小沢仁志

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
小沢仁志 おすすめDVD 小沢仁志 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
カクトウ便 そして、世界の終わり

新・首領への道3

ずっとあなたが好きだった DVD-BOX

(購入者の評価)
懐かしいドラマです。流行語にまでなった「冬彦さん」役の佐野さんの演技は確かに秀逸でしたが、
いま思えば、賀来千香子演じる美和の演技も良かったからこそのドラマだと思います。
モデル出身の彼女が素敵な女優として今も活躍しているので嬉しいです。
個人的には当時バラ色(!?)な新婚主婦だったので、
「こんなのありえな?い」とバラエティ感覚で見てた気がしますが、
今となっては、演出はバラエティではあっても、結婚生活の本質的な死角や盲点をついてて、
さすが君塚さんの脚本ですよね..。
息子をもつ母親になった今、彼が冬彦であってほしくないとは思いつつ…。
そして今、初恋の人ともし再会したら…!?


修羅之魂~激動渡世編~

新・首領への道2

(購入者の評価)
鶴政組若頭の大島賢次郎が実の兄弟である太刀川組若頭の大島誠一郎の策略によって、鶴政組の頂点にのし上げられようとする。自分の知らないところで流れが作られていることを感じた大島賢次郎は、やがて事件の核心に迫っていき、兄と対決をすることとなる。はたして大島誠一郎は目的の達成のためなら手段も選ばないただの殺人鬼なのか。その真意は?予告編では3はありませんでしたが、まだ続くことを期待します。時代が今のように大組織に一本化された極道社会ではなく、大阪にはヤクザ組織が群雄割拠していた時代のことなので時代錯誤か?と思われがちですが、そんなことはなくすんなりと現代のものとして受け入れられます。ただこれといった見所が見つからなく、心揺さぶられるものがなく物足りない。

DEAD OR ALIVE デッド オア アライブ 犯罪者

(購入者の評価)
1999年Vシネマの革命作
哀川翔と竹内力初共演にして日本映画史の金字塔。
 新宿歌舞伎町の暑い夏の夜一つの抗争事件が勃発、龍一(竹内力)率いるギャング団が、桜井組の構成員と香港マフィア達をつぎづきと惨殺
現場に到着した野良犬刑事、城島(哀川翔)は殺人現場にあったラーメンの匂いを嗅ぎ「スチールーラーメン、ヤン・ファンケンに間違いない」と言い放った。オープニングから異常なテンションの高さでこの作品が今まで観た事がない映画であると認識させらえた。
内容
 新宿を舞台に利権を争う、桜井組と新興中国大陸系ギャング集団の抗争に、娘の手術費2000万円を都合しなければいけない刑事城島が漁夫の利を狙いにいくとい展開でノンスットップで加速していく。
見所
 灰汁の強い個性派俳優陣に洒落のあるセリフ、やべきょうすけ演じる
カンフーマスター、ヒトシに「ぼくドラエモン」と言わせた後にすぐに警備員を凹にし、銀行強盗させたり、タレコミ屋兼エロ雑誌屋(ダンカン)が重要な役割を演じ、桜井組若頭の変態浣腸マニアの青木(石橋蓮司)がとても言えないセリフを言わせたり、どうしても本当の中国人にしかみえない陳を鶴見辰吾が怪演し、城島の部下井上を寺島進が演じているんですよ、三池組最高のキャスティングじゃないですか。
蛇足
 後に、三池崇本人が「明るくて楽しいヤクザ映画です、たっぷり楽しんで下さい」と言わしめた程の自信作。
今年の公開作の『クローズzero』と同じく「香港映画を凌駕したな」と私は確信しました。


新・首領への道

(購入者の評価)
首領への道といえば清水健太郎と白竜の名Vシネマ。もう何十回と見た永遠の名作の続編なのだろうかととりあえず見てみました。やはり前作のベッタベタの雰囲気からは変わって洗練されすぎたかな。首領への道のタイトルがなくて別物として見られたら気を楽に持って見る事ができたのに。元々原作の漫画も見ているのですが、こんなシーンはどこにも出てきません。首領への道だって途中からは代紋TAKE2そのままだったりもしたのでそれはそれでいいか。策士すぎる小沢仁志がやろうとしていることは、首領への道の原点である極道(きわめみち)としては外れてるな。完全に違う。首領への道を引きずらなければ結構おもしろい作品で続編が楽しみでもあります。

無認可保育園 歌舞伎町 続・ひよこ組

(購入者の評価)
「無認可保育園 歌舞伎町 ひよこ組」の続編です。本作では『FM89.3MHz』で工藤準次の子分役として個性ある演技を発揮した松浦祐也がDJで登場。前作から発売まで待たされたためにちょっと気が抜けてしまい、前作を見たときのワクワク感は少し失われました。小沢仁志の園長役を冷めた目で見てしまったのもそれが原因です。2作合わせても2時間を少し越えるくらいなのだから、1作品として発売してほしかった。また、これから見る方のために書くと、2作品は同時に一気に見ないとつまらないと思います。特典映像のメイキングでは監督も映っていて、『FM89.3MHz』の腰の低い監督とは間逆。かなり押し出しが強く、パワフルでなかなか注目の監督だと思いました。

修羅の妻(おんな)たち 鉄砲玉の女

生き残れ SURVIVE

無認可保育園 歌舞伎町 ひよこ組

(購入者の評価)
「FM89.3MHz」では自分的には大ヒットだった工藤準次が帰ってきました。前作では赤字続きだったミニFM局をシノギに任されましたが。本作では無認可保育園。女と子供の出てくるVシネマは完全な否定派なのですが、本作は途中までとてもおもしろいのです。ところが訳のわからないうちにエンディングを迎えてしまいました。メイキングでも収録しているシーンが入っていないし、次回予告は何もありません。2部作になっているのならそう書いておいてもらわないと、思いっきりテンションが下がりました。どうなっているのだろう?

生き残れ SURVIVE

鉄(くろがね) 極道・高山登久太郎の軌跡

くノ一忍法帖 柳生外伝〜会津雪地獄篇〜

くノ一忍法帖 柳生外伝〜江戸花地獄篇〜

武装戦線~政府軍VS革命軍

(購入者の評価)
ある伝説の傭兵「リヴァイアサン」の取材をする為にフィリピン・ミンダナオ島に来た
へっぽこフリーライターの平川。

現地のガタイのいい傭兵に邪険に扱われるけども、必死に反抗する威勢のいい平川。
現地の武装住民に襲われ、目の前の惨劇に発狂する平川、それでもビデオカメラは手放さない。
夕食を食べ一息ついたところに伝説のリヴァイアサンが訪れる、暗闇の中攻撃され平川以外のすべては殺されてしまったが一人決意し銃を持ちジャングルをさ迷う。


ストーリーの盛り上げ方や映像の撮影の仕方も1時間ドラマのような甘い所があるが、役人の演技は良いし、戦闘シーンもVシネとしては結構迫力ある。
伝説の傭兵リヴァイアサンという現実味のない恐怖だが、全体的に緊張感はよく出ている。

Vシネマとしては良く出来ているほうだと思う。


実録・なにわ山本組 完結編

(購入者の評価)
前編が面白かったので、すぐにレンタルして続けて完結編も見ました。

いやあ、まさかあの暴れん坊の主役の人が画家になるとは!
おおまかなストーリーは知っていたとはいえ、これにはやはり驚かされましたね。世の中、わからないものです。

主役の風間さんはいい味だしてますね。リアルな関西弁がハマっていてすごい迫力です。本物のようですよ。

個人的にこれからの風間さんの活躍に期待しております。


修羅の門 2

修羅の門

極道な月

(購入者の評価)
イジメ、DV、家族の借金と、哀しい現実に直面し続ける筆者が、最後にたどり着くのは刺青と小説という「表現」だった。筆者のまっすぐな心が編み出すものは、ひとの心を打つ。

>> つづきをみる

煮たり焼いたり炒めたり―真夜中のキッチンで (ハヤカワ文庫JA)

(購入者の評価)
翻訳者という作者の職業を生かして、いろんな国のお料理本から作
者お勧めの料理が紹介され、「こんなお料理があるのねえ」と思わ
されます。
作者は実践派の人で、もちろん紹介されているお料理は全て経験済。
掲載されているレシピには経験を生かした改良も加えられています。
ただ、読んで今日の夕食にと気軽に作れるお料理は少なく、毎日の
料理というよりは、料理が趣味で凝り性な方の男の料理という感じ
がしました。
お料理本としての実用性については?という感じもしましたが、お
料理エッセイとしては文章も読みやすく面白いです。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4