坂口憲二

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 
坂口憲二 おすすめDVD 坂口憲二 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX

(購入者の評価)
まずキャストが豪華。ストーリーもかなりおもしろい。絶対に見てほしいドラマ。長瀬の演技も文句なし!!主役よりもカリスマ性のあった窪塚の演技なんてマヂ最高!!!!あんなぶっ飛んでる役をできる彼は天才!!!

医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX

(購入者の評価)
こんな医者いないよなーと思いながらも見てしまうんですよね、このドラマ。
泣かされる場面も多々あり。。。
うまいところで「続く」になってしまうことも多い。。。 まぁドラマだからそうなんでしょうが。

話も面白いし、キャストもいいですね。
今回は新たなメンバーが気になりました。高橋一生さんと大塚寧々さん。そして前回に引き続き阿部サダヲさんや佐々木蔵之介さんもいい。
登場人物に愛着がわいてしまう作りなので、また続編が見たくなっちゃうんですよね?。
ということで、また続編見たいです。私だけ?


海から見た、ニッポン 坂口憲二の日本列島サーフィン紀行 第一章 秋冬篇

(購入者の評価)
サーフィン=トリップ♪
サーファーならば誰もが憧れるサーフトリップ。
全国には行けないのでせめて映像でもと思い購入しました。
買って良かったです!!
坂口さんの人間性も好感が持てた為、心地よく観ることが出来ました。
サーファーでない方でも 旅番組としてもとても楽しめる内容だと思います。


恋ノチカラ4巻セット

(購入者の評価)
そう、思わせてくれる。楽しそう。

堤さんと矢田アキの関係はやまとなでしこと同じじゃんと思うけど(笑)


海から見た、ニッポン 坂口憲二の日本列島サーフィン紀行 第二章 春夏篇

(購入者の評価)
自分的に秋冬篇は文句なし★×5です。
こちら春夏篇はTV(BS-i)で見てました。
秋冬篇と比べてしまうとこちらはかきたてられるものがなかった…
自分だけでしょうか。

そして未公開映像?、、でも本編でグっときてないのに、どうなんでしょう?
未公開で釣られる?…わからないですけどそういうのはあまり手がでません。。

あと沖縄編(4話目)TV放映時のCM入りとCM明けの波は絶対同じ日、同じ波じゃないと思う。
あれは素でがっかりしました。編集しすぎ?


医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

(購入者の評価)
寡黙で孤高の医者を演じた坂口憲二は、はまり役だったと思う。
手術のシーンも迫力があり圧倒された。久々に感動したドラマだった。
9話10話最終回と難関手術まで、どう持っていくかの過程には驚いたが、このドラマなら納得できる。
劇中で流れる音楽もそのシーンを盛り上がらせる効果を持ち、また一段と感動する。
恋愛要素がほとんどなく、医療に的を絞ったところが、とても良かったのではないかと思う。


坂口憲二 この夏は忘れない ~俺的地球放浪~

(購入者の評価)
俳優、坂口憲二ではなく人間、坂口憲二を見ている感覚です。
自分も一緒に旅をしているような‥。
旅先の空気を感じることも出来ると思います。
自分自身の旅では現地の方の生き方や考え方に触れるのは難しいので、とても良い刺激になりました。


スマイル 聖夜の奇跡

(購入者の評価)
 古くは「ロッキー」「メジャーリーグ」、最近の邦画なら「シムソンズ」「キャプテン」「バッテリー」など、とにかくこの手の映画は多いです。「ベタな作品は単調で面白くない」と思っている人には見てほしい作品です。

 「ベタ」な作品は、「ベタ」だからこそ監督の腕が試されます。その点で言うと本作品はなかなか良かったと思います。試合のシーンは見ごたえがあったし、脚本もよかったです。試合シーンで少し疑問を持つようなところもありますが、それを差し引いてもいい作品だと思います。キャスティングもよかったし、本作品は2007年度で映画館で観た映画の中ではベスト5に入ります。

 「俳優が作った映画はどうせつまらない」、という人もいるでしょうが、とにかく一度見てください。きっと評価が変わると思います。


池袋ウエストゲートパーク スープの回 完全版 (通常版)

(購入者の評価)
岡田准一演じる「ぶっさん」が『こえーよ!池袋!」と言ってました。ここだけでも観る価値ありです。窪塚洋介が坊主なのがちょっと残念です。

さとうきび畑の唄 完全版

(購入者の評価)
自分の命がいつ奪われるかわからない。
そんな状況の中で、さんまさんが演じたお父さんのように笑顔を振りまき、冗談を飛ばし、周りの人々を笑わせることができる人がどれだけいたことでしょう。
お父さんは、当たり前のことを強く信じていたのです。
「戦争で殺し合いをするのはおかしい。幸せにみんなが笑っているほうがいい」と。
でもこんな当たり前のことを、忘れてしまった人が大勢いたのかもしれません。

今の平和な日本では、幸せを願い、笑うことの大切さを知っている人は大勢います。
戦争や殺し合いで何かを解決しようとすることが愚かだということも、誰もが理解しているでしょう。
だけどこの時代は、そう信じ行動することが許されなかったのです。
自分や大切な人の命を守ることが許されず、「お国のために」敵兵に突っ込んで行けと教えられました。
相手が銃を持っていて、近づいたら撃たれるのに、無謀だと知りながら向かっていかなければなりませんでした。
そして多くの人がそうしたのです。
もし自分がそんな場所にいたら・・・と考えると恐ろしくなります。
私には絶対できない。怖い。
でも、それってすごく自然な感情じゃないでしょうか?

戦争は、人々に命の尊ささえ忘れさせる、恐ろしいものです。
戦争のない今の日本に生まれた私は、命の危険がほとんどない生活を送っています。
このドラマを見て、そんな当たり前のことが本当に幸せだと感じました。
殺し合いが当たり前になる、そんな戦争は二度と起こしてはいけないと再確認させられました。


プライド DVD-BOX

(購入者の評価)
木村については何も言いません。
相変わらずな演技の仕方、相変わらずな表情、相変わらずな雰囲気。全てがいつも通り、変わらなかったですね。正直、途中で見る気が失せました。
何故この人が人気なのかが理解できません。演技も歌もただ上手いだけで同じような感じでしょう。表現の仕方が乏しいとしか言いようが無い。

問題なのは、「これが野島作品」と言うこと。
野島伸司といえば、数々の素晴らしい作品を作り上げてきた人物でしょう?
「人間失格」「聖者の行進」など、問題提起なのが彼のスタイルだったはずです。
特に、前者では衝撃を受けました。KinKi Kidsの二人や赤井英和が味を出していたこともありますが、脚本がとにかく惹き込まれます。
当時問題になっていたものをドラマ化するという斬新な面もありますね。
聖者の行進もまた動揺に、問題を提起した作品となっていますよね。

・・・でも、今回は?
何を問題提起しているのですか?問題提起はないですよね、これ。伝えたいことはあっても。
まさか「古き良き時代」だなんて言いませんよね。脚本が悪すぎる。内容が無い。
野島伸司はネタが切れたから恋愛物に逃げたとしか思えない。それほどこれは駄作です。
「メイビー」? 使っている言葉に意味が繋がらないです。

うーん、脚本はいいのかもしれませんが、多分木村を起用して物語り全体が霞んだのかもしれませんね。
『若者よ、熱く生きろ!』と言いたいのでしょうけど、木村単体が出張っちゃって伝わりづらいです。
出演陣の豪華さとQUEENの起用で話題になったみたいですけど・・・何処が良かったのでしょうね。

野島先生には人間失格のような衝撃作品を書いて欲しいです。
そして起用する出演者などは真剣に考えて欲しいです。木村なんかよりももっと居たはず。


[サーフィンDVD]::大和流[今村厚/坂口憲二/小川啓/Micro of DefTech/アンディアイアンズ/ロブマチャド/ケリースレーター/ボビーマルチネス]

チルドレン

(購入者の評価)
話のテンポがよくて、そこそこ楽しめました。

だけど、妙に説教くさいのがいただけない。家裁の調査官が主人公だから仕方ないけれど。
オマケにその説教がいちいち辻褄合わないんですよね。無理やりこじつけた感じ。
(「牧師」うんぬんとか、チャイルドとチルドレンの違いあたりが特に。)

娯楽作品に徹してくれれば、もっと楽しめたと思います。


キャッチ ア ウェーブ

(購入者の評価)
海好きの俺には最高の傑作。

16歳の3人の少年が夏休みを使って湘南でサーフィンを習う。
サーファーの掟、海をなめるな前乗りするな
ゴミは捨てるな。このマナーを守らない悪ガキと
台風の波に乗れるか勝負をする

結果は・・・。

自然をリスペクトすることの大事さ

ほのぼのした青春夏物語とでも言えるかな



サーフィンしたくなりました


天体観測 searchin’ for my polestar DVD-BOX

(購入者の評価)
よく「恋人の代わりは、いくらでも居るけど、友達の代わりはいない」と聞く。まさにそんなドラマだった。
大学を卒業して、社会人になって行く7人のサークル仲間。夢や希望に満ちてた心は、社会と言う現実、会社と言う組織、挫折や「これでもか!」と言う仕打ちに打ちのめされて行く。
初めてから俳優の顔触れ、キャラクターからも「浮いてる」と思っていたオダギリジョー演じる木崎武に惹かれて観てた。クールで冷酷で、でも実は…。
恭一(伊藤英明)と友也(坂口憲二)みたいなキャラクターが出て来るこの手のドラマがゴマンとある中で、武の様な存在がキーワードになってるドラマは、少ないと思う。当初から武と言うかオダギリジョー自身が「浮いてる」と思い、こんなドラマには違和感があったけど、武役はオダギリジョーにしか出来ないだろう。
武がドラマの中で、友人によく言ってた台詞。「お前、バカだな」貴方にはこんな事を面と向かって言える友達、今居ますか?


[サーフィンDVD]::大和流-第二章-[ケリースレーター/ミックファニング/ボビーマルチネス/今村厚/田中樹/田嶋鉄平/佐藤ルミナ/坂口憲二/長谷川理恵/松本莉緒]

いつもふたりで DVD-BOX

(購入者の評価)
「夢は信じて強く願えばいつか叶う」主人公の年頃には自分もそう信じていた事を思い出した。
忘れていたものを思い出させてくれる脚本に惚れた。
台詞棒読み気味の坂口君だが、この役ははまってると思う。
微妙な表情の演技はこの作品で結構上手になったと感じる。
もうひとつ素晴らしいのは色彩。主役二人のマンション、仕事場、登場人物の衣装の色合い
全ての画面にアクセントがある。美術さんと衣装さんの素晴らしさにも改めて感動。


キャッチ ア ウェーブ プレミアム・ボックス (初回限定生産)

(購入者の評価)
CMのイメージしか知らずにこの映画を見ると、
ストーリーには「本当に」驚愕するだろう。

レンタルなどで映画の出来を確認してから、
このプレミアム・ボックス購入でも遅くはないだろう。

飽きれるほどのご都合主義の序盤も、
ベタな展開の後半もかなりツッコミ所が多い。
状況の説明的なセリフが多いのは仕方がないとしても、
わかりやすい悪役といろいろあって最後に勝負とか どうなんでしょう?
原作・脚本が現役高校生と知って「ああなるほど」とだれもが思うだろう。

プレミアム・ボックスとしてのコストパフォーマンスは悪くはない。
「竹中直人の世界」は10分と短いが、インタビュー、ロケ地紹介など
「撮影は9月から11月に行った」などのエピソードも興味深い。

ただし、音楽シーン集はどうなんでしょう。
DefTech、Depapepeの音楽が使われたシーンを本編から抜粋したものだが、
これを見る全員が本編Discを持っているわけで「時間稼ぎ」に感じる。

個人的に良い特典と思うのは、本編Discの副音声。
メインキャスト3人と監督が撮影裏話を披露するのだが、
特典Discと重複するエピソードもあり
特典Disc自体があまり必要ないとも思えてくる…。


[サーフィンDVD]::「最高道場」サーフィンを上手くなりたい皆のために~達人への道~[ケリースレーター/ミックファニング/ロブマチャド/今村厚/善家尚史]

(購入者の評価)
WCT選手やJPSAトップ選手達のライディングをお手本にして
アッチさんと、善家ナオが波乗りの極意を解説していくDVD。

静止画と動画、文章やイラスト、音声・・・など色んな要素を
使って、目からうろこの極意や、 「なるほどねぇ?」って感じです。

で、基本テクニックの「アップス」「フローター」「ボトムターン」
「トップアクション」「カットバック」を本編ディスクで
みっちり勉強して・・・

なんと2枚目のボーナスディスクがあって、
「エア」「360」「チューブ」の極意も伝授しちゃって・・
今まで、あんな事したいなぁ?ってだけ思ってた事を
よし!練習してみるか?!ってやる気になって、出来きる様に
なれる自信もついちゃいます!
で、実際に練習してみると・・・コツを掴み始めた!

しかも、上達ポイント解説にみならず、各テクニックを
ノーマルスピードでみっちり見てイメージできる
「イメトレモード」がついてる!

やっぱ、サーフィン上手くなるには、どうすれば出来るのかを
しっかり理解して、頭の中で動きをイメージできる事って
重要なんだと思います!
・・で、それが出来るようになるのがこのDVD!



池袋ウエストゲートパーク スープの回 完全版

>> つづきをみる

BLACK BOOK 蔵人独白

(購入者の評価)
私はこの本の中のいくつかの言葉に、恥ずかしながら感動しちゃいました。

いままで真木さんって怖そうだし、なんか英語まじりのヒップホップぶった言葉を使う人、ぐらいにしか考えていなかった。ちょっとイヤな目線で見ていました。だけど、この本に書いてある言葉は、ちょっとキツめだけど世間に対してポジティブで真摯で、毒っけも強いけどユーモラスで。北野武監督がこの本を読んで「心地よく耳が痛い」って評したのもよくわかります。

ページをめくるごとに仰天したり、私にとっては違うかなーとも思ったり、うっ、とばかりに真剣に感動したり。読み進めるたびに、自分の中で賛否両論まきおこる言葉がたくさんつまった一冊でした。すごく素敵な本。よくもわるくも真木蔵人さんをちょっとでも気になっている人は、かるくでも手にとってみるといいのでは。ちなみに、ネット上では評判めちゃくちゃいいみたいですね、それがよくわかりました。


医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX

(購入者の評価)
こんな医者いないよなーと思いながらも見てしまうんですよね、このドラマ。
泣かされる場面も多々あり。。。
うまいところで「続く」になってしまうことも多い。。。 まぁドラマだからそうなんでしょうが。

話も面白いし、キャストもいいですね。
今回は新たなメンバーが気になりました。高橋一生さんと大塚寧々さん。そして前回に引き続き阿部サダヲさんや佐々木蔵之介さんもいい。
登場人物に愛着がわいてしまう作りなので、また続編が見たくなっちゃうんですよね?。
ということで、また続編見たいです。私だけ?


日経 Health premie (ヘルス プルミエ) 2008年 06月号 [雑誌]

医龍?Team Medical Dragon (1) ビッグコミックス―BIG COMIC SUPERIOR

(購入者の評価)
外科医として超人的な能力を持つ朝田(主人公の男)を、出世に利用しようとして加藤助教授(女医)が自分の病院に呼び寄せるところから始まり、朝田が難易度の高い手術を次々と成功させながら、院内で優秀な仲間を集めていき、やがて朝田を中心に超一流のチームが出来る...チームバチスタ...このチーム(仲間)の関係がとてもいいです。「ブラックジャックによろしく」よりも「ワンピース」に近い作品ですね。
最初は損得の関係だった二人なのに、加藤チャンが、自分の出世を捨ててまで朝田を守り、今度は朝田が加藤チャンを支援して出世させようとする...この感じ、好きです(*'▽`*)


坂口憲二フォトエッセイ「BORDER LINE」

(購入者の評価)
4月から9月までTVで放映されていたもののエッセイ。
本を見てみるとどちらかというと写真集的な要素が強い。
でもそんな気取ったものじゃなく思い出と共に笑顔が溢れる。
彼がこの旅で得たものは計り知れないがその一端を我々に分けえてくれる気がした。坂口憲二は俳優である事を忘れる。
ただの旅人。そんな親近感あふれる一冊。
この本を持って旅に出たい。彼が巡ったサーフスポット解説付き。


坂口憲二写真集 『坂口憲二』

(購入者の評価)
ニューヨークでの坂口憲二と、タヒチでの坂口憲二。2つの場所で撮られた彼はそれぞれ全く違う一面を見せてくれます。
大人っぽさと子どものような明るい笑顔が同居する坂口憲二を見れるところがこの写真集の一番いい点だと思います。写真展も生で見てきた私にとっては、より愛着のこもった写真集になりました。

ちょっとでも気になる方は、ご覧になることをぜひぜひお勧めします!

ルーツ飲んでゴー!

坂口憲二 2004年度カレンダー

(購入者の評価)
まず、表紙の手を差し伸べてる憲ちゃん、年内はこれを見てにんまり(^_^)そして、1月の憲ちゃんは、ベッドで寝っころがってくつろいでるんだけど、こちらを暖かい目で見てくれてます。
本当に癒される。毎月めくるのが楽しい。
やっぱりイーオンのポスターなんかより全然格好よく写ってるので、
ファンは買うべしです。写真集よりもいい!


坂口憲二カレンダー 2003

坂口憲二 2005年度 カレンダー

坂口憲二 2004年度カレンダー

(購入者の評価)
まず、表紙の手を差し伸べてる憲ちゃん、年内はこれを見てにんまり(^_^)そして、1月の憲ちゃんは、ベッドで寝っころがってくつろいでるんだけど、こちらを暖かい目で見てくれてます。
本当に癒される。毎月めくるのが楽しい。
やっぱりイーオンのポスターなんかより全然格好よく写ってるので、
ファンは買うべしです。写真集よりもいい!


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4