櫻井翔

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 
櫻井翔 おすすめDVD 櫻井翔 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
5th Anniversary Special Live「嵐」(仮)(初回限定盤)

(購入者の評価)
嵐(ジャニーズ)のDVDかと思って予定しようとしたら違いました

How's it going ? Summer Concert 2003

(購入者の評価)
最近嵐ファンになったので前の嵐も見たいと思って買いました!コンサート映像も嵐のアップがたくさんあり、オフショットもかなり充実してました。ファンにとっては最高の作品だと思います!…ということで 満足できたので☆五つ!!!

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版

(購入者の評価)
見る前はただのアイドル映画だと思っていたんです。でも本当に面白い!!嵐のメンバーがあんまり二枚目じゃない役を演じてて、そこがいいんです。松潤なんてこんな役珍しいかも??
本当に笑いっぱなしで、もうくだらなくて、でも、ぜひ大人の男性に見てもらいたいと思います。前作を見ていない人でも十分楽しめます。


メイキング・オブ 「ピカ☆☆ンチ」

(購入者の評価)
嵐5人のいろんな個性がでてて、すごくよかった。
3年ぶりの再会で1人1人が成長している感じがすごく出ていた。
また、切ない部分もあり、感動した!そして、最後には5人の絆が強く見られて、すごくきれいな終わり方だった。絶対見る価値ありです。


木更津キャッツアイ 5巻BOX

(購入者の評価)
木更津という地方都市を全国区にのし上げた功労により、「第893回ベスト狸オブザイヤーン」に輝く快作。一見スポ魂もの、実はヤクザ映画、ちょっとピンク映画、さらに音楽映画、かなり青春映画のテイストも織り交ぜたエンターテイメント。それが・・「木更津キャッツアイ」。 ちがう?そうだよなぁ。気楽にご覧下さい。あなたのハート、いただきます。近日参上。木更津キャッツアイ。にゃー。"

黄色い涙 【通常版】

(購入者の評価)
所詮はアイドル映画だと思って軽い気持ちで観てみたが、5人全員なかなか良かった。
主役の二宮がしっかりした演技をしているおかげで、
他の3人+1人の少し浮世離れしたような雰囲気が、若い頃特有の危なっかしさを感じさせる。

かつて自分の可能性と夢を追いかけたことがある大人達(つまり俺も)には、
時代背景などは違うけれど、懐かしさと切なさを感じる内容だと思う。

アイドル主演だからか、過剰な悲壮感や激しい社会不適格ぶりもなく、
友情もどこかドライな感じで、現代的になっているとおもう。
しかし、それがまた適度に現実感を醸し出している。

若い人たちは、自分の両親にもこんな時代があり、
現実との折り合いをつけて、緩やかに挫折しながら今があるのかもと思って欲しい。
そして各人が新たな幸せを見つけていることも。


黄色い涙 【初回限定版】

(購入者の評価)
Jストームは、例えば懐かしの渡辺プロダクション製作ムーヴィーのような「いい加減さ」(良い意味も込めて・・・)がなく、基本的に本気であるところがよい。本作もIMJという映画製作のトップランナーと組んでいるし、他作品も黒澤プロやROBOTなど気合いの入った布陣で作っている。そして何といっても犬童一心(!)である。犬童組は「ジョゼ」のような若手俳優陣のアンサンブルから「死に花」のような団塊ワールドまでを撮りあげる、見事な仕事で知られる。対して嵐はアイドルの中でも少し「学術風」の匂いがする面子であり、二宮和也や松本潤は映画に対する真摯な姿勢で知られる。その組み合わせは非常に楽しみであったが、結果は「水準」くらいのレベルと思う。嵐の5人は魅力的だし、脇を固める香椎由季、田畑智子も犬童組らしい役回りで安心して観ていられた。本作をアイドル映画として見れば星5つかもしれないが、少なくともクリントと真っ向から組んだ俳優・二宮和也の主演作品として見ると、妥協が多いのでは。ストーリーからいえば「ジョゼ」のような毒気がもっと出てよかったし、香椎由季の「堕ち方」も普段の犬童監督だったらもっと露骨だったのではないか。ちょっとそのへんがジャニーズに遠慮している気がする。悪い出来ではないが、この布陣を考えると、星3つかな。あと、2枚組なのに高すぎである。これは何とかしてほしい。

ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY 通常版

(購入者の評価)
とりあえず面白いです!
嵐の一人一人キャラがあって
それもまた合ってるし見て損はないと思います!!
嵐ファン、ファン以外の方でも楽しめると思います♪


ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
原作のコミックも好きですが、それとは別の作品として大変良く仕上がっていると思います。評価が辛い人は、はぐの背が原作より高いとか、コミックとは違って内容が重いとか、蒼井優が活きていない、とか、文句をつけますが、客観的にフラットに単体の映画作品として評価してみると、最近話題となったどの作品とも遜色ない仕上がりと思います。若干デフォルメはしていますが、芸大、多摩美、ムサ美、女子美、筑波芸学、MAYA MAXまで投入して、本物の質が高い作品をふんだんに使ってリアルなつくりにこだわった見識は評価して良いでしょう。ただし、藤原兄弟のような人は実際にはいません(世界的にみればゲイだらけではありますが)。どの俳優も彼らの最高の演技を出しているし、高田監督はよく頑張ったと思う。青春映画の佳作です。

山田太郎ものがたり

(購入者の評価)
ニノのほんわかしたやさしい演技、櫻井くんのクールでかっこいい演技、出ている方達がみなかわいく?あたたかい気持ちになれるドラマでした。山田くんちのような家族がいればお金では買えない幸せという事も納得できますね・・毎週家族で楽しく観てました。個人的には忍成くんの役がずっこけているんだけれどかわいく山田くんを一途に思う所が好きでした!

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 限定版

(購入者の評価)
前作がとても面白かったので、今回のも楽しみにしてましたvv
運良く限定版があったので即購入!!!

団地をイメージしたパッケージで、面白いです。その分場所をとりますが(笑)
フィギュアが可愛かったです。
似てる!とはお世辞にもいえませんが、記念としてとっておくのもいいと思います。

そしてDVD。映像特典がたくさん有って、ファンにはたまらなく嬉しかったです!!
本編は、タクマが帰ってくるところから始まります。
感動する場面も笑える場面もいっぱいあって、これぞ「青春ムービー」でしょう!
チュウが妻子持ちで驚きました。サラサラ黒髪ヘアで、前作を知ってる人にはたまらないと思います。
接待舟のシーンも、泣けました。

この映画は老若男女すべての人に楽しんでいただけると思います。
ぜひ、買ってみてください。映像特典がとにかく多いです。
私的にツボなのは、チュウの「がらじゃないぞぉっ!!」と、前作よりもっと悲惨な声になったハルです・・・vv(笑



よい子の味方 新米保育士物語 DVD-BOX

(購入者の評価)
昔撮っておいたビデオを見返して、やっぱりすごくいいので欲しくなりました!!
どうにか在庫をおとりよせしていただきたいです!
ドラマの内容もとても感動するし、櫻井くんの演技もすごくいいです!
演技がうまくないって人もいますが、私はすごく上手だと思います!!
毎回涙ボロボロ出してますよ!全然わざとらしくないし・・・♪
櫻井くんファンなら必見ですけど、ファンじゃなくても感動させられてしまうと思います。


木更津キャッツアイ 日本シリーズ

(購入者の評価)
ドラマを観てはまったのが高じ映画も観てDVDも買ってしまいました。
おまけ的な映像を観るだけでもファンなら満足なはずです


木更津キャッツアイ ワールドシリーズ さよならキャッツ★限定版

(購入者の評価)
木更津キャッツアイを心から愛し続けたわたしには
本当に永久保存のものとなりました。
さよならは言いたくないけど、でも言われたからにはお別れです(笑)
ドラマ→日本シリーズ→ワールドシリーズ
常にスキルアップしてるキャッツアイ。
是非お手元に!!


マラソン

(購入者の評価)
私の兄も主人公と同じく自閉症です。

幼い頃は人とは違う兄に対し苛立ちを感じたこともありました。だけど今は障害を抱えながらも真っ直ぐしっかりと生きる兄を誇りに思っています。

このドラマを通して、より多くの人に自閉症に対する理解や差別を無くしていただければ幸いです。

たまたまジャニーズが好きだった私にとって、二宮くんがそのきっかけの1つになったことはとてもうれしいです。

また彼の演技が嫌みなく、また心を暖かくしてくれました。私も、そして主人公同じく電車が好きな兄にとって大好きなドラマの1つです。


少しは、恩返しができたかな

(購入者の評価)
この作品は生きていく事の大切さ、そして大切な人を失う悲しさを教えてくれました。
今生きているこの時間がどんなに大事なのかを痛感し、今までの自分を反省させられました。
見ていて涙が止まらず苦しくなりましたが、しかしそれ以上に得られるものがあります。
是非見てもらいたい。


ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~

(購入者の評価)
はっきり言って原作ファンとしてがガッカリ…
本当にまったく違う物だと思いました…
ストーリーもはほとんど原作にはない物だし、原作が読者に伝えたかったことがぜんぜん伝わってないと思う。
何で森田さんがそこでハグちゃんにキスするの!?
何か真山の雰囲気が(顔じゃなくて)…、「男」が出てない…
ハグちゃんもやっぱり何か違うし…

確かに「違う物」として見るって言う方向もあるけど、私はどうしても切り離すことが出来ないので、あんまりいい評価はできませんね。
原作を見てない方は見てみてもOKなんじゃないかな?


黄色い涙 ~より道のススメ~

(購入者の評価)
映画撮影風景や嵐各人のインタビューもあるので、コレクターなら買ったら良いと思う。
しかし、雑誌などで既出の内容(コメント)なので、あまり新味は無い。
1000円位なら、納得の内容だと思う。


ヤンキー母校に帰る

(購入者の評価)
櫻井くんは最近好きになったばっかりで、このドラマは見逃していました。
やっとDVD購入!!
そして見たら・・・・素晴らしいです。本当に演技が上手いんだなぁ?と思いました。
爪を剥いだ時の真剣演技は、今でも忘れられません。
コレを見て、櫻井君の事が本当に好きなんだな、と確信しました。


トキオ 父への伝言

(購入者の評価)

 原作から入って、ものすごく感動しました。親子というものを改めて考えさせられる。そんなドラマです。

 TVもは見たり見なかったりだったので、DVDを購入しましたが、国分君の演技はいいですねぇ。もちろん病院の場面では歳が合ってないなぁという印象は否めませんが、25年前の場面はもう適役というしかないでしょう。
 ☆一つ減の理由は、他の方も仰ってますが、ラストのシーンは原作になるべく沿った形にして欲しかった。東名高速での撮影は難しいかもしれないけど、あの場面を映像で見たかったというのが正直な感想です。


>> つづきをみる

僕が、嵐を好きになった理由

(購入者の評価)
私も40代の女性ファンです 私は「トウキョータワー」で松潤にはまり、作品を追いかけてると嵐みんなのファンに 24時間テレビは全部録画しました! 地方なのでコンサートは無理なのでDVD、CD、はては「君はペット」の原作漫画まで大人買いしてます。今は大野君がマイブームです

アラシゴト

(購入者の評価)
一度開いたら、ずっと読み続けちゃいます!
嵐のデビューから五年半の出来事がぎっしり詰まった本です(^w^)v
もちろん、五人の写真も盛りだくさん。
爆笑トークや面白おかしいコスプレまで!!
コスプレで、「意外とみんな似合っているなぁ」なんて思っちゃいました(笑)
国民的アイドルだから、何を着ても似合っちゃうのでは!?


SWITCH Vol.25 No.5 (スイッチ2007年5月号) 特集:嵐「アラシノデンゴン」

(購入者の評価)
黄色い涙に関するロングインタビューのほか、嵐のメンバーそれぞれの
個性が垣間見られる特集になっていると思います。いつもと違う感じで
受け答えするメンバーの話は読み応えじゅうぶんですし、勿論写真も
おすすめです!表紙では櫻井くんがよく見えない感じですが、実際に
手にとってみたらとてもかっこよくて素敵でした★小さいポラ写もいっぱい
掲載されていて、ほのぼのした気持ちになれると思います。
長い間注目されてきた黄色い涙への、出演者たちの気持ちの集大成みたいなものが
伺える内容の濃い特集でした。


嵐04150515―嵐のピカ☆ンチな日々

(購入者の評価)
映画を見た人も見てない人も嵐の素顔がわかる1冊です☆
簡単に言うと凄く面白いです:笑   映画の撮影風景やオフのときのすごしかたなど、本当の嵐がわかる1冊だと思います!!


ピカ☆☆ンチA to Z―嵐のピカンチダブルな日々

(購入者の評価)
嵐の撮影中の写真や、一休みのときの写真など、嵐の裏がたっぷり入っててかなり、お勧めします。 櫻井君最高〜!!

+act. 15 (2008)―visual movie magazine (15) (ワニムックシリーズ 108) (ワニムックシリーズ 108)

(購入者の評価)
写真もさることながら、テキストが素敵です。
質問に真面目に答える潤くんが見えるようで、何度でも読み返したくなります。
各監督さんからの評価のページも読みごたえありますよ?。
ファン必見のお勧め品だと思います。


Hanako (ハナコ) 2008年 8/14号 [雑誌]

(購入者の評価)
書店で見かけて、別冊とかMOOK的なものかと思っていたら
いつの間にやらHanakoが大きくなったんですね?

最近はめっきり今から、とか明日とか予定ががっつり決まっている時に
カフェも含めて検索は食べログとかのネットでするけど、漫然とどこかに
行きたいな?とか、フラットに情報を得るにはやっぱり雑誌が一番

と、なるとやっぱり写真の大きさとか数がとっても重要なので大きくなった
Hanakoは嬉しい

取り上げられているお店のテイストもナチュラルな感じで統一されているので
とってもよかったです





Cut (カット) 2008年 08月号 [雑誌]

(購入者の評価)
嵐・大野智くんの記事についてレビューします。
今回、本誌Cutにおける大野くんの特集ページは12ページです。

そのうち、グラビアページが10ページで、全てがカラーでそれぞれワンカットずつに大野くんが写っています。
後ページに載っている「舞台裏こぼれ話」と題する撮影裏の様子を見ると、今回のグラビア写真は「静」と「動」
で構成されたということで、静止画の写真と動画の写真を交互に構成していて、アイドル誌のそれとは見ること
が出来ない、新しい大野くんの魅せ方がここにはありグラビア写真だけでも見ごたえがあります。


インタビューは、主に主演で出演しているTBS系ドラマ「魔王」(2008年7月現在)の話で展開しています。復讐
に燃える主人公の持つ天使と悪魔の二面性を、大野くんなりに捉えて役づくりをしていることがここでは伺えま
す。つづく最後の方には、世間の嵐に対する評価の受け止め方、また、嵐というアイドルグループは自分にとって
どのような存在なのかということを、インタビュアーさんが大野くん自身の言葉で上手く聞き出してくれています。

  「なんか、『ありがとう』って感じだよね(笑)。やっぱり嵐になったことにも意味があるし、このメンバーが
   いる5人で今日までやってきたから、自分が今ここにいるし、こういう人間になれたっていうのもあるし。
   だからやっぱり.....宝物ですよね」

文中の大野くんの言葉を抜粋しましたが、他にもドラマの話、今、自分における一番の課題の話など、様々な
質問に答えてくれています。「魔王」を見ている方、これから見ようと思っている方、ファンの方達はもちろんの
こと、少しでも気になっている方はとても楽しく読めると思います。オススメします!


イノベーションへの解 収益ある成長に向けて (Harvard business school press)

(購入者の評価)
原書と比較しながら読んだ。訳もよい。3分冊であるが、2冊目がベストと思う。競争の軸とどのようにとらえ新たに創造するかを刺激してくれる本である。
戦略の本というよりマーケティングの前提という位置づけであり、市場を読むことが戦略及びマーケティングの基本であることを指摘している。
戦略の第4世代といわれかもしれない理論であるが、顧客サイドだけでなく、ITC(インド)による農家のネットによる組織化など、バリューチェーン全体でとらえたらどうなるか、筆者の新たな書籍を期待したい。


嵐 お宝フォトBOOK BIG WAVE (RECO BOOKS) (RECO BOOKS)

(購入者の評価)
昔からのファンの人たちには確かに古い写真が多くてつまらないかもしれないけど、新たにファンになった人には若かりしころの嵐も知れて良いかもです!

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (ハーバード・ビジネス・セレクション)

(購入者の評価)
この本は「実践コミュニティ」について述べたものだが、なかでも特に目を引くアイデアは、コミュニティを作り発展させる際に、「領域」「コミュニティ」「実践」という3つのトピックに分けて整理することで、具体的な考え方や手法を明らかにしている点と、「実践コミュニティ」の発達(心理)学を、エリク・エリクソンの発達図式の枠組みを取り入れながら、非常にうまく説明している点である。ただコミュニティを作ればいいというのではなくて、「学習」や「実践」を目的とするコミュニティをいかにデザインし、運営していったらいいのか? について、かなりまとまった見解を示している。

この点でさらに考えなくてはいけないのは、「学習」あるいは「教育」とはいったい何なのか? さらに言えば、企業の活動とはいったい何なのか? という点である。「学習」や「教育」あるいは「創造活動」といったものが、個人や二者関係に還元されるものではなく、グループの関係性のなかで実現するものであると考えるとき、まったく新しい教育実践や経営実践の可能性が開かれてくる。その基本概念に基づいて、従来のすべての知見や実践を再構築するという、非常にエキサイティングなテーマが浮かび上がってくるのである。

この本の終章は、まだぼんやりとしはいるが、全世界あるいは人類のあり方を根本から変えるものとして、この「実践コミュニティ」というアイデアの重要性を打ち出している。一見、夢物語にも見えるのだが、人類の経済活動や文化活動の全体をドラスティックに変換させてしまうような可能性を、このアイデアは内に秘めている。


V6 岡田准一 お宝Photo&Episode 魂の原点 [RECO BOOKS] (RECO BOOKS)

(購入者の評価)
この本はほんま、岡田准一の魂の原点そのまんまやと思いますシ隠し撮り的なとこもあるけど、私服もあるし幼少期の話など細かく書いてくれていて読みやすいですケ写真もキレイやし、幼少期、小学生、中学生と分かれていてその時々の写真もかわいらしいし読んだ後はもっと好きになりましたx好きな人が出来るといろんな事知りたいと思いますよね[それと一緒でいろんなこと知ってもっともっと好きになりましたx私はオススメしますケ

技術とイノベーションの戦略的マネジメント (上)

技術とイノベーションの戦略的マネジメント (下)

戦略のパラドックス

(購入者の評価)
実例がたいへん面白い。
ビデオの規格におけるベータマックスの敗退の分析について、本書はソニーの努力が足りなかったのでも
戦略を間違えたわけでもなく、社会の「予測不能の変化」によって敗れたと結論づける。
それを筆者は「戦略的不確実性」と名付けている。

神ならぬ身の企業経営者は、未来を確実に予測することはできない。
大きな変化を前提として極端な戦略をとる企業は、高い確率で失敗する。
その代わり「ツボにはまれば」大成功する。
従前の経営学では「生き残った企業」しか分析の対象としていなかったため、少数の果断な戦略の成功企業と
凡庸な戦略をとる多数の「そこそこ」企業、という姿を見て、「果断な戦略」を取ることを推奨していた。
しかしこれは、失敗して消滅した「果断な戦略」企業が視野に入っていないための誤謬であり、
「多くの企業がなぜ敢えて凡庸な戦略を取るのか」ということを説明することができない。
これを「生存者偏向」と言うのだそうだ。

「戦略的不確実性」を克服するための本書の提案についは、正直よくわからない。
「普通の企業」では到底実行できそうもない感じでもある。
しかし、「正しい戦略を取っていてもなお失敗する」という戦略のパラドクスを克服しようという誠実な知的格闘の本、と感じた。
(なお、巻末訳注の字の小ささは顰蹙もの。専門書なんだから、若い人だけが読者ではないのだ!(笑))


ピカ・ンチ―LIFE IS HARD だけど HAPPY (竹書房文庫) (竹書房文庫)

(購入者の評価)
ピカ☆ンチの5人の表情が文だけなのにいきいきと出ていて、映画に行ってないのに、行った様なそんな気分がしますo(^_^)oそれと、最後の
河原さんのあとがきがサイコーです!謙遜しているけれどどこか自慢しているような、そんな文庫版ピカ☆ンチのメイキングが笑えます。
つまりまとめると、河原さんは天才!と言うことです☆
でも、映画の内容と少し合っていなかったのが残念です↓


Cut (カット) 2008年 07月号 [雑誌]

(購入者の評価)
嵐・櫻井翔くんの記事についてレビューします。
今回、本誌Cutにおける櫻井くんの特集ページ数は12ページです。
そのうち、グラビア写真が8ページで全てがカラーで各ショットに櫻井くんが写っています。
残り、4ページにインタビューとつづいています。

特集内容は、「ニュース番組のキャスターとしての顔,役者としての顔,教養番組での司会の顔,
ラップのリリックを生み出す顔,このような多様なジャンルをあくまでアイドルという基盤の上で行
っている櫻井翔とは一体どのようなものなのか?」というものです。
グラビア写真も、多数の顔を持つ櫻井くんの顔を探るように様々なアングルで撮られたカットにな
っています。

インタビュー内容は、来春公開予定の『ヤッターマン』にはじまり、キャスター業の話に展開され
ています。中でも、キャスター業では、キャスターをはじめるきっかけとなった出来事を話してくれ
ています。インタビューの展開の仕方も、普段、キャスター業でインタビューすることも多い櫻井く
んならではで、インタビュアーさんが聞きたいことを明確に答えてくれています。

今回のインタビューで興味深いのは、今の世間に対する嵐の見え方,嵐が自分にとってどのような
存在なのか、ということを彼の明確な言葉で語られているところです。

「周りが変わっていけばいくほど、俺らが変わらないことの重要性が大きくなってくるかなあとは思う。
これで変わちゃったら、俺らである意味がないから。一気に世間の目が向いてきたわけじゃなくて、
チラ見してた人たちが、だんだんちゃんと見てくれるようになったと思うから、その目線を逃さないため
には、ブレないことかなあと思いますね」

文中の彼の言葉を抜粋しましたが、他にも「トップになりたい」ということを、彼なりの定義でインタビュー
に答えてくれています。「僕じゃないとできないこと」を信じてやっていきたい、それが今の嵐のメンバー
それぞれのやっていることであり、それは嵐というアイドルグループにも繋がっているんだ、ということが
ここではテキストとして読めることができます。

櫻井くんのファンの方、公開予定の映画を観ようと思っている方、少しでも興味がある方はとても楽しく
読めると思います。オススメします!


acteur(アクチュール) No.3 (2006 NOVEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

企業文化のe改革―進化するネットビジネス型組織 (Harvard business school press)

(購入者の評価)
この本は、インターネット企業やワナドット企業がどのような組織を作れば成功するのかを説いた本である。

多くの企業の成功例と失敗例からなるケーススタディーをふんだんに使いながら説明がされていて具体的に理解しやすいようになっている。 
要点はインターネットの中で企業がコミュニティー(企業の内外共に)を創らざるを得なくなるようになると、従来の官僚的、階級的な組織では企業内に違った文化ができ、企業内の文化的統合が出来なくなり、企業が一つになれなくなるのだと言う。
別の言い方をすれば、インターネット上で出来るコミュニティーは、階級や官僚ができない文化を形成するので、インターネットにより企業の内外にコミュニティーを形成する場合は、インターネット主導の文化を企業全体が構築する努力をしていかなければ、非効率的な事しか出来ない企業になってしまうとのことである。

今盛んに組織改革などと言われているが、インターネットを会社内の伝達システムとして導入しながら、この本に書いてあることをこなしていけば一石二鳥で効率的な競争力のある組織文化を形成できると感じた。

本の内容は、インターネット文化の重要性と競争力の優位点を説明するだけでなく、如何にドットコムビジネスが業界のメインストリームに行くかということが、目的を中心として即興劇をしながらオフラインとオンラインのコミュニケーションの駆使によることであるといった内容として書かれてある。 また、今の若者を如何に引きとめコミットメントを高めるかという内容についても具体的にケースを説明しながら述べている。 特にコミットメントについての洞察は深い内容があり、考えさせられる。

また最終的には変革を成功させるためには、リーダーがどのように組織文化を変えなくてはいけないかという具体的な方法論も述べてありこれに対するケースも具体的で説得力がある。

一見、本の内容や題名だけを見てしまうとインターネット関連系の会社以外には必要ない本のように見えるが、日本のすべての企業が読むに値する本である。IBMやGEなどの強力な企業を創りたいならばこの本に書いてある内容は避けては通れないと思う。

日本企業も本書にあるインターネットコミュニティーの可能性を導入しながら、高橋俊介氏が語るような組織改革をなせば最先端の企業文化組織を一石二鳥で形成できると感じさせられた本であった。

ネットワークアドベンチャーへ、出かけよう (はじめて学ぶ人のための標準ネットワーク講座 (基礎編))

(購入者の評価)
ネットワーク技術者になって10数年。
ネットワークの基礎の本というと、プロトコルはOSIの7階層、アドレスは××、パケットは、、、という説明ばかりだった。(それはそれで良いのだが)
結局今から思い出せば基礎は遠回りして習得した感がある。その頃にこの本と出合いたかったものだ。
初心者の勉強用、あるいは読み物としても面白い。お勧め。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4