笹野高史

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
笹野高史 おすすめDVD 笹野高史 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
転々 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
三木監督の中では一番心にぐっとくる作品です。
もちろん今までみたいに小ネタも満載ですが、小ネタがメインになりつつある
前回の作品とは違い、今回は東京を転々としてる男二人を邪魔しないように、
適度にちりばめられています。
だからやっぱり心に残るのはオダギリジョーと三浦友和ふたりのやり取りであり、ふたりの言葉。
切ないけど、あったかくなりました。

何も考えず笑いたいときは『時効警察』、ほっこり浸りたい時は『転々』がオススメです。


カンフーくん スペシャル・エディション

(購入者の評価)
まあ、なんというか完全な娯楽映画!とにかく子供達がいい味出してます!名前でイケメンやモミアゲとテロップが出たときは吹きました(笑)カンフーくんのアクションはさすが!とても子供とは思えないほどのアクションでカッコ可愛い。あとは何と言っても矢口。小学生役かよ、と思いましたが(笑)正体を明かした時はイケメン同様、まさに萌え!中々楽しめました!

武士の一分

(購入者の評価)
キムタクファンと言うわけでも無いのになぜか思い立って劇場に
足を運び、DVDまで購入してしまいました。
内容としては壮大でもなく巻き起こる感動の嵐があるわけでもありません。
ただ素直で、夢を持って生きている男と、それを支える実直な妻に
起こる不運な災いと顛末を描いています。
めったやたらにオーケストラ音楽で場を盛り上げるような過剰な演出も
無く(音楽が挿入されているシーン自体かなり少ないような)、全てが
ささやか、慎ましやかに描かれていきます。

今の日本には涙を流す、泣ける=感動という図式が成り立っている気が
しますが、自分はこの映画、泣けませんでした。何より作り手が露骨な
お涙頂戴映画に仕立てていないのだと思います。しかし、確かに
じんわりと、心の隅に寄り添うような感動がありました。
キムタク起用に関しては賛否両論あるようですが最近良く見る演技も
おぼつかない素人然の若手俳優の起用も無く安心して観られます。
不満としては家周りのセット?の造りが今ひとつ良く無かった事、DVD化に
あたっては邦画としては確かに値段は安めながら特典映像等付加要素に
乏しく、また、パッケージがなんとも安っぽいです。


星ひとつの夜

(購入者の評価)
テレビ放映時に何気なく見始めたところ、どんどん話に引き込まれたのを覚えています。
人と人とのつながり、思いやり、すれ違い、愛情、嫉妬、孤独、秘密。
そんな言葉で表現できるドラマだと思います。
放送終了後、すぐにこの作品の原作を読んでみたいと思いネットで検索しましたが、
このドラマの為に書き下ろされた作品と知り残念な思いをしたものです。
そして、最近この作品がDVD化されている事をしましたので即購入。
やっぱり良かったです。
ただ、DVDなのが残念ですね。
当時、地デジで見ていたので画質の大幅劣化は否めませんでした。


アカルイミライ 通常版

(購入者の評価)
僕は、監督が映画を作るとき、
何を伝えようとしてどのように撮るか、
どんな風に人が描かれてるかって事が関心の中心になる。
だからこの映画はすごく戸惑った。

戸惑ったのは守(浅野忠信)のせいである。彼にはまったく感情移入が出来ない。
真意や感情を表さないし、一貫した行動によって何かを表現しているのでもない。「こうあるべき」というものも持ってないようである。
解釈をまったく拒んでいるようにすら見える。

しかし彼は理解されることを拒んでいるわけではない。
というか、より深い立ち入りを求める。
簡単に片付けてくれるな、というわけだ。

つまり、彼の存在は、「問いかけ」なのである。
彼は人間ではない。
監督からの「問いかけ」そのものなのである。
ひたすら仁村を、仁村と親父をつつき、つつく。
謎を残しながら一連の出来事を主導していく。
彼は監督の「問いかけ」そのものなのである。

私たちは一体何を問われているのか?

守は雄二に対して大人の常識を説き、自分に理解者がいることを示した。
他方、藤原(工場長)には若者の繊細さと危うさを示した。

彼が問うているのは、簡単になりすぎることを恐れずに言うのならば、
若い世代には自分の立場を、周りを取り巻く大人の気持ちを直視する勇気を、
古い世代には、若者を直視し、受け入れる度量を問うているのである。

「アカルイミライ」の題のとおり、
雄二と有田の父の間には理解と信頼と愛情が生まれたが、
「君らすべてを許そう」の言葉に象徴されるように、
これは彼らの個別的な問題ではないのだ。

世代対世代、世代に属する全個人の大きな問題なのだ。
この問題を自分のこととして引き受けることができるか。
クラゲ=少年たちは解き放たれた。
しかしそのクラゲを美しい、
さされる事も忘れて手を触れてみたくなるほど、
彼らを愛しいと感じることが出来るのか。
微妙な生き物である彼らを、
真剣に面倒見ていくことが出来るのか。

この物語はシビアで、一切のヒロイズムはない。
示されているのは人間に邂逅の可能性が残されていることと、
しかし終わりなくテストが続いていくことである。




こんなにも真摯に若者を見つめる年長者がいることに感謝・敬服。


どんまい! Don’t Mind DVD-BOX

(購入者の評価)
可愛く元気で前向きな紗季ちゃんに癒されます。とにかくおもしろい。テレビでは見たこと無かったのですが、思いきって買ってよかったです。 毎回のように、凄まじい勢いで走って飛び出していく姿にびっくりしますよ。 希望をもった前向きな気持ちが大切なんだと気づかされます。文句無しに良い作品です。 

武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付)

(購入者の評価)
 まず、主役は木村拓哉だが彼は俳優ではない。だが主役を自然に演じていた事は評価できる。方言も全編を通して自然に話していたし、剣道をやっていただけあって殺陣もよかった。彼の演技に対する批判の原因である「キムタク語」も、時代劇なのでもちろんないのでその点では安心して見られる。盲目になってからも、明らかに演技をしているというわざとらしい演技ではなく、自然体でキムタクを主張する事なく落ち着いた演技をしている。だが、さすがは木村拓哉というか存在感はある。檀れいは初めてにしては頑張ったと思うし、笹野高史はさすが名脇役という演技、桃井かおりの存在感もさすがと共演者も素晴らしい。
 「華麗なる一族」も原作が好きなので全話見たが、見て感じたことは、彼のイメージに関係なく演技させようと製作陣が思えば、彼はそれに応えるだけの力量を持っているのではないかと感じた。それまでイメージ通りに演じさせ過ぎた結果、批判に繋がってしまったと思われる。
 そしてこの作品は、時代劇としては異例の興行成績を記録した。その事に関して、興行目的のために木村拓哉を起用したと主張する人もいるが、主役を演じられるだけの力量があると判断しての起用だと思う。俳優を本業としていない割には、この作品の主役を見事に演じて見せたと思う。これまでに確立された「キムタク」のイメージを引きずり、その彼が主役を演じている作品だからと偏見を持って見られていることが非常に残念である。


環境野郎Dチーム vol.3

(購入者の評価)
ついに最終巻Vol .3でました。
『クイズ 環境問題 絶滅動物SP』『NG大賞スペシャル』など全7話。スペシャル企画として『アテレコうまい王』『最終回打ち上げ』が収録されています。
今作はVol .2で感じたマンネリ感を吹き飛ばすテンションの高さです。『NG大賞スペシャル』ではDチームのちょっとした素の部分や現場の雰囲気も垣間見れて微笑ましいです。
環境問題、笑い、感動と全て詰まってます、本当に最高!!ありがとう!


ダメジン デラックス版

(購入者の評価)
三木監督作品なら「亀は意外と速く泳ぐ」を断然オススメします。「亀速」を見た方で、期待して「ダメジン」を見ようとしてる方は、少々がっかりされるかもしれません。それでもストーリーはしっかりしててゆるい感じなんで、いち映画としては楽しめました。

アカルイミライ 特別版

(購入者の評価)
誰も言わないから言わせてもらう。この映画は、「カリスマ」から始まるエコロジーをテーマ?にしたエコロジー映画の1本である。
「カリスマ」は、1本の木を巡る物語、「大いなる幻影」は、今話題の「黄砂」の物語、「回路」は、ホラーの衣装をきた「電磁波症候群」の話。
そして、この「アカルイミライ」は「リン系化学物質」の物語だ。
主人公の2人が、なぜ、「おしぼりの工場」で、働いてたのか、もう少し人は議論しなければ、いけない。
そこが、解けないと、実は浅野君の殺人も、床下のくらげも、藤竜也のリサイクルショップも、理由が解けない。すべてこれは、現代の「化学物質」に対しての黒沢清の「警告」なのだ。
床下のくらげは、実は我々の床下にも、存在する。それが、河となり、世界を汚染していく。その汚染が実は、ラストの青年たちの無軌道な行動の後退移動に繋がる。
環境ホルモンの恐ろしさの映画をこのような青春映画に仕立てる黒沢さんは、孤独だ。というか、これでは、誰もわからない。
しかし、黒沢清は誤解も恐れない。勇気ー有機の人だ。残念なことだが、この映画を最後に、エコ映画を撮らなくなった。世界は、もう、終わりなのか?黒沢さん・・・


囚われつかじ(4)

無認可保育園 歌舞伎町 続・ひよこ組

(購入者の評価)
「無認可保育園 歌舞伎町 ひよこ組」の続編です。本作では『FM89.3MHz』で工藤準次の子分役として個性ある演技を発揮した松浦祐也がDJで登場。前作から発売まで待たされたためにちょっと気が抜けてしまい、前作を見たときのワクワク感は少し失われました。小沢仁志の園長役を冷めた目で見てしまったのもそれが原因です。2作合わせても2時間を少し越えるくらいなのだから、1作品として発売してほしかった。また、これから見る方のために書くと、2作品は同時に一気に見ないとつまらないと思います。特典映像のメイキングでは監督も映っていて、『FM89.3MHz』の腰の低い監督とは間逆。かなり押し出しが強く、パワフルでなかなか注目の監督だと思いました。

男はつらいよ ぼくの伯父さん HDリマスター版

武士の一分 豪華版

(購入者の評価)
「武士の一分」が2008年4月にアメリカでの上映が決まった。日本の雰囲気を伝える映画を観て貰えるのは嬉しいが、内容は理解されるだろうか?この映画全編に流れる日本の空気を映し出したかのような撮影は素晴らしい。しかし、ストーリーは陳腐だ。原作は藤沢周平の「盲目剣谺返し」でその文中に「武士の一分がたちもうさん」という台詞が一言出てくる。それが本作のタイトルになっている。本作では原作にはない山田洋次流「武士の一分」が出てくる。お毒味役の長は「武士の一分」で自害し、敵も「武士の一分」を尊重する。原作の一言が映画では「一分」だらけで鼻につく。第一、あれほど卑劣な敵が「一分」を尊重するはずがない。また主人公は「武士の」って言うが、あれほどのことをされたら町民でも農民でもサラリーマンでも復讐するだろう。武士で思い浮かぶのは忠義などだが、この映画での武士とはプライドのことを言っている。「自分のプライドがたたない」だから妻も追い出す。こうしたスタンスがアメリカ人に理解できるとは思えない。自分しか知らない妻の不祥事だし、妻も被害者なのだから守ってあげるべきだろう。あの出来の良い従者がいなければ妻はのたれ死になっていた。変な話だ。

時代屋の女房

(購入者の評価)
前の映画のリメイクというよりも完結篇と言った方がいいような内容で、よく出来た作品。主役の安さんを前回と同じ渡瀬恒彦が演じていることも、そして渡瀬が前回よりもずっと年齢をとってしまったことも、一層その思いを深くさせる。本編では、前回ミステリーのまま残されたことが明らかにされ、ハッピーエンドの感がより強い。群像劇の色彩が濃かった前作と違って、本編では主役の真弓と安さんに焦点がしぼられている。若かった真弓と安さんとの灼熱の愛と恋の輝きは消え去ったものの、50男と20歳ほども若い女房との落ち着いた愛がそこにはある。大塚寧々もそのようなわけありの女房をよく演じている。前作とまったく味わいは異なるが、佳作といってよい。前作映画と併せて、ぜひご覧いただきたいと思う。

環境野郎Dチーム vol.1

(購入者の評価)
なんじゃこりゃと思いましたが、伊吹吾郎氏のくそ真面目で堅苦しい台詞廻しに爆笑しました。伊吹氏がアイドルには難解な質問をぶつけ、アイドルと伊吹氏との間に絶妙な空間が存在し苦笑させられる筈です。

武士の一分(HD-DVD)

(購入者の評価)
物語は単純なので、役者の演技が見ものである。
木村拓也の盲目の武士役は、なかなか感動的なものがある。

HD DVDとしての画質はぎりぎり合格点というところか。
私としては、もう少しの解像度を期待していたが、全体的なフィルムの質感はでている。
松竹には、今後の作品について、マスターの作成には、いまひとつの努力を望みたい。

いずれにしても、松竹がHDの作品を出してくれるのは、ありがたい。


重甲ビーファイター VOL.1

(購入者の評価)
 メタルヒーローシリーズの中でも優先的にDVD化されたことが、本作の評価の高さを何より物語っています。一つにメタルヒーローをベースに、戦隊、ライダーシリーズの魅力も取り込んだ「総合ヒーロー番組」とも言うべき面があります。自然との共生を基本テーマとした、「昆虫をモチーフとした大自然の戦士」というコンセプトは、正に石ノ森ライダーの原点を継ぐものです(作風からして、『BLACK』『RX』のファンにも薦めたい)。敵味方ともにキャラも非常に立っていて、とりわけ敵幹部にシュヴァルツという特異なキャラクターを創造したことは本作の功績の一つ。コミカルな面白さや特撮・バトルの魅力に加え、影の戦士・ブラックビートの己の存在意義を求めての闘いや、自らの影たる彼の存在に苦悩するブルービート・拓也の姿をめぐる終盤のドラマは非常に質が高く、多面的な魅力をもった作品といえるでしょう。

重甲ビーファイター VOL.4

重甲ビーファイター VOL.2

(購入者の評価)
 本巻後半より、『ビーファイター』を傑作に高めた立役者・ブラックビートが登場します。秀逸なデザインと最強の実力に加えて、その出生と正体をめぐる謎や、甲斐拓也・ブルービートの抹殺に対する偏執的なまでのこだわり、己の存在意義をめぐる苦闘や組織内の旧勢力との確執など、その「悪のヒーロー」としての魅力はハカイダーやシャドームーンにも劣らないものがあります。ストーリーの展開につれて少しずつ謎が解明されてゆくだけに、彼の登場によって本作のドラマ性は格段に増しました。
 拓也とシャドー、ブルービートとブラックビートの相克のドラマはユングの深層心理学を下敷きにしている可能性が高く、河合隼雄『影の現象学』あたりを読んでユングの「影」(シャドー!)概念を知っておくと、ひとつの心理劇としていっそう深い楽しみ方ができると思います。


>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.9 (2007 DECEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

(購入者の評価)
アクチュールのメイン特集はいまや映画界で引く手あまたの人気俳優松山ケンイチ特集です。彼はすごく独特の雰囲気、オーラを持った本格派映画俳優だと思います。特に松山くんファンの方はこの本をお薦めします。他にも内村光良、大沢たかお、小栗旬、長塚圭史、遠藤憲一などが載っています。ディラン・マッケイことプラン9のなだぎ武も載っています。

待機晩成 日本一の脇役が語る人生の美学

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4