真田広之

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 
真田広之 おすすめDVD 真田広之 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第弐集

香港電影最強大全:李小龍 LEGEND OF DRAGON DVD-BOX

(購入者の評価)
ディスク枚数7で
6作品+ドキュメンタリーDVDということは
たぶん「燃えよドラゴン」はスペシャルエディションじゃない・・・

日本語吹替や2枚目に入ってた「ドラゴンと呼ばれた男」(87分)「A Warrior's Journey」(100分)がみんな入らないのでは、ちょっとやる気を感じないなぁ・・・


影の軍団II COMPLETE DVD 壱巻【初回生産限定】

NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第壱集

(購入者の評価)
待望の完全版。歴代大河ドラマの中でも抜群の面白さである。
鎌倉中期から戦国初期にかけては、映像作品で取り上げられることはほとんど無い。その意味でだけでも、このドラマと「花の乱」・「北条時宗」の3作品は評価されてしかるべきだが、特にこの「太平記」は純粋にドラマとして出色の出来。
まず霜月騒動から語り始め、そこから高氏の父・貞氏の苦衷へとつなげることで、舞台背景である歴史への理解と、足利家を中心とするドラマの展開を無理なく両立させ、足利高氏が主人公として舞台に立つ下地を実に自然に作り上げている。しかも、テンポが良い。第1回が75分の拡大版とはいえ、見る側を飽きさせないまま高氏の青年期までもっていってしまう。
そして出演者が凄い。得宗・高時を怪演した片岡鶴太郎、惚れ惚れする悪役ぶりの内管領・長崎円喜は故・フランキー堺、沈毅・温厚・峻厳と人格に厚みのある父・貞氏を演じた緒形拳、吉川英治が描いた「人間楠木」を演じるのは武田鉄矢、そして威風ある後醍醐帝を片岡仁左衛門。ほかにも出るわ出るわの豪華キャスト。
総集編で見たときの藤夜叉と石には首を傾げたが、やはり一話ずつ見ていくと納得できたのでこれも良し。
書きたい事は山ほどあるが、とにかく秀逸なドラマということ。
最後に、テーマ曲も名曲。見事に「テーマ」曲である


カムイの剣

(購入者の評価)
この映画を見て、忍者に対する印象が全く違うものになりました。
忍者の動きのスピード感、くの一お雪の美しい術、その他、とにかくカッコいいです。
竜童組の音楽の躍動感がこれ以上ないくらい映像と融合しています。

演出の面でも工夫が凝らされていて古さを感じさせません。
例えば最近の映画やアニメではもう当たり前のようになってますが、
何かのインパクトの瞬間によく超スローモーションになったりしますが、
このカムイの剣でも既にやってたりします。

全体的に五感に訴えかけてくる映像で、観客に魅せると言う事を、
常に意識して作られていると言う気がします。

また重厚なストーリーも楽しませてくれます。小説も一気に最後まで読めてしまいました。


ラッシュアワー3 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
ジャッキーも五十を超えるご年齢・・。だけどバリバリの現役。
ジャッキー映画はアクションあり、笑いありと飽きさせない作りで楽しませてくれる。
テンポよくストーリーが進むので、飽きずに最後まで観てしまいました。
ただ今回の映画を観て思ったのが、全体的にアクションが少なくなったかなとゆう印象を受けました。
特にジャッキー絡みの格闘アクションが全体的に少ないと思いました。
相棒のカーターが珍しく一人でジャッキー並みのアクションで敵を倒していたが、ジャッキーの派手なアクションは余り見受けられなかった。
やはり年には勝てないのか・・?
また今回ボリュームが少なく、一時間半もない内容でした。
個人的には文句無しの五つ星ですが、欲いえばもう少し長くてもよかったかな・・。
だがお約束のエンディングNG集もあるし、十分腹一杯になる内容だったと思います。
アクションありで笑いも取れるジャッキーはやはり偉大な人だと思う。


忍者武芸帖 百地三太夫

(購入者の評価)
真田広之さん主演のアクション時代劇映画です。千葉真一さん、志穂見悦子さんも出演されていて真田広之さんを語るには代表的な映画です。アクション監督も兼任されている千葉真一さんも、真田広之さんの魅力を最大限発揮させていてデビュー作とは思えないアクション映画になっています。

吼えろ鉄拳

(購入者の評価)
私、大の真田広之さんの大ファンです。ビデオでこの映画が見た時は日本のアクション映画もレベルが高くなったと痛感しました。今では真田広之さんを越える役者は出ないです。ビデオは今では、なかなか手に入らないので、DVDで欲しいと思っていました感激です。

冒険者カミカゼ

(購入者の評価)
としみじみ…この頃の真田クン千葉サンはバリバリでした!スクリーン狭しと動きコンビネーションにファンは酔い…秋吉サンが2人の間で可愛く魅力的なキャラで皆さん楽しそうに演じてるなぁと思いました。当時学生の私が真田クンのパンツ丸見えシーンにかなりショックを受けたのもかわいい思い出…!?主題歌も歌ってましたね。JAC時代の作品好きです。今見るとまだダイヤの原石のよう真田クンのハニカんだ笑顔が好きでしたねぇ?やっとDVDで見れるんですね?!東映サンありがと?!

ラスト サムライ

陰陽師

(購入者の評価)
 真田広之の演技が圧巻であった。
主役の野村萬斎はかんぜんに位負け。
存在感で真田広之と互する実力のある役者を主役に迎えて
いたら、名作になっていたんだろうなこの作品。

 Lを演じた松山ケンイチとかね。

 それにしても、博雅。
清明とセットで京の守り役という設定になっている割りに、
影薄いなあ(^^;


たそがれ清兵衛

魔界転生

(購入者の評価)
妖艶な魅力を持つ佳那晃子演じるガラシャ夫人。彼女の往事のフェロモン分泌量はすごい。あの魅力は、はっきり言ってどのような男も虜になるはず。下手なアダルトよりも興奮すること間違いなし。JJサニー千葉(監督名 和千倉倫道)も柳生十兵衛役がはまり、すでに役者が実物を超えた好例と言えよう。

ヴェニスの商人

(購入者の評価)
上記のお二方は、舞台上級者のレビューで正直引け目を感じましたが、初心者の意見も必要かと…
藤原竜也さんの3人の演じ分けはすばらしかったです。本当に彼は舞台の申し子だと思います。そして他の出演者の方々の表現力にも圧倒され、引き込まれていきました。
私は寺島しのぶさんの声の美しさに驚きました。西岡さんと市村さんはいうまでもありません。
この作品は喜劇だといわれていますがシャイロックの立場を考えるとよくわからなくなります。インタビューにもありましたがそれぞれの立場に立って舞台を見るとまた違った味わいがあって何度でも見ることができます。
ただひとつ、何故あんなにもツバを吐くシーンがあるのでしょうか?戯曲もちゃんと読み込んでいないので、時代背景とかあるんでしょうが、わかりません。


高校教師 DVD BOX

(購入者の評価)
いわずと知れた不滅の傑作ドラマ。第1話で赴任先の女教師から「やっぱり若い子のほうが?」との問いに「普通かなあ・・」答える羽村は「平凡」こそが理想という新任教師。そんな羽村を第3話で二宮耕介は「普通とは何だ!」と激怒する。だが、耕介が電話のモジュラーケーブルを引き抜けば、終盤では羽村もケーブルを抜く。 ”平凡”を好んだ羽村と”普通”を忌み嫌う耕介が結局は同じ位置に立つ人間であるという事実を生々しく描いていく。”モラル”や”普通”を出発点としてそれらとは正反対ともいうべき、教師と生徒の関係や近親相姦はもちろんのこと、不倫や同性愛、教育実習生が教師に恋をするシナリオも加わり、これら禁断的要素が巧みに絡み合いながら、その中で次第に浮き彫りになっていく「本当の自分」。回を重ねるごとに段階的に増強していく緊迫感と切なさは特筆すべき素晴らしさである。細かい部分まで実に丁寧に作り込まれており、あちこちに配置されたちょっとした台詞の中に謎を少しずつ明らかにする手法をごく自然な流れの中で確立できている点は驚嘆に値する。例えば「お父さんも死んじゃった」→「あのヒトには会って欲しくないの」→「お父さんじゃなくなった」などの綿密に計算された台詞の変化などがそれ。映像表現の巧みさも素晴らしく、特にメラメラと燃える「炎」を人間の感情や心の中(時には屈折した心の闇)の表現手段として扱っており、弁当の中身を捨てた焼却炉の炎、写真を燃やす炎、ろうそくの炎、二宮親子の別れの炎、新庄親子の再会のときの炎は印象的に提示されている。また、随所に登場する繭をモデルにした絵が映し出されるタイミングの秀逸さ、撮影したテープの存在で脅されて呆然となった相沢の顔のバックにザーっと何も映っていないテレビの画面を重ねるシーンも抜群。主要人物の俳優たちには台詞を最小限にとどめ、続きを表情やしぐさのみで補うという正統的な演じ方の指導が徹底されているようだが、各自がそれを完璧にこなしており、それぞれが役柄にハマっていて見事な仕上がり。特に第9話の追試が終わってから例の事を釈明する桜井幸子の演技はスバ抜けていて恐ろしいほどの説得力を持つ。 ただ、こんな稀に見る傑作にも小さいことだが残念な点が二つある。一つは第2話の繭がタバコを吸う場面で、周囲の人のけげんそうな反応は演出的にはわざとらしく大げさ過ぎる。それから第10話のBGM。別に中村あゆみに恨みはないが、やはりカラオケで歌った曲がそのままBGMに発展するのは安直。 最終話の「仰げば尊し」以外は全編を森田童子で貫いて欲しかった。この二点は個人的な意見であり、一般的な本編の価値を少しも損なうものではない。あくまで”欲を言えば”の話である。

ラスト サムライ

里見八犬伝

眠らない街 新宿鮫

(購入者の評価)
真田広之、走る! 走る!
しかし田中美奈子は脱がない。
おまけになんだ、その色気のない下着は、それでもロッカーか!
今見ると出てくるケータイ電話に笑えます。


燃える勇者

(購入者の評価)
…と当時真田サンと勝野サンはCMで共演してましたね!中国、アメリカときて今回はアフリカからやってきた主人公真田サン。突然ダンスしちゃうとかツッコミたいシーンもあるけれど当時は違和感なく見てましたね!?相手役オーデションで選ばれた伊藤かずえチャンが羨ましいかったなぁ…黒崎輝サンはギター片手の流しで、もんたサンが歌ったり、悪役ネジネジ中尾サンが脂ぎってて富三郎サンはトラックドライバー…なんか東映って感じのノリとアイドルしていた真田サンも懐かしい作品です!

サンシャイン2057

(購入者の評価)
活力を失った太陽の光を取り戻すために選ばれた8人が、太陽に核爆弾を投下しに行く話。映画のほとんどは宇宙船の中を舞台にしている。よくあるパターンだが、使命は簡単には達成できず、次々と人が死んでゆく。残った乗組員も人類のために自分の命を犠牲にするという決断を迫られる。

そういうSFの王道的なストーリーに乗せてサスペンス的な物語が展開される。直接目に見える映像よりも、乗組員一人一人の心の動きを描きたかったようだ。乗組員は全員常に緊張しているわけだが、その緊張の糸を引っ張って引っ張ったり緩めたり、そのままぶちきってしまったりということを繰り返し、観客を徐々に衝撃のラストへと導く。

途中、太陽の光に焼け焦げた7年前のプロジェクトの生き残りがモンスターのように姿を現し、乗組員たちを窮地に陥れるが、このあたり一般受けを狙って失敗した脚本家の不器用さが出ているようで面白い。軽く楽しめればいいかなと思って手に取ったこの映画の脚本を書いているのは『The Beach』のアレックス・ガーランド。ザ・ビーチも映画としてはこけたようだが、原作の心理描写は肌に絡み付いてくるようにすばらしいのでお勧め。ちなみに監督は『トレイン・スポッティング』のダニー・ボイル。

似た映画として思いつくのはヴィンセント・ギャロ主演の『ストランデッド』。ストランデッドもサンシャイン2057も一般受けはしないと思うし、微妙に完成度が高いというわけではないのだけれど、なぜか嫌いになれない映画だ。


>> つづきをみる

ACTORS STYLE Winter 2006 (2006) (Bamboo Mook)

(購入者の評価)
真田広之が好きならこれは絶対におススメの一冊です。
まず写真がいい!カッコいい真田さんと可愛い真田さんと憂いの真田さんが少年の瞳で混在してます。
はっきり言って鼻血ものです。
そしていろんなところで語り継がれている有名真田エピソードを自ら語っておられます。なかなか読み応えも見応えもある一冊。
そしてフィルモグラフィーの丁寧さには愛を感じます。
さぁ、真田マニアなら必ず一冊持っておこう!


ロォム―真田広之写真集

(購入者の評価)
若い真田サマ…。ほわんとした真田サマ…。お髭の真田サマ…。眼鏡の真田サマ…。美女と真田サマ…。
堪能させていただきました。
でも、今のほうが好きだけど。
懐かしくもどこか新鮮でした。


a man―真田広之写真集

真田広之凛々たる遊戯―愛蔵版写真集 (1983年)

ラストサムライ [ポスター]

商品は、すべてメーカーからの直送になります。ポスターは丸めて、専用の筒に入れて発送されます。また、ポスターを入れる額を別途販売しておりますが、お客様ご自身で額に入れる場合は、商品ごとに推奨の額のサイズを記載しています(WG、FSなど)ので、必ずそのサイズの額をお求め下さいますようお願い致します。額に入れた状態でのお届けをご希望の方は、メーカーでの手作業となります都合上ご注文から発送まで1週間ほどお時間をいただきます旨ご了承下さい。

PROMISE (SB文庫)

(購入者の評価)
映画が好きなので買ったのですが…買わなくても良かったような…。
後半の一部に映画とは違う部分が入っているんですが、だからといってそれがあるからラストが違うというわけでもなく…その部分がとても長いわけでもなく…。
むしろそれを入れるよりも全編に渡って、もう少しゆとりのある書き方をした方が良いのではと思います。
特にアクションシーンなどはあっさり過ぎて映画で見た鮮やかさは全く感じられません。
心情の掘り下げもなく、映画以上の何かを欲しいと思って買う方は止めた方が良いかも…。
基本的に昆崙と傾城の恋として描かれているので、他の人物は何か今いちな描かれ方な気がします。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4