西郷輝彦

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
西郷輝彦 おすすめDVD 西郷輝彦 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
TANNKA 短歌

(購入者の評価)
時折挿入される俵万智の短歌は、「うん、上手いなぁ」と声を掛けたくなるほどである。
阿木曜子の演出は、当然と言えばそれまでだけれど、どうも歌謡曲になってしまってる。
黒谷友香という女優は、あまり知らないのだけど、まあ可もなく不可もなくという感じ。

特典映像を見て、阿木曜子という人は、サービス精神旺盛の可愛いプチおばさまだった。
ベリーダンスで女のサガを表現しようというあたり、やっぱり歌謡曲の作り手だと思う。
それに台詞が古い。「若い衆」「一見の価値アリ」とか言うかなぁ。わざと使ってるの?

良かったことも書いておこう。
ラストシーンは、ありきたりかも知れないけれど、これしかないねと素直に納得できた。
また、特典インタビューでの黄川田将也の受け応えは、とても好感の持てる内容だった。


忠臣蔵

(購入者の評価)
最後の吉良様の出てくるシーンは史実ファンとしては作りすぎの感がありますが、他の所ではかなり上位の作品です。
作りすぎる脚色も少なく、フィクションだか感動ところではずせない所は入っています。

出演者も今では考えられないほどの豪華さで、これほど役を整えたものは今からの時代ではなかなか出来ないでしょう。

昔にもまだ良いものがたくさんありますが昔過ぎて役者さんがわからない、殺陣のシーンが違和感がある場合、現代にみやすいのはこちらだと思います。



江戸を斬る II

空海

(購入者の評価)

昭和59年の作品。
弘法大師の没後1150年の記念映画です。

DVD化されて改めて見直しましたが、駄作です。

24年ぶりに見直すと、薬子の変をはじめとして、
皇位継承を巡る宮廷内部のドロドロとした場面が描かれていて、
反体制的な左翼映画の匂いがするなあと感じました。

内容はただ、時系列に伝記をなぞっただけ。
えらく表層的で食い足りない印象です。

どうして?、という場面があっても、
全てスルーで、どんどん話が進みます。

また、藤原薬子役の小川真由美がやたらと登場し、
天皇と絡んでストーリーに花を添えます。

必要以上に挿入された宮廷内部の話は興ざめです。
単純に空海の伝記にした方が良かったと思いました。

細かい突っ込みどころとしては、
満濃池の辻護摩のシーンで、壇木が落ちているのに、
やたらと火が上っているのは、おかしいと思いました。

次の御遠忌までは、あと約25年です。
映画を作るとすれば、遅くても20年後には企画開始でしょう。

今度の映画は、映画の力だけでヒットするような
面白い映画を作って欲しいです、というより、
ぜひ、そういう映画を作りたいものです。


小説吉田学校

(購入者の評価)
実に堪能させてくれる映画です。
やはり 森繁さんの吉田茂は はまり役です。
三木武吉 松野鶴平 河野一郎 広川大禅 田中角栄 池田勇人 佐藤栄作
実に うまい俳優を持ってきて うまい演技をさせてくれる
最近はこういうタイプの映画が本当に少なくなったのが 哀しいですね。

あとは補足として 麻生和子さんは あんなに癒し系では絶対にないはずだし
児玉先生を始め 院外団の皆さんが一人も出ていないのが ちょっと哀しいです


服部半蔵 影の軍団 BOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
服部半蔵といえば千葉真一、千葉真一といえば服部半蔵と、
小さい頃に忍者=千葉真一という固定観念を植え付けられたといっても過言ではないほど、
この作品が私に与えた影響は大きかったです。

今からもう28年も前の作品になりますが、その面白さは変わりません。
私にとっては、この時代劇の上を行くものはないと思っています。
軍団というだけあって、主人公1人だけが敵を斬っていくということはなく、
部下が数人ついているのも一味違う部分です。

この後も、2、3、4、幕末編とシリーズが続いていくので、
DVD?BOX登場が待ち遠しいです。


「アパッチ砦の攻防」より 戸惑いの日曜日

(購入者の評価)
三谷幸喜の作品と思って購入しました。とにかくコメディーに必要なテンポが非常に悪く(遅く)、そのため、途中でたびたび我にかえってしまいます。畳みかければいいものを無駄な小芝居を長々とやるもんだから、観客は退屈し、いろいろ考えてしまって矛盾にどんどん気がつきます。たぶん、上演時間を2/3位に縮めればおもしろく見ることが出来たのでしょうけれど。最後まで見るのに努力がいります。おすすめできません。

独眼竜政宗 (3巻セット)

(購入者の評価)
今やハリウッドスターの仲間入りした「ケン・ワタナベ」の若々しい勢いが滲み出る作品である一方で幼年&少年時代役、何より後藤久美子が可愛すぎる(失礼ながら桜田淳子に変わってから一気に興醒めしました)!今は亡き勝新太郎や鬼母・岩下志麻との演技合戦も見所です!

影の軍団 服部半蔵

(購入者の評価)
昨今の子供だましワイヤーアクションとは全く異質な本物の忍者アクションです。
刀を踏み台に屏をのぼる動作、忍び込んだ天井での尿の処理、同じく忍び込んだ屋敷でのつまみ食いなど何気ないひとつひとつの動作が非常にリアルで感心しました。雑木林や城の中で無言でぶつかり合う忍者同士の戦闘も迫力があり、全身を黒い石膏で固めた緒方拳の不気味さも斬新です。果敢なリーダーの西郷輝彦が最後の瞬間に見せる人間的な弱さ、成田三樹男の非常さなど人間描写も優れています。
20年以上前の映画ですが、今の日本には本作のような本物の忍者映画はもう作れなくなってしまったのは本当に寂しいかぎりです。


柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い

(購入者の評価)
NHKの木曜時代劇というのは、本当に良質な時代劇を
生み出すなと感心してしまいます。とくに村上弘明を起用した
シリーズというのは「腕におぼえあり」(これは金曜時代劇でしたが)
など、外れなしで本作の「柳生十兵衛」シリーズも本当に素晴らしい作品でした。
登場人物は、主人公である十兵衛とは立場・信念は違えども、武士として
世を変えようという強い信念を持った者として描かれており、単純な
勧善懲悪ではなく、古臭い言葉で言えば男の生き様のようなものを感じることが
出来る作品でした。村上弘明のもはや円熟とも思える演技も見事ですが、
無骨な武士を演じる照英もはまり役でしたし、由比正雪演じる和泉元彌の演技も
ゴシップの多さをも打ち消す程良いものでした。個人的に、彼はもっと時代劇に
出たほうが良いのではと思いました。脇役陣の確かさも手伝って、本当に
見ごたえのある時代劇です。お勧めいたします。


柳生十兵衛 七番勝負 島原の乱

(購入者の評価)
米映画の人物のように善と悪が単純明快ではなく、
自分よりも立場の弱い人間にさえも許容・情を感じる
複雑な日本人の精神を十兵衛演じる村上弘明が表現しています。
幕府の命を受け、人を斬る十兵衛の苦悩が
前シリーズよりもさらに深刻化し、歴史的な大事件である
島原の乱を背景にしているため、7話完結
とはいえ、見応えのある時代劇となっています。
ゲストも多彩で実力派俳優が多く、硬派で骨太の演技も
楽しめることと思います。お勧めです。


独眼竜政宗 総集編(1)〜NHK大河ドラマ

(購入者の評価)
 この時期までの大河ドラマはどれも出来が良かったですね。今のものはどれも見るに堪えませんが…90年代に入ってからですね、日本中のテレビ番組の質が落ちたのは。どうしてこうも粗悪品ばかりになったのか。それは教育のせいだろうか?根底からオカシイ話が多い。分かり易く言うと「話に厚みが無い」のだ。もうそのような作品ばかりになって長い期間過ぎた。それが当たり前と思ってる人たちも若い世代には多いはず。しかし昔にはもっと良い作品が沢山有った事を知ってほしい。

独眼竜政宗 総集編(5)〜NHK大河ドラマ

(購入者の評価)
 この時期までの大河ドラマはどれも出来が良かったですね。今のものはどれも見るに堪えませんが…90年代に入ってからですね、日本中のテレビ番組の質が落ちたのは。どうしてこうも粗悪品ばかりになったのか。それは教育のせいだろうか?根底からオカシイ話が多い。分かり易く言うと「話に厚みが無い」のだ。もうそのような作品ばかりになって長い期間過ぎた。それが当たり前と思ってる人たちも若い世代には多いはず。しかし昔にはもっと良い作品が沢山有った事を知ってほしい。


独眼竜政宗 総集編(2)〜NHK大河ドラマ

独眼竜政宗 総集編(3)〜NHK大河ドラマ

(購入者の評価)
 この時期までの大河ドラマはどれも出来が良かったですね。今のものはどれも見るに堪えませんが…90年代に入ってからですね、日本中のテレビ番組の質が落ちたのは。どうしてこうも粗悪品ばかりになったのか。それは教育のせいだろうか?根底からオカシイ話が多い。分かり易く言うと「話に厚みが無い」のだ。もうそのような作品ばかりになって長い期間過ぎた。それが当たり前と思ってる人たちも若い世代には多いはず。しかし昔にはもっと良い作品が沢山有った事を知ってほしい。




独眼竜政宗 総集編(4)〜NHK大河ドラマ

大日本帝国

(購入者の評価)
基本的には大東亜戦争の戦史を踏まえた大いなるフィクション映画である。
とにかく「ちょっと待ってよ」と言いたくなるようなツッコミどころ満載の映画だ。

まだ学徒出陣前の学生の話や、朝鮮戦争から投入されたはずの米軍のM-41戦車の話し。
サイパン島玉砕での日本軍の死に方。
サイパンで湧いて出てきた米国男女の話し。
フィリピンで帝国海軍士官の女(フィリピンの原住民で非戦闘員)の話し。

史実と捉えられるとちょっと困る、戦争フィクション大作として見て頂きたい。


毛利元就

(購入者の評価)
普段大河を見ない私ですが大好きな剛くんが出てるので見てました。歴史の勉強にもなるし内館さんの書かれるキャストのキュートな面にも微笑ましく楽しませてもらいました。剛くんファンは凛々しく若い演技に感動する事でしょう。戦国の世の中、セリフの中で心に残る言葉「よく生きよく死ぬ」一生懸命生を生きていれば死ぬのも怖くないという事に感銘を受けました。

樅の木は残った

(購入者の評価)
粛々と進むドラマの中で、まさしくドラマの世界にどっぷりと浸れる好ドラマである。
しかし、喜多嶋舞が出てくると、そのあまりの演技の下手さに、現実世界に引き戻される。
あのキンキン声はどうにかならなかったのか。
なんともったいないキャスティングであることか。


寛永風雲録

>> つづきをみる

生き方下手 (男のVシリーズ)

(購入者の評価)
この本に星5つをつけた理由としての、3つの「上手」

1、書名の選択が上手。
「生き方下手」という本の書名は、まるで舞の海の相撲の取り口のように意外性が高くて、ファンならずとも、書店で、思わず手にとってしまうに違いない。のっけから、読者の関心を引く、読み手の心をつかむという意味で、この書名に決めたのは、まさに「選択上手」だったということができると思う。

2、本の発売のタイミングが上手。
この書籍は、2007年1月下旬に発売されたが、2007年2月3日に六本木でおこなわれ、大成功を収めた彼のライブを見据えていたかのようで、タイミングという点で絶妙だった。というのも、書籍のなかで随所に触れられていた彼の人柄の誠実さ、一途さ、ひたむきさ、音楽に対する真摯さ、優れたものは何でも吸収し、取り入れようとするよい意味での貪欲さが、ライブのなかで、見事に証明されていたからだ。とりわけ、カナダの新進気鋭のシンガーである「マイケル・ブーブレ」を、リスペクトしつつ、非常にうまく取り入れ、ほぼ自分のものとしていた点は、彼の年齢(還暦!!)を考えあわせると、賞賛を超え、驚異に値する。

3、書籍の構成が上手
「生き方下手」、つまりは、これまでの人生のあらゆる局面において、偽=嘘を言わないスタンスを貫いてきた生きざま(かつて彼の十八番・おはこでもあったシナトラの「マイウェイ」の歌詞をここでちょっと思い出す)が、書籍の全編を通して、骨太に貫かれている点、ここに書籍構成の巧みさを感じた。





御三家歌謡映画の黄金時代―橋・舟木・西郷の「青春」と「あの頃」の日本 (平凡社新書)

『近代映画』特別編集 御三家メモリアルフォトブック―21世紀へのステップ

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4