岡田達也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 
岡田達也 おすすめDVD 岡田達也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
演劇集団キャラメルボックス きみがいた時間 ぼくのいく時間 2008年版

(購入者の評価)
 私には彼女がいました。10年以上も続いた仲だったのに、些細な理由で別れてしまいました。彼女と別れてからの私は水を得た魚のごとく遊びまわりました。でも、心の中の空虚感はどんなことをしても埋まりません。そんな中、このDVDを観ました。
 初めて、キャラメルボックスを観ましたが、LIVEで観ていたら、私はどうなっていただろうか?他の人の迷惑になるぐらい泣いていただろう。DVDのおかげで人に迷惑をかけずにすんだと思う。
 自身を犠牲にしてまで彼女を救おうとする主人公の最後の言葉「(彼女の)未来は君の手で守れ!」に自分の中の空虚感がなぜ満たされないのか、初めて分かりました。私の中の一番の宝物が彼女だったことが・・・。
 明日、彼女に伝えたい。彼女のいない世界は私には意味のないことを・・・。


演技者。 1stシリーズ Vol.2 (初回限定版)

(購入者の評価)
1stシリーズVol.1からVol.3まで一気に見た。ともさかが好きなので室温を最初に見たが、初っぱなからそのサスペンスホラーの巧妙なストーリーの深淵さに驚愕した(わざと大げさに書いています(笑))。演劇と映像の融合ということで霊感作家の家の居間だけを舞台にテンポよく繰り広げられる人間模様。一見無関係な登場人物の個性的でバラバラなかしましい会話が、あるきっかけで真相に向かって収束する緊張感。脚本が素晴らしい。そして戦慄の事実が明かされる。傑作というよりない。

他の話は室温以上の感動はなかったが楽しめる。室温が100点満点なら、黒いハンカチーフが70点、TEXASが80点といったところ。もちろん個人の好みは違うし、ひいきの役者さんもいるでしょうが、Vol.1からVol.3のどれが一番かと言えば文句なくこのVol.2をお勧めします。

ROBO☆ROCK

便利屋として危ない仕事でもなんでもしているマサル。そんなマサルに近寄ってきたのがニラサワという男。彼によれば土星人がまもなく地球を侵略しようとしており、それを阻止するためには眠っている巨大ロボット、ランドツェッペリンを動かすしかないという。だがそのロボットは音声認識でしか動くことができず、そのためにはロボットを作った博士と同じ声紋を持つマサルの力が必要だというのだ! そこでマサルは5000万円をくれるならば、声を提供するというのだが……。
アニメでおなじみのGONZOが手掛けた初の実写映画。全体的にはチープな印象は正直否めない。けれどもまさにアニメで作られそうな話を、それをようやく実写で、ここまでなじませて作れた邦画が出てきたかと、個人的には嬉しくなった。登場人物もかなりキャラ立ちした、決してリアルではない人ばかりなのに、個性的な役者たちがそれを見事に物語に根づかせている。特に真面目ゆえに人とはズレた発想になってしまうニラサワに扮した中山祐一朗の演技は圧巻。本当に愛すべき1本に仕上がっている。(横森文)


アザーライフ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
 舞台俳優さんでも有名どころを揃えただけに、登場人物それぞれの味がでていて見ていて楽しいです。

 ……が、それだけ。登場人物それぞれの接点が興味深く思っていたのですが、実際に映像を見ると単にごちゃごちゃと人間関係が絡んでいるだけで、ストーリーは盛り上がりに欠けるように感じました。ホームページを先に見ていたので期待度が高かったのですが、予告編のダイジェスト映像の方が興味をそそられるという……うーん、残念やなぁ。


WEL-COME to パラダイス

アザーライフ プレミアム・エディション

(購入者の評価)
私の好きなキャストが出ていたので即購入しました。
ストーリー展開はラストが、えー! こーだったのーと意外な展開で、少し強引さも感じられました。でもそれぞれの役が合っていて、あんまし映像に出ていない人達が観れてよかったです。ある意味池田さんや、松田さんは、かっこいい役だなと思いました。






どチンピラ(8)

銀座二十四帖

(購入者の評価)
川島雄三作品を観たことのない方の入門用の作品としてオススメです。
川島作品では「幕末太陽傳」や「洲崎パラダイス赤信号」が有名ですが、
娯楽映画として文句なしに楽しめるのはこの作品だと思います。
とても考え抜かれた脚本が使われていると思います。

花売りを通して描かれる当時の銀座の風俗は一見の価値ありです。
そこに銀座の裏世界が絡んで謎が謎を呼ぶスリリングな展開に
時間を忘れて見入ってしまうことでしょう。
森繁久弥さんの味のあるナレーションや挿入歌「銀座の雀」も
この作品に独特の魅力を添えています。
川島監督の洒落たセンスが冴える演出も見物です。
おすすめの映画です。


演技者。 1stシリーズ Vol.2 (通常版)

(購入者の評価)
私は『黒いハンカチーフ』から見始めたっていうか…
それからしか放送してくれなかったので、『室温』から前の演技者。は
見れてないので、これは絶対買わなくちゃそんすよねぇ〜。


>> つづきをみる

人種 国民 階級―揺らぐアイデンティティ

人種・国民・階級―揺らぐアイデンティティ

かぐやひめ

(購入者の評価)
こんなにも妖しくて婀娜(あだ)なかぐやひめには、ついぞお目にかかったことがありません。
同じ女であるわたしをも虜にしてしまう、このうつくしさ。
岡田画伯の絵を存分に愉しめるこの本に、日々酔い痴れている有様です。
このまま海外に輸出もできそうな、左開きに横組みの文。
ページを繰るたびに目に飛び込んでくる、艶かしいほどの花の数々。
麗しく匂い立つのは、かぐやか花か。
必ずやあなたも取り憑かれてしまうであろう、魅惑の一冊。
子どもに限らず、このような本に巡り逢えた大人もまた、幸福の極みです。


活断層調査から耐震設計まで

WindowsNT次世代システム構築術

WindowsMeスパッと使えるテクニック300選

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4