大坂志郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
大坂志郎 おすすめDVD 大坂志郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
東京物語

(購入者の評価)
昔の映画はスローだ。 でも、この映画は退屈しなかったと言うより むしろ、最初の風景からすぐ引きずり込まれる。 おずさんの風景の描写の美しさ、音楽の効果、原さんの天使の様な美が魅力的なのは言うまでもないが、私たちが忘れている心を思い出させてくれるのがこの映画だ。 地方の方言、そして昔の標準語これだけ美しかったかと思い知らされる。  人の死を前にしての切なさを温かく描いてある。 見ると海外で絶賛されている理由がわかる。 この映画を見て感じる感情は万国共通だという事。 そして、登場してくる俳優さん、全員がすごくいい。 この値段で損はない。 購入をお奨めします。  

伊豆の踊子

(購入者の評価)
現代日本ではもう絶対と言ってよいだろう、ありえないような「初恋」という話なのだ、「伊豆の踊子」っていうのは。
この話は何度も何度も映画にされている話のひとつだが、吉永小百合さん十代の出演作は、多分歴代女優その中でももっともはまり役だっただろうと思う。

十六になる踊子はまだまだ無邪気で幼いが、自らのその人生の宿命的な行き先を時折かいま見せられる。
そのつきまとう影がよけいに現在の初恋の高揚感を輝かせている。
現代では身分による宿命的な関係の絶望感などと言うのは取りあえずない。
それでも多くの人は共感し自らの初恋の記憶をたどることだろう。けして時間の中に永遠を求めることの叶わなかった初恋の記憶を。

旅芸人の一家、そのおさない踊子の短い旅の道中の淡い思い、そして幸福感の美しさははかり知れない。はかり知れないから切ない。切ないから貴い。

安吾の「恋は人生の花だ」というのがとてもうなずける気持ちにさせられる。
思えば、ぼくが踊子や書生と同じ年だったら、悲しくて反逆したくて仕方なかったような話なのだけれど。


赤い波止場

???1958年。「太陽の季節」のチョイ役でデヴューした石原裕次郎だが、大スターとなるべく資質を見いだした日活首脳陣は、裕次郎主演作を続けざまに製作。この「赤い波止場」も、そうした量産体制で作られた日活アクション映画の1本だ。
???デビュー間もない舛田利雄監督が、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の「望郷」をベースに、神戸の港町を舞台に殺し屋二郎(裕次郎)と個性的な面々が繰り広げるドラマ。真っ白いスーツをかっこよく着こなした裕次郎の姿が、モノクロ画面にシャープに映える。ドラマそのものは、やや未整理な感じを受けるが、単なるアクション映画ではなく、二郎という個性的なキャラクターに加え、大阪志郎演じる野呂刑事、子分タア坊(岡田真澄)ら、一癖もふたクセもある連中と二郎のやりとりが楽しく描かれている。
???なお本作は、後年裕次郎と人生を共にする渡哲也主演「紅の流れ星」として、同じ舛田監督の手でリメイクされた。(斉藤守彦)


赤い夕陽の渡り鳥

(購入者の評価)
このシリーズ。基本的には全部一緒なんですがどれを観てもハズレがないというすごいシリーズです。アキラと錠のコンビはもう最高です。

お嬢さん社長

喜劇 爬虫類

大殺陣

(購入者の評価)
「十三人の刺客」を最高傑作に推す人間も多いが、個人的には「大殺陣」こそ集団時代劇の最高傑作と信じる。
 エキスパート集団「十三人」に対して、大殺陣の彼らは志を持って集まった仲間(戦闘力問わず)……が計画半ばで頓挫して崩壊寸前になって、官憲の手に落ちて拷問されまくって、もオやってられない状態に突入した直後から物語がスタート、どいつもこいつも「極めて自分本位」。
 その究極は稲葉義男なのだが(ネタばれ系)、やはり画面上でのインパクトは山本麟一先生……何といってもかつての上司を売り飛ばすわ、仲間(宗方奈美)を強姦するわ、二度目に拒まれたら殺しちゃうわ、で鬼畜の限りだが、こいつが主人公側メンバーで戦闘力ではナンバーツー、おまけに最後まで特に悪いことをした報いなんか受けないアナーキーぶり。河原崎長一郎も自分の兄の復讐に燃える若者かと思ってたら最終襲撃作戦の前には壁に自分の名前をイジイジ彫ってたりするヘタレぶり、大坂志郎だけはいつものやさしいおじさんで「常識人だなあ」とか思っていると、あれよあれよと「お父ちゃ〜ん!(詳細は画面で)」に突入、ビックリすること請け合いである。
 そんなしょーもない奴らが立ち向かう相手は、大友柳太朗・大木実という自信満々コンビ。しかも部下は熱湯拷問なんか平気でしちゃったりする超強力な冷血武家組織。絶対に勝てない感まんてん。
 しかし、しょーもない親友・中島君(自分の死を覚悟する時のウルウル目がたまらん)の乱入を受けて、妻・三島ゆり子を殺された里見浩太郎の行動の足跡をたどれば、テロリストへの階段を着実に登っていくビルドゥングスロマン! 当初の「なんで俺が」状態から、ラスト前の「明日は死んじゃうからなあ」まで、巻き込まれ型の主人公としての成長が著しい!
 そして、里見の死によってスイッチが入る平幹二朗。「行動だけが人を動かす」というハードボイルドの命題がここにある。


新・だいこんの花 DVD-BOX

二人の世界

雑居時代 DVD-BOX2

(購入者の評価)
 生まれて初めて好きになった俳優は石立鉄男だった。70年代、ユニオン映画社が製作し、東宝クレージー・キャッツシリーズ等の才気あるコメディを手掛けていた松木ひろしを中心とした脚本家たちが構築した、作品は異なれど“口は悪いが思いやりが深い陽気な二枚目半”的なキャラクターをコミカルに演じたNTV系の「水曜8時石立劇場」での人情悲喜劇は、10代前半だった私にとって、本当に思い入れが多いプログラムであった。中でも、今作と「気になる嫁さん」は、再放送も含め、何度も繰り返し見ていた生涯忘れえぬ傑作だ。男手ひとつで5人の娘を育ててきたある一家に、男のかっての親友の一人息子が同居してくることから巻き起こる壮絶なホーム・コメディだが、可笑しさの中に“家族”とは何かを考えさせられるシリアスで心の琴線に触れる部分があった。このドラマ、元々石立シリーズ第1弾の「おひかえあそばせ」のシチュエーションをそのまま頂いており、いかに作り手が気に入っていたものなのかが分かる。石立の役柄はフーテン・ジャックと呼ばれる饒舌な皮肉屋だが、その実、義理と人情に厚い自身の得意なキャラで、大いに笑わされながらも、グッと熱い思いにさせられる名演だ。そして、今作は、石立のみならず、各出演者のアンサンブルが絶妙なドラマでもある。大原麗子は芯の強さと美貌を兼ね備えて素敵だし、川口晶は勇ましいし、大坂志郎や川崎敬三ら男性陣はその気の弱さと情けなさが絶品だ。そして、杉田かおるはお茶目で大人びた五女役(その名も阿万理!)で、有名なチー坊よりも遥かに強烈で魅力的と思えるキャラを演じて、今日の彼女を連想させる(笑)。石立自身はマスコミ嫌いで知られ、実際はドラマのキャラとはかなり違ったようだが、ブラウン管でのその姿は、ファンにとっては、いつまでも残り続けるだろう。合掌!

飢える魂 完全版

???生活には何不自由ないものの年の差が離れ、しかも自分のことを秘書か娼婦のようにしかみなさない夫に不満の令子(南田洋子)は、ある日、天童財閥の分家の御曹司・立花(三橋達也)に言い寄られ、次第に心が乱れていくのを抑えきれなくなっていく。一方、礼子の友人まゆみ(轟夕起子)は二人の子を育てる未亡人で、病弱の妻を持つ下妻(大阪志郎)と不倫の関係にあったが…。
???二人の女性が幸せを求めて心の彷徨を繰り広げていくさまを名匠・川島雄三監督が赤裸々に綴ったメロドラマの秀作。正続の2部構成で製作されたものだが、本DVDは2作を一挙収録しているのが嬉しい。キャストでは南田の大人びた佇まいや三橋のダンディズムが光る。轟の息子役・小林旭はこれがデビュー作となった。この時期、川島監督は新聞連載小説の映画化に才を見せて勢いづいており、本作もその流れの中でエネルギッシュに演出されている。なお本作の後、彼は傑作『幕末太陽伝』を撮ることになった。(増當竜也)


悲しき口笛

わが町

(購入者の評価)
幾多の不幸に挫けず豪快に活きる。
死ぬまで体で懸命に働く。
ベンゲットのターやん。

わが町、大阪風情は、ほのぼの人情。
辰巳柳太郎、南田洋子の熱演は、見事の一言。

ラストの微妙な展開は、様々な感慨を呼ぶ。

明治の気概、日本人の気概は、何処へ向かうのだろうか。




雑居時代 DVD-BOX1

(購入者の評価)
石立鉄男という希有の才能を得たことは、70年代の日本のテレビ界にとって、そしてあの時代を生きた人々にとって幸運なことであった。「雑居時代」は石立作品の中でも「パパと呼ばないで」と共に評価が高く、個人的には「水もれ甲介」や「気になる嫁さん」のほうが好きであるが、「雑居時代」のウェブサイトを立ち上げている方がいるほどファンは多い。

確かに石立鉄男の演じる十一というキャラクターは口は悪いが心は優しいという石立鉄男の独壇場であるキャラクターの極致であり、またそれを受けて立つ大原麗子のセクシーな魅力には他の追従を許さないものがある。富士真奈美、山田吾一、山本紀彦といった石立ドラマの常連も健在で、石立とのやりとりが相変わらず見逃せない。加えて川口晶のキャラクターも出色である。山口いづみもこの作品には特に思い入れがあるようで、彼女のブログにもその思いは鮮明である。

「気になる嫁さん」ほど深刻なテーマは扱っていないが、ある意味そのおかげてより気楽に楽しめるコメディーに出来上がっていると思う。昭和を美化することは好きではないが、このドラマを見ていると昭和の良さに思わず引き込まれずにはいられない。


パパと呼ばないで DVD-BOX II

(購入者の評価)
この舞台であった東京には、他人を間借りさせるという下町情緒も、まだ
色濃く残るという時代であり、そんな中、店子と大家が一つ屋根の下で、
ひとつの家族として何かを育くんでゆくという彼らの泣き笑いを描いた、
昭和47年のドラマが、この「パパと呼ばないで」である。

彼らの同居生活から、町内の住人達との、心を寄せ合わせる生活と、

滑稽さと、楽しさと、人情が、常にそこにはあった。
やがてチーボーを探し当て、実父が引取りに現われる事態がやって来るが、
戸籍上の実父や親権との狭間で強いられた右京さんの答えには胸を打つ。
一緒に苦楽を共にした身近な者達が、彼女の本物の幸せとは何かを、
物や形式を超えたところにこそ、その答えをが在ることを、何時だって

このドラマは雄弁に語ってくれた。
是非、右京さんや井上精米店の人々の心の交歓に触れていただきたい。

また、あの頃の家族にに再会できるような、そしてまた最終回を見終わ
れば、もう彼らと再会できない寂しさを覚えてしまうような、これは
そんな優しいDVD_BOXである。

大曽根家の朝

おひかえあそばせ DVD-BOX

(購入者の評価)
ユニオン映画時代のいわゆる「石立ドラマ」の第一作である。「奥様は18才」から抜擢された石立鉄男と日活の千野監督、そして脚本家の松木ひろしがタッグを組んだ記念すべき第一作でもあるが、主演は大阪志郎である。後に「気になる嫁さん」で名コンビとなる山本紀彦との共演も見逃せないが、まだ初々しさの残る石立の演技が興味深いし、「マルサの女」で一躍脚光を浴びた宮本信子や、当時、青春スターであった岡田可愛、鳥居恵子等が出演しているのも嬉しい限りだ。

松木ひろしの脚本が、その後の作品に見られる軽妙さを欠き、千野氏の演出もどこかまだぎこちなさが残っており、ドラマとしてのクォリティは高くはないが、石立ファンには貴重な作品だろう。この作品があって「雑居時代」があったわけだが、「雑居時代」の試作として見れば歴史的価値は大きい。


パパと呼ばないで DVD-BOX I

(購入者の評価)
言うまでもなく昭和を代表するホームドラマ、シチュエーションコメディの傑作である。亡くなった姉の一粒種を預かった独身サラリーマンの奮闘を、佃に住む下宿先である米屋の人々との交流とともに温かく描いている。基本がコメディであるから高いリアリズムを期待するのは野暮というもの。しかし、70年代を風靡した石立作品の中では「水もれ甲介」と共に、比較的リアリズムを重視した作品に出来上がっている。

松木ひろしの他に、向田邦子が脚本を担当していることが興味深く、それがまたこの作品の奥深さに貢献しているのかもしれない。「気になる嫁さん」や「雑居時代」の軽妙な会話のやりとりは少なく、またハチャメチャなスラップスティックの楽しさもないが、作りがしっかりとした石立劇場のペーソスを噛み締めながら味わって欲しい。


喜劇・爬虫類

悲しき口笛

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4