西城秀樹

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 
西城秀樹 おすすめDVD 西城秀樹 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
コアラ課長

(購入者の評価)
レンタルでもいいから観ておいて損はないかも知れません。
余りにもバカバカしいので、貴重な休日のときにでも観れば更にくだならなさ倍になります。

最初は余りにも違和感なく進行していくので面白かったですが
サスペンスモノの展開になりスライドシーンは最高でしたが
そこでピークでした。
予算を使い果たしかシナリオ不足かは分かりませんが
徐々につまらなくなっていったのは仕方ないです。


寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1

(購入者の評価)
三十年前の作品となると、さすがに古さは否めないが、それぞれの人物が生き生き描かれていて、見ていてたのしい。
今では理解できない感覚(恋愛観、道徳観、ファッション、親父の暴力‥)も、確かにあった時代の姿として興味深い。
一話目から「○中」「ツ○ぼ」「○違い」と、言論の自由花盛り。


愛と誠 DVD-BOX

(購入者の評価)
西城秀樹&早乙女愛の「愛と誠」は観てないけれど、南條弘二&早乙女愛の「続・愛と誠」を映画館で観た。すごく良かった。感動した。また観たい!と思っていた。DVD化されて、やっと観ることが出来たが、また改めて南條弘二のファンになってしまった♪加納竜&早乙女愛の「愛と誠 完結編」は、今回初めて観た。またこれもすごく良かった。感動した。配役が変わるのも、またこれはこれでいいと思えた。お徳と大満足の3部作DVD-BOXです♪

寺内貫太郎一家 BOX(2)

(購入者の評価)
 高校生の頃、このドラマを見ました。大笑いしながら見ていました。わたしの中では、ずっと1番の傑作ドラマでした。大人になり、もう1度DVDを買って見直すと・・・。深い深い。怒りながらも人情たっぷりの貫太郎さん。やさしいく夫についてくけれどもここ1番には強いさとこさん。小さいころの懐かしいにおいが感じられるのです。何回みても大傑作。こんな家族、今の日本にどれくらい残っているのだろう。

現代仁侠伝

(購入者の評価)
 10年ほど前に映画館で見たきりですので、もし記憶違いなどあったらお許しください… m(_ _)m

 元暴力団員、今は実業家として成功している主人公が、過去のしがらみの清算と、無実の罪を着せられて殺されたかつての兄弟分の復讐のため、再び組に対して闘いを挑むストーリー。ジャンルは任侠映画だが、適度にラヴストーリーの部分もあって、タイトルとおり、わりとスマートな雰囲気に仕上がっている。このテの映画のファンにとってはたまらない作品だろうが、そうでもない私にとっては、まあ普通、というところである。もちろん、迫力あるアクションシーン(特に冒頭とラスト)、緊迫感のあるストーリー展開などは楽しめたが、それ以上のものはない。
 奥田瑛二は、むしろ現在の実業家らしい雰囲気を全面に出して成功。彼を慕うとよた真帆も、その一途さが感じられていい。また、特別出演組の島田紳助、片岡鶴太郎などが、個性を発揮して面白い役割を果たしていた。一方、西城秀樹は、せっかくそのクール&ワイルドな魅力を出して好演しているのに、彼の資質やパワーに比べて役のほうが小さすぎる。もったいないというか、ある意味、気の毒だった。
 正直言って、今回またDVDを買って見てみたいとまでの気持ちにはならないが、見て損はないというか、それなりに面白いのではないかとは思う。


寺内貫太郎一家 BOX(3)

(購入者の評価)
小さい頃見たテレビドラマ。あの時は、ジュリーと叫びもだえる樹木希林さんや、些細なことで怒り暴れる小林亜星さんと息子の西条秀樹さんとの派手な喧嘩シーンに大笑いして見ていました。
とにかく、登場人物が全員魅力的です。素朴でおとぼけキャラの浅田美代子さん、わざとらしく小汚く振舞ったり拗ねたり意地悪したりする樹木希林さん、すらっと格好よく真っ直ぐな気性の西条秀樹さん、何があっても落ち着いている加藤治子さん、子供心にこの恋愛は表立って応援したらいけないんだろうなって思う恋をしていた静かで綺麗な梶芽衣子さん、そしてドラマの脚本家の向田邦子さんのお父さんがモデルといわれてる、短気で筋の通らないことが大嫌いで時には手も出る、でも家族思いの不器用な父親の小林亜星さん。脇役の由利徹さんや、左とん平さんもひょうきんでいい味出してましたよね。
人情、家族の愛情が暖かく描かれていて心和むドラマですね。一話一話エピソードの設定も面白いですよね。


THE STAGES OF LEGEND~栄光の軌跡~

(購入者の評価)
当初「随分ベタなタイトルのdvdボックスだなぁ」と思いましたが(失礼)、実際タイトルどおりの充実ぶりでした。どの時期の西城秀樹さんが好きかによって、お勧めのDVDが分かれると思いますが、仕事や介護・子育て等で「秀樹ファン歴にブランクがあった」層には、とても嬉しい作品だったと思います。個人的には「フロンティアロード」「39」が良かったですね・・ファンならずとも見て頂きたい(特に実際音楽の現場に居る方に)。西城秀樹さんというエンターテイナーの底力・奥行・守備範囲の広さを改めて堪能出来ます。残念なのは、限定販売で、販促期間が短期間だったこと。予約限定発売告知を知らなかったファンも居たのでは?・・そういう意味で星を1個減点させて頂きました。

しあわせの一番星

(購入者の評価)
浅田美代子は、中学出たばっかの15歳で、

山梨から、鎌倉に出てきて、住み込みで女中をしてるんだけど、

いまの、おばちゃんになってしまった浅田美代子より、すこし かしこそう(・ω・;)(;・ω・)

笑いどころもケッコウあるし、当時のアイドル映画は、こんなんだったんだなぁ(・ω・;)(;・ω・)

西条秀樹も、クリーニング屋として、登場。。。今でもちらほら見る芸能人もいっぱい出てくる。


寺内貫太郎一家2 BOX(2)

寺内貫太郎一家2 BOX(1)

Bailamos 2000

愛と誠

黒い雨にうたれて

(購入者の評価)
ストーリー、キャラクターデザイン、音楽、メッセージ性、どれをとても一級品です。

この手の作品は、悲惨な現実が評価の中心を占めることが多いですが、映画作品的なところに

注目してみてもいいと思います。

あと、私もこの作品を実写でも観たいです。


Bailamos 2000

寺内貫太郎一家 1

寺内貫太郎一家 2

寺内貫太郎一家 8

姿三四郎

(購入者の評価)
 姿三四郎といえば超有名なキャラクターだが、小説は読んだことがなく、このアニメで初めてストーリーを知った。そのため、内容や登場人物の設定が原作と比べてどうだとか、そういう批評はできないが、作品としてはなかなかよかった。
 若き日の夏目漱石(金之助)を登場させたのはアニメのオリジナルだと思うが、これは大成功。いいキャラだし、三四郎とのさわやかな友情が、ドラマを優しいものにしていた。三四郎と乙美のロマンスも、純情で共感できる。
 肝心の柔道シーンの描写も、結構迫力があった。これは一種の“スポ根もの”と言えるのかもしれないが、努力や根性を押しつけがましく出すとこもなかったし、柔道の派閥争いの部分も、男臭くなりすぎなかったのがよかったと思う。適度に笑いも入れて、ちょっと痛快でさわやかな青春ドラマに仕上がっている。西城秀樹さんと岩崎良美さんの声も、雰囲気をよく出していた。
 ただ、弁士役の落語家が、話術は素晴らしいと思うものの、作品全体から見れば、必要なかったのでは? という気もした。また、こういう評価は適切ではないかもしれないが、前作の「坊っちゃん」のほうが良かったかな? と思う部分で、星4つにしておいた。
 とにかく、見たあとには心地よい清涼感が残る。文学作品のアニメ化、などと考えずに、楽しんで見てほしい。


寺内貫太郎一家 9

寺内貫太郎一家 11

>> つづきをみる

西城秀樹のおかげです (ハヤカワ文庫 JA)

(購入者の評価)
書には八編の短編が収録されている。噂にはきいていたが、この人本物だ。これらの作品をジャンル分けするなら、一応SFになるのだろう。「終末の日」や「アンドロイド」や「未来の世界」や「ファースト・コンタクト」や「異世界」なんてものが描かれているのだから。
しかし、それと同時に濃密でかなりサディスティックなレズビアンの世界も描かれているのである。読み終わって印象に残っているのは、そっちの濃密な世界のほうだ。あけすけで、変態っぽい数々の名場面のみ頭に残っている。なんておバカな世界。笑える。表紙もバイブ持ってるし。男性からしてみれば、美しい女性同士が絡み合うレズビアンの世界は嫌じゃない。同性愛者ではなくても許容範囲だ。しかし、ノーマルな女性の方からすればレズビアンの営みは嫌悪の対象なのではないか?好き好んでそういうのが描かれる作品は読まないもの。だから忠告しておこう。本書は真正レズビアン小説集であります。それにちょっとサドマゾも加味されています。男性はその限りではありませんが、女性の方に関しては取り扱いには充分注意してください。しかしSFとしての体裁は保っておりますので、その方面のおもしろさもなきにしもあらずでございます。どんでん返しとまではいきませんが、ラストで少し反転するような作品もございます。全編に漂うユーモアもなかなか健全なもので、設定で笑わせるものから自虐ネタまで色とりどりでございます。「ああ、お姉さま」「かわいい子ね」「後生ですから・・・」これらのキーワードにピクリとでも反応された方は安心して本書をお召し上がりください。


あきらめない―脳梗塞からの挑戦

(購入者の評価)
小学校時代から西城秀樹のファンだったので思わず買ってしまったのがこの本でした。

ご存知の様に秀樹は約3年前に脳梗塞で倒れました。この本はいわばその時の闘病記。ただ所詮は学歴(教養)ない一芸能人(スンマセン)の書いた物だけに文章の背景(時)が前後していて読みづらい部分もあれば、また家族の有難さは分かるが、それが必要な伏線で出てくるのならともかく、必要以上に出過ぎた為に闘病記としてのインパクトが少し欠けてしまった嫌いがある。

ただ、闘病記としてのインパクトは弱まってしまい、結果、脳梗塞と言う名の病の恐ろしさを伝えるには少し足りないが、幼少時代やデビュー当時のエピソードや写真も掲載されているので、秀樹を知るには結構楽しめる本ではある。

そう言う点においては秀樹ファンにはそれなりに楽しめる本であるが、秀樹に興味ない、もしくは脳梗塞と言う名の病について知りたいのであれば買わない方が無難かも?


バリスタイルの家―西城秀樹の快適アジアン生活のすすめ

(購入者の評価)
Tokuni Saijou san no ongaku o kiku wakedewa arimasenga, kareno "kakurega" - private space, tochi, okiniiri no art ya object ni taisuru omoire ga sensai ni tsuzurarete ori, miru dakedenaku yomunonimo sugoku tanosii issatsu desita.

Antique o collecting sitari jibun no sukina art ya mono de jibun dakeno kuukan o tsukuri, tsukareta karada to kokoro o iyasi...mata atarasi energy o judensuru...wakarimas. Interior decorating ya art zuki (pretentious denai) na kata ha ooi ni enjoy dekiru hon dato omoimas.


西城秀樹写真集 (1980年)

笑劇―SFバカ本カタストロフィ集 (小学館文庫)

いま、光の中で―悩むな、つきすすめ、青春 (1979年)

H45 Hideki Saijo―On thirtieth anniversary special issued

ニューサウンズインブラス第36集 YOUNG MAN―YMCA―

西城秀樹―ピアノ弾き語り (1979年)

西城秀樹のおかげです (イースト・プレス・チュチュカラーズ)

(購入者の評価)
名(迷?)作です!
表題作の西城秀樹のおかげですを初め、典型的なSFワールドからはみ出すほどに弾ける笑いとエロの渦。
最近文庫が出たので持ち運びにはそちらが便利かもしれません。


熱き想いいつまでも―新御三家アイドル時代からHIDEKI流刺激的恋愛論まで

My self―西城秀樹写真集

BODY―西城秀樹写真集

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4