斉藤慶太

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
斉藤慶太 おすすめDVD 斉藤慶太 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
スーパーカブ 2/激闘篇 特別版

(購入者の評価)
主人公操るカブとミサイル装備ZZR1100の戦いです。
ZZRからカブ目掛けて発射されるミサイルは笑いますよ、この映画一番の見所です。
特別編は結構楽しめたのでそちらを見て気に入れば激闘編もどうぞ。


スーパーカブ 特別版

(購入者の評価)
最初は主人公操る無敗負け無しZXR250!!と88'NSRのバトルから始まります。
バイク好きからは何で4ストやねんと突っ込みが…、
レースに負けバイクを対戦者に奪われカブに乗り出すと言う始まり方です、色々めちゃくちゃな所もありますが30代には楽しめました。
レプリカ世代にはオススメ出来ます


ウォーターボーイズ2 DVD-BOX

(購入者の評価)
2の方はキャラクター描写もイマイチだし、ストーリーの展開もハチャメチャ無理矢理があまりにも酷すぎる。
エピソードに必要性の感じられないものが多々ある。話でかくすりゃいいってもんじゃない。馬鹿のひとつ覚えのように大事件ばかり起こすべきじゃなかったように思う。かえって平坦な印象を受ける。

個人的にキャラクターで最も気になるのがオカマみたいな言葉遣い。いや、映画版にもいたオカマ役のほうじゃなく、なんか間寛平さんににてる子のほう。東京はもしかしたらああいう喋りかたが普通なのかもしれないが聞いていて辛い。オカマ役じゃなかったよね?、彼は別に。
そしてキャラクターの個性を強調したかったのだろうが、あまりにも常識知らずにしたために我が儘につぐ我が儘の果てに散々周りをひっかき回す。最近の仮面ライダーじゃあるまいし。見ていて不快感を覚えずにはいられない。

シンクロシーン、景観はとても良かった。そこだけなら☆4だった。
全体では☆2。続けて見てればそれなりに楽しくはある。


世にも奇妙な物語 2006秋の特別編

(購入者の評価)
「猫が恩返し」の内山理名が最高。祖母が亡くなって一人残されたお嬢様という設定なので、男性陣が期待するとおりの、清楚かつ色気に満ちた内山理名に酔いしれることができる。お色気シーンはもちろんないが、普通のスカート姿だけで十分魅力的。男性陣が求めているのは妙な芸術路線ではなく、素直な、普通の服を着た内山理名のはずだ。そのような内山理名の魅力と美貌を堪能できるDVDである。
その他の作品ももちろんいいですよ。


HOTMAN DVD-BOX

(購入者の評価)
最初はどたばたかと思って見始めた。確かにどたばた的要素は高いが、どんどん、反町の演技に引き込まれてきた。反町のドラマは今まであまり観たことがなかったのだが、こういう真摯な姿勢で一直線を演ずる反町は魅力があった。悪いと思ったら、相手が納得するように丁寧にわびる所は人とのふれあいの中で真似していきたいと思った。七海への愛情をこめた育児などその姿に学ぶところが多かった。

HOTMAN2も出ているので、引き続き観たい。

ちなみにこのBOXはスペシャルも収納されているのでお買い得かも。

キッズ・ウォースペシャル~これでファイナル!ざけんなよ~

(購入者の評価)
翼、まぢい印すけど・・・・,茜とまぢまぢお・に・あ・い。。。。。

サンシャインデイズ~劇場版

HOTMAN’04春スペシャル

タッチ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
原作はよく覚えていますが、僕にとっては、「原作」との違いなんてどうでもいいです。寧ろ「映画作品」に徹底的に拘って欲しいものです。犬童一心監督には、相米慎二監督の『翔んだカップル』の様な野心的な映画作りを目指して欲しかったです。残念ながらストーリーをただ擦るだけで終わってしまっています。

タッチ スペシャル・エディション

(購入者の評価)
東宝は伝統的にアイドル映画に強い。自社制作で自社俳優、監督は名匠を迎える、というパターンで、昭和の時代から数々の作品を生み出した。でも、今現在記憶に残るものはほとんどない。角川や東映(モーニング娘系統の作品など)も後追いで同様の企画を量産したが、結果はやはり同じようなものだ。長澤まさみは東宝所属であることの「縛り」が、現在までの評価につながってしまっている。本作は犬童監督にとっては決して成功作とはいえないが、次は他社へ行って評価に値する作品を撮ればいい。しかし専属俳優はそうはいかない。東宝は確かに業界独り勝ちの状態だが、そのほとんどは共同製作(名義貸し&出資)と配給によって得られているもので、額面の大きさでしかない。長澤まさみは決して下手だとは思わないが、いまだに「セカチューのイメージが強くて」と取材で答えている時点でライバルたちに負けている。メイキングで「ジョゼ」の話をしているが、本当はステレオタイプから脱皮したいのだと思う。東宝も看板女優に合う脚本で撮ってほしい。

サンシャインデイズ DVD-BOX

少女惨殺 スワンズソング

(購入者の評価)
最初に見終わった時、何がなんだか全く分かりませんでした。。
その時は、事件の真犯人は妹の亡霊だと思い込んでいましたが、みんなの感想を閲覧しているうちに、真犯人は別の人物だと察しました。
 何処のサイトにも真犯人の正体が書いてないので気になってしまい、本編を3回見ることによってようやく理解しました。

ところで最初の誘拐殺人事件の犯人ってもしかして。。。。
それだけは最後まではっきりとは出来ませんでした。大体の予想は出来ますが。。。。

ココだけの話(3)

HOTMAN Vol.1

ココだけの話(3)

HOTMAN Vol.3

HOTMAN Vol.2

HOTMAN Vol.5

HOTMAN Vol.4

>> つづきをみる

斉藤慶太「卒業」 [DVD]

斉藤 祥太・慶太 2005年度 カレンダー

(購入者の評価)
わずか7枚の中に
祥太、慶太の素顔や
魅力が溢れ出ています!!
兄弟の仲のよさなども感じられると
思います。
まさに「かっこいい」から「いい男」に
変化を遂げた二人の様子が
伺える一冊ではないでしょうか。
来年は是非!!斉藤祥太、慶太と共に過ごしてみては??


斉藤 祥太・慶太 2004年度カレンダー

斉藤祥太 斉藤慶太パーソナルフォトダイアリー

斉藤祥太・慶太2006年カレンダー

斉藤祥太・斉藤慶太1stフォト&エッセイ

(購入者の評価)
私はキッズウォーから祥太くんのファンなので慶太くんとの見分けはつくようになったんですが、この本では「え!?どっち!??」って思う写真が何枚かあるので、そこも楽しめると思います!!
弟、康太くんとの事も書いてたりしてますので普段の2人の生活の様子が少しはわかる感じです☆
欲を言えば・・・もう少し写真アングルと枚数を増やしてほしいかな〜(笑)


斉藤祥太・斉藤慶太写真集

(購入者の評価)
芸能人の写真集と言えば、写真家から言い渡された仕草や笑みを故意に使い、写真の魔力性など一欠けらも無いのが実情であるが、この写真集も例外ではない。この写真集は双子兄弟のみを写したものではあるが、十七歳の少年の自然なあどけなさ等一欠けらも無い。

この写真集の感想を書けば、安っぽいファッション・ショーを何ページにも渡って繰り返しているだけである。写真集の帯には「オフ・ショットも満載」等と書かれているが、悪趣味な着せ替え人形に様々なポーズ
をとらせ、カッコ良さや可愛さをアピールを強調したつもりであろうが、写真家の浦田大作の無才能を露出しただけである。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4