ささきいさお

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
ささきいさお おすすめDVD ささきいさお おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
新造人間キャシャーン COMPLETE DVD-BOX ~ALL EPISODES OF CASSHERN~

スーパー戦隊“魂”2004 LIVE DVD

(購入者の評価)
スーパー戦隊のテーマ曲を歌った歌手のみなさんが16組出演されます。
出演は、ささきいさお、堀江美都子、Mojo、串田アキラ、宮内タカユキ、影山ヒロノブ、北原拓、佐藤健太、NEWJACK拓郎、石原慎一、佐々木久美、山形ユキオ、Salia、高取ヒデアキ、遠藤正明、サイキックラバーです。
MCはカットされている部分もある感じですが、残っているところはいずれも面白いです。(ライブへ行けなかった人が見てもライブの感じがわかると思います。)
曲数は30+1曲、一度に最後まで聞くとかなり聞きこたえがあります。
感想はとにかく熱い!あと、一年に一曲しか使われないだけあって、いずれもキラッと光る歌ばかりです。私のお気に入りの一枚です。


無常

(購入者の評価)
背徳的エロスの生み出す秩序破壊作用は創造性と表裏一体の関係にある。涅槃は単なる無に過ぎず、そこには快楽も安寧も存在しはしない。死せる後一切は無である。そこに宗教が根源的に持つ欺瞞を見出した主人公は、妹と背徳的関係を結ぶことにより、一切の秩序・境界線を超越する。私は、この主人公に圧倒的な共感を覚える。これほどまでに斬新な映像が30年も前に作られたとは驚きだ。これは何らかの形でリメイクして欲しい。

科学忍者隊ガッチャマンII DVD-BOX1<完全限定フィギュア同梱版>

(購入者の評価)
前作で生死不明となったジョーが還ってくる。最初の数話は不在のまま話は進み、なかなか引っ張るなぁ(笑い)と思える展開だが、やっぱり登場シーンには素直に感動し涙する自分がちょっとかわいい・・ハハハ・・このセットには26話までが収められており、前シリーズよりもメンバー個々が描かれている。特にジュンはケンの後ろにいるよりも積極的に自ら活動しイキイキとしており、活躍の場面も多い。でもケンとの関係はあっさりとしていて、2ショットは少ないかな?今回はメンバーの成長に重きを置いているようだ。得に身体に「ある秘密」を持つジョーが苦悩する姿は胸にくるものがある。余談ですがこの作品では挿入曲は交響曲ガッチャマンより引用されており、物語をよりドラマチックにしあげているのでそちらのほうでも楽しんでみては?サントラもでておりとても素晴らしいですよ(*^_^*)

太陽の墓場

劇場版 科学忍者隊 ガッチャマン

(購入者の評価)
オリジナルストーリーからの映像がほとんどですので、新鮮味は特にありません。導入部のタートルキング登場場面が新しいシーンなのでちょっと期待がふくらみましたが、それ以降はほとんどオリジナルフィルムをつなぎ合わせての仕上がりです。
タートルキングとの戦いで科学忍者隊の存在を紹介し、ホントワール国でのレッドインパルスとの出会いと別れがあり、そして地球のブラックホール化という総裁Xの最終計画を阻止すべくクロスカラコルムでの最後の激戦に突入してゆく、というのが大雑把な流れとなっています。
ガッチャマンのストーリーを全く知らない人が見たら、おそらくずいぶんとわかりづらい内容に映るかもしれませんが、逆にガッチャマンフリークの人には、オリジナル部分との違い(けっこう細かい部分が多い)を探す意外な楽しみがあると思います。
わざわざ買うほどの内容ではないのかもしれませんが、科学忍者隊を愛するがゆえに手に入れました。


怪奇十三夜 DVD-BOX

科学忍者隊ガッチャマン:ベストセレクションDVD-BOX

(購入者の評価)
 1972年10月?1974年9月まで放映され、大ヒットした、SFアクションアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」はその後も1978年10月?1980年8月までにかけて続編が放映されるなど、アニメ界に大きな影響与えた大作アニメだ。そして本作は72年から74年に放映された全105話からベスト18話を厳選し収録したDVD?BOXである。

 自分は本作は持っていないが、以前ばら売りで発売された、DVDを何本か持っているが、ガッチャマンをはじめて観るもにはまず本作を購入するのが最適だろうし、値段もそれなりに手ごろだ。そもそもガッチャマンの見所は画期的なメカと、観ているだけでテンションが高まるド迫力なアクションシーンで、個人的に言えば映画顔負けの痛快アクションアニメともいえるだろうし、ハードなアクション好きにはそれなりに満足できる内容だと思う。個人的には今まで見たガッチャマンのエピソードはどれとっても面白くて迫力があるものばかりで、テンションが高まるエピソードも多いこと踏まえて考えると、本作のようなベストエピソードだけを収録したDVDだと言うことを考えると、期待できる内容と言ってもいいだろうし、ばら売りしているDVDを度々購入する方がすごく面倒だろうし、ガッチャマンを観たことが無く、ガッチャマンに興味がある者はもちろんのこと、ガッチャマンのベストエピソードだけでも観たいという者はまずこれを購入することをお勧めする!


科学忍者隊ガッチャマン2 DVD-BOX2 <完全限定フィギュア同梱版>

(購入者の評価)
本放映当時あまりの『質』の×に驚いた記憶があります(特に『作画』)。
今、考えるとこの時期の『タツノコプロ』は創業者で屈指のクリエーター『吉田竜夫』の病死、優秀なスタッフの退社などでとても『続編』を製作できる状況ではなかったのです(でも、私は『吉田竜夫』さんが生きていたら『続編』ではなくきっと『新作』を製作されていたと思うのです)。
話は『ジョーの復活』と『パンドラ博士とゲルサドラの関係』が中心になってしまって『主人公;G1号:大鷲の健』の存在感が薄?いので(私の)評価はこれで精一杯です。


科学忍者隊ガッチャマン VOL.13

科学忍者隊ガッチャマン VOL.19

(購入者の評価)
「第71話/不死身の総裁x」「第72話/大群!ミニ鉄獣の襲来」「第73話/カッツェを追撃せよ!」「第74話/バードスタイルの秘密」の4作。72話と73話は単発ストーリーだが、あとの2作はのちのストーリー全体にじわじわと影響を与える大切な内容。押さえておきたい。
71話では初めて総裁Xが科学忍者隊の前に姿を現わす。同時に、窮地に陥っていたカッツェと雪男メカを煙のごとく忍者隊の前から消し去ってしまう。謎の残るエンディングだが、総裁Xという真の敵の存在を知った忍者隊の衝撃は計り知れない。
74話では、忍者隊の変身のメカニズムがギャラクターの手によって解析されてしまい、その事実は物語のクライマックスに近づくにつれ、どんどん重要性が増してゆく。何気ない単発ストーリーをまとまりよく仕上げたかのように見えて、実は大切な伏線が隠された重要度の高い作品。はずせない1話だ。
全105話をひとつの大きなストーリーととらえた時、このvol.19あたりからおもしろさが加速度的に上がってゆく。忍者隊ひとりひとりの性格もいよいよ鮮やかに描かれてゆく。期待して裏切られない。


科学忍者隊ガッチャマン VOL.17

(購入者の評価)
「第63話/皆殺しのメカ魔球」「第64話/死のクリスマスプレゼント」「第65話/合成鉄獣スーパー・ベム」「第66話/悪魔のファッションショー」の4作品。
いずれも、ガッチャマンのストーリー全体に影響したり、なんらかの伏線があったり、という作品ではなく、典型的なSFヒーローアニメの単発モノです。
もし、ガッチャマンのDVDをバラで買い集めようと思っているとすれば、後回しにしても構わない1枚です。ストーリーの内容も比較的子供向け。安心して見ていられますが、心騒ぐ内容ではありません。


科学忍者隊ガッチャマン VOL.9

科学忍者隊ガッチャマン COMPLETE DVD BOX

(購入者の評価)
最近全105話を見直す機会があり「これは購入せねば!」になってしまいました。
価格は充分『お買い得』ですし、中身も充分『見所満載』です。
1972?74年製作ですが『脚本』と『演出』、そして『作画』も、21世紀になった今でも「面白い」です。特に2年目に入ると『演出』と『作画』の『質』が更に良くなっています。
特に演出は『鳥海(総監督)』さん、アニメーターは『須田』『二宮』『湖川』さんの担当した作品はとても「素晴しい!!!」ですよ(私は『須田』さんの描いた『G1号』が一番「美しい」と思ってますが)。
おまけですが(ほぼ)このスタッフで『破裏拳ポリマー』と『宇宙の騎士テッカマン』を製作してます。



科学忍者隊ガッチャマン ベスト・セレクション(1)

科学忍者隊ガッチャマン VOL.26

(購入者の評価)
このDVDシリーズは27巻で完結しますが、その直前の、呼吸もできないほどの急展開が次々と目の前に繰り広げられるのがこの26巻です。収録されているのは「第99話/傷だらけのG2号」「第100話/20年後のガッチャマン」「第101話/狙撃集団ヘビーコブラ」「第102話/逆転1チェックメイトX」の4ストーリー。「20年後のガッチャマン」だけは単発のストーリーですが、それ以外は、地球の存亡を賭け忍者隊の5人が命を賭してギャラクターとの最後の激戦に臨む、まさに壮大なストーリーの連続物です。激しい戦いの炎は最後の27巻まで目を離せない展開で続いてゆき、そして劇的なクライマックスへと一気に昇りつめてゆくのですが、その怒涛のような流れはこの26巻からいきなり加速度的にテンポが速まり、何回見てもアドレナリン急上昇が止められません。ストーリーもセリフもほとんど暗記するほど何度も見ているのに毎回魅了されてしまい、そして見るたび切なくなるのは、やはり名作なればこそ。ジョーのファンのかたには特にお勧めしたい1枚です。


科学忍者隊ガッチャマン VOL.25

(購入者の評価)
全27巻のうちのラスト3枚目DVD。「第95話/合体忍者大魔人」「第96話/ギャラクター本部に突入せよ」「第97話/明日なき宇宙船レオナ3号」「第98話/球形鉄獣グレープボンバー」の4作品。どれも単発ストーリーではあるが、厳密に言うと、98話で初めてジョーの体調の変化が顕著になる。これはそのまま、クライマックスに向けてジョーの命にかかわってくる内容で、最後の最後まで目が離せない非常に大切な要素だ。
vol.25ともなると、4作品とも完成度が大変高く、とても30分もののアニメとは思えないほどの深みや感動を与えてくれる価値ある1枚に仕上がっている。忍者隊同士の強い友情やそれ以上の信頼感、どうしようもない現実への怒りと悲しみ、ギャラクターの冷酷さと何も知らずに帰りを待つ年老いた母・・・・。まるで映画のワンシーンかと思える場面の連続だ。手に入れるべき作品群だと言えるだろう。


科学忍者隊ガッチャマン VOL.23

科学忍者隊ガッチャマン VOL.24

(購入者の評価)
「第91話/三日月基地爆破計画完了」「第92話/三日月基地の最後」「第93話/逆襲!地中魚雷作戦」「第94話/電魔獣アングラー」の4話。
ギャラクターの執念により今までも三日月基地は少しづつその秘密をはがされつつあったが、この91話と92話でついに位置を探知されてしまい、一気に破壊されてしまう。そのストーリー展開があまりにも急激で容赦がないので、このあと科学忍者隊は一体どうなってしまうのだろうと不安を覚えるほどだ。三日月基地の存在があってこその科学忍者隊という意識が、見るものの深層心理に当然のようにずっとあったのだという事を気付かされる。この先の展開が全く予想できないために、ますます目が離せない。
91話と92話は完全な続きもの。前編後編とみていい。93話はそれに付随するストーリー。94話は単発ものだが、つかの間の短い休日を過ごすはずの忍者隊5人が体験するそれぞれの一夜が、非常に興味深い展開で無駄なくまとめられていておもしろい。5人それぞれのキャラクターが実にいとしく感じられる。
クライマックスに向けて加速されてゆくストーリー。どれひとつはずす事ができない。


ス-パ-ロボット魂TOUR′99 春の陣 LIVE at 赤坂BLITZ

(購入者の評価)
勇ましく弾む心。タイムスリップして、テレビにかじりついて居た、十代の自分になります。エンディングテーマだった曲も珠玉バラードだったり。オススメは影山ヒロノブが歌うゲッターロボに続いてオリジナルの佐々木功が加わるとDNAがわきあがる。歌い回し、声、テレビの映像がうかんできます。千年代最後の年のライブ収録、マルチアングル有り。お客さんとコン・バトラーXの合唱も〜(涙)

>> つづきをみる

ゆっくり走れば速くなる―マラソン・マル秘トレーニング (ランナーズ・ブックス)

(購入者の評価)
もともと走るのは得意な方だったかもしれないが,フルマラソンなんて思いもしなかった。ところが,この本に出会って,ゆっくり走っているうちに本当にフルマラソンを走れるようになっていた。最初のフルマラソンが3時間19分。32歳のとき。この本に出会わなければ,トレーニングの過程でどこか痛めていたと思う。というか,フルマラソンをしようなんて考えなかったと思う。
初版がもう20年以上も前の本だから,きっと,さらに進化した内容の本が出ているのだろうが(佐々木氏は亡くなられたので弟子の方などから),もう一度読み返して,またマラソンに挑戦したい。


標準速読英文 (実戦演習)

基礎速読英文 (実戦演習)

(購入者の評価)
英文の内容も面白いものが多くレベルもやさしめなので高校1年生や英語嫌いの人にも適しています。
解説は詳しくはないですが、いい加減でもありません。


象だゾウ―NHKみんなのうた (CDつきしかけえほん)

(購入者の評価)
たまたまNHKを観ていたらみんなのうたで流れていて、『何だこの歌は!?』と釘付けになった歌のひとつです。
歌詞はいわば、私自身大抵聞き流してしまう親父ギャグの連発なのですが、ここまで『ぞう』に関して徹底していると、寒いどころか見事なものです。映像も歌と合っていてとても可愛いらしかったし、楽しい仕上がりになっていましたしね。それに加え、歌い手のささきいさおさん自身もホントに楽しく歌っているのが伝わる歌で、大人の私でも楽しい気分にさせてくれる歌です。


TOEFLテストに でる順英単語

(購入者の評価)
同じシリーズのTOEICテストにでる順英熟語、TOEICテストにでる順英単語を使用してみて、使いやすかったので、TOEFLの単語集としてこの本を購入してみました。TOEFLの勉強を始めたばかりの私には、最悪(ToT)/???。
まず、例文の掲載は、完全な文章で掲載されていません(主語がない、など)。また、TOEFLという特殊なテストで取り上げられる専門分野の単語がでてくるので、単語そのものの意味が解らないことが多く、そのため、単語も覚えにくいし、他の本で調べなおしたりと手間がかかります。出題順に掲載されているため、テーマの分野もばらばらに出てくるので、勉強していても面白くありません。
TOEFLの勉強をはじめたばかりの人や単語をあまり覚えていない人が使う本としては最悪だと思います。ただし、最終仕上げを目的に単語チェックするには、効率よくできるのではないでしょうか。


佐渡の自動車

日本自動車史―日本の自動車発展に貢献した先駆者達の軌跡

(購入者の評価)
通説に流されることなく、歴史を忠実に調査しようとされていることが分かる。
最初の自動車の輸入、製造については、関係者が他界していたり、資料が存在しなかったり、伝言である可能性もある。
黎明期には、多くの技術者、起業家が挑戦し、淘汰されていっているので、何をどこまで記述するのがよいかは難しいのだろう。


日本自動車史〈2〉日本の自動車関連産業の誕生とその展開

こうすれば弁理士になれる (ライセンスガイド)

子連れ再婚の片道切符

サービスマークの具体例と出願早わかり―サービスマークの類似の審査基準と出願時の業務記載例

アナログ第2種問題集

なつの おわりの うみは…

明治の輸入車

ランニング〓トレーニング (1981年)

こうすれば弁理士になれる (ライセンスガイド)

ゆきのひ (講談社の創作絵本Best Selection)

授業に生かす観点別学習状況の評価 (1981年)

ゆっくり走れば速くなる―マラソン〓トレーニング (1985年)

佐々木功―アルバムコレクション (1979年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4