小栗旬

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
小栗旬 おすすめDVD 小栗旬 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
The World of GOLDEN EGGS ""SEASON 1"" DVD-BOX

(購入者の評価)
合いませんでした。 所々クスッという程度で、それも非常に少ないです。 ただ、これを見せたら笑い転げてた友人がいましたので、 合うか合わないかだと思います。 過度な期待はしない方がいいです。

花より男子ファイナル公開記念 ビンボー牧野家が行く香港マカオ豪華旅行!!

世界ウルルン滞在記Vol.1 小栗旬

(購入者の評価)
 過酷な自然の中に一人で飛び込んだ少年のような青年は、その厳しさに素直にへこたれて、その恵みに素直に喜びの声を上げていた。
 カメラが回ってることもかまわず、素っ裸でサウナにはいったり、顔じゅうを凍らせながら、魚をつったりもしていた。
 確かに都会人なのだろうけど、伸びやかな感性とおおらかな大陸的な性格を感じさせた。
 あの、青年が小栗旬だったことをついこの間のTV放映で知った。
 昨年、大ブレークしてたのにそれでもあの青年とは全く気がつかなかった。大人になってしまった彼からは、あのころの少年っぽさは時々しかうかがえないだろう。
 あの時の彼にまた会えるなんて、ただただ、うれしくなった。


花より男子2 (リターンズ)

(購入者の評価)
本当に面白かったです。何回も見たほどです。
でも原作を読んでみたらドラマに物足りなさを感じてしまいました。
自分のように感じた人はいませんか?


花より男子DVD-BOX

(購入者の評価)
原作も、ドラマの1も、リターンも見たことなくて、リターンの再放送をみて、妙にはまってしまいました。レンタルで1も借りて再度見ても、なおいつも見ていたいと思ってボックスを買いましたあああ! 原作を知らないが為、原作とのギャップも感じることなくすんなり、道明寺に惚れました! 牧野を見つめる道明寺のあのやさしさ溢れた瞳が、大好きです。
F4と牧野・・ 最高です!!!


クローズZERO プレミアム・エディション

(購入者の評価)
小栗旬が超カッコ良かった!喧嘩がリアルだしとても面白かった。ヤンキー系の映画では一番好き。とにかく男らしくてカッコいい!!

情熱大陸×小栗 旬 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
 小栗旬が、「実力を伸ばしている若手俳優」から「カリギュラ」に変貌するまでの200日間を追ったドキュメンタリー、MBS「情熱大陸」のなかでも良作です。

 彼にとって人生のなかでもっとも忙しかったであろう時期に、役者として一枚大きくなる姿が丁寧に映し出されています。また、蜷川幸雄の「バイプレイヤー(?)」としての役割、そしてその描写は素晴らしいですね。

 私にとって「情熱大陸」がますます欠かせない番組のひとつとなりました。


湾岸ミッドナイト 11

クローズZERO スタンダード・エディション

(購入者の評価)
俺も黒木メイサの曲は要らんと思います。
てか…最近の邦画で多くないですか?こういう途中にミュージカル風に流れの調整?させるっつーか。
もちろん全否定ではないです。ただ・個人的にこの映画には無い方が良かったんじゃないかと思います。
原作の雰囲気も充分だし…プラマイ0って事で★3です。


キサラギ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
いろんなとこでベタ褒めされているのでけっこう期待しながら見始めたのですが…。
回想とか想像のシーンを除けば、最初から最後までずっとひとつの部屋の中だけという徹底したワンシチュエーションの物語。
ともすればじきに飽きちゃいそうな設定なのに、アイドルの死の謎が徐々に解き明かされていくストーリー展開は退屈せずけっこう楽しめました。
が、やたら舞台っぽい大袈裟でケレンたっぷりの演技が私はどうも好きになれず、
途中からはつい「あ?、早く終わってくんないかなあ…」なんて願いながら見てしまいました。


カリギュラ

(購入者の評価)
3時間にもおよぶ大作。
初めは,言葉が難しく,「うむ」という感じでした。
でも,話が進むにつれ,作品の中に引き込まれている私がいました。

最愛の妹の死から来る絶望感。
それをうまく受け入れられないカリギュラ。
自然の偉大さと,人間の限界。
その限界線を,権力でなんとかしようとするカリギュラに
振り回される周りの貴族達。
カリギュラと貴族達のやりとりの中から,
人間の愚かさ,弱さを感じ,
それを自分に重ね合わせてしまいました。
カリギュラは,暴君だけど,
きっと,とてもピュアで,不器用。

自分では,どうすることもできない現実,やるせない思いを,
小栗さんは,表現されたかったんでしょうか。
いや,もっともっと,深いものがあるんでしょうね。

これから,何度もDVDを観て,感じようと思います。
生で,観て,感じたかったなぁ。



花より男子2(リターンズ)番外編 牧野家はじめての家族旅行 珍道中 in N.Y.

(購入者の評価)
TVで放送された番組の編集版で、特典映像もないです。特に教会でゴスペルを歌ったところはカットされています。少し残念です。

貧乏男子

(購入者の評価)
「貧乏男子」はリアルタイムで観ていました。
もちろん、「小栗旬主演」という話題性もあったのと、
ファンになった「小栗旬」をみてみたかったというのが
ありました。
実際みてみて、ここまでやるか「小栗旬」!
って感じで、今までと全く違うキャラクターに
挑戦した小栗旬さんに思わず拍手を送ってしまい
ました。くるくる変わる表情も楽しくみていました。
それを支える八島さん、山田優さん、ユースケ・サンタ
マリアさん、三浦春馬さん、上地雄輔さん、音尾琢真さ
んなど個性的な共演者のみなさんの演技も面白かったで
す。
ストーリー的には、こんなに安易でいいのかと思ってし
まったところもありましたが、それぞれの節目に訴える
テーマがあったように思います。
DVDをみて、笑いつつ、ほろりとくるドラマをまた
楽しみたいです。

楽しい現場だったことがうかがえるこのドラマ、特典
映像もきっと楽しいものだと思います。


The World of GOLDEN EGGS ""SEASON 1"" Vol.2

The World of GOLDEN EGGS "SEASON 2" Vol.03

(購入者の評価)
DVD観賞後の私見。
ブラの話、吾輩は猫なりぃの話はかなりおもしろかったです。
特にブラの話は爆笑しました。
他の話はたいしたことはなかったのですが、オープニングテーマが、
シーズン1より少し短くなっているところが見づらくなくて良いです。



The World of GOLDEN EGGS ""SEASON 1"" Vol.1

花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~ DVD-BOX(後編)

(購入者の評価)
SPは描ききれなかった7話と8話の間を描くそうです。放送までこの後編を見て、そのSPと話を連結したいと思います。まだまだイケパラ旋風はやみません。

花ざかりの君たちへ ?イケメン♂パラダイス? DVD-BOX(前編)

(購入者の評価)
これは賛否両論あるドラマだと思っています。

近年放送された少女漫画原作ドラマ、山田太郎や有閑やハチクロはサブタイ付けずして改悪してしまい、多くの視聴者に受け入れてもらうことができませんでした。
“イケメンパラダイス”←この副題に嫌悪感を抱いてはいけません。原作とは違って、別ドラマとして意味があるものだから。
台湾版でも一応、副題はあります。“花様少年少女”というふうに。
日本版はドラマ版電車男の脚本家が書いているために、ドタバタ・コメディ色が出てて、まさにそれはおバカドラマ。ある意味、個性的なサブタイにピッタリで、昔の「月曜ドラマランド」とかを思い出します。たまには頭からっぽにして見れる娯楽ドラマも必要だと思います。
あと、腐女子が読むBL漫画原作を簡単に実写できるとは思いません。それと原作通りのドラマなんて普通はないです。
の○めくらい。原作をどう使うかは脚本家の仕事ですからね。

まあ当時、佐野役の小栗旬が舞台などの仕事を掛け持ちしてたので、原作では一番重要なはずの佐野のエピソードがうまく描けず、思う通りの脚本には仕上がらなかったのは事実です。だから、前半は出番が少なめでした。前半はツンツンとした暗いキャラで、後半になって佐野らしい姿とともに瑞稀との恋愛模様が展開していきました。
その後半の展開まで支えていたのが、生田斗真演じる中津でしょう。一人相撲的な展開は、特殊な設定を上手く活かして面白いものに。

それと堀北真希演じる瑞稀は良かったですよ。原作は女まんま。台湾版はブ○イクな上、女が感じれず恋愛模様も萌えない。
それに中津が惚れたのも2話の瑞稀に心のどこかで女を感じたからだと思います。じゃなかったら、「妄想」する場面も有り得なかった。
あと逆ハーレムは大低の場合、反感を買うが嫌みなく上手く考え演じてくれました。だから同性人気が上がったのだと思います。
野ブタのイメージもとれたでしょう。
ちなみに今回のドラマは「男装する女の子」の役でしたが、映画で東京少年というのがあります。二重人格の役であり、そちらは完全な「男」を演じてる姿が見れます。あまりにも別人で度肝を抜かれました。今後も期待の女優さんです。

他にも水嶋ヒロ、高橋光臣、五十嵐隼士の特撮主人公を始めとする、まるで『特捜最前線』の再来の様な、特撮俳優勢揃い的なキャスティングも楽しい。
今度は好きなシーンをリピして楽しんではいかがでしょうか?



The World of GOLDEN EGGS "SEASON 2" Vol.04

(購入者の評価)
DVD観賞後の私見。
じっちゃんの話、ゾンビ島の話はおもしろかったです。
特にゲームカセットを吹く所はカセットゲーム世代にはニンマリ物でした。
じっちゃん役の小栗旬はすんなりなじんで見られました。(いてもいなくても問題ないという意味で)

有名人を使っても、使わなくても、おもしろい話はおもしろいし、
相変わらずはずれな話も結構はいってますね。
それに同じCMもどきを何度も使い回すって所もシーズン1から変わってませんね。
ひとつのDVDの中におもしろい話が2,3本入っていればアタリですね。



湾岸ミッドナイト 10

>> つづきをみる

花より男子 ファイナル PHOTO BOOK (フォトブック) 2008年 [雑誌]

(購入者の評価)
値段も千円とお得だし、そんなに期待をしていなかったのですが・・・
内容と比例しない内容の濃さにびっくりしました。5人のプライベートショット満載です!
かわいい牧野つくしのファッションチェックや、ドラマや映画の中で大爆笑した道明寺語録、
原作の最終話Bookの特別付録も入っていて、花男ファンにはたまらない一冊になっています。
私は2冊購入しました♪(1冊は保存用)


MEN'S NON・NO (メンズ ノンノ) 2008年 10月号 [雑誌]

acteur(アクチュール) No.12 (2008 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

映画ノベライズ 花より男子ファイナル (コバルト文庫 し 2-24) (コバルト文庫 し 2-24)

(購入者の評価)
花男が大好きで漫画、ドラマDVD全巻購入してます♪映画も何度も見に行きたくなる位大好きな作品で…でも映画がDVD化して発売されたら絶対即買いするつもりなので、何回も映画を見に行くならそっちにお金使った方がいいな…と三回目の鑑賞は我慢中…そこで小説読書はあまり好きではないけど、価格も安かったしDVD発売まで小説で花男の世界に浸ろうと購入してみました。花男が大好きなせいか活字だらけの小さな本ですが、すらすら読め、映画の名場面ひとつひとつを具体的に思いだしながら、映画の映像でみる世界より具体的につくしちゃん、道明寺の気持ちなどが具体的に描かれていて、映画ではそこまで深く感じとりきれなかった!!って位分かりやすく読み取れて、映画を見た人でも復習的に楽しく読める小説だと思います♪なので花男が本当に大好きで何度見ても飽きないなぁって人には是非こちらも目を通していただきたい一品です。漫画とは違った良さがあります!中には映画の場面の写真もちょこちょこ載ってますよ→白黒だけど。読みごたえありで価格はかなり安いから後悔しない一冊です。今一番の私のお気に入り本です

アルベール・カミュ (1) カリギュラ (ハヤカワ演劇文庫 18)

嵐 松本潤 コンプリートお宝フォトファイル The Tops

acteur(アクチュール) No.11 (2008 JUNE) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

(購入者の評価)
アクチュールはもう数冊手に入れましたが、
その数冊に共通するのは、それぞれの俳優の魅
力を引き出した写真と、インタビューの内容の
質の高さです。

今回は、「アフタースクール」が公開されている、
大泉洋さんが表紙です。
そして、大泉さんの写真とインタビュー、記事で
14P、「アフタースクール」の3人の出演者による
座談会という形で、映画に関することが語られてい
ます。
その他にも、松本潤さん、三上博史さん、大沢たか
おさん、上川隆也さん等、実力派の俳優さんたちの
インタビューや写真が載っています。
インタビューだけではなく、対談の形もあります。
いろいろな形で、質を高めていこうとする、そんな
編集の姿勢がいいなあと思います。


acteur(アクチュール) No.9 (2007 DECEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

(購入者の評価)
アクチュールのメイン特集はいまや映画界で引く手あまたの人気俳優松山ケンイチ特集です。彼はすごく独特の雰囲気、オーラを持った本格派映画俳優だと思います。特に松山くんファンの方はこの本をお薦めします。他にも内村光良、大沢たかお、小栗旬、長塚圭史、遠藤憲一などが載っています。ディラン・マッケイことプラン9のなだぎ武も載っています。

Invitation (インビテーション) 2008年 09月号 [雑誌]

(購入者の評価)
初めて買った1冊。
正直、自分のみたい特集の記事だけという
気持ちで頼んだけれど。。。届いてみたら、
「結構、面白い!」というのが感想だった。
「水の京都」が大きなテーマで、茶道のこと、
京野菜のこと、水から生まれた京料理のこと、
水の名品のこと等、水にこだわる様々な話が
載っていて興味深い。
映画やドラマ等に関する対談や取材された記事
も、なかなか面白い。
中でも、「タナカノリユキ×小栗旬」の記事。
ソニーの携帯のCM、小栗旬が10変化した
CM製作のディレクターであるタナカ氏の発想と
話、そして、その現場での様子等に触れていて、
10変化の写真と共に、Invitationのために撮
った、11人目の「小栗旬」もはまっている。
クリエイティブな部分の好奇心を刺激する、
そんな内容。
そんなことに興味をもっている人にはお勧めかな。





小栗旬写真集SHUN×GENJI

(購入者の評価)
ヤンキー系やちょっと、悪ぶった表情の小栗君が好きな方には、
お勧めの商品だと思います。
小栗君のコメント数が少なく、ほぼ、全部が
写真で、こんな人に守って欲しい。と、思うほど、
男らしい凛々しい小栗君が見れます。


キネマ旬報 2008年 10/1号 [雑誌]

花ざかりの君たちへ メイキングブック

(購入者の評価)
イケメンたっぷりでウハウハです!!
見ているだけで元気になれますよね★


小栗ノート

(購入者の評価)
ノートというだけあって、小栗君がその日その日に感じたことなどを書いた
ノートのようなもので、小栗君の字が見れて良かったですが、
私は、もっと、小栗君の顔がみたかったので、ちょっと、物足りなかったです。
でも、他にも写真集をお持ちの方には、こういう写真集も記念になるし、有りかも・・・。


high小栗旬[写真集]

(購入者の評価)
JUNON掲載写真がほとんどということで、あまり期待せず、SOと合わせて注文しました。
けど、実際に見てみて、こんなにどこでも絵になるひとはいるのかと思うほど、素敵すぎる写真ばかり!
SOと比較はできないけれど、最近旬くんを好きになったひとは、絶対に買うべきです。
無垢でさわやかな少年は、20を過ぎても無垢でさわやかでした。


彩の国シェイクスピア・シリーズ NINAGAWA×W.SHAKESPEARE DVD BOX IV

(購入者の評価)
どちらの舞台も観ました!(「お気に召すまま」は2007年バージョンですが)「恋の骨折り損」では時にラップを混ぜながら、「お気に召すまま」では本物の羊が登場したりと意外性たっぷりでとても楽しい舞台でした。オールメール(全員男性)の舞台だからこそ、女性が演じると意地悪く見える部分がかわいく見えたり時に男の部分を出してみたりと面白さがいたるところにあります。特に女性役の役者の美しいこと!!仕草・表情はまさに女性です。特に「お気に召すまま」の成宮君は女性役でありながらその中で男の扮装をするという複雑な役ですが、困った顔や恋する顔などはとても美しい女性そのものでした!
シェイクスピアはセリフが詩的で膨大でありすべてを理解するのは難しいですが、それでもセリフの中には真理があるなと納得する部分もあります。喜劇ということもありシェイクスピアってと思う方でも充分楽しめると思います。
両方の舞台を観ていますし、やはり舞台は直に観る方がいいとは思いますがこの舞台は何度でも観たいと思っています。手元に届くのが待ち遠しいです!!


CM NOW (シーエム・ナウ) 2008年 01月号 [雑誌]

acteur(アクチュール) No.7 (2007 JULY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.2 (2006 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

bino! (SOFTBANK MOOK)

(購入者の評価)
表紙の「小栗旬」から始まって、中は山本裕典、小出恵介、
石田卓也、水嶋ヒロ、三浦春馬等の若手俳優たちのかっこよ
かったり、ナイーブだったり、可愛かったりする写真が満載です。
インタビュー形式や対話形式の文章で、彼らの「声」が読めます。
彼らの出演する映画やドラマの話にも関わる内容にもなっています。
彼らのファンなら、読んでみるとどきどきして嬉しい1冊となると
思います。
ちょっぴり不満なのは、インタビューの内容を
もう少し考えてくれたら、また違うものを引き出せるのかな
と思いました。
でも、あくまでも好みの問題なので、彼らのことが大好きで、いろいろ
しりたいという人は、そう気にならないと思います。


Cinema★Cinema No.13

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4