岡田准一

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
岡田准一 おすすめDVD 岡田准一 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
VIBES (初回限定盤)

(購入者の評価)
DVD付きのミニアルバムといって差し支えない感じです。
V6らしくバラエティに富んだ8曲(通常盤は7曲)が次々に現れ、彼らの表現力、その振り幅の広さを楽しめます。

個人的には「nostalgie」がとても良かったです。
ジャニーズらしくないテクニカルな曲で、洗練された雰囲気。
「蝶」とはまた違った大人っぽさが感じられました。
テクノっぽいのに、タイトル通りノスタルジックな曲。歌詞も等身大で気負いがなく、自然な感じです。

バラードのようなオープニングから一転、爽やかなポップチューンに変わる「心からの歌」では、オープニング部分でV6のボーカルツートップ、坂本君と井ノ原君のデュオを聞くことが出来ます。

「常夏VIBERATION」「プールサイド・マーメイド」「サンキュー!ミュージック!」(+限定盤のみのボーナストラック)などの、アイドルらしい元気で可愛い曲を歌うかと思えば、「VOLTAGE」や「DIVE」のような挑発的でセクシーな曲も歌えてしまう。
V6は多彩な表現力のあるグループだなと思えます。
DVDシングルなため、レンタルに出回らないのが残念で仕方ありません。
出来れば沢山の方に聞いて頂きたいです。


SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX

(購入者の評価)
内容は非常におもしろいです。
ハラハラドキドキというわけではないですが、見入ってしまいます。
ただ、値段が高すぎる!
普通のTVドラマより話数が半分なのに、この値段!?購入するにはもったいないので、レンタルで十分かと…


陰日向に咲く 通常版

(購入者の評価)
気分が晴れやかになる作品でした。 キャスティングもマッチしてましたし、要所/\で見えたユーモアも心地好く、話の連鎖もほぼ見事でした。 二つ残念なのは、平山あやと塚本高史の話が他の話と連結しきれてないのと、ジュピター宅の家賃徴集に来た人に岡田がものすごくキレてましたが…アレは違和感感じました。あの金は岡田がジュピター息子と偽って自分の借金返すために集めさせた金ですから、その罪悪感からくる怒りは自分に来なきゃいけない…その自分への怒りの矛先を家賃徴集者にぶつけて悪者にしたてあげてます。そして、自分はジュピターをかばった善人と言う立ち位置になっている。あそこが嫌ですねぇ


VIBES (通常盤)

(購入者の評価)
V6初のDVDシングル!しかも7曲も入っているなんて、すごく嬉しい♪
CDも付いてるし、盛り沢山で内容がとっても楽しみです!!


新感線プロデュース いのうえ歌舞伎☆號『IZO』

(購入者の評価)
森田君のファンで舞台を観劇させて頂きましたが
いつものアイドル森田君ではなく、そこには岡田以蔵がいました。
不器用でまっすぐな以蔵は本当にはまり役だったと思います。
あの時代のひとびとの生き方、セリフひとつひとつが
とても感慨深いものがあり、生きるということを
改めて考えさせられました。
何度見てもせつなさに胸が熱くなります。
DVDのメイキングでは、みなさんの舞台に対する姿勢が
よくわかり購入してよかったと思います。
森田君、新感線ファンの方だけでなく
たくさんの方々にぜひみていただきたい
すばらしい作品だと思います♪


木更津キャッツアイ 5巻BOX

(購入者の評価)
木更津という地方都市を全国区にのし上げた功労により、「第893回ベスト狸オブザイヤーン」に輝く快作。一見スポ魂もの、実はヤクザ映画、ちょっとピンク映画、さらに音楽映画、かなり青春映画のテイストも織り交ぜたエンターテイメント。それが・・「木更津キャッツアイ」。 ちがう?そうだよなぁ。気楽にご覧下さい。あなたのハート、いただきます。近日参上。木更津キャッツアイ。にゃー。"

東京タワー プレミアム・エディション

(購入者の評価)
全体に映像がきれいでステキな映画ですよ。音楽もいいし。ラブシーンも美しいという感じ。私は好きです。松本潤くんがとっても上手く演じていましたね。チャラ男っぽくしてるけど、でも実は繊細で優しくて…ものすごく存在感があり、引き込まれていきますよ。

陰日向に咲く 愛蔵版(2DVD+CD)

(購入者の評価)
観ている間中、妙に冷めてしまった
陰日向に咲くというよりも、日向に咲いてるような現実感の無いような人たちが、妙に絶望したり、泣き喚いていたからだと思います
現実の厳しさを舐めているようにしか見えない描き方もあり、ちょっと腹も立ちました
あと、映画よりもドラマ番組向きと思ったのは僕だけでしょうか?


タイガー & ドラゴン DVD-BOX

(購入者の評価)
このドラマでは様々な要素が錯綜する。しかし各話のエピソードひとつも削ることなく、最後の大団円に持って行くクドカンの脚本力は尋常でない。長瀬智也のワイルドさと岡田准一の優しさはヤクザ・お笑い・ファッションという一見世間離れした設定にも関わらず非常に等身大で、観ている者のココロにズンズンと響いてきた。また西田敏行も親と師匠の感情の機微を完璧に演じて、凄味さえ感じさせる。伊東美咲も役にマッチしていてよかった。美咲と西田はこの後「椿山課長の7日間」という邦画史に残る傑作で再び組むことになる。塚本高史のチャラチャラさも蒼井優の可憐さも阿部サダヲのノーテンキ振りも最高だった。脇役に至るまでの「意味」がきっちり書き込まれていることが、成功の要因だろう。古典落語というモチーフも最上であった。こんな作品が撮れるTV界もまだまだ捨てたもんじゃないな、と思う。個人的には本作と「セクシーボイス&ロボ」がこの10年で最高のTVドラマである。

タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」

(購入者の評価)
最初に2時間のパイロット版があって、そのまま本編にながれ込むパターンはアメリカのTVシリーズの踏襲だろう。宮藤官九郎の脚本はいつもながらの上手さであり、これを古典落語に絡ませるとは!本当にびっくりである。リメイクしようにもハリウッドじゃできないネタだしね。勢いという点では右に出る作品はないが、時代性に捉われない作り方も大きなポイントだと思う。また主演の二人がカッコ良すぎである。カッコいいのにヌケているのはクドカン流だが、いつもにも増してテンションとセリフの落差が大きく、笑わせてくれる。蒼井優はほとんど出番らしい出番がないが、この後のシリーズのための顔見せなのだろう。インタビューで「ドラマは好きでなかったが、本作に出て映画本編と同等のパワーを感じてびっくりした」という意味のことを言っていた。TVドラマは当たり外れが大きいが、本作は傑作の1本といえよう。

木更津キャッツアイ 日本シリーズ

(購入者の評価)
ドラマを観てはまったのが高じ映画も観てDVDも買ってしまいました。
おまけ的な映像を観るだけでもファンなら満足なはずです


Film V6 act IV -DANCE CLIPS and more-

(購入者の評価)
V6ファン暦が浅いので昔のPVは興味深くみれました。高所恐怖症の坂本君、Feel your breezeのあのロケ大丈夫だったんでしょうか?と個人的に心配してしまいました。サンダーバードは撮りが一番かっこよく、もちろんダンスも歌も素敵でまだこのPVを観た事の無い方にはイチオシです。最後のおまけ、メイキングもメンバーの素顔が覗けてよかったですね。あえて苦言を呈すなら、この長さにしてはちょっと高いかも・・・?賛否両論あるかもしれませんが。

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ さよならキャッツ★限定版

(購入者の評価)
木更津キャッツアイを心から愛し続けたわたしには
本当に永久保存のものとなりました。
さよならは言いたくないけど、でも言われたからにはお別れです(笑)
ドラマ→日本シリーズ→ワールドシリーズ
常にスキルアップしてるキャッツアイ。
是非お手元に!!


V6 LIVE TOUR 2007 Voyager -僕と僕らのあしたへ-(初回限定盤)

(購入者の評価)
V6のファンになって浅いですが、こんなに素晴らしいグループだとは知りませんでした。  アクロバティックなダンスと歌唱力、完璧に構成されている演出、なにより、6人がダンスも歌も揃っている。
こんなに揃っているグループはv6だけだと思います。

ジャニーズでありながら踊れないグループやバラバラなグループが多い中、このグループは完璧だと思いました。
是非沢山の方に見てもらって頂きたいと思います。
私は、嵐のファンでしたが、娘も私も今ではすっかりv6にはまりまくっています!!!
  


フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産)

(購入者の評価)
岡田さんと金城さんのタッグ作品に心惹かれます。

表向きは荒削りで構わないちょっと硬質な様子でも、熱くて豊かなものを内側に秘めて、そしてどことなく優しい。

映像の端々に作者や出演者の深い眼差しを感じます。
マニアックなこだわりも、そこだけ突出しなければ、ピリリッと効いた上手いスパイスです!


木更津キャッツアイワールドシリーズ 通常版

(購入者の評価)
クダラナおもしろい脚本を書かせたらクドカンの右に出る者はいませんね。 セリフ回しも、サブアクションも良かったです。 しかし、薬師丸弘子はおもしろい演技しますね。手笛を鳴らそうとして、鳴らなくてやめるシーンは、かなり笑いました(笑)

VERY HAPPY!!!

(購入者の評価)
V6・カミセン・トニセンのコンサートが
この「VERY HAPPY」に収められています。
それぞれの個性が出ていて。。すごくいいです!。。


V6 LIVE TOUR 2007 Voyager -僕と僕らのあしたへ-

(購入者の評価)
クオリティの高いアイドルでした。基本ジャニーズといえば必ずといってイイほどバックにjrと呼ばれる子たちが頑張っていますが、V6はメンバーのみのライブ構成です。歌の上手いトニセンと顔のいいカミセンとのいいコラボが生まれているように思います。ダンスも真剣に踊る姿に惚れます。
ジャニーズマニアではない私が唯一嵌ったアイドルです。


PU-PU-PU- 特製BOXセット

東京タワー 通常版

(購入者の評価)
私には縁のない世界なので感情移入はしづらかった。
しかし、別荘での場面は切なかった。
黒木「ごめんなさい。もうこんなこと終わりにしなきゃね」
岡田「こんなこと・・・?」
この場面。岡田くんに感情移入をした。私、女なのに。
ストーリーはともかく、黒木さんと岡田くんが美しかったので
かろうじて星3つ。




>> つづきをみる

Duet (デュエット) 2008年 08月号 [雑誌]

BARFOUT! 156 (156)

Cut (カット) 2008年 08月号 [雑誌]

(購入者の評価)
嵐・大野智くんの記事についてレビューします。
今回、本誌Cutにおける大野くんの特集ページは12ページです。

そのうち、グラビアページが10ページで、全てがカラーでそれぞれワンカットずつに大野くんが写っています。
後ページに載っている「舞台裏こぼれ話」と題する撮影裏の様子を見ると、今回のグラビア写真は「静」と「動」
で構成されたということで、静止画の写真と動画の写真を交互に構成していて、アイドル誌のそれとは見ること
が出来ない、新しい大野くんの魅せ方がここにはありグラビア写真だけでも見ごたえがあります。


インタビューは、主に主演で出演しているTBS系ドラマ「魔王」(2008年7月現在)の話で展開しています。復讐
に燃える主人公の持つ天使と悪魔の二面性を、大野くんなりに捉えて役づくりをしていることがここでは伺えま
す。つづく最後の方には、世間の嵐に対する評価の受け止め方、また、嵐というアイドルグループは自分にとって
どのような存在なのかということを、インタビュアーさんが大野くん自身の言葉で上手く聞き出してくれています。

  「なんか、『ありがとう』って感じだよね(笑)。やっぱり嵐になったことにも意味があるし、このメンバーが
   いる5人で今日までやってきたから、自分が今ここにいるし、こういう人間になれたっていうのもあるし。
   だからやっぱり.....宝物ですよね」

文中の大野くんの言葉を抜粋しましたが、他にもドラマの話、今、自分における一番の課題の話など、様々な
質問に答えてくれています。「魔王」を見ている方、これから見ようと思っている方、ファンの方達はもちろんの
こと、少しでも気になっている方はとても楽しく読めると思います。オススメします!


SP

(購入者の評価)
中身はシナリオブック、なので、「金城さんの新作でたー」ともった方、ちょっと待った(俺も読むまで小説だと思ってた)

肝心の内容はというと、これがなかなか楽しめる。
なぜかというと、1ページにひとつ以上金城さんの注釈があるからだ。

これが実に面白い。ドラマとの違いや裏設定、さてはドーデもいい独り言wまで
いろいろ解説してある。
巻末には劇中に使われたクラシックものっているので、この曲聴いたことあるけど、なんて曲だっけ?
と思った方にも親切なつくりになっている。

これを読んでSPを120%楽しもう


エコドゥ 2 (MC mook)

Invitation (インビテーション) 2008年 09月号 [雑誌]

(購入者の評価)
初めて買った1冊。
正直、自分のみたい特集の記事だけという
気持ちで頼んだけれど。。。届いてみたら、
「結構、面白い!」というのが感想だった。
「水の京都」が大きなテーマで、茶道のこと、
京野菜のこと、水から生まれた京料理のこと、
水の名品のこと等、水にこだわる様々な話が
載っていて興味深い。
映画やドラマ等に関する対談や取材された記事
も、なかなか面白い。
中でも、「タナカノリユキ×小栗旬」の記事。
ソニーの携帯のCM、小栗旬が10変化した
CM製作のディレクターであるタナカ氏の発想と
話、そして、その現場での様子等に触れていて、
10変化の写真と共に、Invitationのために撮
った、11人目の「小栗旬」もはまっている。
クリエイティブな部分の好奇心を刺激する、
そんな内容。
そんなことに興味をもっている人にはお勧めかな。





Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2008年 08月号 [雑誌]

(購入者の評価)
「聖地へ」ということで、
世界各地の宗教的建物(?。詳しくないので、正しい名称がわからず。。。)
の特集です。ガウディの特集号ではないと思います。
ただ、サグラダファミリアは、カメラのアングルがかわった場所からなので、満足。
アイドルの岡田さんが建物の邪魔をしているページもなく、
テーマを重視している号だと思います。

個人的にはアジアの「聖地」の写真に惹かれました。
霧がかったアジアは、近いこともあって、次の旅行先に入れたくなります。


『フライ,ダディ,フライ』VISUAL BOOK ~スンシンの哲学~

(購入者の評価)
私は映画を観てから本を見ました!
ピージをめくるたびに映画のシーンが蘇るような爽やかさとカッコよさを感じられるとってもステキな写真満載d(^O^)b
撮影裏話などもあり楽しめました(^^)v
岡田君の魅力いっぱいですので皆様もぜひぜひ♪


人魚姫

(購入者の評価)
小さな頃に読んだ時には、ただただ人魚姫が可哀想で、王子と隣国(?)の姫が憎らしくてたまりませんでした。ですが、大人になって読み返してみると…。人を好きになるというのは、命の恩人だから、というような理屈ではなくて。人魚姫は、幸せな恋人達に横恋慕しているようなものなんですよね…。と、そういう見方が出来るようになってしまいました。そしてそれを思う時に、子供の頃よりももっと人魚姫の悲しみや、王子を殺す事が出来なかった気持が深く深く迫ってきました。それを可能にしたのはこの本のため息が出るほどの美しさと、素晴らしい訳文があったからこそです…!幾重にも重なる繊細な青、蒼、碧。波の雫のスパンコール。美しい人魚の刺繍。どのページを開いても、吸い込まれそうになります。『人魚姫』の決定版と言えるのではないでしょうか。
熱く語ってしまいましたが、値段もお手頃で、宝物の1冊になること請け合いです!!


大人世紀 Otona Century

(購入者の評価)
私は『オトセン』がテレビで放送されてた時はあまり覚えて無いんですが…この本を見るだけで全て分かっちゃうぐらい魅力満載!何が良いって写真が全部良い!ハズレ無し!めっちゃ美しい彼らを見なきゃ損ですよ(^^)

anan特別編集 '04好きな男DELUXE (Magazine House mook)

(購入者の評価)
ページをめくるたび、かっこいい!!かっこいい!の連続でした!!ぜひ、おすすめです!!

V6 岡田准一 お宝Photo&Episode 魂の原点 [RECO BOOKS] (RECO BOOKS)

(購入者の評価)
この本はほんま、岡田准一の魂の原点そのまんまやと思いますシ隠し撮り的なとこもあるけど、私服もあるし幼少期の話など細かく書いてくれていて読みやすいですケ写真もキレイやし、幼少期、小学生、中学生と分かれていてその時々の写真もかわいらしいし読んだ後はもっと好きになりましたx好きな人が出来るといろんな事知りたいと思いますよね[それと一緒でいろんなこと知ってもっともっと好きになりましたx私はオススメしますケ

大人世紀〈2〉

(購入者の評価)
カミセンのメンバーに少し近づけたような気がします。
写真もあるしとってもいいっす!


Cut (カット) 2006年 06月号 [雑誌]

(購入者の評価)
写真もインタビューもアイドル誌と違ってとてもイイです。
写真は映画のシーンを見ているような感覚になるし、インタビューも
じっくりと他の雑誌ではない深い部分までを語っています。
とてもオススメで気に入っています。
次回はいつごろ登場するのか、楽しみです♪


acteur(アクチュール) No.3 (2006 NOVEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

日経エンタテインメント ! 2008年 03月号 [雑誌]

Cosmic Rescue Logbook―カミセンの宇宙航海記録

(購入者の評価)
カミセンの写真集みたいな感じで、ファンにとっては素晴らしい1冊になると思います!!(*^^*)
撮影中のカミセンの様子や、本人たちが撮った写真、
映画の名場面・セリフ等がたくさん載っているので、
まだ映画を見ていない人、見た人どちらも楽しめるハズです☆
映画Cosmic Rescueとあわせて読んでみると最高です☆(〇>u<〇)


jicca 実家

ピアノピース699 way of life by V6

BARFOUT! 150 (150)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4