佐野史郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 
佐野史郎 おすすめDVD 佐野史郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
チーム・バチスタの栄光

(購入者の評価)
小説を読んでから観ましたが、エンターテイメントとしては概ね良くできていると思います。
「探偵ガリレオ」の映像化に際して「草薙」を女性にしたのと同様、本作でも「田口」を女性にしていますが、この当りの手法は集客という点からも許容できる範囲だと思います。

竹内さん、阿部さんはじめ俳優さんは、皆さん安心して観ていられます。特に、阿部さん演じる「白鳥」は、原作ではキャラの個性が強すぎて好みが分かれるところかと思いますが、映画では無難なところに落ち着いているかと思います。

原作の小説を読まずに、先入観なく本作を観れば、エンターテイメントとしては合格ではないでしょうか?
ただ、本作の本当のテーマは、医療現場において解剖がそれほどなされているわけではない。
そして、解剖ができないために本当の死因が解明できない場合も多々ある。そこで、オートプシー・イメージングという技術を取り入れることを一つの方法として提示しているところにあります。

この当りのテーマが、映画では若干弱くなっていたように思います。


完全なる飼育 赤い殺意

(購入者の評価)
佐野史郎さんの迫真の演技・伊東美華さんの体当たり演技が最高でした!
伊東さんが陰毛を剃られて、股間にシッカロールを付けられるシーンといい
全裸で歩き回るシーンといい、よく局部が見えなかったと思いました。
当然、見せないようにしているのですが、興奮しましたよ。


太陽

(購入者の評価)
日本人でない脚本家であり監督であったから撮り得た作品であるとの思いを強く持ちました。終戦直前の、複雑といった安直な言葉では片付けられない状況と、その渦中にあった昭和天皇の姿を描き、という要約が意味を為さない、切迫した気持ちにさせられました。イッセイ尾形の昭和天皇は、いろいろ考えた挙句の結果なのでしょうが、様々な絵の具を混ぜ合わせても結局は黒になるのと同じような、ある意味澄んだ演技であったように思います。ただ、個人的な感想かもしれませんが、ここで見られる昭和天皇の、たとえば仕草なんかは、多くの人に馴染みのある晩年のものであって、終戦時の古いフィルムのなかでの姿とすこし違っているように思いました。

容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
やっぱり、室井がこんなに苦しんでいるときに、青島が出てこないのに無理を感じます。セリフは出てきますが。やっぱり織田さんと柳葉さん、仲悪いのねぇ?って現実に戻ってしまう。。。交渉人?やテレビドラマの方は青島出演なしで無理のない脚本だっただけに、踊るシリーズ一番の不作だと思います。でも八嶋さんなど、脇のキャストは最高!

ペルソナ

(購入者の評価)
萩原聖人、鈴木沙羽、佐野史郎ら演技達者な人を揃えたわりに、脚本、演出が凡庸でイマイチぱっとしない。アクションシーンも前半に少しとクライマックスシーンだけで、物足りない。
中盤逃げ込んだ病院で襲撃されるシーンはアクションの見せ場の一つになりうるのに、室内で格闘してる音だけでカメラは外からドアを映してるというお粗末さ。
山崎真実の新体操で鍛えた肉体を活かしたアクションが売りなのだから、どうせならジージャ・ヤーニンのチョコレートばりに全編アクションの連続!みたいな映画にしてほしかった。
今後に期待という意味で☆4つ。



ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃

(購入者の評価)
個人的にはゴジラは白目じゃなかった方がよかったかな・・とか。
設定的にモスラは無理があったんじゃなかったかな・・とか。
実際は違う怪獣の組み合わせプランもあったらしいんだけど、
それによれば、モスラ→バランだったら・・・湖という設定も納得がいくし
あと、キングギドラでなくてアンギラスだったという話も・・・。
日本を守る護国三聖獣、バラゴン・バラン・アンギラス、これも悪くない。
でも、ギドラ=千年竜王ってのもかっこいいですよ。
いずれにしても金子監督!よくやってくれました。
ゴジラが日本を襲う理由ってのがすごいし、実際ゴジラ怖いです。
怪獣が怪獣たらんと、たとえ日本を守る守護獣だったとしても
大義の前には人間のいくらかなんぞは簡単に死に至らしめてしまうし
けっこう残酷なんです。でも、やっぱ怪獣は怖くなくちゃあいけない。
オチとしてもなかなかってな出来映えだし、これはもうある意味
怪獣映画の金字塔。重たいテーマだけどエンターティメントとしても
よく出来てるし、日本って国を考えるうえでもよい映画です。お薦め!




容疑者 室井慎次

(購入者の評価)
本作は「踊る大捜査線」の延長線上にあることは間違いがない。しかし「交渉人」のような親作品への高い依頼度やTV感がなく、これ単独で観ても十分面白い佳作となっている。本作を映画たらしめているのは、柳葉敏郎と田中麗奈の演技力が大きい。脇の筧利夫や哀川翔も含めて、舞台や映画に軸足を置いている役者たちはやはり一味も二味も違う。「静」の柳葉、「動」の田中の芝居は映画に真実味を持たせた。田中麗奈はそのイメージは崩さないままで、様々な役柄が板につくようになった。これからも楽しみな女優である。そんな中、木内晶子はいろいろな意味でミスキャストだった。ここが締まればもっと良くなっていたのに、と思う。セリフでしか感情表現ができない俳優は、あのキーとなる役にはつらいだろう。木内も雰囲気は悪くないが、もう少し進化しないとホラー映画専門になってしまう。本作は警察対警視の局面が核となるが、実はデジタル対アナログっぽい感じが観客をそそるのだと思う。映画俳優はどこかアナログっぽい。対してTVを軸に出演している俳優たちはデジタルっぽいのだ。君塚監督もこのあたりを意識してのキャスティングだったのだろう。何となく本欄の評価が低めだが、エンターテインメントとしては一級である。

世にも奇妙な物語~15周年の特別編~

(購入者の評価)
2006年3月に放映された「世にも奇妙な物語 15周年の特別編」。タモリの係わる番組はどれもとても長寿だ。それはやはり他の番組にないなにものかを常に持っているという証明でもある。

実際に作品を観ると、日本の若手放送作家には力がある人がたくさんいるな、と感じる。主たる4編はどれもいい。俳優もカメラ・ワークもいい。優れた脚本の持つスピード感を保ったままでイイ味出してる。僕も特に『奥さん屋』が良かった。いつまでも長寿を保って続けて欲しいシリーズです。


あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-デラックス版

(購入者の評価)
正面から映ったときにそう思いました。
ストーリーなんてあってないようなものだけど、鑑賞後胸の中にぬくもりが生まれます。


あゝ! 一軒家プロレス

(購入者の評価)
 実に奇怪な映画ですが、実に面白いです。プロレスラーがたくさん出てきて、アクションをきちんとやっているのが偉いです。さすがの迫力です。その中にあって、ソニンが負けていないのが凄いです。体をちゃんと作っているし、動きもなかなかで、惚れてしまいます。また佐野史郎がアクションに負けない怪演をやっていて、これもさすがだと思いました。こんなテレビのディレクター、本当にいそうです。その佐野史郎のおかげで橋本の奥さんが奇病にかかるのですが、これは「フリークス」で女が人魚に改造されるラストを意識しているのでしょう。突然亡くなってしまった橋本はプロレスラーとしては不器用でしたが、この映画ではいい演技をしていると思います。

劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇

(購入者の評価)
 時空を超える力をもつポケモン・森の守り神「セレビィ」の捕獲を狙う、史上最強の悪役・ビシャスと、セレビィの時空渡りに巻き込まれたユキナリ&主人公・サトシのセレビィを守ろうとする戦いを描いた作品。

 基本は勧善懲悪。そこに今回は自然というものの大切さ、偉大さを、セレビィ、スイクンというゲスト・ポケモンを用いる事で表現しているように思われる。自然を大切に!という主題にありがちな、少々あざとい展開もあるけれど、話としては上手くまとまっていて、純な気持ちで見ていれば、必ずホロリとさせられる。
 戦闘シーンなども、必要以上に殺伐とした雰囲気にはせず、その辺の子供の正義感を上手く転化しているような印象。

 時空を超えた話というと、自然と話が込み入って、訳が分からなくなる傾向があるのだが、そこはそれ、我が国には「ドラえもん」という偉大な先人が存在して、時間旅行というものを非常に身近に、そして普通のものとして語ってしまう素地を作ってくれているので、時空を超えるという話にも、違和感を覚えずに済む。
 故に、エンドロールにて語られる後日談が、やっぱり、自然と胸に来る。

 また、子供向け作品としては勿体無い程の書き込み、画の奥行き、意図的に使われているCGなどが素晴らしい。特にセレビィが、悪に洗脳された時に作り出した巨人のCG画が白眉。まるで実写の木片や枯草を掻き集めたかのような CG で、見ていて感心してしまった。
 背景画からは完全に遊離していたが、しかし、その CG 巨人の存在理由を考えると、却って背景から遊離していて良かったのではないか、と思えるほど。

 音響に関しては、5.1chと2.0chの違いにビックリ。
 5.1chの方が音の広がり、鮮明感、台詞と SE の音量差などが明確。
 個人的には、2.0chでの視聴環境しかない方でも、敢えて5.1chでの視聴をお薦めしたい。


綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(3) 安楽椅子探偵の聖夜〜消えたテディ・ベアの謎〜

(購入者の評価)
初の(そして今のところ最後の)全国放送ということで、キャストはいつもより豪華。その豪華キャストが、あの解決編をやるわけで。相変わらず快調な解決編、絶品です。
脚本の戸田山雅司氏は、ほんと、エンタメ職人ですなあ。


ずっとあなたが好きだった DVD-BOX

(購入者の評価)
懐かしいドラマです。流行語にまでなった「冬彦さん」役の佐野さんの演技は確かに秀逸でしたが、
いま思えば、賀来千香子演じる美和の演技も良かったからこそのドラマだと思います。
モデル出身の彼女が素敵な女優として今も活躍しているので嬉しいです。
個人的には当時バラ色(!?)な新婚主婦だったので、
「こんなのありえな?い」とバラエティ感覚で見てた気がしますが、
今となっては、演出はバラエティではあっても、結婚生活の本質的な死角や盲点をついてて、
さすが君塚さんの脚本ですよね..。
息子をもつ母親になった今、彼が冬彦であってほしくないとは思いつつ…。
そして今、初恋の人ともし再会したら…!?


Yoshi原作『翼の折れた天使たちII』最終夜 商品

沙粧妙子〜最後の事件〜第1巻

(購入者の評価)
当時、ジュディフォスター主演の「羊たちの沈黙」のヒットから”プロファイリング”を扱った”サイコ・サスペンス”が多数作られましたが、本作は、それらの日本で最初のドラマだったと思います。
現在はその猟奇的な内容から封印されているのかもしれませんが、浅野温子の迫真の演技と、良く出来た脚本による、その先の読めない凝った展開が、印象的でした。

また、共演の柳葉敏郎、佐野史郎、飯島直子、黒谷友香、ゲストの広末良子、香取慎吾、国生さゆり、まだ無名だった頃の反町隆史、神田うの、などの出演者も多彩で興味深いです。

また作品において、音楽も重要な要素で、毎回、強烈なインパクトのオープニング曲、音楽は、岩城太郎氏。
エンディング「レディ・ラック」は、あのロッドスチュワート!TVでは本人の映像も少し流れますが、毎回ドラマ終盤であの印象的なイントロがかかるのがカッコいい。
そのうえ挿入歌には、マドンナの「ラ・イスラ・ボニータ」を使用するというなんという豪華さ。
非常に内容の濃い、凝った作品でした。


太陽 (レンタル専用版)

アタゴオルは猫の森 DVD

(購入者の評価)
原作のファンということもあり、かなりガッカリしました。
登場人物や設定が大幅に変更されていたことはさておき、何より、原作の持つ魅力的な雰囲気が少しも伝わってこなかったことが、最大の問題点だと思います。

主人公ヒデヨシの太陽のような力強い明るさ、住人達のあっけらかんとした気楽さ、彼らを取巻く世界の神秘と静けさ、そして、時折見える作者のウィットに富んだユーモア・・・原作にある魅力は挙げればキリがありませんが、映画ではそれらがすべて安っぽいものに置き換えられていると感じました。

原作を知らない人にとっても、物語の展開が唐突過ぎ、登場人物やアイテムの位置付けも分かりづらかったため、ついていくのに苦労したのではないかと思われます。

背景は美しかったので、フルCGにしたこと自体を問題だとは思いませんが、猫や人の動きがぎこちなく、質感もテラテラしており、違和感を感じました。また、歌の場面で流れる、本編に対して長すぎる映像も、何かの比喩のように見せておきながら、全く意図がつかめません。

同じくますむら氏が原作の映画、猫の「銀河鉄道の夜」が素晴らしかったこともあり、「アタゴオル」も、もっと力のあるスタッフに制作して欲しかった・・・と、原作のファンとしては残念でなりません。


君といた未来のために VOL.1

(購入者の評価)
DVD化されていないとは…。

ストーリーもよく練られていて、
訴えてくるものもあって、
秀作です。


帝都物語

(購入者の評価)
「映像化は不可能」とまで云われた、日本エンタテイメント史上に金字塔を打ち立てた大河小説の映画化作品。
高校生くらいの時にTV(だったと思う)で観て、そのサイキックな戦いにしびれ、後に歴史的背景や、呪術的なるものの知識を若干(ホントに若干)仕入れ、そして原作を読んで、更に惚れ直してしまった傑作です。
但し。
一本の映画としてはこれ、どうにもよく解らない部分が多い点は、正直否めないところで。
何しろ大河小説なわけで、その内容を、ま、前半部分とは云え、ひとつの映画作品にブチ込んだ結果、矢鱈と急ぎ足な展開になってしまった感はちょっと拭い難いのでして。
いきなり何年も飛んでたりしますし。
でも、映画作品として多少不首尾な点を差っ引いても、この作品の果たした功績は広大この上ないのです(勿論原作も)。
陰陽師やら安倍清明やらのブームも、元を辿ればここに行き着くような気がします。
で。
真に愉しみたい方は、原作を先に読んどくのも、この作品に関してはアリかな、と云うのが感想でした。
あ、こんな人出てたんだ!なんて云う発見も。


天使の牙 B.T.A

(購入者の評価)
原作を知っている人、また原作者の大沢在昌を好きな人は見ない方がいいです。私は見て後悔しました。ほかのレビューにもある通り、似た設定の別物です。別と考えても映画としてつまらない。テンポは悪いしキャラクターも魅力がない。暗くてつまらないです。出演者が好きで見たい、というのでなければ見る必要のない駄作です。ちなみに本は☆☆☆☆☆です。

>> つづきをみる

Re:S vol.8 のこしていきたい

prints (プリンツ) 21 2008年夏号 特集・四谷シモン [雑誌]

(購入者の評価)
四谷シモンが特集。その他コスプレ記事が散散と。ただし裏表紙の鎌田醤油の宣伝はシュールすぎる。

怪奇俳優の演技手帖 (岩波アクティブ新書)

SIP/UPnP情報家電プロトコル

(購入者の評価)
Wi-Fiの新しいセキュリティ設定プロトコルやDLNAなど家電よりのプロトコルにはUPnPが使われています。
UPnPをタイトルに含む本は現在この本しかありませんでした。
会社で購入するのであれば、一冊あってもいいのでは?


水木しげる80の秘密 (怪BOOKS)

クトゥルー怪異録―極東邪神ホラー傑作集 (学研ホラーノベルズ)

こんなところで僕は何をしてるんだろう

ふたりだけの秘密―あるいは、自転車・写真機・警報器

クトゥルー怪異録 (学研M文庫)

(購入者の評価)
 1994年に出た単行本の文庫化。
 1992年にTBSで放送されたテレビドラマ『インスマスを覆う陰』に触発されてつくられたアンソロジー。ドラマに主演した佐野史郎、脚本家の小中千昭が作品を書き下ろしたほか、高木彬光、菊地秀行、山田正紀らの作品が発掘・採録されている。なかでも高木彬光「邪教の神」は神津恭介ものの一篇だが、1956年という早い時期に書かれており、日本のクトゥルー神話の最初期のもの。
 それぞれ、本物っぽさを再現しつつ、独自色を出そうという心意気が感じられて面白い。「遊び」としての余裕がある。
 すべての作品が日本を舞台にしている。日本の風土はクトゥルー神話に良く馴染む。


ラヴクラフト・シンドローム―ラヴクラフトを語る佐野史郎 史上最強のラヴクラフト&クトゥルー読本 (別冊幻想文学)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4