大杉漣

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
大杉漣 おすすめDVD 大杉漣 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
劇場版 ネコナデ スペシャル・エディション

ソナチネ

(購入者の評価)
たけしの死生観が最も解りやすく表現された作品、よってこれが最高傑作。国舞亜矢がマシンガンを沖縄の空に目標なくただただぶっ放す。その後、『帰ろう』の一言。まるで鮭が自分の子孫を残す、ただその一点の運命を成し遂げるためだけにある命、よってそれ以外は何もいらない、人生をただ無駄に過ごす事になるだけだ…だから『あの世に還ろう』…そう言っているような気がしました。目的もなくただただ時間を潰すために遊ぶ、村川達。それは、現代の惰眠を貪る大量消費社会日本で、目的なく人生を浪費する日本人を映し出しているようにみえた。

マイ★ボス マイ★ヒーロー DVD-BOX

(購入者の評価)
とでも楽しい学園コメディーです。
誰にも喧嘩で負けたことのないヤクザのマッキーが学校に入って、10才年下の高校生と一緒に頑張って勉強したり、夢中でスポーツをしたりするとても面白い話です。
同級生の女の子が好きになったマッキーが、淡い恋の病にかかってしまう姿がとても上手に演じられています。好きな子に上手に話しかけることさえできないマッキーの純真な姿がとても可愛いです。
学校嫌いだったマッキーが勉強の楽しさを知っていくドラマで、これを観たら大人でももう一度高校生に戻ってみたくなるかも。
学園ドラマが好きな人なら、一度は見てください。


疾走

(購入者の評価)
テゴの演技力はまだまだかもしれない。けれど、あの歳で、しかも初めての映画主演でここまでやってしまうのかと、逆に衝撃を受けました。演技力云々は評価のわかれるところかもしれませんが、私は逆にそれが普通の家庭を見ている風景のような感じで新鮮でした。内容や全体的に暗いイメージがあるため、多分、好き嫌いは別れるとは思います。けれど、他のキャストの方々も含めて、「疾走」という一枚の絵を見ているようなそんな感覚におちいってしまった映画でした。

ディズニードラマスペシャル 星に願いを ~七畳間で生まれた410万の星~

(購入者の評価)
あの家庭用プラネタリウム「メガスター」を開発した大平貴之氏の自伝的映画ということで、期待を込めて観たのですが、、、期待は裏切られなかったです(T_T)

フィクション的要素も強いかと思えますが、それがまたドラマ感を醸し出してて魅了されっぱなしでした。

世界一の手作りプラネタリウムを作るまでの苦悩と人間模様を、堂本剛・優香・藤木直人という若手役者達が演じ切っています。

開発の苦労という面より、人間模様に焦点を当てた映画でしたが、それがなおさらメガスターの凄さを浮きだたせていました。

大平貴之がどうかとか、フィクション、ノンフィクションかどうかは関係なく、一度ドラマを観るような感覚で観てほしい作品だと思います。

久々に心打たれる作品でした。

さすがディズニー!


ロング・ラブレター 〜漂流教室〜 DVD-BOX

(購入者の評価)
きゃほほーい!良ドラマみつけたーっ!
・・・とは原作を読んだ人はあまり言えないんじゃないかね、漂流教室ファンしゃん?
小学生を高校生に変更したり、謎のモノが迫ってきたりすることがあまり無いので緊迫感などがありません・・・よ!
でも、ドラマ版にはドラマ版の良いところもあるのです!
このドラマは漂流教室とは違うものと考えたら良い作品に感じることはできるんじゃないのかぃ?
あと、タイトルの漂流教室から原作の方を軽い気持ちで読んだ子供には軽いトラウマになるからタイトルはロングラヴレターだけでもよかったぜーっ!
漂流教室の熱烈なファンにはオススメできないこの作品!!
漂流教室を読んでない人だけ激視してくれ!!!!


監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日

(購入者の評価)
「評価しない」と言うもまた結構。 しかしこれは明らかに積み木崩し的な位置付けの映画。 その意味で芸術的な価値は高い。

Dear Friends ディア フレンズ

(購入者の評価)
最初は北川景子が好きで見てみたんですが、見てる内にとても引き込まれていく作品でした。
とにかく主演二人の演技が素晴らしすぎます。
心理状態、リナの無愛想で勝手な態度など徐々に角が取れて優しくなってゆく過程などが的確に描写されてて、ほんと演技に関してはなにもいうことありません。
友情とはなにかというのがすごくわかった作品です。
純粋に涙が出ました。オススメです。


疾走 スペシャル・エディション【初回限定生産2枚組】

(購入者の評価)

疾走・・やはり2時間にまとめるのは難しい。
まず、なぜシュウジをあの人にしたかわからない。
普通に映画を見ていても違和感がある。
演技も一人浮いていたし、大半が 【なぜ?】 と思うはず。

なぜか、NEWSやら手越という形を意識している人たちがいるが・・

周りの役者が素晴らしいので、本当にここだけ残念。
・・ファンの人たちを狙ったのだろうか・・

全体的に原作の雰囲気を出し切れないまま終わってしまった感じ・・、
ただ、それでも映画自体の雰囲気、そして音楽や映像の使い方はなかなかいいと思った。
冷たく、そして現実的。

原作と別に考え、ただの【映画】と考えると・・いい作品かも知れません。

これを見た方は、是非原作も読んでほしい。





人間の証明 DVD-BOX

(購入者の評価)
名作です!
その一言に尽きます!
視聴率などに惑わされない、人間の奥底を垣間見たような気がしました。
竹野内さんの静と動、きっちり使い分けた演技にも感動です!



TAKESHIS'

(購入者の評価)
北野作品の凄さは人間的なものを一切省いていることである。全ての情緒的なもの日本人的なものが一切感じられない。つまりは思想である。ヨーロッパ受けするのも納得がいく。北野武と同時代に生きる幸せを感じる。

GO

(購入者の評価)
この監督、あまり巧いとは言えないのだが、見る価値のあるものを立て続けに撮っており、近年の日本映画を代表する監督の一人になったと言えるのではないだろうか。この作品は、彼の出世作だけあってなかなか見応えがあり、主演の窪塚洋介のキャラクターとともに記憶に残る作品となった。
テーマとなっている在日朝鮮人差別の問題に関しては、高校時代に韓国人の友人がいたこともあってあまり実感がわかなかったが、青春期のアイデンティティーの問題とシンクロさせることによって普遍性を持つ映画になったと思う。


Dolls [ドールズ]

(購入者の評価)
皆さん色々感想をお持ちですね、自分は映画館上映で即見に行き何とも言い表せない頭と心で考える事を要求する映画に遭遇したと実感したと同時に心底精神的に疲れましたが良い作品だと思います

光の雨 特別版

(購入者の評価)
私は全共闘が毎日、機動隊とバトルを繰り広げていた時期に小学生だった。この映画を観てこの事件は怖いと言う人が多いが、当時実際に感じたこの事件はもっと猛烈に凄惨で残酷なものだった。
<連合赤軍事件の関連記事>
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/rengou.htm
http://www8.ocn.ne.jp/?moonston/lynch.htm (ページ中程の「連合赤軍総括リンチ事件」参照)
その頃、街に出ると外の空気は緊張感に満ちていて、テレビでは毎日のように、交番が放火・襲撃されたり、手製爆弾によって大企業が爆破されたニュースや、活動家の学生が内ゲバによって鉄パイプで撲殺されたニュースが流れていた。
この映画では、当時のニュース映像として機動隊が学生を殴るシーンはいくつも採用されているが、爆破された企業ビルの前で全身血まみれになって倒れている女性の映像などは一切採用されていない。
まだ妙なフィルターがかかっていない子供の目には、この活動に関わっていた人々の本質が徐々に透けて見えるようになった。私は高校生になった頃、すでに学生運動は終焉を迎えていた。私はこの運動に敗北し、かつて在籍していた大学の近くにジャズ喫茶を開店した経営者の店でアルバイトをしていた。さまざまなセクトの人がやってきた。店内でいつ鉄パイプで敵(この場合、国家権力ではなく、同じ極左集団だが自派とは活動方針などが異なる他の組織のメンバー)を殴打するような内ゲバが起きても何も不思議ではないような混沌とした状況だったが、不思議とこの場では中立が守られていた。
この作品の冒頭でも語られるが、彼らは本来、大いなる理想を抱いて「世界の人々が幸福に生きられる世界をつくるため」に活動を始めたはずだったが、実際に当時の彼らが行っていた事はヤクザの勢力争いとほとんど大差無いものだった。国家と戦争をするにはお笑いの貧弱な武力は、勝ち目の無い闘争の中で、ますます先鋭化して行く組織についていけなくなった仲間に向けられた。
自分らの戦力を自分らの手でそぎ落としていくのだから、その先に勝利など絶対にありっこないのだが、それさえももはや当時の彼らにはわからない。
当時、革命運動が断絶した後、敗北感や絶望感、虚無感にさいなまれて自死を選択した者も少なくなかった。しかし、当時の革命ブームに乗っかっただけの大多数の日和見ボーヤたち[それを『団塊の世代』と言う]は、早々に自己保身に走り、数ヶ月前まで不倶戴天の敵だったはずの大企業や国家組織の一員になっていった。彼らは今では定年退職をむかえ、国家や企業から従順生活のごほうびとして退職金や年金を得て、かつて唾棄すべきものと罵倒していたはずのプチブルな老後生活のプランを嬉々としてたてている。馬鹿につける薬は無い。
私は今日までこの世代の醜悪さを嫌というほど見てきたので、日本を駄目にしたのはこの世代だと絶対的な確信を持って強力に断言できる。
この作品は、この醜悪な世代がみずからの後ろめたさを弁護し、正当化するためにつくられた作品である。
だからこそ最後に原作者はどうしても、どれほど無様な形になろうが登場せざるをえなかった。「みんなごく普通の子供だった。本当はみんな良い子だったと僕は思いたい。(今を生きている)君たちとなんら違いも無い。」まさに、“馬鹿につける薬は無い”と痛感する瞬間である。
この活動の、醜悪で滑稽な象徴的存在を見事に演じた裕木奈江が良かったので星はすべて彼女のために付けた。


HANA-BI

(購入者の評価)
ありがとう

ごめんね

バキューン!

・・・って、おぃおぃ・・・


浅薄です。何もかも。
この監督には、生きることも死ぬことも、ごく軽いものなんでしょうね。
その軽さが一般的には受けるみたいですが、
私はそんな世論にずっと違和感を感じています。

何か、人に対する、基本的な尊重が欠けてるというか・・・。
この監督はまさに、病んだ時代の象徴の一つであると思います。

前作「ソナチネ」で見せた鋭い編集も影をひそめ、
説明的な映像の頻出に、悪い意味での素人くささ全開です。

これはもう、単純に、駄作です。お勧めしません。


僕の歩く道 DVD-BOX

(購入者の評価)
行きつけの動物園である千葉動物公園が舞台のため見始めたこのドラマ、
好きな自転車や見知った動物達にほのぼのとした喜びを感じ、
様々な人間ドラマと人々の迷いと善意に度々号泣と、予想以上の感動作でした。
何度も見たい名作です。

しかし、動物園という特殊な場所での撮影だった事は全く無視のおざなりの特典映像にはガッカリ。
同じフジテレビの「奇跡の動物園?旭山動物園物語?」は連続モノでないにも関わらず、
出演者と動物との競演の舞台裏や、動物達の最新映像まで収録し見ごたえあったのに・・・。
フジテレビドラマのDVD化では、商品に力を入れているものとそうでないものの差が大きいのが残念です。


おかしなふたり

(購入者の評価)
 凄く面白い作品です。大泉洋の主演作品では一番面白い作品だと思います。
 このドラマの良いところはまず脚本が良いところですが、やはりそれを演じるキャストが全員素晴らしかったと思います。まず主演の大泉洋はハマリ役です。もう全部の演技が素晴らしかったのですが、中でも終盤の送別会の打ち合わせのシーン、肩車をしようとしたときにぎっくり腰で苦しむシーンは良かったです。そして直文役の広田亮平もとても良かったと思います。正にこのドラマの為に子役をやっているのではないかと思えるほどのハマリ役だと思います。そして「復活壮」のメンバーもとても良かったです。資格マニア役の大杉れんさん、男性アレルギーを持つ元ホステス役の木村多江さん、下着マニア役の手塚とおるさんととにかく全員が良かったと思います。
 とても面白いドラマなので未見の方には一度はみていることをお勧めします。大泉洋さんのドラマや映画が好きな人でまだ見ていない人にはお勧めします。


砦なき者

(購入者の評価)
重い話ですが、おもしろいサスペンスでした。
俳優もすばらしく安心して物語に入り込めました。
役所浩司はもちろん妻夫木聡もよかった。
笑ってるのに怖い、狂気を感じました。
鈴木京香はちょっと・・・でしたが。


BROTHER

Dolls[ドールズ]

(購入者の評価)
初期の北野作品は【ソナチネ】【キッズリターン】に代表されるように北野ブルーと呼ばれる まるでガラスのナイフのような刹那的透明感ともいうべき世界観……この映画では、それまでの刹那的透明感を漂わせたブルーではなく日本の四季彩ともいえる 赤や黄色をメインカラーというか アクセントにしながら表現していきます この作品以降北野ブルーというよりも 赤や黄色を映画のカラーに…そう 思っているのかもしれません 最新作【アキレスと亀】では芸術に一生を捧げた夫婦の物語を刹那を漂わせたな黄色や赤で表現する絵画のような映像を期待しています! 新しい領域へと導いた出発点と言える作品です。

>> つづきをみる

監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日

(購入者の評価)
「評価しない」と言うもまた結構。 しかしこれは明らかに積み木崩し的な位置付けの映画。 その意味で芸術的な価値は高い。

現場者―300の顔をもつ男

(購入者の評価)
現場者大杉漣300の顔をもつ男」という俳優大杉漣の自伝を読んだ。
人に歴史あり!ということで特別興味をもってなかった大杉漣やったけどこの本を読んで俄然興味シンシンに。

特によかった部分を少し紹介。
映画「HANA-BI」「犬、走る/DOG RACE」でいくつも賞をもらい急にまわりが盛り上がることに違和感を覚えていた大杉。
記者に聞かれた一言で目が覚めたという。
記者「大杉さん、下積みが終わった今、どういう心境ですか?」
その言葉で少し浮かれていた多すぎは我に帰った「一生下積むことが、ぼくの仕事なんですよ」

しぶいセリフやのー大杉さん!

手裏剣の先生から教えられた「狙うという気持ちを排除しろ」って言葉は俳優の仕事にも役に立っているのかもしれないという大杉漣。

そのとおりで色々共通すると思った。


後、外国の映画祭で10本出品された日本映画のうち5本に出演していた大杉漣。参加していた三池崇史監督に観客からの質問が飛んだ「いったい、日本にレン・オオスギは何人いるのか?」と。


その質問に答えた三池監督のセンスもかっこいい。
「レン・オオスギ3号までは確認できている」だって


ゴンタクレが行く 大杉漣

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4