大竹まこと

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 
大竹まこと おすすめDVD 大竹まこと おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
シティボーイズの「灰とダイヤモンド」 ~新老人の集い~

シティボーイズミックス PRESENTS モーゴの人々

シティボーイズミックス PRESENTS だめな人の前をメザシを持って移動中

(購入者の評価)
舞台も見に行きましたが、
今回は放送コードや音楽版権に引っかかっていないので舞台同様に見ることが出来ます。

が、チョップリンはキャストとしてどうかなぁと疑問に感じました。
はっきり言って足引っ張りすぎ。

単発のショートコントが続くだけで最後の方にちょっとだけリンクしている程度で終わってしまっていて、くすくす位しか笑えません。
毎年舞台を観に行っている方で、見ていない人には良いかも。
舞台を見た人には勧められません。
NOTAを見た人にも勧めません。

メンタル三兄弟の恋

(購入者の評価)
斎木しげるのパチンコネタだけでもこの値段の元は取れます(^.^)b
今夜もドル箱での斎木さんを見ていたかたは特に必見です。
5000円でパチンコを打つぐらいなら絶対にこのDVDを買うことをお薦めです!
笑いの確変が終わりません\(^O^)/
それと、スキル王国とメンタル王国の話もま


麻雀放浪記

(購入者の評価)
ずいぶん前に見た映画だが、衝撃を受けた映画の一本である。まっとうに生きている真面目な
ひとたちの映画とは言えないが、賭け事に文字通り命をかけている雰囲気が画面から伝わり、
ぞくぞくしたのだった。演技は若いけれども、真田広之はやはり新鮮でいい。鹿賀丈史は
こういう映画の汚れ役にどうしようもなくはまっている。この映画も見て損はない。


Last Dance-離婚式-

真夜中まで

(購入者の評価)
トランペットを持ってひたすら逃げる。トランペットを吹く姿もカッコいいけれど、時間が無いと言いながらも最後まで付き合ってしまうキザで優しい姿最高です。メイキングは素の真田さんが見られて益々好きになりました。ストーリーも良くバックにはジャズの音楽が流れてジャズが好きな人は楽しめると思います。


麻雀放浪記

(購入者の評価)
 和田誠の監督デビュー作だが、彼の膨大な映画的体験からすればSF大作でもアクションでも平均点以上のレベルの作品が作れそうだが、このような小品をセレクトしたのは好感が持てる。思えばクリント・イーストウッドやロバート・レッドフォードの監督第一作が地味な作品であったし、派手な仕掛けのない分、ある意味で本当の実力の見せ所である。驚くようなカメラワークや自己満足的な変則的アングルなどはなく、手堅い演出で観客に過剰なテクニックを意識させないのがよい。(和田誠ならば、やろうと思えばいくらでも凝った演出ができるのに)
 キャストもゲスト出演や友情出演による大スターの動員はせず、若い真田広之と大竹しのぶを中心に、高品格、鹿賀丈史、加賀まり子、名古屋章、加藤健一など手堅い共演陣で、この脇のキャラクターの描き方が秀逸で、期待に応えた俳優たちの演技も見事だった。


松尾スズキの頭ン中

(購入者の評価)
大爆笑ではないですが、くすっと笑えます。
松尾スズキが考える「いい話」とは? 他の人では作れないお話が面白いです。
大人計画の俳優さんがいい味出していますね。

余談ですが、金原ひとみさんを初めて見たんですが(写真以外で) 本のイメージでロックな方なんだな?と思っていましたが、かなりかわいかったです。


男女7人夏物語(4)

男女7人夏物語(2)

男女7人夏物語(5)

男女7人夏物語(3)

男女7人夏物語(1)

必殺仕事人 VOL.20

(購入者の評価)
ラスト前です(泣)。長いねぇ…。今じゃ考えられへん。でも、当時は人気あったんでしょうねぇ…まだ、ワンパターンじゃないよ。ていうか、仕事人シリーズ、必殺シリーズにワンパターンなんて無い!かな…

クレイジー・コップ~捜査はせん!

マリアの胃袋

(購入者の評価)
元上司の幽霊が見える見えないという部分に説明がなく御都合主義を感じる。
一応ホラ?ということになるようですが、別に怖くないし、気持ち悪いというほどでもありません。
服装や台詞回しが時代の雰囲気を醸し出していて恥ずかしさ満点。


下半身暴走紳士 極楽ハンター

クレイジー・コップ 捜査はせん!

>> つづきをみる

マンガ 道元入門―真の仏法を求めた魂の軌跡 (サンマーク文庫)

(購入者の評価)
道元の思想の入門というよりも、
道元の人生をさらりと簡単になぞるのにはとてもいい感じ。

とりあえず、
道元ってどんな人だったのか知りたい人には最適!?


結論、思い出だけを抱いて死ぬのだ

(購入者の評価)
大竹さんはテレビで怒鳴ってる印象が私的に強いのですが
文章がやわらかくてとても気持ちよく読めました。
とてもくだらなくて、あまり真剣に読むもんじゃないと思います。
だからこそちょっと何か読みたい、って時に丁度良いです。


武満徹―Visions in Time

こんな料理で男はまいる。 (文芸シリーズ)

(購入者の評価)
私、料理音痴です。というか、実家住まいで母が作る(父も作る)ので、私の出番なし。そのため、カレーと肉じゃがしかまともなものが作れない。で、これに頼ってみました。彼が「ナイスメニュー。気に入った。美味しい」と言ってくれました!といっても、私は材料を用意し、手順を言っただけで、実際には彼が作りました・・・・。私的には、確かに美味しいけど、そんなに感動するほどのものじゃないと思ってました。けど彼は美味しい美味しいとガツガツ食べてました。またチャレンジしてみます!てか、今度はちゃんと自分で作ってみます。

COOL JAPAN THE EXPLODING JAPANESE CONTEMPORARY ARTS―疾走する日本現代アート

(購入者の評価)
表紙のポップさもさることながら、今までの小難しいアート解説書とは一線を画する本。

写真が多く、読みやすく、とっつきやすい。

近年、日本の現代アートが世界で高い評価を受けているが、本書のように分かりやすく、そして深く現代アートを取り扱ったものは稀ではないだろうか?

なにより嬉しいのは様々なアーティストの作品が大判の見開きで見れることだ。なかなかみれなかったアーティストの作品もゆったりとしたレイアウトで見れる。そういう意味では、オムニバス画集みたいな楽しみ方もできるから、へたな画集買うよりお得感があり、しかもこの価格というのは、かなり安いと思う。

村上隆は分かっても他のアーティストは...という方にはもってこいの一冊。

こんな料理で女もまいる。

(購入者の評価)
三者三様の見方が出来る本だと思います。男性でも女性でも料理初心者でも料理経験者でもナニが凄いって…『コレなら私にも出来るかも…』と、思わせてくれる垣根のヒクイ【解説】と【レシピ】にシンプルで参りました。コレなら大切な人に照れずに料理を作ることが出来そうです。

韋駄天MTBオフロード・ライディング―実戦的林道山道縦横無尽走行術

現代デザインを学ぶ人のために

囲碁・実戦に強くなる定石の選び方

経済政策とマクロ経済学―改革への新しい提言

(購入者の評価)
マクロ経済学の学習と言えば、IS-LM分析と各学派の主張を理解することと考えている方も多いと思う。
実際、学部の授業にしろ、公務員試験にしろ、各資格試験にしろ、その分野にばかり光が当たる。
「このような学問が現実の経済問題の解決に役立つのか・・・」と嫌悪感を抱くのも否めない。

本書は、そのように考えたことのある方々に向けられるべき書物に思う。

一定以上の知識があれば学部生でも十分に読める水準であるし、
自宅で気軽に読む書物としても、大学授業の教科書としても利用可能である。

経済政策に興味をもつ方ならば、是非一度は読んでみて欲しい。
読後には、自身の視野が少なからず広がったことを認識できる筈である。

新発見より道街あるき

ぼくのしょうらいのゆめ

(購入者の評価)
 新聞でタイトルを見てすぐ買いました。中身はともかく最近こういうタイトルに弱いんだよね。
 登場する方々は大体僕と同じくらいの世代の人たちで、それぞれユニークな分野で成功していて今は安定している。皆異才を放っているけれども、昔は苦労している人が多いね。戦前生まれの人たちは特にものすごい社会的な変化とか悲劇を体験している。僕を含めて戦後生まれの人には出来ない経験をしている。
 皆小さい頃から好奇心旺盛で、自分の興味に忠実で、ある人は自分に対して実に頑固でさえあった。自分も振り返るとそういうことが昔は許されたし普通だったんだな、と懐かしく思う。最近まで、高度成長期の影響が大きかったと思うけど、中流家庭が増えて人々の夢が画一的で人間的なユニークさをなくしてしまうようなところがあった。でも、今後はまた個性とかユニークなものとか、人間的なオモシロさとかが普通になってくる社会を期待したい。
 僕は、固くて柔軟性の無い半ば強制的な社会よりも、柔らかさがあって個性の発揮を重んじもする社会の方がずっといいと思うし、その方が皆んなもっと生き易い思うんだ。
 そんなことを考えさせてくれた一冊でした。


囲碁・強くなる実戦詰碁100

(購入者の評価)
このシリーズは、とにかく勉強になります
絶対買いです!!


囲碁実戦に強くなる基本定石25

(購入者の評価)
基本的な定石の運用の仕方を、プロの打ち碁も題材にして、やさしく紹介してある。特に、この場合は良いけど、この場合は駄目と、定石の意味を初級者にもわかるように解説してあって、初めて定石を学ぶ人にはありがたい本。ところで、有段者にとっても、目から鱗。プロが本気で初級者むけに書いた本です。お勧めです。

アーバン・テクスチュア (住まい学大系)

元の面子と市場の意志―中華思想にみる経済の原点

(購入者の評価)
本書は投資家である大竹氏が歴史から知見を学ぼうというコンセプトから老人と弟子をいう設定での対話という形ですすんでいきます。
その発想自体面白いなーと感じました、
歴史は繰り返すとはカンタンにいえますが「その背景にどんなものがあり、どういう対応をすれば失敗を回避できるか?」という視点でもって読んでみると発見がありおもしろい。
著者の本は毒舌的なものが多いですが、本書に限ってそういう部分がなく相手の方と対等に接しているので無駄に神経を使わなかったのでそこもよかったです(笑)、
内容は結構むずかしくこういう歴史系の類の本を読まれている方でないととっつきにくいかなーとは感じました。
本当は☆4.5です。


よくわかる図解体験的ワープロ入門―基本知識から実戦文書作成まで (1985年)

街の忘れがたみ―寄り道少年の夢

(購入者の評価)
こういう考現学的なもの、路地裏的なものは興味をそそる。私も、知らない土地に行くと、わざわざ彷徨ったりもする。出張なんていうのは良い機会で、時間に余裕を作り、ふらふら歩く。それも、部署が変わってなくなった。

この本は、そもそも「新発見より道街あるき」を発見したことから読むに至った。

この著者は15歳くらい上である。でも私の生まれた池袋界隈に住んでいて、この本の中心的話題が、そういった地域なので、懐かしみもあった。

私は物心付いた頃には世田谷に居たが、そこにもくず屋のおばあさんが来て、家の前の坂でリアカーの後押しをしてあげたりもした。
母が優しい人なので、家の前庭でくず屋さんたちに休憩させてあげたりもしていたが、あるとき、置いておいた真ちゅう製のストーブを持っていって、その後来なくなった。
チンドン屋なども懐かしい。
街の風景も変わったものだ。あの頃のゆるい、気楽な生活は、自分が生活者となってしまったために変わったのか、そもそも社会が変わったのか。
そんなことを考えながら、父と同い年の叔父の葬式で行った松山からの機中で読み終えた。

時代は流れ、帰らない。重いでは消えていって、これも、なにかのきっかけを与えられなければ戻って来ない。


生活の中の化学物質―内分泌かく乱物質とダイオキシン

さつまいもの話―詩集

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4