること間違い無しです。また、まだどちらも見たことがない人は、どちらからでもいいので1回見てみてください。そうすると絶対に気に入っていただけると思います。


タイムリミット

(購入者の評価)
題名見た時は、内容が思い出せませんでしたが、竹野内さんが出てきた所で、「あ?これ見た事ある!」と思い出しました。話の内容を全部知ってても、見ているうちにグイグイ引きこまれ
今では永久保存版です。それにしても、キャストが豪華ですよね。拳さんシブイし、クールじゃない竹野内さんも素敵です。


座頭市(デジタルリマスター版)

(購入者の評価)
「16年ぶりに劇場用映画として復活した」市は、ずいぶん善人になってしまったような……。
16年以上前のしたたかな悪(ワル)の市の方が、私には感情移入しやすい。
昔を知らないファンに、これが「座頭市」の強さだ!と知らしめるには十分な勝新の迫力ではある。
これを観て、勝新の市に惹かれた方は、ぜひ昔の作品も観てほしい。


陽暉楼

(購入者の評価)
五社英雄監督の「高知女衒モノ」。宮尾登美子原作映画化中で最も完成度が高い。立体的な人物造形と明晰に構成された脚本。五社監督の演出は、やり過ぎるとどんどん空回りして、「大旗振り回しすぎ」に陥ることもあるのだが、ケレンをツボを抑えたポイントに留め、バランスのとれた本作は秀逸。池上季美子がとても綺麗で、抑えた演技で重厚な表現を結実した緒形拳の芝居がとてもいい。なんだか、泣けます。

長い散歩 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
奥田瑛二の最高傑作で日本映画の名作です
とにかく素晴らしい 緒形拳の演技も最高です
ラストもメチャメチャ感動しました これを見てまず最悪とか言う人は居ないと思います
この映画は人生とは何かを教えてくれる見事な人生賛歌になっています
辛くなった時なんかに是非見てみてください 僕ももう何十年後かにもう一度見たい映画です


GONIN コンプリートボックス

(購入者の評価)
 この「GONIN」と「GONIN2」の2本で石井隆監督作品としては集大成という気がする。邦画のほとんどが、不自然に画面が明るすぎたり、逆に陰影を無理につけようとして暗くて人物がわかりにくくなってしまうようなことが多いが、石井隆監督は陰影の深い独特の映像美でありながら独りよがりな演出に陥ることなく、映像作家として優れた才能を感じさせる。もちろんバイオレンスやエロチックな描写も魅力的で、石井隆はこの作品で頂点に達した感がある。
 さらに2本とも出演者が豪華で、「GONIN」では当時、もっとも魅力的な男性キャストたちが見事なアンサンブルをかもし出しており、特に本木雅弘と根津甚八が最高の存在感を魅せている。「GONIN2」も豪華な女優陣だが、余貴美子、夏川結衣の存在感に比べ、大竹しのぶと喜多嶋舞の熱演が少し違和感があったのと、西山由美の存在感が希薄だったように主役5人の描き方にややムラがあったのが残念。そんな中で2本とも脇役ながら個性的な演技で強烈な印象を残した鶴見唇吾が異才を放っていた。


八甲田山 完全版

(購入者の評価)
大抵の映画は原作を超えられないが、この作品は美談的に仕上げるための脚色があるもののわざとらしさや臭さがまったくなく、ある意味原作を超えたのではと思える。

武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付)

(購入者の評価)
 まず、主役は木村拓哉だが彼は俳優ではない。だが主役を自然に演じていた事は評価できる。方言も全編を通して自然に話していたし、剣道をやっていただけあって殺陣もよかった。彼の演技に対する批判の原因である「キムタク語」も、時代劇なのでもちろんないのでその点では安心して見られる。盲目になってからも、明らかに演技をしているというわざとらしい演技ではなく、自然体でキムタクを主張する事なく落ち着いた演技をしている。だが、さすがは木村拓哉というか存在感はある。檀れいは初めてにしては頑張ったと思うし、笹野高史はさすが名脇役という演技、桃井かおりの存在感もさすがと共演者も素晴らしい。
 「華麗なる一族」も原作が好きなので全話見たが、見て感じたことは、彼のイメージに関係なく演技させようと製作陣が思えば、彼はそれに応えるだけの力量を持っているのではないかと感じた。それまでイメージ通りに演じさせ過ぎた結果、批判に繋がってしまったと思われる。
 そしてこの作品は、時代劇としては異例の興行成績を記録した。その事に関して、興行目的のために木村拓哉を起用したと主張する人もいるが、主役を演じられるだけの力量があると判断しての起用だと思う。俳優を本業としていない割には、この作品の主役を見事に演じて見せたと思う。これまでに確立された「キムタク」のイメージを引きずり、その彼が主役を演じている作品だからと偏見を持って見られていることが非常に残念である。


おろしや国酔夢譚 特別版

(購入者の評価)

 映画を観た感想ですが、かなり原作を端折ってます。もっともそうでもしないと収まらなかったんでしょうが。
 映画を見た後に、ぜひ原作を読んでみてください。ものすごく情景が心に浮かぶこと間違いナシです。
 個人的には行ったことのある、ペテルブルグ(現サンクトペテルブルグ)のエルミタージュ美術館が画面の中ででも見られてうれしかったです。


将軍家光の乱心 激突

(購入者の評価)
 日本のアクション映画で好きなものを、と言われたら、これを選びます。将軍家光が、自分の子である竹千代を暗殺しようとし、その企みを阻止せんとする7人の浪人の物語。
 緒方拳や千葉真一をはじめ、そうそうたる俳優が多数出演しています。全編、アクションシーンの連続です。ラストの緒方拳と千葉真一のチャンバラシーンは、ただただ、かっこいいです。

 話としては、よくある話だと思います。日本人が好きな話だと思います。身を挺して何かを守る生き様に惹かれる人は、気に入ると思います。


>> つづきをみる

破獄 (新潮文庫)

(購入者の評価)
個人的には吉村先生のドライで長大な本作よりMONSTERSの簡潔でウェットな白鳥への叙述に心惹かれるのですが・・

こんな男が居たということ、人間の恐るべき可能性を信じることができると思います・

教養もない小男が、世間を心胆寒からしめるその脱獄とは!?

長旅で一人になったときなどぴったりの一冊だと思います


Gackt 龍の化身

(購入者の評価)
写真は普通な感じで、特別Gacktの魅力を引き出しているとは思えなかった。
万人受けする写真?少なくとも私が思うGacktの魅力をこの写真集から感じる事は出来なかった。


地球徒歩トボ―「プラネットアース」で見た絶景

恋慕渇仰(れんぼかつごう)

緒形拳を追いかけて

(購入者の評価)
 知りたくてもなかなか知れない部分の、俳優そして人間緒形拳さんの人と成りが、作者の目を通して良く伝わってくる。又、巻末の作品一覧も非常に詳細にまとめられており、まだ見ていなかった作品や記憶の奥底にあったが思い出せなかった作品などを、つぶさに知ることが出来る。作者の緒形さんへの熱い思いに、少々ヤキモチすら感じる一冊。

臍下丹田―緒形拳作品集

(購入者の評価)
欲しくて欲しくてたまらないのに、入手不可能でまだ観れてません。
だれか持ってる方、私に見せていただけないでしょうか?


地球を歩く

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4