大和田伸也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
大和田伸也 おすすめDVD 大和田伸也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ライオン・キング スペシャル・エディション

(購入者の評価)
名作中の名作だと思います。しょっちゅう見直しています。

ストーリーはあきれるほど陳腐です。
ライオンの子が悪いやつにだまされて追っ払われました。大人になって戻ったら悪いやつに勝ちました。なぜか日照りも終わって平和が戻りました。
王国の一大事にのんびり水遊びして歌うたってたのに、ライオンだってだけで王様ですよ?ハクナマタタ以外の教育は受けず、組織の作り方、国の治め方、公平な判断の仕方など何も学んでいないのに。喧嘩だって弱いでしょ、ナラと再会した時だってやっつけられてたじゃん。
ウチの会社でこんなこと起こったら、こんな会社から早くトンズラしなきゃヤバイと考えるでしょう。そのうち株主(動物たち)から解雇(追放)されるんじゃないか、、、

しかしそれはそれ、この作品の燦然たる輝きを曇らせるものではないのです。鳥肌が立つほどの音楽、自然の美しさを完全に写しこんだ映像。そして動物の可愛さ。そう、これだけ文句を言いながら私はシンバが大好きなのです。そしてその他の全ての動物たちの個性。やはりこの作品には5点しかない。参りました。


トリック 新作スペシャル

(購入者の評価)
水曜の夜にまゆ毛を抜きながら見るとおもしろい。
テレビで映画をみるとCMが入るから邪魔だとか、
台所の蛇口から水滴が落ちるだとか、
いろんなデメリットがあり、
劇場でみると大画面だし邪魔は入らないし、
などとメリットがありますが
本作はテレビで気が抜いた状態でみるとおもしろい作品なんだな、
ってことがわかった。

ギャグがわざとらしい、とか
パターンが一緒とか、
そういうのは置いておいて、
やっぱりおもしろいなあ、というか。
占い師役の名取裕子のお付きの西村雅彦がいい。
西村雅彦と阿部寛のシーンがよかった。
話が壮大すぎないのが、映画級のわりにはよい。


ライオン・キング 2 シンバズ・プライド

(購入者の評価)
オリジナル大好き人間が見るとこう偏った感想になることは分かり切っていましたが、評判がいいので意を決して観てみました。が、やはり・・・
作画が劣るとか、そのあたりは比べても仕方ないのですが(これ劇場公開作品でもないし)
オリジナルやミュージカルでウケた要素を取り入れすぎです。曲だけじゃなくて。
キャラクターの行動とか各シーンごとのイメージとかまんま似すぎです。そして展開が早すぎてついて行けない。ムファサが出過ぎ。コブはスカーの何なのか?あの傷って最初ほーと思ったけど、付く意味があったの・・?

ただストーリーは自然に想像していたような内容で無理がなかったです。シンバの苦悩は
王になった後も続くのですよね。そのあたりは好感が持てます。ただキアラがシンバに「父さんにムファサは超せない」みたいなことを言ったあとのフォローがされてないのでよく分かりません。そこはどう解決してラストに持って行ったの・・?誰か教えてください。

トイストーリー2は例外として、あとはやっぱりダメです・・・。シンデレラ2,ピーターパン2,どれもオリジナルを本当に愛してる方々が作ったことは伝わってくるけれど。
リスクが高すぎるのでもう2は観ません・・・(涙)



環境野郎Dチーム vol.3

(購入者の評価)
ついに最終巻Vol .3でました。
『クイズ 環境問題 絶滅動物SP』『NG大賞スペシャル』など全7話。スペシャル企画として『アテレコうまい王』『最終回打ち上げ』が収録されています。
今作はVol .2で感じたマンネリ感を吹き飛ばすテンションの高さです。『NG大賞スペシャル』ではDチームのちょっとした素の部分や現場の雰囲気も垣間見れて微笑ましいです。
環境問題、笑い、感動と全て詰まってます、本当に最高!!ありがとう!


ライオン・キング 1・2・3 完全セット

(購入者の評価)
気にしていた特典ディスクはあるのか?なのですが、先日問い合わせたところ
1はディスク2枚(特典ディスクあり)
2はディスク1枚(特典はあるが特典ディスクはなし)
3はディスク2枚(特典ディスクあり)
合計5枚がセットになったDVDだそうです。

今まで持っていない方には絶対にコッチを買ったほうが特です!!

真珠夫人 第3部 DVD-BOX

真珠夫人 第2部 DVD-BOX

(購入者の評価)
有名なタワシコロッケのシーンがあるのが、この BOX になります。
森下涼子さんのキレた演技が炸裂するこの BOX をみれば、もう真珠夫人フリークになるのも間違いありません。


真珠夫人 第1部 DVD-BOX

(購入者の評価)
最近まで放送されていた「麗わしき鬼」で昼ドラの魅力に目覚めてしまいました。そんなところテレビで本作品が再放送されていることを知り、ちょくちょく拝見しております。

いや、これはもう素晴らしい作品だと思います。私が魅力を感じるところは

1.主人公達に全く感情移入できない
ドラマであり、役者さんが台本に従って演じていらっしゃることはわかっています。しかし自分達の愛を貫くために周囲の人間を欺き、混乱をもたらす。結果として死人がでることとなっても「好きだ?!!」と言い張ってしまう・・・ちょっとまってください。それでいいの?と思ってしまいます。

2.つっこみどころがありすぎ
これはもうたくさんあります。ドラマのなかでは「金貸しの罠によって貶められてしまった」ということになっていますが、どうみても主人公・瑠璃子の父親の自爆(犯罪を犯す)がそもそもの原因です。また金貸しとの無理矢理の結婚を避けるために恋人との駆け落ちに成功します。しかし主人公が「わたくし、あの金貸しに復讐してやりますわ」と宣言し、わざわざ駆け落ち先から戻り、金貸しとの偽装結婚に応じてしまう・・・など。

ドラマのなかでは金貸しのことを散々に批判していますが、いち視聴者としては「瑠璃子、むしろお前達のほうが悪人だろう・・」と感じてしまいます。

誤解していただきたくないのですが、私は本作品のこうした「え!!それはアリ?」と感じてしまうところが非常に好きです。評価しているつもりです。しかし、先に挙げた「麗わしき鬼」の神憑り的なストーリー展開、演出、セリフ、挿入歌などの項目を比べてしまうとどうしても評価が下がってしまいます。よって星3つです。


理由 特別版

(購入者の評価)
キャスト全員がノーメイクで出演したと言う作品。
本と同じく、淡々と、実際に起きた事をドキュメンタリーで振り返る様に語られていく。

映画としては異質だけども、原作感は生かされていて面白いと思う。

加瀬亮の痩せっぷりがすごいと思った。
演技の為に減量したんだろうか?

出演者107人と言うのもすごく、原作に出てくる人を切らずに良く撮ったなぁと思った。
人数の多さからも映画化は無理だと言われていた作品だそう。




犬神の悪霊

(購入者の評価)
「エクソシスト」に始まるオカルト・ブームに乗って作られた1977年の東映の作品。その後、なかなかソフト化されなかったのでカルトムービー化しております。
 30年前、劇場で見たときは、大変エロティックかつ怖い映画だという印象がありました。もう当時は泉じゅんが出てくるだけでエロいのですが(最初から全裸ですし)、村人たちに赤飯のおにぎりで体中を撫でられて着物がはだけたりして、それを上から撮っているので、今見ても相当にエロいです。村の因習やその恐怖の描写がいちいちエロにつながっているのが、とても魅力的です。まるで「見てはいけないもの」を見ているような興奮といいましょうか。恐怖とエロと田舎の暗部が見事に一体化しております。
 ストーリーは破たんしているのですが(無理やり切ったためのようです)、話は分かりやすく、トントンと進んで次々と超常現象が起こるので飽きません。次々起きる怪奇現象の描写が最初から暴走気味。ラスト近くになるとますます暴走が加速して、だんだんバカ映画の領域に入っていきます。しかしこの後半の暴走ぶりが大変に面白いです。
 この作品がDVD化されなかった理由は、「犬神筋」という現実にある差別を描いているうえ、大分という地名も出ているからと言われていましたが、天海祐希の「狗神」も四国ですが同じテーマを描いており、テーマだけで封印されていたのではないような気がします。別の理由があって自主規制されていたのかも知れません。大変に面白い作品なので、DVDになってとりあえずは良かったです。


アストロボーイ・鉄腕アトム Vol.5

(購入者の評価)
待ちに待ったプルートウがでました。 テレビで見たときは怖がっていた娘もDVDでじっくり見ると・・・プルートウ好きになってました。
ピーターパンにちなんだ話があるのですが、子供の頃、夢を持っていた自分を思い出し、子供たちの夢を大切に育ててあげたいなあと改めて考えました。 大人も子供も楽しめる作品ですよ。


蹴鞠師

???2006年12月29日、関西テレビ系で放映された、横山裕主演、大倉忠義、錦戸亮共演のアクションドラマ。冬休みの特別企画“関ジャニドラマスペシャル”のトリとなった作品で、いつもひょうきんな横山が本格アクションに挑戦し、新たな境地を拓いた。貴族の遊戯だった“蹴鞠”の歴史を斬新な視点で取り上げ、暗黒面を加味した構成が興味深い。舞台は陰謀うずまく地下カジノ。自らが招いた事故により親友・七海(大倉)にケガを負わせてしまった陽(横山)は、七海の手術費用を稼ぐため、身を賭して危険な格闘球技“サクリファイス”に挑んでゆく。破滅と引き換えに法外なファイトマネーに手を伸ばす出場者たちを待つ運命とは…? ボールを蹴る陽の真剣な表情はもちろん、謎めいた男・黒鳥(錦戸)の、翳(かげ)りのある横顔も魅力的。(みき〜る)

アストロボーイ・鉄腕アトム Vol.2

(購入者の評価)
このシリーズはどこかで見たようなデザインや画撮りが多く、昔の鉄腕アトムのテレビ放送に拘泥している私にはなかなか違和感が消えませんでした。しかし、だんだんこなれてきており、特に4話入っているうちの6話と7話のアトラス対アトムというのが愁眉です。第一巻に比べてキャラがこなれてきた感じがします。アトムも良くなったし、天馬博士(こんなに昔は悪い人ではなかったのですがねえ)もキャラ立って来ました。出来ることならタワシ警部やスカンクがまじめすぎて面白くない。もう少し力を抜いてほしい。第8話のロボット特急は機関車のデザインが手塚ワールドを踏襲しており秀逸。もうすこし全体に手塚先生のあそび心を入れてほしいところです。

理由

アストロボーイ・鉄腕アトム DVD-BOX #1

(購入者の評価)
私は初期アトムに思い入れが有る。
歌も登場人物にも強い思い入れが有る。
こういうのを改悪と言う。何といって、主題歌が最悪にして最低だろう。
エンド曲も訳が解らない。両方の歌を聴いてアトムだと解る人物は居ない。
考えてもみてほしい。
ある日突然、見知らぬ男女が現れて両親だと名乗られても理解出来る訳が無い。アトムの影も形も無い無残極まる作品。


ライオン・キング2

(購入者の評価)
前作を見てストーリーや音楽が大変気に入ったので、かなり期待して見ました。この作品はシンバが王になったその後のお話で娘のキアラが新たに登場します。ティモンやプンヴァも前作同様登場しますよ。ところで、大人になったキアラの声を佐藤藍子さんが演じていらっしゃるのですが、あからさますぎて、どうしても佐藤さんの顔が浮かんでしまい、話がぶち壊しになりました。とても残念です。もう少し自然に演じてほしかったです。 字幕で見ることをおすすめしますよ。

アストロボーイ・鉄腕アトム Vol.4

(購入者の評価)
〜「アトムは完全ではないぜ。なぜなら、悪い心を持たねえからな」
アトム世界を代表する悪役であるスカンクの有名なそのセリフの通り、アトムは決して完全ではない。それを補うかのように、第15話「人工知能を守れ!」、第16話「闇のロボットハンター」 と、このDVDではスカンクの活躍が目立つ。
〜〜
その活躍は、いかにもスカンクが全ての物語構造上の悪を発生させているようにも思える。しかしその活動の根底にあるのは、実はスカンクの悪への欲求などではなく、アトム世界の人間たちが、アトムのような感情を持ったロボットに抱き続ける反感や疑心暗鬼であり、スカンクは、単にその人間とロボットの葛藤の中で生じる物語の中での罪を押しつけられただけに〜〜すぎない。そしてそのことにより、この世界で発生している両者の葛藤の根源が、はっきり見えなくなってしまっている。あるいは、ただの勧善懲悪モノであるかのように思ってしまう人だって、少なくはないはず。
〜〜
とはいえ、彼がその罪業を背負わなければ、人間として、我々(視聴者)自身の中にもあるその根源とでもいうべきものと、下手すれば正面から向き合わなければならなくなるというのも事実。もちろん、ロボット云々という意味だけでなく、この日常の中での我々の振るまいに還元されるような次元で。
〜〜
そういう意味で、スカンクとは、アストロボーイというこの作品を心健やかに見るための必要悪なのかもしれない。そう、この作品を支えるのは、アトムでもお茶の水博士でもなく、スカンクにほかならないのだ。〜


環境野郎Dチーム vol.1

(購入者の評価)
なんじゃこりゃと思いましたが、伊吹吾郎氏のくそ真面目で堅苦しい台詞廻しに爆笑しました。伊吹氏がアイドルには難解な質問をぶつけ、アイドルと伊吹氏との間に絶妙な空間が存在し苦笑させられる筈です。

アストロボーイ・鉄腕アトム Vol.6

(購入者の評価)
第21話「湖の怪物」産業廃棄物を不法投棄する麗しき美女3人組をアトムと湖に棲むと言われる怪物を追うレンジャーが懲らしめるという話。
現実でも、産廃不法投棄が蔓延していますね、誰かスパッと懲らしめてくれないかなぁ。 この話を見て、子供たちに環境を大切にする気持ちが芽生えてくれると良いなぁ。


アストロボーイ・鉄腕アトム Vol.1

(購入者の評価)
見る価値は一切無い。
天馬博士が悪?
馬鹿かと言いたい。
アトムに思い入れが有り、それで育った世代を全て敵に回した最改悪作品。
テレビで主題歌が流れた時、暫らく固まった。
ゾーン?知るかそんなの。昔のアトムが好きで、短気な人は絶対見ぬように。
テレビを壊しかねない。


>> つづきをみる

オヤジに言わせろ!―人生は夢と情熱

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4