忍成修吾

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
忍成修吾 おすすめDVD 忍成修吾 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
魔王

(購入者の評価)
智くんファンの私ですが、魔王は今一歩はいりこめないドラマでした。演出の問題かな?うすっぺらな演出だった気がします……

が!!しかし!!最終回ラスト30分だけは前言撤回です!!引き込まれて引き込まれて!!涙の嵐です(嵐って言いたいだけ)お二人の迫真の演技から目が離せませんでした。

なのでラスト30分だけのためにこのDVDを買っちゃいます


人のセックスを笑うな

(購入者の評価)
自然な日常を覗いているようで、良かったです。会話も自然で、素朴なシーンもあって、ラブシーンもドキドキしました。蒼井優ちゃんの拗ねた態度も良かったです。わたしもあんな恋やキスがしてみたい。ただ、最後にもう少し再会するとか、別れるとか、盛り上がりが欲しかったです。

lost angel~あの日、碧にキミがいて~

(購入者の評価)
CD初回盤もありますが、PV…ショートムービーをご覧になりたい上地雄輔ファンの方も必見です。
幼馴染とのさわやかで、ほろっときてしまう、あったかいストーリーにドラマチックなサウンド。
中でも、「lost angel」は、ラストの上地のセリフに、涙やら鼻水やら…。
「あの日…」では、俳優上地雄輔がみせます。
元気が欲しいとき、ちょっと切ない気持ちを忘れてしまったとき、
きゅん…となっちゃってください。


山田太郎ものがたり

(購入者の評価)
ニノのほんわかしたやさしい演技、櫻井くんのクールでかっこいい演技、出ている方達がみなかわいく?あたたかい気持ちになれるドラマでした。山田くんちのような家族がいればお金では買えない幸せという事も納得できますね・・毎週家族で楽しく観てました。個人的には忍成くんの役がずっこけているんだけれどかわいく山田くんを一途に思う所が好きでした!

被取締役 新入社員

スワロウテイル

(購入者の評価)
小林武史っつう陰険そうな顔をしたミスチルのプロデューサーで有名な人が、
かかわった作品っすw

江口洋介の片言の日本語とかカッコいいっすw
日本のヤクザの組長とのやりとりとかおもしろいっすw

難を言えば、渡部篤郎と山口智子が痛々しいことっすねw
痛々しい役柄だったっすねw
特に山口智子は最低だったっすねw

後もう一つ難を言えば、伊藤歩が刺青を入れられてるときに裸になってたけど、
巨乳じゃなかったことっすねw


リリイ・シュシュのすべて 通常版

(購入者の評価)
雰囲気づくりや演出はさすが岩井監督。これに関しては最高点をつけたいところですが、やっぱりストーリーがちょっと・・・
話自体は暗い内容。別に暗い話だから★二つということではなく、なんというか、リアリティがなくって感情移入ができなかったからですかね。
「14歳のリアル」ってうたってますけど、そうかなーという感想。

まず、中学生がみんな18か19歳ぐらいにしか見えない。担任の女の先生なんかは、生徒と同い年くらいに見えてしまいます。
かなり大人びいた不良な中学生はいるとは思うけど、現実の中学生はもっと幼いような気がします。少なくても自分の中学時代はそうでしたね。「18歳のリアル」なら多少は納得できるかな。

万引き、レイプ、カツアゲのシーンは、なんかドタバタな感じでリアリティがなく、安っぽいtvドラマを見ているようでした。沖縄のエピソードも全体のストーリーからはずれて浮いている。映画全体のバランスをくずしていると思います。

などなど、突っ込みどころ満載の映画ですね。岩井監督は遺作にしたいとおっしゃってますが、自己満足映画の良い例だと思いました。



スクールデイズ

(購入者の評価)
 まず、映画の序盤は笑えるようなシーンもあったりして面白かったです。特にあの某アイドルの有名な言葉を引用しているセリフが出てきたりしたところとか、ドラマ「スクールデイズ」は思いっきりあの有名な某教師ドラマと似ていたりして面白かったです。後半の方は少し暗い感じの話になっていきましたが、それをあまり感じさせないように作ってあったので良かったと思います。
 しかし、見ていて「天才子役って呼ばれている子はみんな同じような悩みを抱えているんだろうな」と思ってしまいました。でも「役にのめり込みすぎる役者でもここまでは行かないだろうな」とも思いました。また、「現実と芝居と言う全く違う世界を生きる俳優と言う仕事は大変なんだろうな」とも思いました。
 主演の森山未来は良かったと思います。難しい役だったと思うのですが、とても上手く演じているなと思いました。これならこれからも映画にたくさん出るんだろうなと思いました。他のキャストも全員良かったと思います。
 なかなか面白い映画なので見たことがない人は一度は見てみる映画だと思います。


アニムスアニマ

(購入者の評価)
忍成君のファンなので、このDVDを購入しました。
ストーリーは私が思っていたのとはちょっと違ってたので、星4つにしました。
でも、綺麗な映画です。
私が好きなシーンはスイが溢してしまった抹茶が静かに流れるのをトキオとスイがずっと眺めてるシーン。抹茶の流れを眺めるスイ。その様子を愛しそうに、幸せそうに見つめるトキオ。
静かに愛も流れてました。
口付けを交わすシーンも綺麗で好きです。
エンディングの夕日のシーンは本当に綺麗で、一度でいいからこんな恋愛をしてみたいと思いました。


CAとお呼びっ! DVD-BOX

(購入者の評価)
コメディータッチなのですが、どうも中途半端で楽しめませんでした。
お化粧の仕方なのか観月ありささんの顔があまり映えていないのも残念です。


ガチャポン

(購入者の評価)
餓鬼RANGERのGP a.k.a GREEN PEEACEとの出会いからヒントを得て、内田英治監督がhip hopと今の若者の姿を描いた作品。
hip hopとclubと恋愛と友情とドラッグとヤクザ。
連鎖し絡み合うこの関係を、忍成修吾(ケン:密かにDjを目指すが、現実に流される大人しい大学生)・黄川田将也(テツオ:ケンの親友。ヤンチャで金目当てにドラッグの密売に関わりヤクザに染まる)を中心に展開され表現されている。
DVDでは監督と忍成のコメンタリーが聞くことができ、clubには行かないという忍成はターンテーブルに触るのは初めてで苦戦しつつも同年代ばかりの撮影は和気あいあいで楽しかったという。
又、テレビドラマ『不機嫌なジーン』でジーン役の竹内結子の恋人で教師役だった黄川田将也がヤンチャなcluberを演じているのもいい。
‘え!?そうなの?’と思うほど教師役からは想像できないヤンチャっぷりを発揮していた。
音楽は餓鬼RANGERのGP a.k.a GREEN PEEACEが担当しており、実際撮影にも餓鬼やラッパ我リヤなども参加しているのでリアルティあふれるclubシーンが見られる。
clubシーンのエキストラや女子高生が微妙だが、優柔不断で現実逃避しつつも夢を見る若者のの心情をよく描いていて、汚れた世界と若者の葛藤と成長を丁寧に表現した作品だと思う。






Yoshi原作『翼の折れた天使たちII』DVD-BOX

(購入者の評価)
石原さとみ主演の衝動が一番感動する作品でした。後の作品は平凡でした。
それにしても、役でのさめた目の石原さとみの美しさはため息がでるほどでした。


死化粧師 ~エンバーマー 間宮心十郎~ DVD-BOX

(購入者の評価)
この作品を映像化するのは難しい。もともと原作の絵柄が好き嫌いの分かれるものである上、話も一話一話が短いので、ドラマ化するにあたってはどうしてもオリジナルな部分を混ぜなければならない。それでも、エンバーマーという仕事の内容や必要性をしっかりと描いてくれているのなら納得もできるが、このドラマは低予算で作られているためか全体的に安っぽく、アイドルドラマのテイストが強かったように思う。原作ファンとしてはかなりがっかりな内容であったので星1つ。

アキハバラ@DEEP

(購入者の評価)
本当に原作を読んで、作ったんでしょうか?
すごく好きな話なのに、映像にしやすい話なのに・・・
まず、愕然としたのがラストです。なんですか?あのあっさりした終わりかたは・・・
それから、成宮くんのどもりの演技はダメすぎ!
普通に、話してのセリフで良かったんじゃないかな?
ワザとらしくて苦しいです。
そして、極めつけが敵のボスを演じたあの人です・・・
どうみても間宮兄弟です!顔がカマキリでガリガリで、迫力なさすぎです!


Yoshi原作『翼の折れた天使たちII』第二夜 サクラ

(購入者の評価)
恵梨香ちゃん演技上手すぎ!切ないストーリーですが、ラストが良い感じだし、恵梨香ちゃんも非常に可愛いです。オススメ!ファンなら観るべし!

青空のルーレット スペシャル・エディション (初回限定生産フォトブック付)

刑事の現場 DVD-BOX

(購入者の評価)
楽しい。 この二人の新旧の入れ替わりのようなドラマを大変興味深く思う。

森山未來という役者はあんまり知らなかったけど、いっぺんに好きになってしまった。

ここにでてる役者は、みんなすばらしいと思う。


犬猫

(購入者の評価)
表面上似たような映画は数あれど、それらのどんなものをも乗り越えて、100年続く真の映画の継承者登場。これを観ると「女性監督」とかいう括りがあまりにも無用なものに見えてくる。
監督・井口奈己、現代映画を踏み潰せ!


リリイ・シュシュのすべて 特別版

(購入者の評価)
この作品を観たのは高校生の時です。
言葉にできない虚無感や退廃的な感情を表わしていて、すこぶる共感した覚えがあります。
田園風景がすごく悲しくて美しかったです。
その時の記憶を基にレビューを書いているので、今見るとどうなのかは正直わかりません。
ただ分かることは、高校生の時期に見てよかったということです。
文学でいえばゲーテの『若きウェルテルの悩み』なんかも高校生のうちに読んでおくべき作品ですが、映画にもそういうように時期相応というものがあるのではないでしょうか。


SPACE POLICE スペースポリス

(購入者の評価)
鳥肌実出演ということで買ってみました。あまりにバカらしく安っぽく、それがまたある種のノンビリした雰囲気をかもし出していておもしろかったです。板尾店長のアンドロメダバーガーのピコピコCM音がいつまでも耳に残って、なぜか笑えて仕方ない。すごく期待して見るとガッカリするかもしれませんが、良い意味でのB流映画を見てみたいという方には暇つぶしになるでしょう。

>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.7 (2007 JULY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

忍成修吾フォトエッセイ 「Shapes of Dreams」 青のフォトエッセイ-PERSONART-

(購入者の評価)
現在の25歳の忍成くんからは想像できない、チョッと?以外な内容で読んでて正直ビックリしました。
つい最近ファンになった方が読めばたぶんその容姿と、書かれてる内容のギャップに驚かれると思います。意外と…。


飯田かずな作品集「MIRACLE STARS」

忍成修吾セーターBOOK―男の子たちが着たいニットを満載 (レディブティックシリーズ (1594))

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4