大鶴義丹

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 
大鶴義丹 おすすめDVD 大鶴義丹 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ナースコール

(購入者の評価)
「ナースのお仕事」でベテランナース役がすっかり板についた松下由樹さんも出ています。この映画では、ベテランナース役の薬師丸ひろ子に対して、仕事に燃える3年目のナース役に挑んでいます。彼女からは「ナースのお仕事」の尾崎役につながるものを感じます。「ナースコール」から「ナースのお仕事」まで続けてみて、ナース役の松下由樹さんを観てみてはどうでしょうか?・・・「ナースのお仕事ザ・ムービー」のいじわる婦長の根岸季衣さんも出ています。

あの日の僕をさがして

(購入者の評価)
安曇野の美しい風景の中で撮影された恋愛ドラマです。当時美人であり演技派女優でも有名だった仙道敦子さんが主役です。最後は大鶴さんと結婚する役だったのですが、途中で織田さんとの狭間で揺れ動く役を演じています。押しも押されもしない秀作の一つです。

四畳半襖の下張

(購入者の評価)
音声として流れてくるのは、永井荷風著と言われる『四畳半襖の下張』の朗読と BGM 及び効果音のみである。出演者の台詞は一切ない。しかし、この手法は悪くない。本作品が重要視したと思われる、男女の内面の機微(女の内面は作者の想像によるものだが)が、出演者の演技のみによる場合よりもうまく描き出されているからである。

そして、本作品のメインとなっているのはある一晩の情交で、全体の半分を占めている。男女間の行為や心理をここまでピンポイントで捉えようとした作品は他にないだろう。究極のポルノ作品と呼べるのではないか。

後に三浦敦子に改名した村上あつ子の初主演作品であるにも関わらず、本人も事務所も現在そのことに触れないのは、台詞が全く無く、主演男優のホリケン。との裸での絡みがほとんどと言う演出のためか? 女優としての肩書きに傷のつく、知られたくない過去なのかもしれないが、三浦敦子ファンなら押さえておきたい作品である。

脇役の女優陣(國貞加奈、森未向、幸さえこ、笠原けいこ、小代恵子、中谷友美、坂口絵里子、竹之内かな)もほとんどのシーンでトップレス状態だが、白塗りメイクと顔のアップがあまり無いため、エンドロールを見るまで、そんなに多くの出演者がいたことには気付かない。


湾岸ミッドナイト 9101 DVD BOX

秘祭

連続テレビ小説 ひまわり 完全版 DVD-BOX 第二集

???松嶋菜々子の主演デビュー作にして、一筋縄ではいかない見ごたえある朝ドラの隠れ傑作。南田のぞみ(松嶋菜々子)は20年前に失踪した父・徹(寺泉憲)を待ち続ける獣医の母・あづさ(夏木マリ)、祖母・薫乃(藤村志保)、母親の違う弟・達也(遠藤雅)の4人で東京の下町・谷中に暮らしている。部署の異動にともなって会社をリストラされてしまったのぞみは、達也の窃盗事件を担当した弁護士の赤松(奥田瑛ニ)との出会いをきっかけに、人の心を救えるような仕事がしたいという思いから法律家を目指すことになる。
脇に至るまでの濃密な人物描写が実に素晴らしく、妙に色っぽかったり生々しかったりといった朝ドラらしからぬテイストにもハッとさせられることしばしば。脚本家・井上由美子の最高の仕事の一つに数えたい。2週ごとに区切られた全14章にはことわざに“?”がついた形の副題がつけられており、これがなかなかに言い得て妙。はつらつとした魅力いっぱいの松嶋菜々子と、浅野ゆう子、泉谷しげる、蟹江敬三といった各章に登場する13人のゲストとの絡みも見ものだ。ナレーションの萩本欽一が、RIKIなる南田家のペットの犬に扮しているあたりも変り種。(麻生結一)


秋の一族-全集-全3話収録

連続テレビ小説 ひまわり 完全版 DVD-BOX 第一集

(購入者の評価)
いつも朝ドラは初めの一週間を見てそのまま続けてみるかどうか決めています。
どの作品もつまらなくて2週目からは見ないんですけど、この作品は最後まで見ました。

家族と言うのはきれい事では言い表すことも出来ないし、その一員として日々を
過ごす事は非常に困難であることを目を逸らすことなく表現している点が

この作品の最も良いところだと思います。

朝ドラ特有の幼稚な感じもありません

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(1)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(6)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(7)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(13)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(11)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(14)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(3)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(8)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(2)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(9)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(12)

連続テレビ小説 ひまわり 完全版(10)

>> つづきをみる

チェンジ・ザ・ゲーム

昭和ギタン-アングラ劇団の子と生まれて

オキナワガール

(購入者の評価)
読みながら、この先どうなっていくんだろうと、ぐいぐい引き込まれる。

成功するのだろうか。
でも、何となく不安定な雰囲気が目を話せない。

沖縄の基地問題などをうまく、取り入れていると思う。

表題作以外の「座礁」も、とてもおもしろかった。
タキオとおかま、タキオと売春婦ヒメのつきあいがおもしろい。
ラストがよかった。

ずっと夜だったらいいのにね

スプラッシュ

(購入者の評価)
ドラマなどでの大鶴義丹の『役』のイメージが強いせいか、この本を読んで少しガッカリした。
自分自身の体験談を書いている様だが、「小説」としては、いま一つ。
でも、『青春』『彼の想い』など、男性には共感する部分が
あるのかも知れない。
村上龍が好きな人は、読んでみたら面白いかも知れない。


フェイス

(購入者の評価)
大鶴義丹の書く小説は一言で言うならば「ありえそうな非現実」。
ほんの小さな「ああ、そういうこともあるかもしれないな」が積み重なって、
少しずつ非現実へと繋がっていくバタフライ効果の様な書き方が読み手をグングン引きこんでいきます。
決して荒唐無稽な話ではなく、現実にこんな事が起こりえるという現実感と非現実感の境目が、本書の魅力ではないかと。

お勧めはFACE、ワイド・ショウ、ファルスですが、個人的には本書が一番好きです。
ただ、合う合わないはあると思います。合えばノンストップで読めます(笑)。
あとはもう少し「その後」を書いて欲しかった・・・。あそこで終わるのがいいというのは分かるが、気になってしまうではないか。


大鶴義丹 1ダースのセーターシーン

湾岸馬賊 (集英社文庫)

ファルス

ワイド・ショウ

湾岸馬賊

スプラッシュ (集英社文庫)

(購入者の評価)
海、サーファー、もうこれだけ出てくれば、読者は飽きてしまうと思う。すばる文学賞をとったが、時代を感じてしまう。今読むと新鮮味は感じない。がっかりである。

シーサイド・バー

東京亜熱帯

(購入者の評価)
文章が上手だなあと思った。

会社を辞めてしまったタカは、どこからか逃げてきたタイ人女性テラをかくまった。
テラを守りたいという気持ち、でも何ができるのかと自分を弱く思う気持ち。

そしてタカとテラが乗った友人の車はポルシェと競争して、トラックにぶつかりそうになって大事故。

切なさ、やるせなさ、社会への怒り、自分への怒り。

どうしたらいいのだろうと、一緒に考えてしまう。

表題作以外の「夏のせいかもしれない」が、とってもよかった。

著者は、この2作品は会社を辞める男性をテーマに書いたそうだ。
後者の作品も、会社を辞めるが、サーフィンにのめりこんでいく。

「ソウル・サーファ」という言葉は、初めて知った。
私もサーフィンをやってみたくなった。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4