大沢樹生

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
大沢樹生 おすすめDVD 大沢樹生 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
完全なる飼育 赤い殺意

(購入者の評価)
佐野史郎さんの迫真の演技・伊東美華さんの体当たり演技が最高でした!
伊東さんが陰毛を剃られて、股間にシッカロールを付けられるシーンといい
全裸で歩き回るシーンといい、よく局部が見えなかったと思いました。
当然、見せないようにしているのですが、興奮しましたよ。


鍵 THE KEY

(購入者の評価)
谷崎潤一郎の世界だといえばそれなりに納得もできるが、ストーリーも演出、
演技もあまり心を捉えなかった。この作品を映画化してみせたことに意義があ
るのかもしれない。



紅薔薇夫人

(購入者の評価)
坂上香織様 あなたの美しさに参りました。わたくしをぜひ下僕としてお使いください。一生懸命、あなた様を満足のいくように縛り上げ、吊るし上げ、股間を思いっきりいたぶって差し上げたく存じます。それはともかく、大東亜戦争惨敗の、とある色街。戦争でズタボロ状態になっている男は、戦中は従軍ライターとして戦地で傷痍軍人たちを取材していたのだった。その取材で出会った兵隊さんに聞いた、天女のような心身ともに高貴で美しい「奥様」にこの街で直に会うことになり、やはり心酔し、身も心も捧げる味方となる。彼女は亭主の後始末に娘とともに陵辱されることになる。その窮地に、敗戦の痛手により信じられるものの一切を喪失したはずの男が立ち上がるのだ。エロはすごいのだ。

龍が如く~序章~

(購入者の評価)
映画版の北村一輝は文句なくよかったですが船木もまた別の観点からいいですね。演技はともかくやはり元格闘家だけあってアクションの切れは最高です。錦山役の大沢樹生はどうでしょうか?映画版の真木蔵人といいどうも錦山役はむずかしいようです。個人的には永澤俊也あたりはどうでしょうか?

涙でいっぱいになったペットボトル〔カンペの手紙〕

必殺!5 黄金の血

美しい罠 完全版 第2部 後編 DVDボックス

美しい罠 完全版 第2部 前編 DVDボックス

美しい罠 完全版 第1部 後編 DVDボックス

(購入者の評価)
登場人物は誰一人善人がいません。誰もが自分の目的を達成するため、手段は選ばない。時には残酷なまでに愛を利用し、そして愛に裏切られ・・・。人間の魅力というものは、必ずしも誠実さに息づくものではないという事に気付かされます。見終わる頃には、すっかり登場人物人物全員虜になってしまいました。華麗にして残酷、しかし狂おしいほど切なく、美しい人間達の織り成す悪の華。見るときはハンカチを忘れずに。

美しい罠 完全版 第1部 前編 DVDボックス

(購入者の評価)
何が凄いかというと、全て凄いです。心地がいいストーリー展開に、頭に深く刻まれる深い台詞回し。

先がどうなるかと、一話一話に見入ってしまって、気付いたらこの作品の虜になっています。それはやっぱり脚本のうまさなのかなあ、とも思いますが、美しい映像や、その脚本を違和感なく生かしている監督も凄いです。

キャストも文句なく豪華だし、これが時間も少なく作られた昼ドラとは思えない出来。

脚本は、やはり深くうまくじらしてくれたり、その台詞一言の裏に、独特の刺を含ませて表現していたりして。
後から見返すと、その台詞の本当の意味に気付いたり、その時に、その人物がどう考えているのか、改めて考えさせられます。

付け足すと、気付いたらハマっていた昼ドラの脚本は、全部この人が書いていたりします。やはり、そう言うのは分かってしまうのでしょうか。見なければ損だと思います。


実録・四国やくざ戦争 血戦 松山抗争終結編

実録・九州やくざ抗争 誠への道

実録・九州やくざ抗争 誠への道 完結編

行動隊長伝 血盟

(購入者の評価)
これほどせつない竹内力を観たのは初めてです。いつもの強気でイケイケの竹内力しか観たことない方には、ぜひ観てもらいたい!
やくざ社会のせつなさを表現した心に響く作品です。


運命の出会い サラブレッドにかけた夢

(購入者の評価)
「将来はダービーに勝つ馬を作りたい!」と、幼少の頃に夢を繋げた。
一時は恵まれない時期もあったが、長い間護り続けたこだわり、
それはサンデーサイレンスが来る前に、
名種牡馬ノーザンダンサーの直仔、ノーザンテーストの仔
ダイナガリバーによって叶えられた。

その後サンデーサイレンスが日本に来てからの産駒の活躍は
ダービー制覇など、様々な面で貢献し続けている。

サンデーサイレンスのあまりに短かった種牡馬生活、
そしてサンデー産駒の活躍を見ぬまま世を去った吉田善哉さん。
競馬が本当に好きであれば、見て欲しい作品である。

実録・鯨道 青春編

想い出にかわるまで DVD-BOX

(購入者の評価)
今井美樹さんと言うとこのドラマを思い出します。だいたいの感想は他の方のレビューと同じ事を書いてしまうので、あえて書きませんが、少し前に共演者の石田純一さんがこのドラマの事をいろいろTV番組でおっしゃっていましたが、続編のお話やスペシャルドラマの企画も当然にあったのですが、美樹さんが役に入り込みすぎて、このドラマの撮影中は毎日が辛く精神がおかしくなるくらいに役になりきっていた為、美樹さんが「もうやりたくない」とお話を断ったそうです。ストーリー的にあの後のお話は「どうかな?」って言うのはありますが、続編も見てみたい気がしました。また当時の美樹さんのヘアスタイルやファッションなどに憧れ、真似する女性が多かったのも覚えています。美樹さん自身も思い入れがある作品だったのかと思いました。

実録・鯨道 抗争完結編

実録 大日本菊水会 双龍伝

日本製少年

(購入者の評価)
「どうしても今作らなくちゃいけなかった映画。 どうしても今見て欲しい映画。」 劇場公開時に配布されたパンフレットには、最後にそう書いてある。 親を殺そうとした大和を「かっこいい」という薫。 ティッシュ配りをする薫から何度もティッシュをもらい、薫に近づく大和。 エスカレーターに座りハンバーガーを食べる二人。

鈴木一功の恐ろしいまでの演技力。 そして監督及川中の計算し尽くされた脚本(何とアドリブは一切無く、また許さなかったそうです!)。 世界中の人に見てもらいたいですが、 なかでも特に若い世代の人に見て欲しいです。 薫の作るストロードールもかわいいですよ。

>> つづきをみる

Trip―大沢樹生写真集

一試合完全燃焼!―アストロ球団キャラクター写真集

(購入者の評価)
「写真集」という言葉通りの一冊。
長年の原作ファンの方にはどうなのかは分かりませんが・・・
キャストの人も好き!と言う方には十分楽しめると思います。
名場面ばかりですから!!


硬派 (光Genji全集)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4