ORANGE RANGE

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
ORANGE RANGE おすすめDVD ORANGE RANGE おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
電車男 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
<元気コメント>
 恋のサクセスストーリーは色々あれど
 毎晩パソコンとにらめっこ世代にも朗報


ORANGE RANGE LIVE TOUR 006“FANTAZICAL”

(購入者の評価)
前作「LIVE ИATURAL」と比べると、LIVEの序盤、中盤、エンディングと少しですがMCも入っており、よかったです。曲目も「papa」以外は全部収録されています。「papa」を見たかったのですが(コントがあったみたいなので)、それは会場に足を運んだ人たちの特権なのでしょう。
一つだけ不満をあげるとすれば、特典映像扱いになっているドキュメント映像が、前作や前々作と同じようにLIVEの途中に入れて欲しかったと思います。20曲以上をぶっ続けは少々つかれるので。

とにかく、LIVE気分は十分に味わえる作品になっているので、ファンの人にはぜひ見て欲しいと思います。


電車男 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
中谷嬢の活躍を観たくて、買ったDVD。山田君は、ランチの女王の時の印象が強かったので、
とっても懐かしくほのぼのしながら観ました。ネットの書き込みが見事。中谷嬢がもっと山田君
をイタブルのかと、いつかいつかと観てたら終わった。最後の定期券をチビが拾って中谷嬢に渡
したとき隣で一緒に観ていた本妻が、夢だったんだ。と言った一言が無性に腹が立った。
映画は、人それぞれ生きてきた現実とダブルからいつも印象は皆違うと言ってるじゃないか。
ばかもんと心でつぶやき、直ちに寝ました。こいつと映画観るといつも腹が立ちます。
映画は、一人で観るに限ります。今日本屋でロックのライブbestDVD紹介という本があった
ので、パラパラめっくたら、なんとモトリークルーのサーカスLIVEが無かった。
悲しい。これでよく本にできるもんだ。アホかと思った。
なお、この映画の山田君は、男子の気持ちをとてもよく表現しています。最高でした。感謝。


LIVE ИATURAL ~from LIVE TOUR 005“ИATURAL”at YOKOHAMA ARENA 2005.12.13~

(購入者の評価)
本当に買って良かったと思います。前回のDVDよりは感動はしませんでしたが、家でとても楽しむことができる内容です。

LIVE musiQ ~from LIVE TOUR 005“musiQ”at MAKUHARI MESSE 2005.04.01~

(購入者の評価)
KATCHANが映ってるライブDVDはこれが最後の作品なのでかなり貴重な一枚ですよ☆6人のORANGE RANGEを生で見る事は叶わなかったけどこのDVDを買えて良かった♪絶対見たら病みつきになるオススメの一枚です♪見たらORANGE RANGEのライブに行きたくなっちゃうくらい熱中して見ちゃいますよ★特にKATCHANファンは絶対入手すべし!です☆

ヴィデヲ・DE・リサイタル

(購入者の評価)
前回のDVDよりは、ちょっとランクdown↓な感じだけど、ファンなら、きっと喜べると思います☆(私もその1人)前作よりももっとイイ作品を望むなら、
前作の方が…。


ヴィデヲ・ラ・コンタクト

(購入者の評価)
クラスの子たちがこのDVDを勧めてきたのでかりて見てみましたが、正直ついていけない。

にぎやかで楽しげなのはよく分かりましたが、それだけ。どこまでも軽い人たちだなあ、という印象しか残りませんでした。

けっこう辛いですね、正直いうと。学校のクラスでみんながオレンジレンジの話をして盛り上がっているのは。
ハブられたくないから話に加わるようにしているんですがね。情けないですよね。
こんなことは学校では口が裂けても言えません。


>> つづきをみる

BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2008年 07月号 [雑誌]

BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2008年 04月号 [雑誌]

BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2008年 05月号 [雑誌]

GiGS (ギグス) 2008年 07月号 [雑誌]

BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2008年 08月号 [雑誌]

(購入者の評価)
ラルクの2008年日本人史上最大規模の世界ツアー大阪公演のレポと写真が載った『BACKSTAGE PASS2008年08月号』。ラルクアンシエルは世界で最も人気があり、最も動員力があり、最も評価の高い日本人アーティストである。2008年の日本人史上最大規模のフランスライブの際に、フランスの国営放送で取り上げられる等、日本の芸術運動で最も先駆的で世界で最も評価の高い存在だ。ラルク以外にアメリカ、フランス、中国、韓国で1万人の熱狂的なライブを成功させた日本人アーティストはいない。イチロー以外に海外で200本安打を達成した日本人打者はいないのでイチローは日本歴代No.1打者である。同様にラルク以外にアメリカ、フランス、中国、韓国で1万人の熱狂的なライブを成功させた日本人アーティストはいないのでラルクは日本歴代No.1バンドである。2004年アメリカライブ1万2千人動員、2005年中国・韓国で各1万人動員。2008年中国で4万人、韓国で1万人、フランスで6千人、日本で25万人規模の日本人の音楽史史上最大、総動員32万人規模の世界ツアー『TOUR 2008 L'7?Trans ASIA via PARIS?』を開催。日本人で初めて複数の国で1万人規模の熱狂的なライブを成功させ、日本の音楽史の中で金字塔を打ち立てた。ラルクは日本人で初めて中国・韓国で各1万人の海外有料ライブツアーを成功させ、収益を得た。ラルクが大規模な1万人規模の有料海外ライブツアーを日本人で初めて成功させるモデルを作った。それはイチローが海外で日本人打者で初めて成功するモデルを作ったことに類比させることができる。イチローが初めて日本人打者として海外で通用することを証明したように、ラルクが初めて日本人歌手として海外で1万人規模の大規模な有料ライブツアーが成功することを証明した。ラルクは音楽界のイチローである。

ORANGE RANGE トーク&グラビア集「チーズ☆バター☆ジューシーメー」

(購入者の評価)
今まで、オリコンスタイルで連載されてた「チーズバタージューシーメー」が単行本になりました!全60回の連載ゎレンジ一人一人の個性がすごくわかります!「カメラ☆トーク」でゎ最近ハマっているものなどすごく面白い内容になっていますwwwwww。今ゎ脱退していないKATCHANのインタビューもあります。 6人のNATURALな姿をチーズバタージューシーメーで、楽しみましょう☆値段も高価格でゎないので、お勧めします。
NAOTOの○○伝説も明らかになってますyoh♪
ファンにゎたまらない美味しい内容(笑)なってます♪(^
ワ^)♪


BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2008年 06月号 [雑誌]

月刊hands(ハンズ)2007年01月号[雑誌]

(購入者の評価)
この号が…というわけではなく、以前しばらく読んでいた雑誌です。

“チャンプルー” 雑誌とでも言えばいいのかな。
レンジに限らず、お目当てのアーティストの音楽の特集だったり、
沖縄旅行気分になれたり…
「質感」みたいなものが、好きになる人は、ハマるかもしれません。
いい感じの雑誌だと思いますよ。
沖縄発の雑誌だからねっ。

しばらく読んでなかったので星4つ。


BLOOD ORANGE/ORANGE RANGE―COMPLETE MAGAZINE FOR ORANGE RANGENIST (SONY MAGAZINES ANNEX)

(購入者の評価)
色んな表情のレンジを見る事が出来る、めっちゃ素晴らしい本です(^-^)ただ、カッチャンの部分が省略されてた部分もあったので、個人的に、ちょっと残念でした(^-^;だから、ほんまは、★5つあげたいけど★4つにしました(ノ_・。)

GiGS (ギグス) 2008年 08月号 [雑誌]

月刊hands(ハンズ)2008年04月号[雑誌]

月刊hands(ハンズ)2005年10月号[雑誌]

バンドスコア ORANGE RANGE/musiQ(ムジーク) (バンド・スコア)

(購入者の評価)
買うべきです!!!CDに合わせてギターやベースやドラムを弾くととても楽しいです!!そこまで難しくないので初心者には最適です☆彡
なるべくmusiQを持っている人が買った方がいいと思います。
以心電信の前奏など弾けるととてもたのしいですよ☆★


月刊hands(ハンズ)2006年12月号[雑誌]

月刊hands(ハンズ)2006年05月号[雑誌]

ORANGE RANGE コザ伝説 (RECO BOOKS)

(購入者の評価)
偏った書かれ方をしている箇所が多かったような印象をうけました。

著者はたぶんオレンジレンジのことが嫌いなのでしょう。

個人的にオレンジレンジはアーティストというよりもアイドルのようなものだと思っているので、彼らに音楽性や演奏面の技術などを求めすぎるのはどうかな?と思います。

オレンジレンジのファンの方でも、彼らの作った楽曲に音楽的な価値がある、なんて思ってはいないでしょう。


バンドピース847 イケナイ太陽/ORANGE RANGE

月刊hands(ハンズ)2005年06月号[雑誌]

バンドピース672 *~アスタリスク~/ORANGE RANGE アニメ「BLEACH」オープニングテーマ

オレンジレンジファン・ブック―ファイル005~006

(購入者の評価)
買わない方がいい。
字は抜けすぎだし、文章はへたくそ。
本当にこの「沖縄ロックスターズ」に訴えようと思いました。
適当な本。
こんなの金の無駄です。

最悪。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4