奥田民生

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
奥田民生 おすすめDVD 奥田民生 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
希望、無謀 at BUDOKAN

(購入者の評価)
このLIVE?DVDは、
シングル曲を沢山パフォーマンスされているので、
(ほぼ、シングル曲全曲収録されています)
発売前から予約し今日を楽しみにしておりました。
自分のようにベスト盤しか持っていない人には
知ってる曲のオンパレードなので、
どの曲も楽しく、
時には胸キュンしながら視聴する事ができました。
(ウルフルズの歌って、胸にくるよね!!)
が、
再生して直ぐに気付いた事なのですが、
全体的に曲のテンポが速いです。
特にアップテンポの曲は
「えっ?」と思う位に速い曲もあります・・・
収録(演奏)楽曲が多いので、
多少は仕方無いと思うのですが、
チョット速くし過ぎなのではないでしょうか?
内容が良いだけにチョットだけ残念です・・・
(視聴しているうちに慣れてくる程度だけど・・・)
副音声も聞きましたが、
やっぱり、
『 ウルフルVVV 』のように
メンバー全員で収録して欲しかったです。
他は映像も音質も綺麗だし、
会場との一体感も素晴らしかったので、
総合的には買って良かったと思っています。
自分のような浅いファンの方には
特にオススメなLIVE?DVDだと思います!!


追伸・・・


自分の運が悪いんだろうけど、
中の紙のDVDケースの
端部分から上方向に向かって、
1センチほど色が剥げていました・・・
(真っ白なので最初から印刷できてないのかな?)
会社の方は、
もう少し丁重に
製作&確認をして出荷して欲しいと思います・・・
色が濃い印刷部分なので
剥げ(?)ている部分が凄く目立ちガッカリです・・・
こんな事なら、
通常盤ケース仕様を購入すれば良かった・・・
残念・・・


KREVA CONCERT TOUR '07 K-ing ~日本武道館2DAYS

(購入者の評価)
元、JINですが、今更遅くなりましたが、感想書きます。それは、一言だけで済ませようと思います。
まず、買って、損する。DVDでは、ないから、みんな買え!!最高過ぎる。
だから、買って楽しめ!それも、2枚目がマジで、ハンパない。以上!
俺からの、感想でした。PEA?CE!(^ヘ^)v


okuda tamio FANTASTIC TOUR 08

(購入者の評価)
奥田民生、この人は今が旬?いいえ、ずっと旬のようです!・・・と思わせる出来映えのdvdです。回を重ねるごとに重厚さに円熟味を増して凄くなっていきます。すこし奥田民生が気になっている方は迷わず見て下さい。CDより、なお一層のめり込んでしまいますよ。バンドメンバーも超一流ですが、こちらもドンドングルーヴ感を増して最高のロックを聞かせてくれます。とにかく見たら、凄いの一言です。 余談ですが、ステージに敷かれてているペルシャ絨毯のような敷物が民生サウンドに非常にマッチしているように思うのは私だけでしょうか?

ひとり股旅スペシャル@広島市民球場

(購入者の評価)
歌もすばらしいが、演奏中2度、弦が切れるまでかき鳴らすギブソンの
叫びもすばらしい。またハイコードをカポなしでひきまくる
奥田民生という男、やはりただ者でなく、うれしい限りです。
ギター1本で何のサポートもなく、Disk2枚を最後まで引き付ける力は
まさに<生きてる>証を見るような感激があります。


カスタムメイド10.30 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
民生、カエラファンの方ならほぼ確実に気に入る作品ではないでしょうか。
ただ、ストーリー展開等考えると彼らにあまり興味のない人達にとっては
物足りないかも。しかし難しいこと考えずに気楽に楽しめる作品だと思います。

監督・脚本のANIKIさんのユーモアセンスはかなりいけてます。
カエラちゃんの演技は下手だと評する人もいますが、僕個人としては大反対。
ストレートな感じで、演技しているというよりも普段の自分がそのまま出ている
ようで好印象。言ってしまえば、ヘタウマ的な世界かも。
民生さんに関しては、弾き語りライブシーンは結構入っており、有無を言わさず素晴らしく
感動的。映画ラストにはなんとダンスまで披露。ファン必見です。

あと些細な点かもしれないけれど、トランペットがパンパカとメロディーを
奏でる、映画のテーマ曲が最高。なんとなく間抜けな感じが、とてもいい雰囲気を
醸し出して、しばらく耳から離れなくなりそうなハッピーミュージックです。
映画全体のハッピーな雰囲気と、ジャストフィットでした。


サディスティック・ミカ・バンド(初回限定版 スペシャルエディション)

(購入者の評価)
 サディスティックミカバンドのDVDは前から買ってあったが漸く鑑賞する機会を得た。感想は二点である。

 一点目。

 DVDの映像作品としての本作に関しては 他のレビュアーの方から相当の異論が出ている通り評価しにくい。コンサートのライブ性は大きく後退し メンバーのインタビューへの傾注が強い。
 DVDの監督は サディスティックミカバンドを題材とした「違うの映像芸術」を作成していると考えると こういう作りもあるかとは思うので僕は否定はしない。

 
 二点目。

 やはりサディスティックミカバンドの格好良さである。

 自分が中年になったから思うのかもしれないが「格好良い」という言葉は 若者ではなくて中高年に向けて使う時に 煌めきが生まれるような気がしてきている。

 実際 メンバー達は 相当の年配者になっているわけだが その連中が演奏し、時に
その音楽やメンバーを語る その姿は 異様に「格好良い」と言ってよい。若い時からの過激さをいかに大事にしてきたのかが素直に伝わってくる。「前衛」という言葉があるが 常に前線部隊で戦っていることは時に疲労もするとは思うが 彼らが いかに爽やかに時代と戦ってきたのか そうして今でも戦っているのかが良く分かった。

 ということで 大変元気が出たDVD鑑賞である。


CUSTOM MADE 10.30 ~Angel Works ~(見習い編)~

(購入者の評価)
木村カエラを「アイドル視」したい人向けの作品。
または、木村カエラの映像を全て入手したい人向け。
奥田民生ファンは必要ないかと。

映画も民生ライブDVDも(まだ)見ていないが、これをみたら映画に興味がなくなる。
決して上手くない芝居とかなり簡単な話であることがバレてしまって逆効果。
木村カエラファンを除くと、映画を見る必要はなく思えてくる。

ただし映画本編のDVDが発売されても、
メイキングの一部と木村カエラ広島弁講座は収録されないと予想されるので木村カエラファンは持っていてもいいかも。


okuda tamio FANTASTIC TOUR 08

okuda tamio Cheap Trip 2006

(購入者の評価)
民生さんのギターサウンドがカッコいいです。そう見せるのも信じられないほどのメンバーが集まって醸し出すグルーヴ感でしょう。非常にタイトで重厚で聞きほれます。それにしても民生さんギターうまいなぁ?。Liveはスタジオと違い、オーディエンスとの一体感が生まれて始めて最高のステージが完成されるものですが、このdvdはそう言う意味でも完成度が非常に高いものです。完璧にロックしてます。ギターサウンド好きの洋楽ファンにもお勧めです。是非ご堪能して下さい。

Double Shopping Drive

(購入者の評価)
ライブの演奏・映像・トーク・・・全面的に文句ナシである。
陽水と民生の音楽。お互いに信頼があり、それに対する聴く者も信頼
しているからこそ、トークが活きるのだ。楽しくてたまらない陽水と
少し困惑気味の民生のやり取り。司会・陽水。ツッコミ民生となっている。
民生が主に作詞した「手引きのようなもの」は、民生の趣味である釣り、
それもルアー釣りの手引きのようなものと、愛のダブルミーニング。
ダブルミーニングな曲は数あれど、ルアー釣りと絡めた詞を作るのは
民生ぐらいのもの。それが陽水の圧倒的な歌唱で艶美な世界へ変わり広がる。
民生と陽水の組み合わせでしか、どう考えても発生し得ない絶妙な世界の代表例。
10年辺り前の過去映像と比較すればわかるが、民生のギターが巧くなっている。
ギターを曲に合わせ使い分け、スライドプレイも魅せる。頑張ってる風はないが、
良い加減の、いいところで、ちゃんと巧くなってる辺りが、民生らしい。
その脇で、10年前から民生を支えているKb.斉藤有太。彼のおかげでオブリも冴える。
「笑って頂いて皆様の日常の御不満を解消していただく。大変な仕事なんですから私達。」
という陽水のWOWWOW観もう伺え、拓郎観も伺え大変興味深い。魅力満載である。


THANK YOU YOSHII KAZUYA LIVE AT BUDOKAN

THANK YOU YOSHII KAZUYA LIVE AT BUDOKAN

(購入者の評価)
やはりライブは最強です。活動休止ライブから毎回見ていますが、いま本当に吉井和哉になったんだと思います。渋い親父でいてください。日本ミュージックシーンで、本当に稀有な存在の方ですから。

ひとり股旅

(購入者の評価)
各地のライブハウスを車で回る様子がロードムービーのようで見ていて楽しい。スタッフによるデジカメ撮影で画像の質はいまいちですが、デジカメだけに民生の素顔がうかがえる一品。MCもとてもグーです。アコギで聞く民生ナンバーも味があってはまります。ただ、もう少し歌が聞きたいなと思います。いずれにしろ民生好きなら必携の作品だと思います。

カスタムメイド10.30 カエラOTプレミアム・エディション

(購入者の評価)
松山ケンイチさんが出てる作品なので見ました。
カエラちゃんも好きですがこの作品を見て後悔しました。
どんな作品でも一応は、早送りもせず最後まで見る私ですが早送りをする回数が多かったです。
カエラちゃん好きには良いかも知れませんね。


TOUR 2000 GOLDBLEND

OT clips of the years

OKUDA TAMIO LIVE SONGS OF THE YEARS/DVD

(購入者の評価)
各地で行われたライブからよいものを厳選していてMCはほとんどありませんが、名曲揃いです。特に「海へと」「マシマロ」に続くライブは客もすごく盛り上がっていて楽しい。またDVDはカバーしている期間も長いので色々な髪型の民生の姿も楽しめます。スカパラとのコラボレーションやアベBとのセッションもおまけでついていましてお得。

TOUR1997 股旅

tamio okuda TOUR“29-30”

(購入者の評価)
奥田民生の現在まで続くライブメンバーとの初期活動を、楽しめるDVDです。ゲスト大物ギタリストを招いての、ロックンロールナンバーは必見ではないでしょうか。

Tour2000“GOLDBLEND”

(購入者の評価)
収録曲も多いし、映像が鮮明。実際現場にいるように思えるほど。男性ファンにも女性ファンにも楽しめる要素は多い。ギターを弾く者にとっても十分参考になるし、すばらしいgibsonサウンドを堪能できる。アレンジが違う曲もあり、新鮮な部分も多かった。

>> つづきをみる

スカイウォーカー (ヤングサンデーコミックススペシャル THE IKUEMI RYO B)

(購入者の評価)
私はいくえみさんと同じ年齢です。
そして、いくえみさんがデビューした時からのファンです。
デビュー作のヒトコマがいまだに忘れられず脳裏に浮かぶほどです。
少女マンガを読まなくなって久しいけれど、いくえみさんのコミックスだけは買ってしまいます。
そして毎回期待を裏切らない作品に感動を覚えます。

民生さんは、まさに、いくえみさんと同時期にファンになりました。
あとがきマンガを読んで「同じ同じ・・・」と笑ってしまいました。
一目見て衝撃が走り、同じように音楽雑誌を買いに走り、CDやライブビデオをすべて買い捲り、擦り切れるほど見るなど、見事にハマっておりまして、弟に「タミオのせいで婚期が遅れた・・・」と言われたほどでした。
当時、私はバンドのライブなど見に行くのはほとんど初めてで、周りは若いファンが多くて、ユニコーンは素晴らしくて、民生さんは可愛くて。
数え切れないほどライブに足を運びました。

そんな、私にとって思い出深いおふたりのコラボ!

私はしばらく民生さんからは遠ざかっておりましたが、いくえみさんの変わらぬ民生さんへの愛、その結実を見て一緒に喜びたいような気持ちです。

民生さんは天才。
そして、いくえみ綾さんも同じく天才です。
ふたりとも何気なくさりげないけれど本物の天才だと思います。

この本のなかでは特に「スカイウォーカー」にジワっと感動しました。
年齢に関係なく読んで欲しい作品だと思います。
これからも、ずっと、作品を楽しみにしています。



別冊カドカワ(総力特集)20th Anniversary奥田 (カドカワムック 266)

(購入者の評価)
音楽関係をはじめ多方面の関係者からのいろ?んなコメントが読めて興味深かったです。
ソロになって以降の民生さんの活動や音楽の方向性みたいなものについて知らなかったことがたくさんあり、ドキドキしながら読み進められました。

ユニコーン時代からのファンとしてはもう少し写真がたくさんあると嬉しかったかなぁ‥?
でも民生さん自身が撮った写真が掲載されていたりして、それはそれで面白かったですね。

知れば知るほど、民生さんは天才だなぁ?と思えます。


奥田民生ショウ 2

(購入者の評価)
13年前に出版された奥田民生ショウに負けず劣らずの楽しい本です。
内容も濃く、やっぱり奥田民生という人間はおもしろい。
宇都宮美穂さんがやけに民生に食ってかかるのも読んでいて面白かったなあ〜
普通、インタビュアーの人って、やけにイエスマンになりすぎてて、
うそ臭いなあと思うのだが、宇都宮さんておもいっきり民生を否定したりするからね、そこがおもしろい。

あと、斎藤孝さんと民生さんの対談も素晴らしい、斎藤孝さんの民生を分析の仕方が本当に笑える。
結局似たもの同士っていうことでやけに意気投合しちゃっておもしろいです。

ほかに小学校の担任の先生の語りとか、小学校の頃の作文なんかもあって読み応えがあります。

奥田民生の本はおもしろい本当に。

GiGS (ギグス) 2008年 07月号 [雑誌]

奥田民生別注 武運復刻

(購入者の評価)
やはりこのようなタレント本は、生臭くて興醒めする。
確かに奥田民生の持つディテールは格好がよい。
これら一つ一つのマテリアルが奥田民生というオリジナリティを生んでいるのも間違いなく、それは人生の楽しみ方を知っているやんちゃな男の子そのものだ。
でもそんな超私的快楽の範疇であるはずの物質主義的ディテールを人様に向けてひけらかされると、さーーっと引いてしまうのは、へそ曲がりの私だけ?頭いたくなっちゃった。

やっぱり奥田民生のよさは音楽の中にしかない。

Go ! Go ! GUITAR (ギター) 2008年 02月号 [雑誌]

広島音楽本4

広島音楽本3

クイック・ジャパン (Vol.62)

奥田民生写真集「Ez」 sabra BOOKS

(購入者の評価)
買いました〜!
この2人の組み合わせと言う事で
お遊び満杯です(笑)
魚眼レンズを使っての本当2人の
お遊びと言う感じですかね。
民生さんがリラックスしている
雰囲気の写真は良いな。
出来れば魚眼で無い方が良かったり
していたりして(笑)


フィシュ・オア・ダイ

(購入者の評価)
民生と他のミュージシャンの人との対談なんですが、
ミスチルの桜井さんとかと対談しています。
民生の意外な一面が見れるかも?!


バンドスコア 奥田民生/記念ライダー2号~オクダタミオシングルコレクション~ (BAND SCORE)

武運―奥田民生別注

(購入者の評価)
民生の好きなものやその他色々載っています。
民生ファンにはたまらない1冊デス(^−^)
愛用のギターもカラーで載っていますよ。


奥田民生インタビュー集「俺は知ってるぜ」

(購入者の評価)
ロッキンジャパンで読んだのばっか。つまらん。でも民生は好きよ!

広島音楽本2

奥田民生くんをもっともっと知りたいあなたへ―タミオ・スペシャル定食

(購入者の評価)
星ひとつももったいない本という事がわかりました。
写真も盛りだくさんではありませんでした。
残念。


バンドスコア 奥田民生/記念ライダー1号~オクダタミオシングルコレクション~ (BAND SCORE)

バンドスコア 奥田民生/FANTASTIC OT9 (BAND SCORE)

ROCKS OFF Vol.3 (シンコー・ミュージックMOOK)

オールアバウト 奥田民生 ギター弾き語り全曲集 完全保存版 (オール・アバウト)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4