尾崎豊

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 
尾崎豊 おすすめDVD 尾崎豊 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
OZAKI・19

(購入者の評価)
凄いライブです!
1曲目のギター弾き語りの「シェリー」から集中力が途切れることがなく、渾身の歌が続きます。
「街の風景」のこのアレンジは初めて聴きましたが、他の人が書いてらっしゃるように素晴らしい!
息をするのも忘れて聴き入り、鳥肌立ち、身体が震えました。
ヒリヒリする声の響き、暗闇の中でビートを刻む激しい身体の動き。
これだけの緊張感は続けられまいと思うほどなのに、ここから更に雪の結晶のように美しい
「オー・マイ・リトルガール」に続いていきます。もう、ため息。
この人は、本当にガラスのような感性とマグマのような熱を持っている人ですね。
表現の振幅が尋常じゃありません。
「僕が僕であるために」は傷つき安くて、ひたむきな歌。
「愛の消えた街」は泣きのギターに煽られて、「17歳の地図」以上の熱いROCKになっています。
そして、「15の夜」。尾崎のすすり泣くようなブルースハープの切なさ、寂寥感。
もうこらえきれなくなって、涙です。つくづく名曲だと思います。
尾崎ファンなら必携の1枚です。


約束の日 LAST APPEARANCE 完全版

(購入者の評価)
安定期の尾崎の集大成、バースツアーでの【約束の日】と称された映像。

10代最後の代々木オリンピックプールでここに帰ってくるという【約束の日】

冒頭の安定期と書いたのは、この頃の尾崎は個人事務所を構え社長になり、

大人のロックビジネスに巻きこまれないように他人に指示されない環境をつくりあげた。

だが、尾崎のライブパフォーマンスは、最高峰は625daysに収録されている、

【大阪球場】と【LAST TEENAGE APEARRANCE】である。
当時、デビュー3年未満で上記会場を満員にしたアーティストはいなかった。

特に、17歳の地図や、僕が僕であるために、15の夜のシャウトはやはり10代の尾崎ならではである。

バーズツアーで楽曲での、みどころはやはり【永遠の胸】と【Birth】である。

※代々木オリンピックプールというのは、尾崎スタッフのみが使う呼び名で、
 普通は、代々木体育館である。



もうひとつのリアリティ“LIVE+DOCUMENTARY”

(購入者の評価)
郡山のライブがいつでも見れるなんて・・・感動しました。
私はこの郡山のライブが2番目に好きです!!!(ちなみに1番は大阪球場です。)
尾崎の笑顔とお茶目なしぐさがたくさん見れるのでおすすめです。
また、自然と涙がでてきます・・・

星マイナス一にした理由は、永遠の胸が収録されてないところです。
この曲大好きなのに。なんで収録しなかったんだろう?
疑問です・・・。


"LIVE CORE" IN TOKYO DOME

(購入者の評価)
私が尾崎豊を知ったのは、残念ながら亡くなった後でした。
尾崎豊が遺した素晴らしい曲の中でも、こちらの作品で歌っています、街路樹
です。
涙が止まりません。
素晴らしい歌詞、メロディー 言葉になりません。
同じ日本人として誇りに思います。


OZAKI・18

(購入者の評価)
尾崎が高校を自主退学した後、卒業式の同日に行われたデビューライブ。卒業式の当日にデビューライブを行うというところに尾崎の学校に対する、卒業に対するこだわりの強さを感じる。この思いは後に「卒業」という歌となって結実するが、このライブの中でも学校、親へのアンビバラントな思いは曲の中にも、MCの中にも散見される。歌もMCもまだまだ未熟であるが(18才という年齢を考えると当然であるが)、尾崎が訴えたいと思っていることは、それら技量的な問題を超えて、一種の熱の波動のように伝わってくる。尾崎はこの後プロのミュージシャンとして歩んでいき、当時の若者の心をとらえるが、音楽業界の中でもまた壁にぶち当たり、様々な謎を残しつつ、26才で夭折する。このビデオに観られる瑞々しい尾崎は自分が掲げた問題をどう乗り越えていけば良かったのか。このDVDを通して、尾崎にも問いたいし、自分自身もまた考えさせられる内容である。

OZAKI FILM ALIVE AT ARIAKE COLOSSEUM IN 1987 THE TWENTY-FIRST SUMMER

(購入者の評価)
何故??こんな映像編集するのでしょうか??
みなさんも言ってますが、ノリのいい曲のときはべつにいいんですが
シェリーみたいな感動する曲のときにこの編集されたら、感動が半滅です・・・
ていうか、ちょっとワラってしまいました。涙してしまうところなのにっ



625 DAYS

(購入者の評価)
10代の尾崎を収めた貴重な映像なのですが、
皆さん書いておられるように編集が……。
いくら何でももうちょっとやりようがあると思うのですが。
「ここで切るか?!!」というぐらい、
盛り上がってきたところでブツッと切られているので
若干ストレスが溜まりました。
尾崎は本当に「そのまま」が一番かっこいいと思うので
下手な編集をしないでいただきたい。
この編集の悪度さで?★1です。

最低な編集にイラつきますが、やっぱり尾崎のLIVEは魅力的です。
全身全霊で唄う姿に魅了されました。
(だからこそあの編集が憎たらしい!)
LIVEの合間に見せる素顔の尾崎はたまらなく可愛い!

合間のプライベート映像でおもいきりタバコ吸ってますが、まあオザキなので(笑)

追記ですが私も大阪球場と代々木を是非ノーカット版で出して欲しいに1票。
もちろん変な編集ナシで!


6 Pieces Of Story

(購入者の評価)
2008年2月3日

じつは、
今日は雪の日なんです!

今年2回目ですが、
けっこう積もってます・・・

たしか、
当時護国寺も雪が降っていた
そんな時期だったと
記憶しています

追伸
いまでもこころに
焼きついている青春

I LOVE YOU!
最高です

このビデオは、
ファースト・クラスです!


~この支配からの卒業~ 尾崎豊

(購入者の評価)
このDVDのいい所は最初と途中に尾崎の話てる声などがある。
あとは須藤さんの語りでわかりやすい作品となっている。
映像はいいけどあまり期待しない方がいい。


AFTER THE BIRTH

(購入者の評価)
ラストライブと郡山のDVDが出ている今、
あえて買う必要はあったのか…。すこしでも尾崎を知りたい
という方は買われると良いと思います。


THE NIGHT A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI

(購入者の評価)
ライブ中のトラブル(音が出なかったり)といったものまで映っていて、まさにライブそのままっていう感じでした。
なんといっても、マッキーが歌ったところは特によかったです。


>> つづきをみる

再会―封印を解かれた10万字

(購入者の評価)
アーティストとして、同世代の人たちのカリスマ的存在として彼が周りから言われてきたもの全てが、彼の求めたありのままの尾崎豊ではなかった葛藤や自身の思いが、ひとつひとつの言葉と文章から伝わってきます。
良いことも悪いことも全てを受け入れながら、アーティストとしての使命感と一人の人間として正直さを貫き続けた尾崎さんの姿を通して、勇気や愛というずっと変わらない大切なものを改めて教えられます。
経過と共に読んでいくと、尾崎さんが一番伝えたかった自分自身やそれを受け入れてくれる存在という思いが心に響いてくるようです。


音楽誌が書かないJポップ批評 尾崎豊 [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 B へ 1-9)

親愛なる遙いあなたへ―尾崎豊と分けあった日々

(購入者の評価)
私が感じたのは、この話はおそらく真実なのだろうなと言うことでした。
間違いなく、賛否両論あるだろうと思う内容だし、尾崎の真意までは解りませんが…。

でも、読む価値はあったと思います。

読んでつくづく、人は複雑だなぁ。人間は矛盾だらけなんだなぁと思いました。



尾崎豊/ギター弾き語り全曲集 (オールアバウト)

(購入者の評価)
 尾崎豊さんの全曲が歌詞もついてのっていて見やすいです!
ただタブ譜で無いので私のような初心者には辛いです!
各曲の最後にまとめてタブ譜が載っているので、
わたしはそれをコピーして、いちいち見ていたのですが、、、
最後は沢山コピーして自分でタブ譜を一つ一つ切り貼りしました!
という手間はかかりましたが、尾崎豊さんの全集としては良い楽譜です。
 初心者のことも考えてタブ譜にしてくれれば最高ですが、、、


幻の少年

(購入者の評価)
リアルさは感じられるが、まとまりがなかった。
剽窃だが、事実、
麻薬は「開けたら向こう側は崖」と感じた。


地球音楽ライブラリー 尾崎豊 (地球音楽ライブラリー)

(購入者の評価)
尾崎豊が死ぬまで全てだった僕。もう死んで10年以上もたった。その間、就職、結婚、子供が生まれ、時とともに尾崎は忘れかけいていた。先日、「早すぎた伝説」のフィルムコンサートに行った。忘れていた何かを思い出した。もう一度、尾崎を知ろうと思った。この本には尾崎の歩みが書かれていた。自分の10代から20代までの思い出がよみがえった。もう一回、大人になった自分で尾崎をじっくりと聞きたいと思う。子供が15歳になったら、尾崎の歌と本を渡して感じたこと聞きたいと思う。

弟尾崎豊の愛と死と

(購入者の評価)
読んでよかった。
色々な意味で、涙がでました。

幼少時代のこと、少年期、覚醒剤の事や、尾崎の死直前のことなど、色々かかれていました。
人間としての、尾崎豊を知りたい人には特にお薦めです。





日本の3太郎 桃太郎・金太郎・浦島太郎―歌と読み聞かせCD付

(購入者の評価)
この本を買ったのは、好きな声優さんが歌ったり語ったりしてると聞いたからだったのですが、CDを聴きながら本を読んだらすっかり話に引き込まれてしまいました。イラストも3つのお話それぞれ違うのが良かったです。
「あれ?金太郎ってこんなお話だったっけ」と、知っているつもりで知らなかった話もあってとても楽しかったです。関俊彦さん、佐久間レイさん、小林優子さんが色んな役で歌って語ってらっしゃいます。子どもさんがいらっしゃる方は一緒に聴きながら絵本を読んだらとても楽しいと思います。


白紙の散乱 (角川文庫)

(購入者の評価)
とても抽象的な言葉で、自分の内面を表現している。読んで浮かぶイメージはどれも寂しくて、何度も読むたびに痛いほどの孤独が伝わってくる。そんな中でも小さな希望をみつけ、それに向かって一緒に歩いてくれる人、それか向うで待っていてくれる人がいることを望む。シンガーソングライターであり作家であった彼は、秀でた詩人でもあった。そして同時に優れたフォトグラファーでもあった。

バンドスコア 尾崎豊 BEST SCORE (バンド・スコア)

やさしいピアノソロ 尾崎豊 ベストコレクション

尾崎豊 覚え書き (小学館文庫)

(購入者の評価)
本書は、須藤晃『時間がなければ自由もない』(ソニーマガジンズ刊、1994年)を再構成・加筆(第一章、第三章)したものです。

第一章は、尾崎と著者(=須藤氏)との出会いから、『誕生』リリースまでの両者の関係をできるだけ客観的に振り返ったものです。示唆に富むものです。第二章は、『誕生』リリースにさいして、1990年11月と1991年4月に尾崎と著者とのあいだで行われた二つの対談の記録です。直感的・断片的な発想の応酬というところがあるので、あまりわかりやすいとは言えません。第三章は、著者による自分自身と詩・音楽とのあいだの関係についての回顧、そして尾崎から聞いた「幻の少年」という小説の構想の記録です。第四章は、1985年ごろ尾崎から受けた印象についての断片的エッセイ、著者が1991"BIRTH”ツアーにライヴ・レコーディング・ディレクターとして同行したさいの記録、そしてそのほかです。尾崎がどれほど『誕生』というアルバムを引っさげた1991“BIRTH”ツアーにアーティスト生命を賭けていたかがよくわかります。第五章は、著者が尾崎の死を知ったときから尾崎の生と死の意味を整理するまでに書いたエッセイを集めたものです。

東京大学文学部英文学科で二十世紀のアメリカ現代詩を専攻。尾崎の詩人としての才能にほれ込み、育くんだ須藤氏のエッセイはやや直感的・断片的に物事をとらえていくので、「尾崎豊とは何か、誰か」をわかりやすく解説してほしい方々にとっては煙に巻かれたような歯がゆさが残るでしょう。それでも、須藤氏だからこそ発見できた尾崎の詩と真実がここにあることも否定できません。
カヴァーデザインと最後に寄せられた文章は、『十七歳の地図』からずっと尾崎作品のジャケット・デザインを担当しつづけたアート・ディレクター、田島照久氏によるものです。

尾崎豊 あなたとの「約束」―シェリーたちへの愛

誰が尾崎豊を殺したか

(購入者の評価)
 本書を読んだ当時、私は尾崎豊の死因は事故死でも病死でもなく殺されたもの、他殺だと思った、第一に尾崎豊は当時死ぬ理由など何一つ無かった、むしろ再生の祈りを込めたニューアルバム、今となってはラスアルバム「放熱の証」を発売し、シンーガーソングライターとしての才能のみならず、アレンジやプロデュースなどの役割もこなし音楽創作活動に意欲的であった、そんな彼、尾崎豊が自ら命を絶つ事によって死を選択する余地などあるはずが無かった、では誰が尾崎豊を殺したのか、それは本書を読み込めば自ずと答えが導き出せるかもしれない、私は官憲や立法の行政機関が発表した尾崎豊の死因報告書を信じない、真実は別にあると確信する、おそらく本書の著者大楽氏と尾崎豊の親族は尾崎豊の死の真の真相を知り得ていると思う、だからこそ尾崎豊の死の数年後に再捜査の運動が沸き起こった、結果的に再捜査がなされることは無かったが、尾崎豊のいちファンだった私のような立場の人間が尾崎豊を殺した真犯人を突きとめるのは至難の業である、しかし真犯人が誰かを推理するのは可能である、つまり誰が得をしたのか、尾崎豊の死後、誰が利益を得たか、この点を熟考すれば答えは導き出せる、あらゆる難事件を解決するためのセオリー、それは、それによって誰が得をしたか、である、生前、尾崎豊が忌み嫌っていた人物たちが尾崎豊の死の直前から直後まで暗躍した、そして今現在誰がほくそえんでいるのか、私は大楽氏の言い分を全面的に信ずる、真実はまさに彼が語っている、尾崎豊最大の悲劇、それは普通の愛ではなく、本当の愛の無い結婚だったのかもしれない、大楽さん、ありがとう、真実を語る勇気それを教えてもらった尾崎豊への追悼書でした

尾崎豊STORY―未成年のまんまで (ソニー・マガジンズ新書 M 2) (ソニー・マガジンズ新書 M 2)

(購入者の評価)

高校生のときや小学生のときに行ったり来たりするので、混乱しました。
とくに意図も感じなかったので、時間軸に沿って、構成してほしかったです。
私の場合は、今尾崎は何歳なのか。そこをしっかり捉えて読みたいので出来事だけ書かれてもイメージが沸きにくい。
カタカナの多様も、意図はあるんだろうけど読みにくいし、醜い。
インタビューとかいきなり入ったりして唐突だし、
内容もそんなに感動がなかった。
尾崎でなかったら、ストーリーにならない。そんな話しか見えなかった。
あれだけの歌を唄う人なんだから、ぜったいもっと感動させれるはずだという不満が残ってしまいました。


愛すること、それがすべて〜尾崎豊との永遠の絆〜

(購入者の評価)
かなりがっかりの内容でした。自分の都合のいい様に話を作っているだけで事実とは大幅に異なります。
この方の悪い噂は多く耳にしますが本を読んでさらに失望が増しました。


ありがとう―尾崎豊 ラストメッセージ

Oピアノピース06 ピアノアンサンブルピース I LOVE YOU/尾崎豊

尾崎豊 魂の波動

放熱の行方

(購入者の評価)
著者の吉岡忍氏は、1948年生まれの団塊の世代であり、1965年生まれの尾崎とは、年齢の差があり、尾崎のファンではなかったそうです。とはいえ、尾崎の生前から、リリースしたアルバムはすべき聴き、コンサートにも足を運んでいたというだけあって、本書では、歳の離れた友人としての気持ちを込めて、尾崎を「尾崎は」という三人称単数扱いではなく「きみは」という二人称単数で呼びながら、共感と違和感を、やさしさときびしさをもって記述・批評しています。これがまず特色です。

次に、尾崎の父、妻、音楽プロデューサー(須藤晃氏)、雑誌編集者(見城徹氏)、アート・ディレクター(田島照久氏)、元マネージャーはもちろん、元所属事務所社長、旧友、通っていた高校の校長にまで取材を行い、尾崎の著作、インタビュー、ファンクラブ機関紙にまで眼を通しているので、尾崎の伝記として非常に読み応えがあります。

第三に、著者自身がノンフィクションは文学とジャーナリズムとのあいだにあると書いているように、本書は、尾崎の歌詞に対する文学的理解・批評と、尾崎とその同時代的背景・歴史的背景に対するジャーナリスティックな分析・批評とを兼備しています。岡林信康、都はるみ、消費社会、学校教育、高度成長などの話題が出てくることや尾崎のジャーナリスティックな視点・分析の欠如を厳しく指摘することが読者の鼻につくこともあるでしょう。でも、批判が当たっていないことはないですし、いやなら読み飛ばせばいいことです。

一般的な尾崎観は20代の尾崎の作品すべてに厳しいものです。著者の尾崎観は、尾崎はよるべきなき時代の申し子としての成功のゆえに失敗したと主張し、『街路樹』や『誕生』に批判的でありながらも、『放熱の証』に一種のわびさびの境地を積極的に見出すものです。そこに、本書の独自性があるように思います。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4