佐々木蔵之介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
佐々木蔵之介 おすすめDVD 佐々木蔵之介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
アフタースクール

(購入者の評価)
何が騙されるんだろう…と思って観てもきっと騙されるハズです! でもこの映画の面白さは騙し無しですよ! ネタばれ厳禁のメイキングも凄く楽しみです!!

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 コレクターズ・エディション〈2枚組〉

(購入者の評価)
さすがに花火ドロボウはやった時ないですが、他はほとんど自分らもやってた事なんでスゴく懐かしかったです。 万引きと誤認させるのはホント馬鹿みたいに研究してました。 中学生の時のツレに久々会いに行きたくなりました。 何十億円とかスゴいVFXとか使わなくてもこんな映画作れる事を頭の硬い人達に認識してほしい。 興業的にはあまり振るわなかったのはプロモーション不足が全て! 続編が観たい映画です。 怖いのは恋空みたいにドラマ化される事…

鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版

(購入者の評価)
TVを見てはまり、GWに京都奈良ツアーを決行し、他局でやっていた再放送を録画し、鹿の写真を取り込んだオリジナルDVDセットを作成し週末ごとに見てたので、これはどうかと悩んでいましたが、ここに書いていらっしゃる皆様の言葉(お誘い)に耐え切れなくなって買ってしまいました。いやぁ買ってよかったです。特典映像ディスクだけでも大いに楽しめます。ロケ地ツアー、あんなに丁寧にやってくださってるなんて大感激。奈良に行く前に見たかったです。近いうちにもう一度行かなきゃならなくなりました。商品全体のディティールもすごい。見た瞬間にんまりしてしまいました。鹿男ファンで、もしまだ悩んでる方がいらっしゃったら是非決断してください。損はありませんよ!!

ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻

(購入者の評価)
映像化不可能といわしめたコミックの実写化ですが、本当に見事な作品でした。
現在、未来と70年当時の世界を表現した原作があまりにもリアルであり、素晴しいので製作サイドは随分頭を痛めたことと思いますが、セットの細部にわたるディテールへのこだわりやコミックのキャラに似た演技人のキャスティングに成功したことで虚構の世界をリアルなまでに、観客を大事件の目撃者として惹きこんでくれます。
また、長編コミックなので1部でどこまで描けるのか不安でしたが、中途半端に終わらず、見事に締めくくられていて納得のいくものでした。これで安心して2部を観る事ができます。
もちろんとにかく次が観たくてがまんできすにこのナビゲートDVDで欲求不満を緩和するわけですが、主演の唐沢さんの持ち前のキャラで癒しながらなんとか来年まで待とうと思います。


やさぐれぱんだ 白盤

(購入者の評価)
ダウンタウン松本人志のシュールコント集『ビジュアルバム』や、不条理ギャグ漫画の元祖『伝染るんです。』などを溺愛してる自分にとってかなり期待して見た作品だったけど、期待を大きく裏切られた気分。こんなに笑えないお笑いDVDは久々に見た。
不条理ではあるけれど、笑いとしてはクオリティーは低い。ただシュールなだけ。要はこの作品に関わっている人達は原作の設定を借りて作ってはいるが、高度な笑い作品を作るまでのレベルに達していないのだと思う。原作の漫画を見ていないのでそっちは知らないが、この青年役に堺雅人は合わないのではないか。堺の表情が笑いを鈍らしてしまっていたり、ツッコミや演出がテンポを崩している。
なんだか、シュールな笑いだとか不条理な笑いと聞くだけで妙に高得点をつけたがる人が多いように思う。シュールであることと、笑いとしてのクオリティーは別物なのに。


虹の女神 Rainbow Song

(購入者の評価)
 上野樹里の演技が、あくまでも個人的体験の女性に重なり、不覚にもラストシーンで目から汗が流れました、女々しい人間ですね。
 偶然にも日本映画専門チャンネルで、途中から、観たものですから、ラストまで緊張感が続きました。皆様のレビューを覧ますと、相田翔子のエピソードは不要である、との意見が散在していますが、このコミカルで、ナオカツ、究極のホラー映画のエピソードがあるからこそ、ラストに重みを持たせているんじゃないかと思います。
 ラストの『地球最後の日』は関節技の反則技で、映画のモラルに反していると思いつつ、目から汗が出た。
 熊澤尚人監督の演出が私にはハード・パンチとして効果あり、ノックダウンしましたな、恥ずかしながら。


やさぐれぱんだ 銀盤

(購入者の評価)
公式サイトより転載です
金盤と銀盤の初回版を両方買うと、応募特典としてもれなく銅盤が貰えるそうです!!
堺さんがいっぱい見れてうれしいっ!
1)堺雅人撮りおろしインタビュー映像
2)生瀬勝久専用アングル映像(金盤・銀盤DVD未収録3エピソード分)
「ギリギリショット」「縁起物」「続・ぱんだクッキング」)
3)やさぐれぱんだ」<金盤><銀盤>店頭告知用先付映像ロングヴァージョン
(堺雅人・生瀬勝久・堀部圭亮監督3人のコメント)
4)「やさぐれぱんだ」<白盤><黒盤> 告知映像
5)「やさぐれぱんだ」<金盤><銀盤> 告知映像
※送料及び手数料負担有り


医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

(購入者の評価)
寡黙で孤高の医者を演じた坂口憲二は、はまり役だったと思う。
手術のシーンも迫力があり圧倒された。久々に感動したドラマだった。
9話10話最終回と難関手術まで、どう持っていくかの過程には驚いたが、このドラマなら納得できる。
劇中で流れる音楽もそのシーンを盛り上がらせる効果を持ち、また一段と感動する。
恋愛要素がほとんどなく、医療に的を絞ったところが、とても良かったのではないかと思う。


斉藤さん DVD-BOX

(購入者の評価)
毎週楽しみに見ていました。家族で見ても楽しめる内容です。それにミムラが可愛い(笑)斉藤さんに憧れます。

あと、真野さんが着ているサマンサモスモスがとても可愛いので、サマンサファンは見ていて楽しいのでは?


椿三十郎 通常盤

(購入者の評価)
音声:
 ドルビーデジタル2.0chと5.1ch、さらにdts5.1chを収録。dtsで再生しましたが、中低域が厚く聞こえて良好です。サラウンドは自然で、敵に囲まれた時など要所で効果があります。

内容:
 細かい演出の変更以外は黒澤版と同じで、楽しめました。オリジナルを知らない妻は「面白かった!」と言っています。
 ただ他の方も指摘されているように、織田裕二の演技には違和感を感じます。三船敏郎の物真似を見ているようで、笑いそうになりました。同じ役だから似るのは仕方ないのかもしれませんが、残念です。
 好感を持てたのは、ラストの対決シーン。黒澤版と同じにしなかったのは成功ですね。三十郎のセリフ「こいつは…」を表して、良い演出だと思います。


下北サンデーズ DVD-BOX

(購入者の評価)
第1話の終盤、「レッドカード!!」から「うん、いい笑顔だ。」までのゆいかと下馬の件で、視聴者として「一生ついていきます」気になったドラマです。

恐ろしくテアカのついたゆいかの一発ギャグに笑い転げる同級生の約束事も、一見ベタなようでいて、毎回エスカレートするリアクションがついに空中浮遊にまで到達する小気味良さ。キャストのみなさんも楽しんでいる雰囲気が伝わってきます。

「鹿男あをによし」でもそうでしたが、作り手の思い入れがある分、ちょっとクセはあるけど中身の濃いドラマが何故受け入れられないのでしょうか?
な?んにも考えなくても本能的に楽しめるモノや、イケメン目当てばかりだとバカになります。

たとえ低視聴率で打切りになろうとも、このドラマは立派な作品です。


ダブリンの鐘つきカビ人間 2002年版

(購入者の評価)
このDVDを初めて観たのは学校の授業のときです。
かなりはまってしまいました。
見終わった後すぐにこのDVDを買いました。
登場人物の様々なおもしろい病気に注目です。
買って損はないです。


椿三十郎 初回限定豪華版

(購入者の評価)
旧作のリメイクです。
旧作の話をすれば脚本はスタッフによるオリジナルので箱根に籠もって何日も激論を繰り返し練り上げたそうです。また、ラストの流血シーンは流血の仕掛けをキャストにも知らされていなかったので出演者は誤って本当に斬られたのかと思ったそうです。斬られた本人もあまりのショックで演技ではなく倒れたとのこと…(驚き顔の凄いこと!!!!)

旧作はあまりに完璧!それをリメイクするのは困難だったでしょうが、これは「モナリザ」を模写するようなもの…。
旧作を超えることは不可能です。

完璧過ぎる旧作に果敢に挑んだスタッフやキャストに星3のエールを送ります。
織田版の新作にビビットときたなら是非旧作も観て下さい。

黒沢作品は映画界の世界の頂点です。(トラトラトラも作って欲しかった…)


バンビ~ノ! DVD-BOX

(購入者の評価)
まず、主人公の考えてることが、納得がいきません。東京で、あんなにつらい目にあったけど、地元に戻ってきて、「また東京に行って、あそこで料理を作りたい」という主人公の気持はわかります。しかし、せっかく入学した大学をやめてまで東京に戻ってまた料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりません。大学なんて、たった4年通えば卒業できるし、4年とか、人生に比べたらぜんぜん短いし、大学卒業してから東京に行っても遅くないし、別に、今すぐ東京に行かないと、あそこで料理を作ることができないってわけでもないし、「また東京に行って、あそこで料理したい」とか、そんな理由で大学を辞めるなんて、主人公はアマちょろい人間ですね。大学を辞めてまで東京で料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりませんね。

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
善良だが際立った才能も特徴もなく女にもてない兄弟の話です。

異常に仲の良い兄弟に引くか微笑ましく思うかで
この映画の評価が分かれるかと思います。

物語は淡々と進んでゆき
ストーリー展開、ラストは想定通りという感じですが、
あり得ないほど不気味で魅力的な兄弟と
その兄弟にけしてなびかないけれどやはり善人な美女達のおかげで
飽きずに観ることが出来ました。

兄が時折「兄弟の素晴らしさ」について漏らす言葉が印象的です。



モンスターペアレントDVD-BOX

(購入者の評価)
 現在の日本の教育について考えさせられることも少なくない今日この頃です。そんなことを思っていた矢先に、本作品が開始しました。

 始まる前は、「どうせ、モンスターペアレントと呼ばれる保護者を面白おかしく描いたドラマなのだろうな」と思っていましたが、そんなことは全くありませんでした。逆に教育について真面目に考えているドラマで、とてもいいドラマだったと思います。このドラマを見て日本の教育を考えるべきだと思います。

 放送中に見ていない人はDVDが出たら見ることをオススメします。特に実際に小学生の子供がいるお父さん、お母さんには見てほしいです。

 余談ですが、他の教師ドラマだと絶対的な力を持っている教育委員会が、本作品では逆にそんな力はあまりなく、あたふたしている感じが面白かったです。


県庁の星 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
始まってものの数分でわかるストーリー。
絵に描いたような踏ん反り返った官僚の描き方。

監督の思想、学歴コンプレックスが作品から臭います。

まぁ、キャストの話題性と宣伝効果のみでヒットした凡百大衆映画の一つ。


電車男 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
<元気コメント>
 恋のサクセスストーリーは色々あれど
 毎晩パソコンとにらめっこ世代にも朗報


僕の歩く道 DVD-BOX

(購入者の評価)
行きつけの動物園である千葉動物公園が舞台のため見始めたこのドラマ、
好きな自転車や見知った動物達にほのぼのとした喜びを感じ、
様々な人間ドラマと人々の迷いと善意に度々号泣と、予想以上の感動作でした。
何度も見たい名作です。

しかし、動物園という特殊な場所での撮影だった事は全く無視のおざなりの特典映像にはガッカリ。
同じフジテレビの「奇跡の動物園?旭山動物園物語?」は連続モノでないにも関わらず、
出演者と動物との競演の舞台裏や、動物達の最新映像まで収録し見ごたえあったのに・・・。
フジテレビドラマのDVD化では、商品に力を入れているものとそうでないものの差が大きいのが残念です。


間宮兄弟

>> つづきをみる

魔法使いの台所―まとめづくりと手早い料理で夕食用意が30分

(購入者の評価)
家族三人なのになぜ食費が高いのかなと思っていたら実はちょこちょこ買いと、食材をうまく使っていなかったことにこの本を読んで気がつきました。

食材を無駄にしない繰りまわしと展開料理の知恵が満載です。

たとえば・・・野菜はゆでてストック、塩でもむ、洗ってしまう、と下ごしらえの大切さを強調しています。始めの一手間で、台所仕事がどれだけ快適になるか、これを実践しているとその通りでした。
この本のおかげで、料理時間がイッキに短縮されました。
おまけに食材を無駄にしないので結果節約につながりました。


アフタースクールへようこそ!―映画『アフタースクール』OFFICIAL BOOK (Gakken Mook)

(購入者の評価)
最近公開された映画『アフタースクール』の紹介本。同作品は大泉洋、佐々木蔵之介らが出演、内田けんじが監督。80ページにキャストへのインタビュー、監督が好きな映画、ロケ地紹介などが収載されている。旅行ガイドブックのような写真割りで、全ページカラー。最後には、映画を見た後に読む袋とじ情報(監督が本作品で表現したかったこと)とキャストのサイン入りグッズのプレゼントがある。文字数は映画館で売っているパンフレットを厚くした程度で、1?2時間もあればすべて読める分量。

映画を見ていなければ本書を購入することは絶対になかったと思う。それほど映画のできがよかった。後日DVDが発売されたら必ず購入しようと思うが、脚本と編集だけでこれほど面白く、心に残る映画が作れるのかと、改めて邦画を見直した。本監督は『運命じゃないひと』でカンヌにおいて4つの賞を獲得していて、そちらのDVDも購入してしまった。映画は行方不明になった同級生をさがす探偵(佐々木)が主人公(大泉)のもとに現れ、謎を解くうちに事件の全貌が明らかになっていく展開。クライマックスではそれまで断片でしかなかったピースがみごとに組み合わされて、大きなパズルが完成すると同時に、強く感動させられる仕組みだ。

とにかく映画をみなさい、面白いから。そうすれば本書も読みたくなると思う。映画館のパンフレットも購入したが、これは大学ノート風のしゃれたつくりになっている。そちらも脚本を採録した袋とじページがあって、他の映画のパンフレットよりも内容は充実していると思う。

映画を見る前に袋とじ部分は絶対に見てはいけない。星4つは甘いかもしれないが、これは星5つの映画に依拠するためであり、映画を見ていなければ本書の良さは分からないと思う。


アフタースクール (角川文庫 ゆ 8-2)

(購入者の評価)
私の地域ではこの映画を上映していなかったので、観れない代わりとして
このノベライズ本を買ってみました。
感想としては、ノベライズ本にしてはかなりいい感じ。
ストーリーと、多人数が一人称で進めるという文が上手くマッチしています。
文に多少の甘さというかゆるさがあるのはノベライズなのでしょうがないとして、
ストーリー的にはかなり楽しめます。
ただ、人物がごっちゃになってしまわないよう、消化しつつ読んでみて下さい。

「アフタースクール」が気になったけど、観にいけない人は是非。
私はむしろ、この人物たちがどんな風に動いているのか、映画が観にいきたくなりました(笑)


日本映画 magazine vol.04 (OAK MOOK 200) (OAK MOOK 200)

バンビ~ノ! DVD-BOX

(購入者の評価)
まず、主人公の考えてることが、納得がいきません。東京で、あんなにつらい目にあったけど、地元に戻ってきて、「また東京に行って、あそこで料理を作りたい」という主人公の気持はわかります。しかし、せっかく入学した大学をやめてまで東京に戻ってまた料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりません。大学なんて、たった4年通えば卒業できるし、4年とか、人生に比べたらぜんぜん短いし、大学卒業してから東京に行っても遅くないし、別に、今すぐ東京に行かないと、あそこで料理を作ることができないってわけでもないし、「また東京に行って、あそこで料理したい」とか、そんな理由で大学を辞めるなんて、主人公はアマちょろい人間ですね。大学を辞めてまで東京で料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりませんね。

ダ・ヴィンチ 2008年 06月号 [雑誌]

ギラギラ 1 (1) (ビッグコミックス)

(購入者の評価)
元伝説のホストがリストラを機に、家族を養うため六本木の店に復帰!
ホストを扱ったマンガはチラホラあるが、
やはり土田世紀が描いてくれると、独特の人間ドラマがあっておもしろい!
ただ最初は単行本を買うのはためらった。
1巻の内容は確実におもしろいのだ。
しかし、この人のマンガは後になるとダレることが多い。
星4つにしたのは、そこだけを減点した。1巻の内容ならば、
私自身は星5にしてもいいと思っている。
今(2003年4月現在)のテンションは維持しているので、
3巻くらいまでは大丈夫かな。たのむよ! 最後までテンション維持してね。
原作付いているから、大丈夫かな? 今回は信用してみよう。


REBOOT 6 (APRIL 2008)―知的好奇心を再起動させる”こだわりライフ”マガジン (6) (Sony Magazines Deluxe)

キネマ旬報 2008年 5/15号 [雑誌]

演劇ぶっく 2006年 02月号

椿三十郎OFFICIAL BOOK (ぴあMOOK) (ぴあMOOK)

(購入者の評価)
 12月1日より、現在公開中の映画『椿三十郎』(監督:森田芳光、主演:織田裕二)のオフィシャルブックである。内容も椿三十郎役の織田裕二氏や井坂伊織役の松山ケンイチ氏のグラビアやインタビューを中心に監督・森田芳光氏や椿の好敵手である室戸半兵衛役の豊川悦司氏のインタビュー、若侍8人の座談会、椿らにより囚われの身となる“押し入れ侍”こと木村役の佐々木蔵之介氏のインタビューによる撮影秘話が満載である。

 以前、NHKで放映されていたドキュメンタリー『黒澤明に挑む、映画監督・森田芳光“椿三十郎”』(10/28)で森田芳光監督の黒澤映画や『椿三十郎』に対するこだわりや熱い思いが十分に伝わり、この映画をリメイクするならば森田氏を置いて他にいないと感じました。

 森田芳光&黒澤明といえば、1985年(昭和60年)、当時森田氏は国内外から賞賛され、その年の日本の映画賞を総ナメにした『家族ゲーム』(1983)の成功で一躍時代の寵児となり、再び主演の松田優作氏と組んだ作品が夏目漱石の古典的名作『それから』でした。一方、黒澤氏はカンヌ映画祭グランプリ作品『影武者』(1980)に続く、時代劇超大作『乱』で巨匠の風格を見せ、まさに“世界のクロサワ”VS“若きカリスマ モリタ”の対決となり、結果『乱』(キネマ旬報第二位)を押さえ、『それから』が1985年のベストワン(キネマ旬報第一位)に見事輝き、森田氏が“世界のクロサワ”を凌駕した(大金星)瞬間でした。それから二十二年後の現在、森田氏が再び“黒澤明”に挑むわけですから何か因縁めいたものを感じます。

 公開初日に私も見させて頂きましたが、“平成”の『椿三十郎』として大変面白く見応えがありました。主演の織田裕二氏も台本を初見して「これ、今書いたんですか?」と思わせるくらい45年前の脚本が現在でも通用する面白さを描く黒澤明氏はやはり偉大なる天才だと思います。


京極夏彦原作『ラジオドラマ百器徒然袋』CDブック (CD BOOK)

(購入者の評価)
CD-12のトラック情報などが、CD-5のそれになっていませんか? 録音内容は問題ないのですけど、ちょっと不満です。それと、CD12枚というのがなんともかさ張ってしまって困ります。再生環境の普遍性を考慮するとやむを得ないのでしょうが、DVDかCDでもMP3(このレベルの音質で十分)にして枚数を少なくしてくれていれば、星5つでした。

ACTORS STYLE Spring 2005 (2005) (Bamboo Mook)

(購入者の評価)
表紙のユースケサンタマリアが目当てで買ったのですが、普段のユースケとは違う表情が見られてとても良かったです。子役の特集も良かったですよ!

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4