小野寺昭

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
小野寺昭 おすすめDVD 小野寺昭 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
太陽にほえろ! 1979 DVD-BOX II

(購入者の評価)
登場から4年もの間 殉職せず、登場直後のひ弱なイメージから、いつのまにか精悍さを兼ね備えたボンも いよいよ 番組から姿を消す日が。

スニーカー登場とボン殉職編は 前後編となっており、殉職編と新人刑事登場がリンクする展開も初めてです。

ところが、ボン殉職で泣いた当時の女子中高生の多くが、手のひら返したように、わずか三ヵ月も経たないうちに10月開始の裏番組に流れていき、番組は 黄金期から 開始以来初の苦闘の時期に。


「雨の中の女」のように、マカロニ時の「俺の拳銃を返せ」を彷彿させる名作もありますが、確かにこの時期の作品は 地味なものが多く、新人スニーカーの魅力を 十分に出し切れていない面もかなりありました。


そこで とうとう 翌80年3月に 強力 助っ人(再)登場となるわけですが…

 


ガメラ 大怪獣空中決戦

(購入者の評価)
本編95分ほとんど無駄なシーンがなく、物語が停滞しない構成、脚本が見事。
今の日本に怪獣が飛来するという設定にも高いリアリティが感じられます。
(命令系統に縛られる自衛隊や、直接表に出て来ない国会審議、首都戦闘状態のために暴落する株価、円等)
ギャオスの造形(中に入っているのが女性なので、翼をたたんで飛行するシーンのシルエットには流線型のなめらかさを感じます。)、
逃げ惑う群衆の上に落下する電車、有名な夕陽を背景とした東京タワー、人間の目線で見上げるギャオスの飛行シーン等
監督金子修介と特技監督樋口真嗣のカット割り、アングル構成は何度見ても感心してしまいます。
怪獣世代の大人には懐かしくもあり、かつ現代でも十二分に通用するエンターテイメント作品です。


太陽にほえろ! ジーパン刑事編I DVD-BOX

(購入者の評価)
1973年7月20日(ブルースリーの命日!!)。ジーパン刑事の登場は冴えない男子に希望をもたらした黒船でした。郷ひろみに代表される美形のアイドル全盛の時期に野暮ったいワイルドなルックス、野太い声、ぶっきらぼうな態度。そのどれもが救いであり33年経った今でも癒されます。ショーケンもよかったのですが彼も所詮沢田研二のようなグループサウンズあがりの元アイドルに過ぎません。松田優作。彼こそは正真正銘男たちの救世主でした。

環境野郎Dチーム vol.3

(購入者の評価)
ついに最終巻Vol .3でました。
『クイズ 環境問題 絶滅動物SP』『NG大賞スペシャル』など全7話。スペシャル企画として『アテレコうまい王』『最終回打ち上げ』が収録されています。
今作はVol .2で感じたマンネリ感を吹き飛ばすテンションの高さです。『NG大賞スペシャル』ではDチームのちょっとした素の部分や現場の雰囲気も垣間見れて微笑ましいです。
環境問題、笑い、感動と全て詰まってます、本当に最高!!ありがとう!


太陽にほえろ! ジーパン刑事編II DVD-BOX

(購入者の評価)
やはり何度観てもラストの演技はすごいです。死に様のかっこよさでコレを超えるものはもう登場しないでしょう。かっこ悪くてかっこよい。ショーケンの作った道をさらに凄まじくした感じが最高です。

死化粧師 ~エンバーマー 間宮心十郎~ DVD-BOX

(購入者の評価)
この作品を映像化するのは難しい。もともと原作の絵柄が好き嫌いの分かれるものである上、話も一話一話が短いので、ドラマ化するにあたってはどうしてもオリジナルな部分を混ぜなければならない。それでも、エンバーマーという仕事の内容や必要性をしっかりと描いてくれているのなら納得もできるが、このドラマは低予算で作られているためか全体的に安っぽく、アイドルドラマのテイストが強かったように思う。原作ファンとしてはかなりがっかりな内容であったので星1つ。

太陽にほえろ! 1979 DVD-BOX I

(購入者の評価)

太陽にほえろ!の歴代新人刑事の中でも特にその成長ぶりが散見できるのがボンボン刑事だったと思います。
テキサス・ボン期もご覧になった方もそうでない方も、成長したボン、ロッキーとの"名コンビ≠ェ堪能できます!



御宿かわせみ選集 第一集

(購入者の評価)
「御宿かわせみ」と言えば、もう20年以上にわたり多くのファンを持つ平岩弓枝さんの作品です。元は八丁堀の鬼と呼ばれた同心の娘で、今は大川端のかわせみと言う小さな宿の女主人をしている「るい」と、その幼馴染で与力の弟「東吾」。このふたりの切ないながらも一途な恋を縦糸に「かわせみ」に纏わる様々な人たちが巻き起こす事件を織り込みながら、江戸の情緒を紡ぎだす作品です。「御宿かわせみ」も幾人かの方々に演じられて来ましたが、連続物としては初代にあたるこの作品は、原作に忠実に、実に丁寧に作られた作品として多くのかわせみファンの間でも評判の高い物です。中でも一番人気の「江戸の子守唄」の入った第一集 は必見に値します。今は亡きハナ肇さんが娘を思う父の愛を演じた「秋の蛍」も入っており是非お勧めいたします。 

太陽にほえろ! 1977 DVD-BOX 1 ロッキー刑事登場!編 (初回限定生産)

(購入者の評価)
スコッチ転勤?ボン単独編を経て、満を持して登場した新人刑事岩城創ことロッキー。ヒゲ面のワイルドな風貌や一係のドアを壊しての初出勤、加えて拳銃恐怖症という設定により、登場編はかなりのインパクトがあって面白いです。オーディオコメンタリーも必聴です。新人刑事としては最長の五年もの期間活躍したロッキーの記念すべき初登場編の他、ボン&ロッキーの名コンビ誕生、活躍や初の海外ロケ編など名作エピソード揃いで買って損はないです。今作の安定期の面白さが体験できますよ。

御宿かわせみ選集 第六集

太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX I

(購入者の評価)
やはりショーケンの太陽にほえろは革命でしょう。当時の子供たちにかっこわるいことのかっこよさを教え40過ぎた今でもショーケンの教えは有効です。マジにかっこいいとは彼のことです。

太陽にほえろ! 1977 DVD-BOX 2 ボン&ロッキー編 (初回限定生産)

(購入者の評価)
14話の短い収録話数の中で、名作・秀作エピソードが揃っている。ボン&ロッキーの活躍、スコッチ再登場編や後にロッキー刑事の妻、そしてマミー刑事となる早瀬令子初登場編、ベテラン刑事達の名作エピソードなどどれも見逃せない。映像特典やオーディオコメンタリーでもわかると思うが、ボン&ロッキーは太陽にほえろが産んだ最高のコンビ。特にロッキーとコンビを組んだことによって先輩刑事として魅力を開花させたボン=宮内淳の活躍は見逃せないですよ。ボンもいつの間にか自分のことを俺って言ってますから(笑)

太陽にほえろ! マカロニ刑事編II DVD-BOX

(購入者の評価)
本作はGSアイドル出身のショーケンがテレビにおいてアンチヒーローというテーマを確立しジーパン松田優作へとそのバトンを渡しショーケン自身は傷だらけの天使へと向かった記念すべき作品です。永遠のヒーロー像である石原裕次郎の元、アンチヒーローという反体制を掲げたショーケンはパンクそのものです。ショーケンがセックスピストルズならそのイズムを拡大させた松田優作はクラッシュでしょうか。今、ヒーローなどという口はばったい題名のドラマで半端な正義をふりかざすアイドル俳優など足元にも及ばない。彼はせいぜい女子供にしか人気のないベイシテイローラーズだ。

ガメラ 大怪獣空中決戦

(購入者の評価)
前作「宇宙怪獣ガメラ」から15年振りの復活。ギャオスが「超古代文明
による遺伝子操作で出来た生物」という設定も過去のシリーズからの継承。
破壊された東京タワーに巣を作るギャオスの夕日シーンは印象的。空を飛ぶ
ギャオスの特撮シーンなどは今観るとイマイチ。復帰作にしてはパワー全開で
後のシリーズに繋がった。
中山忍ファンの小生にしては感涙もの。


御宿かわせみ選集 第五集

HOTEL シーズン3 後編 DVD-BOX

環境野郎Dチーム vol.1

(購入者の評価)
なんじゃこりゃと思いましたが、伊吹吾郎氏のくそ真面目で堅苦しい台詞廻しに爆笑しました。伊吹氏がアイドルには難解な質問をぶつけ、アイドルと伊吹氏との間に絶妙な空間が存在し苦笑させられる筈です。

御宿かわせみ選集 第四集

HOTEL セカンドシーズン DVD-BOX

実録 大日本菊水会 双龍伝

>> つづきをみる

ぼくの山登り いつも雨

裁判実務大系 (5)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4