小澤征悦

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 
小澤征悦 おすすめDVD 小澤征悦 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
里見八犬伝 DVD-BOX

(購入者の評価)
放送時は内容をあまり知らなかったので面白いと感じたのですが、
もっと八犬伝について知ろうと文庫本やらマンガやら見てみたらビックリ。

内容違くね?(゚∀゚) と。

八房がいないとこの話は成り立たないのではないかと。
玉梓の呪いで伏姫が子を孕んだのはわかるのですが、
なんで犬なのか?ってことになっちゃうんじゃないでしょうか?
化け猫をCGでするぐらいなんだから八房は出すべきだったと思う。
その他にも親兵衛やら浜路やらいろいろと設定が違う人々がちらほら。
詰め込みすぎて少々無理があったのでは・・・。

あと、ワイヤーアクションのところで
いかにもワイヤーを使ってる感じが見え見えだったのが残念でした。

でも、キャストの豪華さで見る人なら十分なほど豪華なドラマなんじゃないでしょうか。


隠し剣 鬼の爪

(購入者の評価)
「武士の一分」までの一連の藤沢周平映画の中で、この「隠し剣 鬼の爪」がベストだと思う。

まずなんといっても、ヒロインの松たか子が素晴らしい。「女性の品格」という本が売れる
現代だが、このきえという女性は「品格」よりもっと大切な何かを仄かに薫らせ、愛おしい。

また永瀬正敏も良い。各作品の主人公の中でも、飛び抜けストイックで無駄な動きもなく、
田舎の小さな藩の下級武士という感じが一番する。

緒形拳も、各作品の悪役の中で最高のワルである。(最悪のというのが正しいのかな?)
監督は山田洋次でないが、「蝉しぐれ」ではとても善い人だったのでその落差が面白い。

さらに、タイトルは勇ましいが、立ち回りの時間は短くそれでいて深く印象が残るシーンだ。
後から思うと、こういう題名を付けてしまう事はリスキーだが、そうでないと見逃すほどだ。

いささか書き過ぎてしまった。
もう一度言う。松たか子のきえは邦画史の1ページを、ひそやかに飾るヒロインである。


隠し剣 鬼の爪 特別版

(購入者の評価)
配役に不満もあり上手く感情移入できなかった事もあるけど
ストーリーが「たそがれ清兵衛」に被り過ぎて何で?似たような
流れの作品をまた作るのかなぁ・・・と。

やっぱ「たそがれ」と比べると物語りの根幹がぼけてるし
人物の相関関係も浅く緊張感が感じられない。それでも
幼なじみの松たか子の事をいとおしく想う気持は伝わって
きてジーンとは来るんだけどね。全体的にもうちょっと重みと
言うか厚みがある話にしてもらいたかったです。

永瀬正敏の演技は悲哀さが滲み出て良かったとけど
松たか子はミスキャストじゃないかな?演技が大根なのも痛いけど
健康的過ぎて貧困や苦労って雰囲気が出にくいキャラじゃないかなと。







東京マリーゴールド

(購入者の評価)
 おかれている周りの環境とか情報にうまく自分を合わせて生きていくと
楽だし、周りの人間ともうまくやっていけるし、仕事であれば周りの評価
も高まる可能性が高くなると思う。だけど、「譲れない自分」というのが
誰にでもあって、それを守れば守るほど自分の周りの人との軋轢が生じる。
でもね・・・。「今日、どういう一日だった?」

切ないね、でも大事にしたいことはやっぱり大事にすべきだよね・・・。

そんなことを再認識させてくれる作品でした。




豚の報い

(購入者の評価)
 俳優達の沖縄のイントネーションが大げさな気もするが、描かれる人物達の人間臭ささがまたいい。沖縄の場末の酒場(たぶん那覇の桜坂)の雰囲気や、懐かしい田舎の伝統的民家の作りや、ユタなどの土着信仰的な文化的要素も描かれている。ロケ地はたぶん久高島かな? ここの自然も美しい!久高島って霊感の強い人は霊に惑わされるから行かない方がいいって言われている島で、私は行った事がない。こんなキレイなとこなら行ってみたい!出てくるねぇねぇ達の、すんごい境遇にありながらも「それでも生きて行く」という人間の強さ・したたかさが気持ちいい。品がないねぇねぇ達を見ていると、沖縄の人が皆そうだと思われたくはないけれど、でも・・・私の友人にもこんなねぇねぇいるなぁ・・・(^^;)

隠し剣 鬼の爪

隠し剣 鬼の爪 通常版

(購入者の評価)
最初、全体の完成度、見ごたえ、感動は、武士の一分、たそがれ清兵衛、そしてこの鬼の爪の順だと思った。ところが、2度3度と見直すうちに逆になった。

この鬼の爪が一番辛口で、2度目も3度目も泣いてしまった。黒澤を踏まえたような、笑いと凄みのコントラスト。殺陣は、さすがに清兵衛ほどの見せ場になっていないが、最後の隠し剣は、殺る側殺られる側ともに決まっていた。それに、安易ではない辛口のハッピーエンドもいい。ただ、松たか子って背が高すぎ。


ほたるの星

(購入者の評価)
小澤征悦さんが主演されてると知り、早速DVDを購入しました。今までのレビューでも書かれてるとおり、ちょっとCG(特にラスト)に幻滅しました。校長役のキキキリンさんなど、もうちょっと話にからんできて欲しかったかな。しかし小澤さんの演技は初々しくてまだまだだけど、さわやかに演じられていて良かったです。ので三ツ星。小澤さんにはこれからの活躍に期待大です。『義経』の木曽義仲役は非常に印象的で良かったです。

隠し剣 鬼の爪

(購入者の評価)
再び、「近代」VS「前近代」の構図に基づいてレヴューをする。

永瀬の演ずる主人公は、あるポイント、ある「時点」で、ラストと
同様の「生き方の選択」が可能だった。松たか子を、嫁ぎ先の商家から
引き取り、彼女が健康を回復した時点で、宗蔵は侍の身分を捨て、
松の演ずる、農民の娘きえと共に、蝦夷に渡り、商人に。
勿論、主人公が、こんな選択をしたのでは、「剣の果し合い」も
「鬼の爪のシーン」も「西洋式の軍事調練」も、その後、描かれる事は
無く、「映画」として、成立しない。
しかし、近代人ならば、「個人の『自由意思』によって功利主義に基づく
『合理的な選択』をする」のは、当然であり、自分の「生き方の選択」を見て、
他人が如何言う「気持ち」に為るか等と言う事は、一切、関知しない。

だが、前近代人の宗蔵には、「生き方を選ぶ」、詰まり「選択」と言う概念が存在しない。
挟間との決闘や、家老の緒方拳との確執の後、漸く、「侍の身分を捨てよう」
と言う「気持ち!」に為って、「実際の行動」に移す。同時に、1860年代と言う、
其の時代に相応しい「近代人」と言う「生き方」が実行できる様に為り、松の演ずるきえとも
結ばれる。そうして見ると、最初は「前近代人」だった宗蔵が、ラストでは
「近代人」として生きて行く様になるまでの、「変化のプロセス」を
描いた「映画」だとも、解釈出来る。だとしたら、「『近代人』にとって『武士道』とは?」
と言う形で、「日本人にとって『近代的自我』とは?」と言った「夏目漱石的問題」を
「『転倒』させて見せた」作品なのかも知れない。・・・「鬼の爪のシーン」での
宗蔵は、殆ど8割方、「近代人」として行動していたと考えて良いだろう。彼個人の
「自由意思」に基づく行動だからだ。・・・また、明治近代文学開始以前に
勝手に、とっとと「近代人」に為って仕舞った人間が、幕末期に居ても
本人にして見れば「何ら問題が無い」。自分の人生だからだ。それこそ「近代的自我」の
持ち主ならば、全く「遠慮」なぞしないだろうし、「夏目漱石の事なぞ
知った事では無い。俺は俺だ。」と言った所か。・・・
ラスト・シーンは確かに「ハッピー・エンド」である。しかし、豪い遠回りだった。

『清兵衛』が「家族の絆」を描いているので、アメリカ人には『鬼の爪』よりも
「受けが良い」等と良く言われるが、一部のアメリカ人には、19世紀後半に
新天地の蝦夷に渡り、「近代人」として生きて行こうと「選択」した宗蔵を、
ほぼ同時代に、ヨーロッパから、新天地アメリカへと渡って生きて行こうと「選択」をした、
自分達の先祖の姿に「重ね合わせて」見て居る者もいる。
但し、少数派かも知れない。今年4月に亡くなったカート・ヴォネガットが、
ブッシュ・ゴアの双方を「歴史についても『無知』で、異文化に対する理解も無い
ボンボン政治家が2人居るだけに過ぎない」とボロクソに言っていたのは、
そう言う「文脈」の中で、とも受け取られる。

勿論、宗蔵や当時のヨーロッパ人にとっての「フロンティア」には
既に、先住民が、独自の文化と歴史を持って自分達の生活を
営んでいたのは、当然の事である。


釣りバカ日誌 13 ハマちゃん危機一髪!

釣りバカ日誌 13 ハマちゃん危機一髪 !

(購入者の評価)
はまちゃんスーさんが完全に喰われた珍作。
丹波哲郎の怪人振りが、光り輝く。
杉浦直樹も味の在る演技。
パパイヤ鈴木が頑固親父に張り倒されるシーンは痛快。

予定調和的ほのぼの感は健在。
平和大国日本に栄光あれ。


釣りバカ日誌 13 ハマちゃん危機一髪!

東京マリーゴールド

(購入者の評価)
留学中の彼女が帰ってくるまでの1年間だけ付き合うという期間限定の恋愛の話。
田中麗奈はやっぱりいい個性出してると思います。
エリコ役が他の女優さんだったらもっと違う雰囲気に仕上がってたと思うし、
ラストは見てて映画だから現実にはこんなの有り得ないよ〜
って感じじゃなくてリアルな本当にそういうのありそうなラストでした。

1年間だけって思ってても付き合ってるうちに本気で好きになってしまうんだなって思いました。
これを見て女は傷つくの恐れないでもっと強くならなきゃいけないって思ったし
自分も今、恋愛に悩んでいるので辛くても自分で決断を出そうって勇気が出ました。
すごく切なくて見て良かったと思える映画です。

隠し剣 鬼の爪(HD-DVD)

隠し剣 鬼の爪

(購入者の評価)
「武士の一文」のレビューで、引き合いに出してるのをよく見たので、
遅ればせながら拝見させて頂いた。
これで三部作すべてを見たんだけど、重複して出演してる俳優が多いんですよね。
チーム山田って感じ。
そのチーム山田が、「寅さんシリーズ」撮ってたというのを最近知りました。(汗)
武士三部作にも見られる、ほのぼのとした笑いは、そこから来てたのかと納得。

さて、
今回の主役、永瀬正敏なんだけど、
これ見るまではどうも印象が薄かったんですよ。
小泉今日子の元旦那という認識あるだけで、演技見るのは今作が初めてなんだけど…
良い役者じゃん?!
なんでもっとメジャーな作品に出ないのか(より好みしてるのか?)不思議に思ったくらい。
ヒロイン役は、松たか子。
着物が似合うし、笑顔が可愛かったなぁ?
彼女の存在なくして、この映画は成立しなかったのでは?

解り易い時代劇です。
気になってる方は是非!





シェエラザード 海底に眠る永遠の愛

(購入者の評価)
浅田次郎の『シェエラザード』のドラマ化。阿波丸事件をモチーフとして現在と過去で繰り広げられる壮大な物語である。

アジア・太平洋戦争の末期、すでに日本が制海権も制空権も失っていた頃、日本は連合国の要請を受けて1隻の客船を南方占領地域へ向かわせることになる。それが連合国の捕虜への救援物資を積載した弥勒丸であった。弥勒丸には安導権が与えられ、連合国から航海の安全を約束された船だったのである。しかし、弥勒丸はアメリカ潜水艦の雷撃を受けて多くの人々とともに海底へと葬り去られてしまう。その真相に現在と過去から迫るストーリー展開は、素晴らしいものがあった。

とりわけ、弥勒丸のCGはともかく、軍人と船員の葛藤もよく描けており、船舶の徴傭に内包された問題点も密かに垣間見ることができる。また現在では仲村トオルと石田ゆり子の演技が光っており、過去では小澤征悦と長谷川京子の演技が光っていた。そしてリムスキー・コルサコフの「シェエラザード」の音楽が哀愁を誘い、物語を一層引き立てている。

しかし、反町隆史の演技に頭を抱えてしまうのは私だけだろうか。天下の大本営参謀が、この体たらくでは、まさに参謀肩章が泣いている。なぜ歴史モノの映画やドラマに反町隆史を起用するのだろう。私には、武将や軍人には全く向いていないとしか思えない。GTOが精々であると思うのだが……。

ちなみにロジャー・ディングマン著、川村孝治訳『阿波丸撃沈―太平洋戦争と日米関係』(成山堂書店、2000年)も参照されることをオススメする。


釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!

>> つづきをみる

時代劇マガジン Vol.18 (タツミムック) (タツミムック)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4