岡田義徳

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
岡田義徳 おすすめDVD 岡田義徳 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
1ポンドの福音 DVD-BOX

(購入者の評価)
亀梨君はこれまでも舞台でボクシングに関わっては来ましたが、今回ドラマ出演と言うことで、初めてボクシングの基礎から手を抜かずにキッチリ体験し挑んだことを、メイキング映像で知ることが出来ます。そんな亀梨君を通して、ボクシングというスポーツが、物凄くハードでストイックな競技なんだと言うこと、そしてよほど好きでなければ出来ないスポーツなんだと言うことを初めて知り、それまでのイメージが一変しました。そんな亀梨君演じる耕作は、ボクシングしているとき以外は子どものように無邪気で一直線で、「自分の恋を実らすため」に周りの人を巻き込んでしまいますが、心根が優しいから、そんな耕作を周りの人も放っておけない・・・そんな温かさと、やっぱり自分はボクシングが大好きなんだ!と知り、ジムの会長の期待から逃げずに戦いに挑んでいく耕作の格好良さ、その両方が楽しめる作品になってると思います。
今、何が好きか分からない!どんな仕事がしたいか分からない!そんな若者が増えていると聞きます。そんな人達に「まずは、好きになれること探してごらん!そこが原点なんだ!」と言うことに気付かせてくれる、背中を押してくれるような作品です。
お子さんにも安心して見せられる作品だと思うので、是非ご家族でご覧下さい。


ザ・クイズショウ DVD-BOX

セクシーボイスアンドロボBOX

(購入者の評価)
2007年のドラマ放映中はTVつけながらも仕事の疲れなどで途中で眠ってしまったりして、
気になりながらも途中から見なくなってしまいました。
しかしそれ以降もずっと気になっていたドラマで、
「気になるというのはやっぱり何かあるはず」という自分の心の声を信じて、
松山さんのファンということも大きな動機なのですが、
思い切ってDVD購入して見ることにいたしました。

予測もしていなかったのですが、
毎回みなさんの台詞の一言一言に、『くッ』と、自分の忘れていた心の痛い所を掴まれ、
大笑いしながらも、ほぼ毎回涙してしまいました(笑)…。

観ていて、同じ日本テレビ制作だった(と思います)「世紀末の詩」のあの感覚と非常に似たものを感じました。

昔の自分がいつも疑問に思っていたこと、しかしそんなこと毎日考えて日々の生活を送っていては、現実に対処できないというか、やってけないので、
そういう毎日の生活の中で意識しなくなったというか、“スイッチをOFFにしていた”という小さいけれどもとても大切な忘れてた事柄を
すごく沢山思い出させてくれたのもこの作品です。

主演のお2人は本当に凄い!!
脇を固めている俳優さんたち選択や演技にも、本当に敬服しました。
特に普段監督をされている塚本晋也さんの出現にはビックリさせていただきました。
演技するという形で出ておられることがそもそも驚きなのですが、
あの役柄のあまりにも自然でハマリ過ぎのお父さん役、ほんと良かったです。
出ておられる方々1人もミスキャストがおられず(偉そうにスミマセン…)、
とても完成度と質の高いドラマだと思います。

改めてまたこのドラマに出会えて、本当に良かった!


全然大丈夫

(購入者の評価)
非常に通俗的には、今の時代を若者が生き抜くには、友達、手に職、そして微妙なコダワリが必要。というか、これが揃っていれば、全然大丈夫ということでしょうか。そういうことを言っている映画のような気がします。憩うために必要な3拍子。
それがないんで、蟹江啓三は家出してしまうが(親父さんなので若者ではないが)、最後にはなんとなく条件が充たされた様子なので、”多分、大丈夫”ぐらいにはなっているんでしょうね。よかった。
この3条件が充たせないと大丈夫じゃないので、友達とコダワリはなんとかなるとして、家作がない身としては手に職をつけなきゃと思ってしまいましたね。若者じゃないので今更ですが。
映画的には、緩いコメディ基調の楽しい映画です。ギャグも、「転々」とかのテイストが好きな人にはいい感じでしょう。
楽しんだ映画ですが、荒川良々の出番がもっと多いと5つでした。舞妓Haaanの阿部サダヲくらい、良々をもっとたっぷりでお願いしたいのです。


木更津キャッツアイ 5巻BOX

(購入者の評価)
木更津という地方都市を全国区にのし上げた功労により、「第893回ベスト狸オブザイヤーン」に輝く快作。一見スポ魂もの、実はヤクザ映画、ちょっとピンク映画、さらに音楽映画、かなり青春映画のテイストも織り交ぜたエンターテイメント。それが・・「木更津キャッツアイ」。 ちがう?そうだよなぁ。気楽にご覧下さい。あなたのハート、いただきます。近日参上。木更津キャッツアイ。にゃー。"

全然大丈夫 特別版

(購入者の評価)
本編ディスク
110分
荒川良々×木村佳乃×岡田義徳×藤田監督オーディオ放談!
予告編(2分)

特典ディスク
111分
メイキング特番
舞台挨拶集(荒川良々/岡田義徳/鳥居みゆきほか)
キャストインタビュー(荒川良々/木村佳乃/岡田義徳)

封入特典
劇中”照男”ポスター(鬼版+ドラキュラ版)
”全然大丈夫”オリジナルすごろく/ブックレット


THE3名様 俺たちのサマーウインド

(購入者の評価)
THE3名様は今までたくさん出てるんで、「どうかなぁ?」と毎回思うんですが、
結局毎回オモシロイんですよねぇ?。

今回もマチガイなくオモシロイでしょう。
※パフェおやじのDVDも面白かった!

買います!そして並べます!
シリーズをずらっと並べるのが趣味になりつつあります!


木更津キャッツアイ 日本シリーズ

(購入者の評価)
ドラマを観てはまったのが高じ映画も観てDVDも買ってしまいました。
おまけ的な映像を観るだけでもファンなら満足なはずです


下妻物語 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
テンポが良く、笑えて時には切なく最後まで飽きさせない。
観終えたあとは、爽快感と満足感で一杯でした。
深キョンのシーンごとに変わるロリータファッション。
どれも似合っていて、すごく可愛いのでそれだけでも楽しめる。
「唾吐いたぁ また唾吐いたぁ」「殺さないの?」
深キョンの台詞一言一言がとても可愛い。
私の地元、兵庫の尼崎が出てきたのは驚き。
もっと早めに観ればよかったと後悔。DVDが欲しい。


下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉

(購入者の評価)
のっけからのめくるめく展開は虜になる危険性大。
裏腹にある深田恭子の淡々とした様とも絶妙にシンクロしている。
土屋アンナ扮するヤンキー娘もこれまたしっくり。
このちぐはぐな2人が織成す絶妙なハーモニーは、"ハイパー青春コメディ"たる所以だなと納得です。
そして何より忘れてはならないのが、サブカルチャー・ローカルカラーへの皮肉っぷり… 凄まじくお見事。
但し、一作品という観点から見ると、前半から飛ばしていただけに後半の失速感は否めません。
ですが滑稽なのは事実。極度のパワーを体感すればええやん!


逃走中~run for money~

(購入者の評価)
渋谷の路上での鬼ごっこ。捕まらなければ賞金が何十万も。捕まれば、ゼロ。
第1回と第2回を収録。

第1回は保坂尚希、ふかわりょう、梨花、ウエンツ瑛士など。

第2回は岡田義徳、袴田吉彦、出川哲朗、ゴルゴ松本などなど。


とにかく、お金が掛かってるのと、あと朝っぱらから黒いスーツのハンターに全力で追いかけられる恐怖からか、参加者の行動とか表情がとにかくリアル。
どこまでもマイペースな人、ずっとびびって隠れる人、冷静にハンターを観察する人などなど。

ウエンツ君が追いかけられる時の絶叫ぶり、あと金子君が必死に逃げすぎて後で「あ?チャック開いてた??!」などなど思わず笑ってしまいました。

この後の回と比べると、まだゲーム中に行わなくてはいけない「ミッション」だとかも少なく、変わったハンターもまだいないけれど、このリアルなドキドキ感はオススメです。


参加者のファンは勿論ですが、
ドラマで言えば「ロスト」、あと何年か前に、無人島で集団生活して、一人づつ投票でいなくなってゆくっていうバラエティー番組が好きだった方は特にオススメです。


東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

(購入者の評価)
大泉さんが好きでレンタルで借りて見て号泣
で、気になって調べてみたら製品版には特典映像があるというのでワクテカしながら注文しました。
本日届いて、内容見て・・・ガッカリしました・・・
撮影秘話@久本雅美×大泉洋
何故ほとんど出演していない人間と撮影秘話なのか?
何故それを遥かに出番の多い大泉洋×広末涼子の前に持ってくるのか?
そして極めつけが大泉洋×久本姉妹 座談会・・・ふざけるな!
こんな下品な芸人たちの顔が見たくて、わざわざDVDを買ったんじゃない
本編の美しい物語が台無しです
このDVD作られた方は某団体(あんなもの宗教とは認めません)と大変親しいようですね
本編には星5つ、特典でマイナス3つ

最後に、洋ちゃんは某団体に染まらない事を心より願っております


佐藤隆太x岡田義徳x塚本高史 THE 3名様 2005・秋は恋っしょ!

(購入者の評価)
なんとなく中途半端な感じだな?
もっと極限までの脱力を期待してました…
うけを狙ってる感が否めません。
#9とか演技っぽさが見ていて飽きます。あえて通して無表情だったら逆に面白いのにな?

まぁところどころ笑えるしミッキーの服装が毎回ツボだったので☆3つ

原作見てないからなんとも言えないんですけどね。


THE 3名様 渚のダンシングナイト!

(購入者の評価)
ちょっと異色な3名様。何をやっても許されることを実感できる第4弾。

本編56分、特典映像12分。
合コンあり、立食パーティーあり、恐い話あり、ジャンボの恋愛あり、3名様解散の危機あり。と、まるで一つのドラマのような、完成度の高い3名様ワールドが味わえます。ただし不意をついて笑わせてくるのでご注意を。あと、第五弾のライブDVDへの小ネタが仕込まれているので、そちらも要チェックです。ちょっとジーンとくる最終話がポイントです。

この第四弾、最も異色なのはメイキング。練りに練ってあります。ここまでやるか・・・、と感心してしまいました。ハリウッドを意識している方もいるようです。必見です。



ロッカーズ 通常版

(購入者の評価)
ロックな映画としてもはや伝説の域に入っている傑作であるが、今思えばとにかく出演者が凄い。主演の中村俊介がちょっと精彩を欠いている以外、玉木宏、玉山鉄二、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史って、これ、もの凄い面子ではないか!みんなピン主演できる実力派ばかりであり、これでヘンな作品は作りようがないだろう。陣内監督は見せ場を作るのが上手いが、特に本作ではラストのライブシーンに痺れる。終わり方がちょっと納得いかないけれど、全編を貫くロック感で十分にカバーしていると思う。また佐藤浩市、中井貴一、小泉今日子、鈴木京香などカメオ出演の顔ぶれも凄い。それも一応作品に絡む登場の仕方をするので、単なる陣内監督ご祝儀出演ではない。タイトルクレジットも市川崑作品のロックバージョンみたいで、カッコよかった。基本的にはノリで引っ張る映画だが、脚本もきっちり書き込まれていて、映画的カタルシスも満点。やっぱり映画好きが作る映画は楽しい。福岡から天下取ったる!というパワーが感じられて気分も爽快。お勧めです!

不機嫌なジーン DVD-BOX

(購入者の評価)
ドラマはリアルタイムで見ていたのですが、DVDを購入したのは2007年の年末、ドラマの始まりに設定されていた時期です。なぜかずっと心に残っていたドラマだったので、確かめるような気持で、見ました。最近も諫早湾のニュースがあったので、また見直してみましたが、何度見ても、新鮮な楽しみがあります。なぜ、このドラマにこんなに魅力を感じるかというと、人って理屈じゃないんだよな・・・それこそ遺伝子に支配されているとしか考えられないような行動をとってしまう、そういうところすごくうまくドラマにしているからではないかなって思うんです。
竹内結子さん演じる主人公の仁子が最高。「女の子だったら誰しもおしゃれや恋愛や結婚やそういうことに興味があるはず」という決め付けから外れて、子供のころから虫が好きで、そのままの興味を育てて研究に打ち込む、媚びない女の子。だから彼女が恋愛するときって、それこそ遺伝子が働いたとしか考えられないやむにやまれない惹かれる気持ちが起こったとき。だけど、教授に対しても、健一君に対しても不器用で、上手に続けていくことができない。健一君との恋愛の始まり、大好きで楽しくてっていう時期、そしてどうしようもなく壊れていくところなんて、身につまされました・・・。
いろいろな要素がいっぱいあるけれど、誰しも人間には多面性があっていろいろなこと抱えているんだよということの象徴になっている感じです。ともかく、脚本がすばらしく、素敵なセリフも多くて、教授も研究室の人々も神宮寺も勝田もみんなそれぞれに魅力的。でも私はやっぱり、媚びない女の子、仁子ちゃんバンザイと言いたいです。




THE 3名様 春はバリバリバイトっしょ!

(購入者の評価)
いい感じでコンスタトに出ている
「THE3名様」3作目です。

良い意味で悪ノリ、
原作ファンも塚本・佐藤・岡田ファンも200%楽しめます。

ラストのミステリー作品は、
深いこと考えずに楽しむのが吉。
アレコレ言うのはヤボですよぉ。


THE3名様

(購入者の評価)
シュール過ぎ!

ファミレスで永遠と佐藤隆太と岡田義徳と塚本高史がどーでも
いいことをしゃべっているDVD。しかも三人ともニート。
妄想の世界での会話。真剣に見たら損をした気分になる(笑)

先輩の二次会の景品でいただきました。


世にも奇妙な物語~15周年の特別編~

(購入者の評価)
2006年3月に放映された「世にも奇妙な物語 15周年の特別編」。タモリの係わる番組はどれもとても長寿だ。それはやはり他の番組にないなにものかを常に持っているという証明でもある。

実際に作品を観ると、日本の若手放送作家には力がある人がたくさんいるな、と感じる。主たる4編はどれもいい。俳優もカメラ・ワークもいい。優れた脚本の持つスピード感を保ったままでイイ味出してる。僕も特に『奥さん屋』が良かった。いつまでも長寿を保って続けて欲しいシリーズです。


猫でもわかるキャッツアイ 木更津キャッツアイワールドシリーズ ナビゲートDVD

(購入者の評価)
この手のワルノリ集団を描いた作品は、
ワルノリが過ぎると、見ていてイライラしますよ。

しかも、元々の「木更津キャッツアイ」の続編にあたる本作は、
主人公の死後を描いているのに、主人公が幻想的に登場していたり・・・
もはや、整合性はかけらもなく、
原型をとどめていない。

シュールなネタの詰め合わせで、
無理に笑わせようとしている、レベルの低い作品になりさがってしまった。

やたらグビグビ酒を飲み
無意味に大声を出す登場人物たち・・・

白痴な若者がこういう作品のこういうノリに影響されやすいんだろうな。


>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.8 (2007 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.3 (2006 NOVEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

岡田義徳PERSONAL BOOK LIKAS

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4