坂口拓

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 
坂口拓 おすすめDVD 坂口拓 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
魁!!男塾 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
主人公は桃だが、本当の主役とは秀麻呂のことだった!
脇役でしかなかった秀麻呂を敢えてクローズアップさせることによって、彼の成長を見守れると言う作品になっているのだった。
富樫の失恋もなんだかいい話だなと思えた。


魁!!男塾 プレミアム・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
画面から滲み出る予算足りてません臭と、無茶してます感溢れるスタントシーンといいB級臭さが最高であった。


金無いなら知恵を絞るといった工夫が凝らされた演出もあり飽きなかった。


特筆すべきは麿赤兒!平八塾長を見事に演じきっておられた。彼に怒鳴られたら身動きとれなくなるだろうな?と感じさせただけでも良し!体は小さいけど立派に塾長に見えました(笑

富樫の初恋シーンなど最初は「いるかこのシーン?」と思ったが最後はそのシーンがなぜか心に残るシーンになったのはなぜ?と思う不思議な映画でした。





デス・トランス プレミアム・エディション

(購入者の評価)
 アクションについては「トム・ヤン・クン」とか「SPIRIT」とか見てしまうと、もう相当贅沢になってしまって、この映画もかなりレベルが高いとは思うんですけど、不満が残ってしまいました。
 タク・サカグチのマッハのパンチは凄いし、リアル・ヒッティングの迫力は出ていると思いましたが、キックと刀のアクションにカタルシスがありません。私は武術について知っているわけじゃないので、あくまでも映画として見たときの印象ですが、キックは重いんですけどキレがなく、刀はただ叩いているだけみたいに見えました。
 「ヴァーサス」ばりのキメのポーズはカッコ良かったです。ラストのタクと破壊の女神の戦いも、手抜きっぽくてよくありません。ここで延々とガチンコファイトをやらないと。
 むしろこの映画、寺山修司+ツイ・ハークみたいな美術がいいです。双子の女なんて、とても面白い。また、バックはCGなんでしょうが、「風雲ストーム・ライダース」のころは違和感があったCG+クンフーも、この映画では違和感がなくなっており、進歩が伺えます。ワイヤー・ワークも「恋人はスナイパー」なんかでトホホと思ったのですが、この映画ではまったく「吊られ感」がなく、ホントに進歩しております。
 全体的にいって、日本のアクション映画はやっぱりアクションが弱いと思います。でも、タク・サカグチはいつか香港アクションを超える可能性を秘めた逸材なので頑張って欲しいです。私はタク・サカグチを応援します。


THE ULTIMATE VERSUS-アルティメット・ヴァーサス-

(購入者の評価)
前作に引き続きアクションはカッコいいΣ(ёДё;;)しかし!!・・・・・・・・・坂口拓さんの姿・・・演技ではなく姿がダメだと思う('ω`)ほかの役者さんはちゃんと二年前の姿で現れる中…………拓ちゃんだけが明らかに違う(# ̄3 ̄) ウェーブのかかってた髪はストレートだし焼けてた肌は白くなってる・・・・・・あれじゃいやでも新作カットと旧作カットとの間に境界線ができてしまうΣ( ̄□ ̄;)あとアクションも前のアクション監督に比べると質が落ちるところもあったΣ(ёДё;;)

地獄甲子園 熱闘 ! スーパートルネードBOX

(購入者の評価)
あくまで"漫☆画太郎の世界観を実写化"がテーマであり、普通の人向きじゃないですね。画太郎世界の醍醐味といえるあの豪快なひとコマの使いっぷりを独特な「間」で表現するなどには(ファン限定で)好感が持てます。そう思えばあれだけ引っ張った魔球がぜんぜん使われず、単にバットで殴りあいになるのもいかにも画太郎的。実際に画太郎氏は読みきりで作品のタイトルになっているキャラクターをひとコマしか使わないこともありました。同時収録の「ラーメン〜」を含め、その毒っぽさを飲み込めるならおすすめです。

恋は実家じゃ生まれない

(購入者の評価)
真の駄作!にピッタリだとは思いますが…まぁブタ作品ですね

VERSUS ヴァーサス

(購入者の評価)
坂口拓の過剰な"カッコつけ"がおもしろおかしい感じで良かったです。(監督が意図していたかは不明ですが) アクションはフリのようなモノでしたし、作品として悪くなかったです。

てばなとめいたんてい~雄大祭~

(購入者の評価)
『地獄甲子園』の山口雄大監督、
『VERSUS-ヴァーサス-』の坂口拓がインディーズ時代から撮影した
手作り感溢れるギャグオムニバス。
山口雄大監督の自主映画団体・ラミネートチューブによるもので、
若かりし日の坂口拓はもちろん、
山口監督の笑いのセンスの良さが光る、隠れた名作です。

北村監督が本作に出演する坂口拓の屈託ない笑顔を観て
『VERSUS-ヴァーサス-』の主演を
決めたという逸話もファンの間では有名な話。

現在のアクション路線とは違って完全にギャグ作品なので、
アクションが観たいというファンの方にはオススメできませんが、
山口雄大×坂口拓の歴史を辿る上では欠かせない1本かも。

特に『手鼻三吉とトゥワイス志郎が往く』99-01年バージョンは
テンポも小気味よく、インディーズのギャグ作品としても秀逸。
果てしないくだらなさ、チープさ(予算1万円と言っていた?)、
支離滅裂さが織りなすバカバカしさが堪らないです。
『VERSUS-ヴァーサス-』でも活躍した松本実も登場。

05年バージョンの『手鼻三吉とトゥワイス志郎が往く・北の0年』は、
板尾創路、須賀貴匡といったゲストも出演するほか、
雪原での危険な自転車転倒といった見せ場(?)もアリ。

ちなみに、99、01、05年と、時間経過と共に
坂口拓の顔つきが劇的に引き締まっていってるのも驚き。

『名探偵・一日市肇』では松田賢二も出演してました。

お金がなくてもこんなに面白い映像が撮れるんだ!と
思わせてくれる、そんな才能が素晴らしい。

ただ、確実にディープなファン向け、
という点で星4つ。
熱狂的ファンなら星5つ以上に
十二分に楽しめるインディーズ作品ですよ。

廃盤になってしまう前にぜひ!


北村龍平監督作品 ツイン・パック

地獄甲子園

(購入者の評価)
画太郎氏の漫画のファンなので観てみたら、原作とほとんど違う作品だった(まあ、あれを忠実に再現なんて不可能だが)。
映画ファンからも、野球ファンからも、画太郎ファンからも受け入れられなそうな中途半端な映画か…?
でも個人的にはよかった。観た後爽やかな気分にはなれました。後半ベタベタの青春ものになってますが、意外と感動できるかも。ただ、原作を知らない人には「なんのこっちゃ?!」でしょうね…


地獄甲子園

てばなとめいたんてい-雄大祭-

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4