堺雅人

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
堺雅人 おすすめDVD 堺雅人 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
アフタースクール

(購入者の評価)
何が騙されるんだろう…と思って観てもきっと騙されるハズです! でもこの映画の面白さは騙し無しですよ! ネタばれ厳禁のメイキングも凄く楽しみです!!

やさぐれぱんだ 白盤

(購入者の評価)
ダウンタウン松本人志のシュールコント集『ビジュアルバム』や、不条理ギャグ漫画の元祖『伝染るんです。』などを溺愛してる自分にとってかなり期待して見た作品だったけど、期待を大きく裏切られた気分。こんなに笑えないお笑いDVDは久々に見た。
不条理ではあるけれど、笑いとしてはクオリティーは低い。ただシュールなだけ。要はこの作品に関わっている人達は原作の設定を借りて作ってはいるが、高度な笑い作品を作るまでのレベルに達していないのだと思う。原作の漫画を見ていないのでそっちは知らないが、この青年役に堺雅人は合わないのではないか。堺の表情が笑いを鈍らしてしまっていたり、ツッコミや演出がテンポを崩している。
なんだか、シュールな笑いだとか不条理な笑いと聞くだけで妙に高得点をつけたがる人が多いように思う。シュールであることと、笑いとしてのクオリティーは別物なのに。


やさぐれぱんだ 黒盤

(購入者の評価)
原作は、ネットマンガとして話題を呼び、書籍化された『やさぐれパンダ』山賊著。
タイトル通り”やさぐれた”パンダさんと、作者である山賊の分身と思われる青年が
繰り広げるシュールなかけあいが秀逸なんですが、
コレを実写にしてしまうという、極めてふざけたコントDVDです。
監督は、タレントであり、放送作家でもある堀部圭亮。
山賊役は、若手実力派俳優、堺雅人。
そして、パンダさんの声を 『あの』生瀬勝久が演じていて、
メンツも、もんのスゴく贅沢です。
全体の作りは、原作とほぼ同じで、
白い空間に、パンダさんと山賊の2人が対峙して、
具にも付かないことをあーだ、こーだと言い合うというシンプルなもの。
で、せっかくの実写化というコトで、原作にないシーンの追加や、
生瀬勝久のやや暴走気味のアドリブに、絶妙な堺雅人のツッコミと、
映像ならではのライヴ感が伝わってくるのも、いい感じです。

ただ、原作の余分な部分をこそぎ落とした『無味乾燥な笑い』は、やや薄れ、
登場人物が主張しすぎな感も否めません。
が、センスのいい笑いに飢えている人には、もってこいだと思います。


やさぐれぱんだ 銀盤

(購入者の評価)
公式サイトより転載です
金盤と銀盤の初回版を両方買うと、応募特典としてもれなく銅盤が貰えるそうです!!
堺さんがいっぱい見れてうれしいっ!
1)堺雅人撮りおろしインタビュー映像
2)生瀬勝久専用アングル映像(金盤・銀盤DVD未収録3エピソード分)
「ギリギリショット」「縁起物」「続・ぱんだクッキング」)
3)やさぐれぱんだ」<金盤><銀盤>店頭告知用先付映像ロングヴァージョン
(堺雅人・生瀬勝久・堀部圭亮監督3人のコメント)
4)「やさぐれぱんだ」<白盤><黒盤> 告知映像
5)「やさぐれぱんだ」<金盤><銀盤> 告知映像
※送料及び手数料負担有り


やさぐれぱんだ 金盤

(購入者の評価)
やさぐれぱんだの第2弾!
シュールでゆるいコントが次々と襲います。
前作の「黒」、「白」を見てないとちょっと分かりづらいネタもありますが、初めてこれを見たら前作も見たくなると思います。
大抵、続編モノはハズレる事が多いですが、より過激に、よりシュールに出来ています。
先ほど書いた通り、やはり前作を知らないと思いっきり楽しめかもしれないという点で厳しめの星4つです。


ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
原作のコミックも好きですが、それとは別の作品として大変良く仕上がっていると思います。評価が辛い人は、はぐの背が原作より高いとか、コミックとは違って内容が重いとか、蒼井優が活きていない、とか、文句をつけますが、客観的にフラットに単体の映画作品として評価してみると、最近話題となったどの作品とも遜色ない仕上がりと思います。若干デフォルメはしていますが、芸大、多摩美、ムサ美、女子美、筑波芸学、MAYA MAXまで投入して、本物の質が高い作品をふんだんに使ってリアルなつくりにこだわった見識は評価して良いでしょう。ただし、藤原兄弟のような人は実際にはいません(世界的にみればゲイだらけではありますが)。どの俳優も彼らの最高の演技を出しているし、高田監督はよく頑張ったと思う。青春映画の佳作です。

新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX

(購入者の評価)
この作品の良いところは明治維新を描いた作品の中でもキャストが若く明治という時代の醍醐味が飛び抜けて描かれているという点です。この時代の醍醐味は刀、西洋式短銃、そして青春です。この美しさは伊達政宗や源平の合戦では描けない。時代背景が素晴らしくドラマティックで偉業を成し遂げた偉人が多くそのどれもが魅力的であるそれが明治の醍醐味。例え高杉晋作や坂本龍馬を描いてもこのキャストならヒットしたでしょう。歴史的な価値観から見ると新撰組は白虎隊と同じく悲運の組織であります。百姓の出身でありながら武士の世界で生き上からの圧力と志士たちとの激闘の毎日、長く続くはずのない時代を懸命に生き抜く新撰組。近藤勇や土方歳三は戦場で何を見たのか。青春を感じたい方にはぜひおすすめな商品です。

世にも奇妙な物語 2008春の特別編

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX

(購入者の評価)
民放でコメディーで描くなら許せるが、大河でこれは、新撰組を馬鹿にしているしか言いようがない!!
いくら今が旬の三谷氏脚本でも、これは絶対に許せない!せめて司馬遼太郎先生原作でキャストも香取慎吾ではなく、もっと実力のある俳優でやるべきだった・・・北条時宗と言い、宮本武蔵と言い、源義経と言い期待していたのに主役が駄目駄目ですべて台無しだった・・・この時の大河ドラマは腐っている!腐っているぞNHKー??!!!!


戦闘妖精雪風 DVD-BOX

(購入者の評価)
私は原作を知らない状態でこのアニメを観たので、
正直、最初からわけがわかりませんでした。
え、惑星フェアリィという所に基地を作ってジャムと戦っている・・・?
状況を把握するのに少々時間がかかりました。

とりあえず空戦だけでも楽しませてもらえればそれでいいやと、
気持ちを切り替えて観ていました。
そう、とにかく空戦が見たかったのです。
空戦シーンについてはカッコいい! の一言。
洗練されたメカデザインやスピード感が相まって、かなり興奮しましたねぇ。

原作を知っていれば観点はおのずと違ったものになっていたでしょうが、
見ていなかっただけにへんにこだわったりする部分はありませんでした。
いや、逆に原作ってどんなんだろうという興味が湧いてきました。


NHK大河ドラマ 新選組 ! スペシャル DVD-BOX

(購入者の評価)
なんと池田屋事件が入っていません。
1分くらい入っているのは入っていますが、ほとんど入っていません。
新撰組といえば池田屋事件のはず。
この番組も、池田屋に向かって進んで行き、
池田屋の後の新撰組とに分けられると思う。
当然メインに入っているのかと思いきや、
近藤さんが宮部を切るシーンもない。
いまだに信じられません。これは本当に総集編なのでしょうか。
考えられません。がっくりです。こんなことがあってもいいのでしょうか。


壬生義士伝

(購入者の評価)
原作が泣かせる出来だったので期待して観たのだけれど、映画では泣けなかったです。
時間の制約上、原作通りには無理だった感があります。

キャストはなかなか良かったです。
特に、中井貴一の吉村貫一郎、佐藤浩市の斎藤一、堺雅人の沖田総司、秀逸です、拍手!!!
あとの出演者は、イメージや実像に近いのですが、どうも現代人の臭いが最後まで残る配役に思えました。
甘い面構えというか、ひどい飢饉のあった時代人にしては丸々と肥えた雰囲気というか。

それから、赤い羽織はともかくとして、どうしても気になって気になって仕方がなかったのが
あの南部藩(大野家?)の逆さバイオハザードマーク!
作り手の遊び心というか茶目っ気なんでしょうけど、随分興ざめです。
せめて監督の自分の家紋をあてがえば良いのにと思いました。

本来なら★3つですが、原作の良さと、限られた中で頑張って映像化できたところを評価して★4つにしました。


ココニイルコト

(購入者の評価)
堺雅人さんのファンなら、また彼の癒し系の優しい声と微笑みに癒されるでしょう!正直、真中瞳さんは、淡々と喋りすぎかなと思いましたが、堺雅人さん扮する前野くんの優しい人間味ある言葉に自然と励まされます。宮崎県出身の彼が、大阪弁で演技しているのも、面白いし、苦手といわれる野球でも、バッティングセンターで、打つ姿を披露してくれています。髪型とかは、今と全然違うけど、あの優しい雰囲気は、そのままで、本当に堺雅人さんは、生と死の間で、命のきらめきを表現するのが上手だなぁと思いました。あんな同僚がいたら良いのになーと思う作品でした。

壁男

(購入者の評価)
内容は、深くて難解で、いつもの堺雅人さんのさわやかな笑顔が壁男に取りつかれて、狂気な捉え所のない不気味な笑顔で、あんまり良く見すぎたら、堺雅人さんのイメージが変わってしまいそうで、いつものさわやかな堺雅人のイメージを大切にしたい人は、直視し過ぎない方が良いと思いますが、特典的には、舞台挨拶や試写会などで、堺雅人さんのさわやかなコメントや笑顔があり、北海道撮影で、タダで北海道に来られて堺さんの大好きな海鮮『うに、いくら』に釣られて、、、みたいなコメントも可愛らしく、この特典だけでも、堺雅人ファンなら、買う価値もあるような、、、。でも、いつものさわやかなイメージを壊したくない人は、あまり見ない方が良いかも、、、。堺さんの演技が上手すぎて、堺さんの狂気に満ちた微笑が、ちょっと、怖いかも、、、。最後の結末は、きつねにつままれた様で、それなりにミステリーな感じで良かったのでは?でも、ちょっと、恐ろしいかな、、、。後味が悪いというか、あまり何回も繰り返し見続けられない気はします。

戦闘妖精雪風 Blu-ray

(購入者の評価)
 HDテレビを持っていないので、PCの22インチ液晶モニタで観ています。
 BluRayはこの「雪風」が初めてです。
 従来のDVDでは、画面の動きが激しくなると、画像がブレたり、動きがぎこちなくなっていました。PCや液晶モニタの性能が低いからだと思っていたのですが、BluRay「雪風」は、どんなに激しいアクションでも綺麗に再生されます。
 これまで画面がブレていたのは、再生機器の性能ではなく、DVD規格の限界だったようです。
 8000円余計に払ってでも、BluRayがお勧めです。


綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(2) 安楽椅子探偵、再び

(購入者の評価)
これはシリーズ最高傑作の呼び声が高い作品です。本格ミステリーであり筋が通った出来です。謎解きが非常に楽しく、役者陣が面白い。山崎銀之丞や川原和久、犬山犬子の演技が光り輝く痛快作。

藤原竜也×白石加代子 身毒丸 復活 特別版

(購入者の評価)
再演、復活。いままでの身毒丸とは違いますね。すごいよ藤原竜也!。

火星のわが家(廉価版)

(購入者の評価)
今をトキメク堺雅人さんの若かりし姿が何とも初々しいなぁ、、、。今の堺雅人さんの芝居は、出来上がっている気がするけれど、昔の堺さんも若さが出てて、あのさわやかな屈託のない笑顔に癒されるというか、あの明るさは天性のものなのか、、、。鈴木重子さんは、ちょっと、演技が淡々としているかなぁと思うけれど、劇団四季の日下武史さんも出演していて、分かりにくい部分も多少あるけれど、堺さん演じる透のような居候の青年がいたらいいな、と思わせてくれる、なんか懐かしいような感じ、、、。青春のような、青春じゃないような、、、。青年、透の性格の優しさ、のんびりさが出ていてすごく新鮮です。堺さんファンなら、楽しいのでは?今の姿とはだいぶ違いますが、、、。(笑)そして、特典映像で堺さんは、台本読みから、演技していて、簡単な台詞や大事なシーンは、頭に入っていて、他の人がしゃべっていても、その間の自分の表情の演技をしていたりして、すごい!!脱帽です!鈴木重子さんと、接近するシーンも、台本読みから、かなり接近した所で読んでいたり、、、。やっぱり、堺さんって、こうした日頃の積み重ねが演技に出ているんだなぁと改めて感じました。

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スペシャル・コレクターズ・エディション

(購入者の評価)

■個人的にコレクターズエディションを買いなポイント

 ・全編絵コンテ本
 ・プロによる各キャラクター所有ガン解説
 ・オープンセット解説
 ・箱カッコイイ
 ・DVDケースカッコイイ

 なにより絵コンテが最高!
 メイキングは、役者ファンより現場好きな人のほうが楽しめるかも。山口祥行さんのアツいナレーションがまた暑苦しくてたまらない!北村道子さんによる衣装解説が無かったのが寂しいけど、そのへんは書籍を見ればいいので・・・と思えどやっぱり残念。個人的な残念だけど。何より絵コンテが最高なので、作品が好きな人はあと数千円出してこっちを買って損は無し。得もしないかもしれないけど。でも、個人的な印象だと、メイキングもコメンタリも何となく薄味。それは多分、濃い味を期待しすぎてたから(笑)
 本編はもちろん面白い。本人による日本語吹き替えは、あれこの人いつもこんな芝居だったっけ?とニヤニヤします。
 個人的にはビル横山さんの銃解説が胸を熱くしました。マニアならば是非。


ヒミツの花園 DVD-BOX

(購入者の評価)
出演者目当てとか、コメディの好きとか理由はなんでも良いけれど、ちょっと、お高いし、DVD表紙のまんがチックさが、一瞬引けるけれど、特典は良いし、堺雅人ファンや要潤ファンなら、買って損はないかも、、、。なによりストーリーが面白いし、兄弟仲良く、個性豊か、、、。個人的に寺島進さん演じる田中一郎くんが、釈さん演じる月山夏世(つきやまかよ)を『がっさんなつよ』って、呼ぶ姿が、かなり笑える。回が進んでも、元恋人役の真矢みきさんに指摘されるまで、しばらく釈さんの役を『がっさん』と呼んでいるのが笑えます。

>> つづきをみる

なぜ君は絶望と闘えたのか

(購入者の評価)
想像できるだろうか。
何気ない日常の中で今日も1日が終わる。夕食の献立を楽しみにしながら軽い疲れとともに帰途につく。この世で最もくつろげる場所であるはずの自宅に戻ると、暖かい会話や柔らかい明かりのかわりに奇妙に静まり返った冷たい暗闇が広がっている。そしてそこに変わり果てた最愛の妻の姿を見つけてしまったら・・・。
本の扉に掲載された本村氏と弥生夫人、そして愛娘の夕夏ちゃんの写真を見て欲しい。学生のような面影さえ残る若い両親と丸々とした可愛い赤ちゃんの姿は、どこにでもある幸せな家族のそれだ。この日から実に9年、本村氏は闘う。正しい事を正しいのだと訴え続けて、ただひたすらに闘う。
憎しみ、絶望、孤独、そして埋めようのない喪失感。本村氏は何度も自殺を考えながら、ただただ闘って、そして死刑判決を勝ち取った壮絶な記録の書だ。
TVで見る限りいつも冷静沈着に、且つ、理路整然と自分の考えをことばにしていた本村氏の、決して表に出なかった犯罪被害者としての苦しみに身を切られる思いがする。
日本は法治国家である。でもそれは真に正しい法治と言える状態なのか。死刑判決を勝ち取るまでなぜ、山口地裁・広島高裁・最高裁・差し戻し広島高裁と9年もの長い時間を必要としなくてはならなかったのか。犯罪を犯す者がいる限り、誰でも等しく犯罪被害者になってしまう可能性がある。だからこそ多くの人に本書を読んで欲しい。
他人事では決してない。


NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

(購入者の評価)
大河のストーリー本(日本放送出版協会のもの)は、ほぼ毎年買っています、去年のは私にとって
×だったので買わなかったしテレビも見ませんでしたが。
「篤姫」は衣裳や髪型にもたいへん興味を持って見ていますので、本にいろいろ紹介されているのは
嬉しかったです。
テレビは、いよいよ和宮さんが降嫁してきますから、江戸風と京風、武家風と御所風の対立ですね。
幾島が去ったけど、次々と目が離せないストーリーで楽しみです。

ただ、どの大河についてもほぽ共通しているかと思いますが、後編の本は薄めで、内容にふくらみが
欠ける感じがするのが残念で、★4個にしました。


NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

(購入者の評価)
つや消しの装丁が高級感があって素晴らしい。永久保存しておきたい。内容もいい。下も絶対買おうと思った。

蜷川妄想劇場 ~mika's daydreaming theater~

(購入者の評価)
出ているタレントさんたちが、
みんなすごく色っぽくて素敵です!

今まであまり興味がなかった小栗旬さんのかっこよさ、
そして色気に、天性のモテ男を感じました。
松田龍平さんは、ため息が出るほど妖しげだし、
成宮君は・・・・水と薔薇が似合いすぎて、ちょっとやばいくらい。

コンパクトでお安いけれど、とても満足できました。

それにしても、このころの松山ケンイチは幼いですね?!
一番変化した人ではないでしょうか。



アフタースクールへようこそ!―映画『アフタースクール』OFFICIAL BOOK (Gakken Mook)

(購入者の評価)
最近公開された映画『アフタースクール』の紹介本。同作品は大泉洋、佐々木蔵之介らが出演、内田けんじが監督。80ページにキャストへのインタビュー、監督が好きな映画、ロケ地紹介などが収載されている。旅行ガイドブックのような写真割りで、全ページカラー。最後には、映画を見た後に読む袋とじ情報(監督が本作品で表現したかったこと)とキャストのサイン入りグッズのプレゼントがある。文字数は映画館で売っているパンフレットを厚くした程度で、1?2時間もあればすべて読める分量。

映画を見ていなければ本書を購入することは絶対になかったと思う。それほど映画のできがよかった。後日DVDが発売されたら必ず購入しようと思うが、脚本と編集だけでこれほど面白く、心に残る映画が作れるのかと、改めて邦画を見直した。本監督は『運命じゃないひと』でカンヌにおいて4つの賞を獲得していて、そちらのDVDも購入してしまった。映画は行方不明になった同級生をさがす探偵(佐々木)が主人公(大泉)のもとに現れ、謎を解くうちに事件の全貌が明らかになっていく展開。クライマックスではそれまで断片でしかなかったピースがみごとに組み合わされて、大きなパズルが完成すると同時に、強く感動させられる仕組みだ。

とにかく映画をみなさい、面白いから。そうすれば本書も読みたくなると思う。映画館のパンフレットも購入したが、これは大学ノート風のしゃれたつくりになっている。そちらも脚本を採録した袋とじページがあって、他の映画のパンフレットよりも内容は充実していると思う。

映画を見る前に袋とじ部分は絶対に見てはいけない。星4つは甘いかもしれないが、これは星5つの映画に依拠するためであり、映画を見ていなければ本書の良さは分からないと思う。


acteur(アクチュール) No.11 (2008 JUNE) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

(購入者の評価)
アクチュールはもう数冊手に入れましたが、
その数冊に共通するのは、それぞれの俳優の魅
力を引き出した写真と、インタビューの内容の
質の高さです。

今回は、「アフタースクール」が公開されている、
大泉洋さんが表紙です。
そして、大泉さんの写真とインタビュー、記事で
14P、「アフタースクール」の3人の出演者による
座談会という形で、映画に関することが語られてい
ます。
その他にも、松本潤さん、三上博史さん、大沢たか
おさん、上川隆也さん等、実力派の俳優さんたちの
インタビューや写真が載っています。
インタビューだけではなく、対談の形もあります。
いろいろな形で、質を高めていこうとする、そんな
編集の姿勢がいいなあと思います。


日経 Health premie (ヘルス プルミエ) 2008年 09月号 [雑誌]

アフタースクール (角川文庫 ゆ 8-2)

(購入者の評価)
私の地域ではこの映画を上映していなかったので、観れない代わりとして
このノベライズ本を買ってみました。
感想としては、ノベライズ本にしてはかなりいい感じ。
ストーリーと、多人数が一人称で進めるという文が上手くマッチしています。
文に多少の甘さというかゆるさがあるのはノベライズなのでしょうがないとして、
ストーリー的にはかなり楽しめます。
ただ、人物がごっちゃになってしまわないよう、消化しつつ読んでみて下さい。

「アフタースクール」が気になったけど、観にいけない人は是非。
私はむしろ、この人物たちがどんな風に動いているのか、映画が観にいきたくなりました(笑)


ジャージの二人 (集英社文庫 な 44-1)

(購入者の評価)
失業し小説を書こうとしている息子と、かつては名のある写真家だった父親の二人が、夏も終わろうとする北軽井沢に「避暑」に行く話です。

結婚生活が破綻寸前の二人の、ある意味での逃避行です。
そこでの黴臭い蒲団にくるまったゆるーい生活振りが、淡々とユーモア混じりに展開されます。
大の大人が、小学校の名前の入った古いジャージ姿で過ごす生活を想像するだけで可笑しくなります。

この二人の関係は、父子の関係とも思えない関係です。
互いが互いを思いやっているのですが、深くは聞こうとしないし話そうともしません。

そんな二人のだらだらした生活振りは、目の前の問題を何も解決しませんが、それでいてこうした生活の中で、大げさに言えば、何かある悟りきった境地に入ってしまう様な感じです。

この続編である「ジャージの三人」も所収されています。
そこでは、前半で息子の妻も登場し、後半には父親の娘も登場します。

様々な人間関係が描かれる中で、夫婦も親子も完全には知り合えることはなく、それぞれが考えて行動し、互いに思いやって生活してゆくしかないと言っているようです。


REAL☆G vol.2

(購入者の評価)
映画、ドラマ、音楽PV役者などで大活躍の本郷奏多君を筆頭に
スターダスト所属の俳優さん一部女優さんも楽しめる内容になっています。

驚いたのはこの価格でB5サイズだったこと、もっと小さいサイズだと思ってました。 
さらにフルカラー111ページの大ボリュームで凄くお買い得だと思います。

本郷奏多君はページ数少なめですが、1ショット1ショットの内容がいいです。
いかにも本郷奏多君らしいなという表情を見せてくれてより身近に感じることが出来ました。
本郷奏多君にはこれからもどんどん活躍して欲しいですし、応援していきたいです。


日本映画 magazine vol.04 (OAK MOOK 200) (OAK MOOK 200)

キネマ旬報 2008年 8/1号 [雑誌]

acteur(アクチュール) No.2 (2006 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

ダ・ヴィンチ 2008年 06月号 [雑誌]

対岸の彼女

(購入者の評価)
この話は視点を変えて交互に書かれた小説が原作です。
なのでやっぱり映像にするのは難しかったのかなと思いました。
あの独特の雰囲気が出ていませんし。ちょっと残念だったかな。


女子に映画 花より男子ファイナル特集号 2008年 6/30号 [雑誌]

(購入者の評価)
この種のイケメン写真目的のムックは
「とにかく写真が載ってればいいんでしょ」的な
ユルい作りのものが多いんですが
映画専門誌の出版社が出してるだけあって
インタビューはしっかりしています。
何というか、俳優さんたちを「イケメン」ではなく
「役者」として扱っているというか。

あとは、けっこう硬派な記事・文章が多いのも特徴。
「女子が観るべき映画」として
ゴタールやトリュフォーや成瀬巳喜男や小津安二郎を挙げたり
タナダユキや西川美和といった気鋭の日本人監督に
「大人になるために観る映画」として影響を受けた作品を語ってもらったりと
「女子」に媚びていない内容がなかなかです。



Invitation (インビテーション) 2008年 08月号 [雑誌]

キネマ旬報 2008年 7/15号 [雑誌]

キネマ旬報 2008年 5/15号 [雑誌]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4