齋藤ヤスカ

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
齋藤ヤスカ おすすめDVD 齋藤ヤスカ おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
D-BOYS STAGE vol.2 ラストゲーム

(購入者の評価)
D-BOYS stage第2弾が早くもDVD化です。

太平洋戦争が始まったことにより、敵国の球技である野球をしてはいけなくなります。
さらに学徒出陣。
戦争にいく前に、最後の早慶戦を実現させようとする若者達の話がメインです。

泣けるところあり、笑うところもあり。
どのように編集されるか楽しみです。



メインディスクに収録される出演者は今のところBキャストのようです。
(柳浩太郎、城田優、和田正人、鈴木裕樹、荒木宏文、加治将樹、中川真吾、柳下大、牧田哲也、中村昌也、三上真史、五十嵐隼士、瀬戸康史、碓井将大、足立理)

Aキャスト(遠藤雄弥、中村優一)は特典ディスク収録になる予定のよう。
(20080629現在)
※ちなみに熊井さんは降板になりましたので、どちらにもいません。熊井さん目当てで買う方は気をつけて下さい。


前回のDステ特典ディスクのように音声が聞き取りにくかったらちょっと嫌だな…。


愛の言霊

(購入者の評価)
主演二人が好きで、ボーイズラブにも理解があり今回思い切って買いました。

最後のエンドロールを見終わった後、本当に幸せな気持ちになりました!
二人の遠くなる後ろ姿がとても印象的で大好きです。
ベッドシーンではじゃれあう二人がどこか幼く見えて、本当に可愛いくて仕方ありませんでした!見てるこっちが恥ずかしかったり笑。
小物や部屋の感じもお洒落で、そういう面から見ても結構楽しめるかと^^

ハッピーエンドや幸せなお話しが好きな方には是非!と言いたいです。
本当に良作!
いい買い物しましたv笑。


《a》symmetry-アシンメトリー スペシャルDVD

ありのままの僕ら メイキング オブ 愛の言霊

(購入者の評価)
本編を先に観ましたが、とにかくすごくいい作品なので、メイキングも後日購入しました。
主演のお二人が、とても楽しいいい現場だったとおっしゃっていましたが、それはこのメイキングからもうかがえます。
だからこそ、彼らのいい表情が沢山撮れたのだろうし、あんないい作品が撮れたんだと思います。
妥協せず素晴らしい作品を、創り上げたスタッフや監督さんに拍手!!
徳山さんもヤスカさんも、本当に魅力的でした。


カフェ代官山 ~Sweet Boys~

(購入者の評価)
色々ありえなさすぎですが、飲食店で踊ってはいけません!
埃がたつじゃないですか。
あと、新人なのに勝手に注文を受けたり、それに対してお咎めなしだったり・・
なんだか色々常識を疑います。

あとラスト。
「は?」って感じなんですが、あのまま解釈して良いのかしら?

でもファンディスクとしては良いんじゃないでしょうか。
馬場君大好きです。



making of アシンメトリー

舞台版 風魔の小次郎

タクミくんシリーズ そして春風にささやいて

(購入者の評価)
ごとう先生の文章と、おおや先生の挿絵をこよなく愛して長いので
実写版は理想を崩されるのが怖くてずっと見る気になれませんでしたが
ついに、間が刺してみてしまいました!

皆さんが書いてる通りの酷評はごもっともでしたね?

こんな酷評だし綺麗なイメージを大切にしたいからこそ見たくない、でも全く見ないのもなんかごとう先生ファンとして気になる・・・と思っていた私には、全く別のモノとして・・タクミ君や、ギイとは決して重なることなく見れたので、その点を心配してるファンの方、見ても大丈夫ですよ?といいたい笑

高林泉役の子、確かに一人だけちゃんと演技してたけど、吉沢道雄よりデカイよね!?
昔は付き人ごと寮生活してたはずなのに、その洗面台はないでしょー!!ベットの配置とか?ブレザーの色とか?笑
本当細かいところツッコミどころ満載です


花蓮の夏

(購入者の評価)
青春の香り豊かな作品。素晴らしいけれど...唯ジェイソンとショウヘンが結ばれた後に告白と言うのは不自然。ベッドイン行為はお互いの了解が有ってこそのもの、この点が私には残念に思いました。

風魔の小次郎 Vol.4

風魔の小次郎 Vol.1

(購入者の評価)
小次郎のキャラクターが、熱くても鬱陶しくならず、愛嬌さえ感じさせられるのは、村井君の小次郎だからだろう思います。
この小次郎が中心に居て、風魔(食事シーンは特に和む)、夜叉とのシーンは緩めるところ締めるところがはっきりしていて、見ていてとても楽しかったです。毎週とても楽しみでした。

DVDには映像特典がかなりのボリュームでついていて、撮影前のアクション練習の様子や撮影中の様子を見ることが出来てとても面白かったです。思っていたよりとても長かったですし。
座談会、兜丸劇場もとても興味深いものでした。これだけの内容が入っているなら、このDVDはとてもお得だと思います。


風魔の小次郎 Vol.2

メイキング オブ タクミくんシリーズ タクミ&ギイ 僕たちの関係

(購入者の評価)
この作品については、本編のレビューを見れば一目瞭然。酷評です。原作のイメージが崩れすぎです。
短い尺の中で、あまりにもずさんに撮りすぎですね。
タクミとギィの長年かけた心からの触れ合いも、登場人物の個性も丸潰れ。
確かに映像はきれいに撮られてましたが、監督の個性みたいなものが無いですね
流行だからとか、ちょっと綺麗な俳優がBL作品に出ると話題になるから、とかじゃなくて、そういう趣向の作品を作るなら、役者としてキスシーンもベッドシーンもリアルで演じる。役者本人が、男とのからみNG、事務所的にNOであれば、最初から出演をやめるべき。
本編の座談会もメイキングも興ざめです。
両方購入した友人から借りて観ましたが、自分の財布からお金は出したくない作品です。

同じ人気のある原作を映像化したBL系「愛の言霊」を出演者、制作スタッフ皆さんで鑑賞してはいかがでしょうか? あれが監督のこだわりの映像、真の役者の姿だと思いますが…


獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー

(購入者の評価)
私はゲキレンジャーを見て 『正義の味方』を辞めました
しかし 内容紹介の文章は 消して欲しいですね
oriconぐらいが丁度いいです

ボウケンジャー的には 立ち位置に注目です
明石さんのセクシーショットも 映画に続き冒険です
そして 鈍感な明石に成長が見られる・・・かも

メイキングでは
イエローのユニフォーム交換は見られますが
期待していた さくら姉さんのメレコスはありません
メレさんのさくらコスもありません
でも 二人の対決は 男のより凄いです
ってか レッドは誰と共演してるんだ(笑)

 あらすじ
臨獣殿に突如巨大なロボが出現
臨獣何とか拳のバーカーが これに立ち向かうが・・・
メレを突っ込み役に回して漫才を繰り広げ 自分の拳を忘れるバカは このロボを倒せるのか?
果たして 奴の目的は?
頑張れメレ! 理央様とついでに臨獣殿の平和も守ってくれ!
そして そのころ 地上では・・・

ゲキレンファイナルライブツアー見てきたのですが パチャカマックが登場しました
でも4本腕の Vシネの方が強いです

二つの戦隊が どう力を合わせるのかも見物です
サイレンビルダー(予算?) サイダイオー(未登場の設定)はいませんが
対決の場所は『らしい』し 新ロボが登場します
『その経緯と心情の変化』について じっくり見て欲しいと思いました


風魔の小次郎 Vol.3

メイキング オブ タクミくんシリーズ 祠堂学院の休日 8人のプリンスたち

ドラマ【恋愛診断】ボーイズラブ「運命のコドウ」

(購入者の評価)
ここでのレビューが結構良かったので、期待してレンタルしましたが、がっかりでした。
脚本がパッとしないし、最後まで感情移入出来ませんでした。


禁断の恋

(購入者の評価)
あくまで個人的意見ですが、ストーリが微妙だと思いました。三上さんと加藤くんは愛し合っているという設定なのに、からみが少ないせいか伝わってこなかったように思います。
しかし、俳優さんの組み合わせは良かったと思います。この作品を見るまで出演されている方を誰一人存じ上げていなかったのですが、作品には合う方々だと思いました。特に湯川くんの演技に驚きました。光っていたと思います。
しかし、キスシーンが・・・あれはやっていないと思える感じでした。やるならやる、やらないならやらないではっきりしたほうが良いと思います。興ざめです。
ちゃんとしたストーリーでもう一度このメンバーで作品を出してほしいです。


Navigate DVD 「いつかの君へ」

(購入者の評価)
2007年7月28日、渋谷Q-AXで公開される作品の魅力を垣間見るには充分な作品だと思います。

2人の紹介から、映画打ち合わせ初日の風景、撮影中の苦労話や、エピソード、
打ち合わせ中の彼らの様子が堪能できます。
本当に彼らの動きの一つ一つが、素敵だったので、何度でも見てしまいそうです。
スタッフへ心遣いまで、垣間見える作品でした。

若々しい2人の青年の
とても自然でピュアな、恋愛模様が展開するのかもしれない,
と期待させるに充分な出来だと思います。

これを見て、映画館に足を運べば、更に楽しめること請け合いです。
でも私を含め、映画館へ行けないの立場の方は、これを見て我慢です。
1日も早く、本編DVDが発売される日を待ちましょう。

* * *

斎藤くんと、河合くん、と言えばテニスの王子様のミュージカル(テニミュ)で、
名前を知った方も多いのではないでしょうか。

けれども、彼らは数々のドラマや、映画に出演済みのベテラン青年でした。
ブログでは、2人の個性的な魅力が光ります。
こんな2人が出演する映画、是非見てみなくっちゃ!



RHプラス I

(購入者の評価)
私も先に評価された方と、全く同じです。
私もたまたま第4話から見始めたのですが、何か惹き付けられるんです。私も中毒でしょうか。
特撮好きなんで、楽人くんや八誠さんや玲くんを懐かしく感じ、花君第3寮から尾嶋くんが嬉しいキャスト。今クールの冬ドラマの中で、No.1だと思いました。
吸血鬼の悲しい宿命と家族とは何かを考えてしまう本当にぐっとくるドラマでした。
次回は最終回で淋しいですが、村上幸平くんの出演も嬉しいです。


>> つづきをみる

ファイナルファンタジーVII 解体真書 ザ・コンプリート

(購入者の評価)
FFVII攻略面での詳しさはこれが一番だと思います。
見やすくて厚さが丁度いいので、この本をプレイする時横に置いておくとすごく役に立ちます。当時の開発者のインタビュー(10年位前だけど)も見れて楽しいんじゃないかと思います。
インタビュー以外にも読み物として楽しいところがあります。

FFの攻略本といえばアルティマニアですが、VIIのやつはΩなので攻略するにはあんまり向いているとはいえません。すごく分厚いし。

解体新書→攻略用
アルティマニア→シナリオ(読むならクリア後がオススメ)用 という感じです。
今からVIIをやろうという人や、もう一度やってみようという人にもオススメです。

解体新書、アルティマニア、どちらもすごく気に入ってます。VIIが楽しめたなら買って損はしないです。


炎神戦隊ゴーオンジャー 写真集 マッハ全開!

(購入者の評価)
炎神戦隊ゴーオンジャーの初の写真集。
表紙も含め中身は全部撮り下ろし。
個人的に七人揃っている裏表のピンナップが1番良いです。
写真は、ゴーオンジャー五人、赤青黄、緑黒、ウイングス兄妹の他に各キャラ事の写真。
個別アンケートはそれぞれどう思い合ってるかが分かります。
あと、直筆なので字の特徴も分かりますよ。
対談の他、役者さんの私服写真もあり。
全体的に日常ほのぼの写真が多いかと。
ロボ等は出て来ないので、本当にキャラか役者ファンにのみお勧めします。


愛の言霊 2 (2) (Dariaコミックス)

(購入者の評価)
いまいち大谷と立花が惹かれ合う気持ちに
同感できなかったかも。
もう少し感情の激しさを表してくれた方が
良かったような気がしました。
それでもやっぱり描写の自然なところは
さすが、紺野先生だと思いました。


愛の言霊 (Dariaコミックス)

(購入者の評価)

1 大学生×大学生 (高校生編は愛の言霊 2 (2) (Dariaコミックス)で)
2 サッカー部キャプテン×副キャプテン
3 高校生×高校生
4 売れない映画俳優(アメリカン)×大学生(ジャパニーズ)

ソフトなBL。 最後まで読んで出る一言は、
「えっ、この二人っていたしてなかったの!?(一緒に住んでベッド分け合ってるのにそりゃないよー)」
です。

彼女といるより立花といるほうを好み、立花と付き合ってる(と勝手に思ってる)女の子に嫉妬する大谷。
不器用な大谷をなぐさめたり、大谷を傷つけた彼女にさりげに復讐したりする立花。
そんな、「友達だけど 友達よりもちょっと濃い」二人の関係が描かれています。

さらにこの作品、映画化されたんですね(愛の言霊)。
やっぱりここまで女の子が魅力的に描かれたら、BLといえど映像化したくなるのが人情ってもんです。

振られたのに「学校で別れた事とか言わないでよね」って言うプライドとか。
寂しさから恋人のいる男に甘えたところを誤解されて、仲直りに奔走するいじらしさとか。
受け容れられなかった恋心にひとりで決着をつけるいさぎよさとか。

「ならばせめて祈ろう どうかふたりとも幸せになってね 私は私で勝手に幸せになるから」

ゆきちゃんのガッツに比べ、大谷と立花は往生際が悪い! 覚悟が足りねぇ!と思ったのは私だけではないはず・・・


ヒーローヴィジョン 28 (ソノラマMOOK) (ソノラマMOOK)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4